金属3Dプリント技術を擁するのDesktop MetalがSPACを利用したIPOで2600億円超企業に

Desktop Metalはその5年間の存在を通じて、投資家が足りないことはなかった。これまでのところ、この金属3Dプリント企業は4億3000万ドル(約460億円)を調達し、その間に米国で最も最速でユニコーンの資格を達成した企業になった。

米国時間8月26日、同社は上場の意図を発表(Businesswire記事)している最近の一連の企業の中(未訳記事)で最新の企業になった。

マサチューセッツ州バーリントンを拠点とする同社は、SPAC(特別目的買収会社、ブランク・チェック・カンパニー)であるTrine Acquisitionと合併(GlobalNewswire記事)し、「DM」のテッッカーシンボルでニューヨーク証券取引所に上場するつもりだ。この特別目的買収会社は昨年の3月に、2億6100万ドル(約278億円)の自社のIPOを発表(IPOScoop.com記事)した。

この新しい取引でTrineは、Desktop Metalと合併して同社自身の見積もりでは最大で25億ドル(約2663億円)の企業(Businesswire記事)を作る。Desktop Metalの昨年初頭以降最新の評価額は15億ドル(約1600億円)だ(Pichbookデータ)。従って、この特別目的買収会社がリードする取引はDesktop Metalの投資家に魅力的な上げ幅を与える。

この取引に先立って、SPACによる合併のブームがあり、さらにその背景には活発な活動があった。その典型がVirgin Galacticのケースだ

関連記事:Desktop Metal just raised another $160 million(未訳記事)

この特別目的買収会社がリードする上場は、5億7500万ドル(約612億円)の資金を生み出す(BusinessWire記事)という。Trineで3億ドル(約320億円)、さらに「普通株PIPEは1株当たり10.00ドルでコミットされている」いることから2億7500万ドル(約293億円)となる。PIPE(Private Investment In Public Equity)は「公開株式への民間投資」という意味(Harvard Law School Forum on Corporate Governance記事)で、必要に応じて特別目的買収会社主導の案件により多くの資金を投入できる仕組みだ。

SPAC以後の計画

Desktop Metalは、自社の研究開発をさらに深く進めることに加え、付加価値製造、3D印刷業界の「建設的統合」と呼ばれる分野での買収も計画している。この計画によって同社は「付加製造2.0」における主要なプレーヤーになる狙いだ。3Dプリントイノベーションの第二波により、今までの数十年間、期待と誇大宣伝で膨らんでいた金属の3Dプリントというものがついにそのポテンシャルを満たし、従来の製造業を打ち負かしていく。(付加製造(additive manufacturing, AM)、3Dプリントは素材を徐々に付加していって物を作るので、こう呼ばれる。従来の、素材を削って物を作る技術は除去加工と呼ばれる)。

Desktop Metalは、自社の研究開発努力を進めるとともに、付加製造(材料を付加しながら製造していく造形方法)、3D印刷業界の「建設的統合」と呼ばれる分野での買収も計画している。今回の買収によってDesktop Metalは、同社が「付加製造2.0」(3Dプリンターでは付加製造の材料に樹脂や金属を使える)とみなしてきた分野の主要なプレーヤーとなる狙いだ。これは3Dプリンティングのイノベーションの第2の波になり、何年も何十年にもわたって喧伝されてきた製造業を真にひっくり返す可能性をついに実現できるかもしれないと考えている。

同社創業者でCEOのRic Fulop(リック・フロップ)氏はプレスリリースで「私たちは付加的製造の採用における大きな転換期にあり、Desktop Metalはこの変革をリードしています」と述べている。

このような業界では、誇大広告と真に影響力のある技術と区別するのは難しいかもしれないが、Desktop Metalは設立以来5年の間に、確かに目覚ましいブレークスルーを示してきた。Lux Capital、NEA、Kleiner Perkins、Ford Motor Company、Google Ventures、Koch Disruptive Technologiesなどの著名な投資家に加えて、同社は数々のビッグネームのパートナーシップを結んでいる。Ford(フォード)とBMWの両社は、自動車産業の製造工程を革新させる可能性を十分に同社が秘めていることを感じ、投資家として契約した。

画像クレジット: Desktop Metal

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa