Netflix、複数の米国ケーブルテレビ会社と交渉中との報道

Netflixは、自社のオンライン・ストリーミングビデオサービスを、セットトップボックスのアプリを通じて利用できるようにするために、複数米国ケーブルテレビ会社と交渉の初期段階にあると、Wall Street Journalは伝えている。もし契約がまとまれば、ここれは同社が視聴者の習慣を変えたためにケーブルテレビ会社にとって無視できない存在になったことを示すとい意味でNetflixにとって大きな勝利だ。本誌はNetflixにメールでコメントを求めている。

ニュースの1ヵ月前、Netflixは英国のケーブル会社、Virgin Mediaと同じような契約を交わしたことを発表した。Virgin Mediaの顧客380万人が、ケーブルテレビ番組用のオンラインガイドでNetflixの番組も検索できるようにするものだ。

Neflixは、オンデマンドテレビが欲しい視聴者のための、ケーブルテレビに代わる低価格な選択肢として自社を位置付けてきた。この契約はケーブル会社にとってこれ以上Netflixに顧客をとられないための手段の一つだ。しかし、ケーブル会社にとっては、Netflixユーザーがより高速なブロードバンド料金を払う意志が持っているという期待もある。さらには、Netflixの古い番組ライブラリーを、チャンネルに支払う手数料の交渉材料にすることもできる(この手数料に関わる論争は、主要チャンネルが一部地域で配信停止される事態を招いた)。

この契約によって、視聴者はケーブル会社が提供する新しいセットトップボックスアプリを通じてNetflixを利用できるようになる。つまり、テレビをインターネットにつなぐ必要はなくなる。これは、 ChromecastXboxのコンソールやApple TVなどのデバイスを設置しなくてよいことを意味する。

この交渉の潜在的障壁は、Netflixがケーブル会社に自社のOpen Connectテクノロジーを使わせようとしていることだ。ストリーミングビデオの配信を改善するための技術だ。これはNetflixfが専用のサーバーをブロードバンドプロパイダーのネットワークに直接つなぐことを意味している。WSJによると、Comcast、Time Warner Cable、AT&T、およびVerizon Communicationsは、Netflixの技術を使うことを拒否したという。これは他のオンラインサービスも特別待遇を要求してくることにつながるからだ。これらのケーブル会社は、自社のブロードバンドネットワークが、既にNetflixのトラフィックを扱う能力を持っていると主張している(もしNetflixが顧客に高速接続のための特別料金を払わるつもりなら、ここは重要なポイントだ)。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)