Ubuntuが今度は200ドル以下の中級機スマートフォンをヨーロッパで発売

スマートフォン市場に再挑戦したUbuntu LinuxのCanonicalが、Ubuntuベースのスマートフォンを“数日後に”発売すると発表した。アンロック機でお値段は€169.90(~$190)だが、一部のキャリアが売るSIMバンドル版もある。同機はスペインのBQのAndroid中級機Aquaris E4.5のUbuntuバージョンとして、’Aquaris E4.5 Ubuntu Edition’という名前で売られる。

Canonicalのモバイルへの挑戦は、まず2013年にスマートフォンとデスクトップコンピュータを合体させたようなハイエンド機Ubuntu Edgeをクラウドファンディングで立ち上げようとして失敗した。その、キーボードとモニタをつなげばUbuntu搭載のPCとしても使えるデバイスは3200万ドルという巨額を集めることができず、そこで今回は謙虚に中級機で行くことにした。

ハードウェアの仕様もごく平凡な中級機のそれで、画面は4.5インチ、RAM 1GB、クアッドコアA7チップ(最大速度1.3Ghz)、内蔵ストレージ8GB、リアカメラ8MP、フロントカメラ5MP、デュアルSIMスロット、等となる。でも、下のビデオでお分かりのように、独特なのはそのソフトウェアだ。

Canonicalが作ったジェスチャによるUIは、Scope(s)と呼ばれる。ホーム画面にはさまざまなコンテンツを表すカードがあり、それらをスワイプして必要な機能を選ぶ。アプリのアイコンは画面の横端や、そのためのカード上に並んでいる。たとえば’Today’カードには天気予報やカレンダーがあり、’Neaby’カードには近くのお店やサービスがある。そのほか、’Music’カードや’News’カードなどもある。

iOSやAndroidがデフォルトで提供しているグリッド状のインタフェイスとは確かに違うが、PalmのWebOSや新しいBlackBerry OS、あるいはJollaのSailfishなどと似ている側面はある。すでに最初からSongkickやThe Weather Channel、TimeOutなどがコンテンツを提供してはいるが、マイナーなOSが独自のUIを採用した場合、デベロッパにとっては手が出しにくくなる。それは、消費者にとっても同じだろう。この製品の販売はオンラインのみなので、どこかの店頭で触ってみることもできない。

Canonicalによると、Aquaris E4.5 Ubuntu Editionはまず、向こう数週間、BQ.comが複数のフラッシュセールスサイト(GROUPONなど)で売り出す。売り出しの案内はUbuntuとBQのソーシャルメディアチャネルに出る。それは、Xiaomiの‘新製品発売案内ふうの在庫一掃セール’に倣ったやり方だろう。ヨーロッパのような成熟市場でそのやり方はしんどいと思うが、Canonicalは長期戦を覚悟しているらしい。

同社のモバイル担当VP Cristian Parrinoは曰く、“対象はマスマーケットなので、一気呵成には行かない。むしろ、徐々に、慎重に、市場への浸透を図っていきたい。力よりも知恵の勝負だが、勝算はある”、と。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Ubuntuスマートフォンがbq(スペイン)とMeizu(中国)から年内発売へ

UbuntuのCanonical社が、Ubuntu Linuxを載せたスマートフォンをついに発売する。昨年、Ubuntu Edgeと名づけた派手なクラウドファンディングキャンペーンに失敗したにもかかわらず。そのスマートフォンを今年おそくに発売する計画の詳細がTheNextWebに載っているが、それによると発売元は同社のハードウェアパートナー、スペインのbqと中国のMeizuになるようだ。

まだ詳しい仕様は発表されていないが、同社の声明によると最初の製品は“ハイエンド寄りのミッドレンジ”となるらしい。つまり今後の過密なスマートフォン市場で競争力が期待される低価格機ではない。最初に発表されたEdgeが、出資者割引価格でも600ドルという超高級機だったから、今さら初心者向けの安価なスマートフォンを出したって、意味がないだろう。

