小額投資のAcornsがシリーズCで$23Mを調達、庶民が投資家に育つ“教育の場”

acorns2

あなたの小銭(こぜに)を集める超ミニ投資信託AcornsJP)が今日(米国時間4/15)、シリーズCで2300万ドルを調達した。このラウンドを仕切ったのはGreycroft Venturesとe.Ventures、これにSound VenturesとGarland CapitalとMATH Venture Partnersが参加した。〔訳注: acornは‘どんぐり’、Great oaks from little acorns grow.(大樹のオークも小さなどんぐりから育つ。)〕

これでAcornsの総調達額は3200万ドルになる。

同社はユーザの支払決済トランザクションから‘次の1ドル’*を集めて、それらをユーザがカスタマイズできるポートフォリオに投資する。同社のメンバー数は65万に達し、その約半数はこのプラットホーム上に投資アカウントを開いている。そして同社はこれまでに2800万件あまりの商取引を処理し、100万あまりのデビットカードやクレジットカードとリンクしている。〔*訳注: 次の1ドル、買い物額が12ドル35セントだったら、おつりの35セントを1ドルに切り上げてその1ドルをAcornsの自分のポートフォリオへ投ずる。〕

Acornsは世界初のモバイル投資プラットホームを自称し、そこにユーザが自分のクレジットカードやデビットカードなどを登録する。カードの口座への預金や引き出し(〜ショッピングの支払)はふつうにできるが、このときAcornsがおつりを取り上げる。すなわち、Acornsに登録したカードで支払をすると、Acornsが金額を自動的に次の1ドルまで切り上げ、おつり相当額(1ドルに切り上げられている)を取り、それをユーザの投資ポートフォリオへ入れる。もちろんユーザはそれをオプトアウトできるし、あるいは‘毎日1ドル’とか、特定のお店の支払のみ、といった指定/設定ができる。

ポートフォリオには慎重(conservative)から強気(aggressive)までの5段階のタイプがあり、ユーザはそのどれかを選ぶ。

協同ファウンダのJeff Cruttendenはこう語る: “うちは新しいタイプの投資家を育てている。そうやって一人一人の大衆が正しい投資家のマインドを持つことは、本当の教育改革だと思う。1ドルずつの投資と、その自分のポートフォリオの振る舞いを見て、投資が怖いものではなく、むしろ良いものであることを、学んでいく。そんな教育のための投資を今後もやっていきたい”。

Acornsは今、iPhoneとAndroidで使える。〔アプリの国際版とWebアプリケーションがもうすぐリリースされる予定。〕

acorns1

〔余計な訳注: 大衆一人一人が正しい投資家マインドを持てば、今500億円産業に育っている振り込め詐欺は消滅するかな。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

少額投資のプラットホームAcornsがiOS人気に乗じてAndroidに上陸

未来のための貯金ができる少額投資のプラットホームAcornsが今日(米国時間10/8)、Androidにローンチした。〔*: acorn==どんぐりは、とても小さなものがとても大きなもの(巨木)になるたとえとして、よく使われる。〕

Acornsはユーザのクレジットカードやデビットカードに接続して、買い物のお釣り(‘セント’の部分は1ドルに丸める)を投資ポートフォリオに投資する。ユーザは強気(aggressive)から慎重(conservative)までの5段階のリスクオプションから選ぶ。

ユーザはいつでも、預金口座を設けてそこから引き出すこともできる(自動引き出し以外)。リスクオプションは途中で変えられる。

こうやってAcornsはユーザの貯金と利殖を助けるが、ユーザは自分のキャッシュへのアクセスを失うことはない。

iOSのローンチが8月だったが、今はアクティブユーザ数6万まで成長し、これならAndroidもいける、と判断した。プレスリリースによると、ユーザの1/3は22歳以下で、1/4は年額25000ドル弱の利益を得ている。

Acornsの収益源は月額1ドルの手数料プラス、投資額の0.25〜0.5%の管理費だ(後者は投資額によって異なる)。

同社はこれまで総額900万ドルの資金を調達している。

AcornsのAndroidバージョンはここでダウンロードできる。

〔ここにスライドが表示されない場合は、原文を見てください。〕


—ポートフォリオの構成—

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))