ベッドのマットレスでスタートアップしたCasperがついにシリーズA、$13.1Mを獲得

ベッドのマットレスの作り方と売り方を抜本的に変えたい、と考えているCasperが、New Enterprise Associatesが仕切るシリーズAのラウンドにより1310万ドルを調達し、総資金額が1500万ドルになった。

成功しているeコマーススタートアップの定石に倣ってCasperも、良質なマットレスを中間コミッションなしでなるべく安く売りたい、と考えている。

Casper社を作った連中は、共同作業所のような環境でソフトウェア開発の仕事を体験し、ほかの人たちと同じく、寝られないという体験をした。それはハッカソンなどで徹夜のプログラミングをやったせいかもしれないが、そんな環境こそ、ちょっとでも良く寝れるということが、健康と仕事の効率の両方にとって重要だ。

Casperのマットレスは、メモリフォーム(形状記憶気泡材)の上にラテックスフォームを重ねて、両方の素材の良い点を利用する。スプリング等がないので、圧縮すると嘘みたいに小さくなり、送料が安くなる。Casperは、送料無料だけど。

完全に、Made in USAである。

CEOのPhilip Krimは語る、“Casperを、透明性の高いマットレスのブランドにしたい。正直な価格、消費者を混乱させる、多様性のための多様性にすぎないSKUのバラエティがないこと、ビジネスのやり方全体を通して、消費者の目に隠された部分がないこと”。

Casperは、高品質なマットレスを安く売るだけでなく、マットレスを買う人たちのための顧客サービスの体験から、今後のための貴重な情報を得たいと考えている。だからCasperのマットレスは、100日間の無料試用、という形で買うこともできる。

Casperは売上を公表していないが、立ち上げ後の最初の28日の売上が100万ドル、そして4月以降は毎月、前月を上回っているそうだ。

最近は同社の投資家Ben Lererを、取締役会に加えた。

今後は、そのほかの睡眠関連製品、枕カバーや枕、目覚まし時計なども作っていきたい、と考えている。

“寝室にあるものなら何でも、それを作ってくれと言われたことがある”、とKimは言う。“マットレスにつぎ込んだのと同じユニークなイノベーションを、今度の資金でほかの製品にも試み、機会を探究することができる”。

Casperについてもっと知りたい方は、ここへどうぞ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


ベッドのマットレスをディスラプトするCasperがついに製品発売にこぎつける

今年の初めごろ取り上げたCasperは、Lerer Venturesが投資しているスタートアップで、ベッドのマットレスの作り方と売り方に革命をもたらす、と言っていた。その後同社は実際に最初の製品をローンチしたようなので、ニューヨークのNoho地区にある同社を訪れて、そのマットレスを自分で試してみようと思った。

上のビデオで、そのマットレスと、原料、荷姿などを目にすることができる(ぼくがそのベッドで本を読んでいるが、それはちょっとオカシナ光景かもしれない)。協同ファウンダでCEOのPhilip Krimによると、このベッドの“秘密の隠し味”は、形状記憶層の上にラテックスの層をのせて、両方の素材の利点を利用していることだ、という。

“自分のWebサイトから消費者に直販するので、中間コストや小売店のマージンが節約できる”、と彼は言う。“同じ素材を使ったベッドは3000ドルから4000ドルぐらいで売られているが、うちならどのサイズでも1000ドル以下だ”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))