Canonicalがモバイル市場で自己の一角を築く気なら、それは苦戦という生易しい言葉では表現できない歩みになる。たとえばFirefox OSは低価格入門機で市場に参入しながら、今だに足取りはふらついている。Canonicalが低価格機を指向しなかったのも、そのせいだろうが。

Canonicalの差別化戦略は、従来のスマートフォンのようにいろんなコンテンツやサービスを個々のアプリの中へばらばらに閉じ込めずに、それらをUIそのものにしてしまうことだ。Canonicalは、発売時にはEvernote、Grooveshark、Weather Channelなどおよそ50のアプリがUIから直接使える状態にしたい、と言っている(個々にアプリをインストールしたり立ち上げたりしない)。またEdgeのキャンペーンのときに同社が組織化したCarrier Advisory Group(Vodafone、EE、T-Mobile、Verizon、Deutsche Telecomなどなど)の協力も、求めていくつもりだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


‘収束コンピューティングデバイス’を目指すUbuntuスマートフォンが$32Mの資金を一般募集

Canonicalは前から、モバイルOS Ubuntu Mobileでもって、全世界的に急伸するモバイル~スマートフォン市場の分け前をねらっていた。そのCanonicalが今度は、クラウドファンディングサイトIndiegogoで、初の自社ブランドモバイルハードウェアUbuntu Edgeのために資金を募集している。Edgeはスマートフォンを超えるスマートフォンを自称し、デスクトップコンピューティングの領域もカバーしてしまおう、というコンセプトの製品だ。

Edgeの目標額は3200万ドルで、固定額方式なので31日以内にこの額に達しなければ一銭も得られない。初日(イギリス標準時7月23日16時まで)なら600ドルの出資約束で完成品が一台得られる。その後は830ドルだ。いずれにしても一日平均100万ドル以上を集めなければならないわけだから、相当厳しい。

しかしCanonicalは、単純にUbuntuで動くスマートフォンを作りたいわけではない。むしろ今回の開発コンセプトは、“高度な技術を盛り込んだ非大衆的なプラットホーム”で、“高度なマニアやモバイルコンピューティングのプロ”たちが資金的に支えるもの。目的は、“新しいテクノロジの採用を加速し、それらの先端技術の普及の下地を作ること”、とプロジェクトのページは説明している。つまり、一般向けの製品を考えたり作ったりする立場の人たちに、いろいろいじくったもらうための、ガジェットだ。高価格と意欲的なデザインが、そのねらいを反映している。

Edgeは、収束コンピューティング(converged computing, 一点集中型コンピューティング)を実現するための実験だ。スマートフォンが完全なデスクトップPCの中枢システムになり、いわゆる“スーパーフォン”になる。外殻は金属ケースで、4.5インチ1280×720の画面により最大限の画素密度を与える。ダイナミックレンジや色の精度は重視しない。画面をサファイアガラスがおおい、“現時点で最速の”マルチコアプロセッサ、4GBのRAM、128GBのストレージ、そして長寿命の電池を搭載する。内部には、ワイヤレスの広到達圈域を実現するためのデュアルLTEチップがある。

Edgeのソフトウェアは、Ubuntu Mobile OS + Ubuntuデスクトップの全内容だ。ワンストップコンピューティングが目的だから、Androidでもブートする。“モバイルおたく”の人たちが、今頃はよだれをたらしているのではないだろうか。実売されれば、飛びつく人も多いと思われる。

ただし、3200万ドルは相当高いハードルだ。でもCanonical自身は技術には定評のある企業だし、この製品はいかにもアーリーアドプター(early adopter, 新し物好き, 初物食い)たちの血を騒がせそうだ。これがCanonicalのモバイル進出を本格的に助けるかは未知数だが、初日(日本時間7/23 am11:00)…掲出から13時間あまり経過…ですでに270万ドル近く集まっているから、関心が相当高いことは事実だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))