AWSが量子コンピューティング・サービス「Braket」を発表

ここ数カ月、Google、Microsoft、 IBM他の有力ライバルがこぞって量子コンピューティングにおける進歩を宣伝する中、 AmazonのAWSは沈黙を守ってきた。またAWSには量子コンピュータ研究の部署がなかった。しかし米国時間12月2日、AWSはラスベガスで開幕したデベロッパー・カンファレンスのre:Invent 2019で、独自の量子コンピューティングサービスとしてBraket(ブラケット)を発表した。

現在利用できるのはプレビュー版で、量子力学計算でよく用いられるディラックが発明したブラケット記法が名称の由来だ。ただしこの量子コンピューティングはAWSが独自に開発したものではない。D-Wave、IonQ、Rigettiと提携し、これらのシステムをクラウドで利用可能とした。同時にAWSは量子コンピューティングの専門組織を整備し、 Center for Quantum Computing(量子コンピューティングセンター)とAWS Quantum Solutions Lab(量子ソリューションラボ)を開設した。

Braketではデベロッパーは独自の量子コンピューティング・アルゴリズムを開発してAWSで実行をシミュレーションできる。同時にAWSを通じて提携パートナーの量子コンピュータハードウェアを用いて実際にテストすることが可能だ。これはAWSとして巧妙なリスクヘッジ戦略だろう。

AWSとしては量子コンピュータを独自に開発するための膨大なリソースを必要とせずに量子コンピューティングをサービスにとり入れることができる。提携先パートナーは自社の量子コンピューティングのマーケティングやディストリビューションにAWSの巨大なユーザーベースが利用できる。デベロッパーや研究者はAWSのシンプルで一貫したインターフェイスを利用して量子コンピューティングを研究、開発することができる。従来、個別の量子コンピューティングにアクセスするのは手間のかかる作業であり、いくつもモデルを比較してニーズに適合した量子コンピューティングを選ぶのは非常に困難だった。

Rigetti Computingの創業者でCEOのチャド・リゲッティ(Chad Rigetti)氏は「AWSとの提携により、我々のテクノロジーを広い範囲に提供することが可能になった。これは量子コンピューティングというマーケットの拡大を大きく加速するだろう」と述べた。D-Waveの最高プロダクト責任者、R&D担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのアラン・バラツ(Alan Baratz)氏も同じ趣旨のことを述べている。

【略】

AWSが自社のデータセンターに直接量子コンピュータを導入したわけではないのが重要なポイントだ。簡単にいえばAWSは複数の量子コンピューティングに対して多くのユーザーになじみがある一貫したインターフェイスを提供する。個々の提携先企業はすでに量子コンピューティングを自社のラボやデータセンター内で稼働させていたが、それぞれインターフェイスが異なるため外部のユーザーがアクセスするのが難しかった。

これに対してBraketはAWSの標準的インターフェイスを通じて他のクラウドサービスと同様のマネージドコンピューティングを提供する。またデベロッパーはオープンソースのJupyter notebook 環境を通じてアルゴリズムをテストできる。Bracketにはこれ以外にも多数のデベロッパーツールがプリインストールされているという。また標準的量子コンピューティングやハイブリッドコンピューティングを開発するためのチュートリアル、サンプルも多数用意される。

また新たに開設されたAWSの専門組織は、研究者が量子コンピューティングのパートナーと協力、提携することを助ける。「我々の量子ソリューション・ラボはユーザーが量子コンピュータを開発している各社と提携することを助ける共同研究プロジェクトだ。これにより世界のトップクラスの専門家と提携し、ハイパフォーマンス・コンピューティングを推進できる」とAWSでは説明してる。

研究センター、ラボの開設はAWSにとって長期的な量子コンピューティング戦略の基礎となるものだろう。AWSの過去の動向から考えると、これはテクノロジーそのものの開発というよりむしろサードパーティが開発したテクノロジーに広い範囲のユーザーがアクセスできるプラットフォームを提供するところに力点が置かれるものとなりそうだ。

AWSのユーティリティ・サービス担当のシニア・バイスプレジデント、チャーリー・ベル(Charlie Bell)氏は次のように述べた。「量子コンピューティングは本質的にクラウド・テクノロジーであり、ユーザーは量子コンピュータにクラウドを通じてアクセスするのが自然だ。Braketサービスと量子ソリューション・ラボはAWSのユーザーがわれわれのパートナーの量子コンピュータにアクセスする。これにより新しいテクノロジーにどのようなメリットがあるのかは実際に体験できる。また量子コンピューティング・センターは大学を始め広く研究機関と協力し量子コンピューティングの可能性を広げていく」。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook

AWSが開発者向けの機械学習キーボード 「DeepComposer」 を発表

米国時間12月2日、Amazon(アマゾン)はデベロッパーカンファレンスであるAWS re:Inventの開始とともにDeepComposerを発表した。

「AWS DeepComposerは、32キー、2オクターブのキーボードで、独自かあるいは訓練済みのモデルに関わらず、開発者がGenerative AIを体験できるように設計されている」と、AWSのJulien Simon(ジュリアン・サイモン)氏はAmazonの最新の機械学習ハードウェアを紹介するブログ記事で書いている。

このキーボードは、開発者が機械学習について楽しく学べるだけでなく、音楽を作ることもできる。また、人工知能で創造的な作品を生み出すことを「生成的ネットワーク」と呼ぶ。つまり、「生成的かつ敵対的なネットワーク」を使って、創造的なものを生み出すように機械に教えることができるのだ。

「開発者はMLや音楽の経験に関わらず、生成的かつ敵対的なネットワーク(GANs)から始めることができる。この生成的AIの技術では、2つの異なるニューラルネットワークを互いに比較し、サンプル入力に基づいて新しいオリジナルのデジタルワークを生成する。AWS DeepComposerを使えば、GANモデルをトレーニングして最適化し、オリジナルの音楽を作ることができる」と、アマゾンは述べている。

開発者は独自の機械学習モデルをトレーニングしたり、あるいはアマゾンが提供するモデルを使って学習を始めることができる。どちらの方法でも、モデルに基づいて音楽を作成し、AWSクラウド上のDeepComposerコンソールで微調整してから、音楽を生成する。必要であれば、完成した作品をSoundCloudで共有することもできる。

これは、2017年に導入されたDeepLensカメラや昨年導入されたDeepRacerレーシングカーに続き、Amazonからの3番目の機械学習の指導装置だ。なお、デバイスはまだ準備できていないが、アマゾンはユーザーがプレビューにサインアップできるようにしている。


[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter