開発者のためのGoogle Docsを自称するCodeanywhere、Disrupt NYでも大人気

プログラマーのためのGoogle Docsを自称するCodeanywhereがなかなかの人気だ。どこからでも、いつもと同じ開発環境を利用できるようにしようとするサービスだ。Disrupt NYのStartup Alleyで、観客の投票によるベストカンパニーに選ばれ、共同ファウンダーのIvan BurazinおよびVedran Jukicが、先ほどプレゼンテーションを行った。

このアイデアを思いついたのは、自分のPCがなくても、いつもと同じ環境でプログラム開発が行えないものかと考えたからだった。また開発と言わないまでも、問題点の修正を行うだけであっても、自分の環境一式を持ち歩かないといけないことに疑問を感じたこともあった。そのアイデアを推し進め、出先のPCからウェブ経由で利用できるようにしたのみならず、iOSおよびAndroid版のアプリケーションも提供している。

運営にあたっているのは2名の共同ファウンダーに5名のエンジニアだ。これまでに63万5000ドルの資金を調達しているそうだ。Burazinによれば、日々新たに400名が登録していて、利用者数は20万を超えており、先週のログイン者数は5万人程度になるのだそうだ。

料金はフリーミアムモデルを採用していて、有料版は月額5ドル(年間登録では50ドル)となっている。これによりFTP、FTPS、ないしSFTPサーバーを好きなだけ利用することができる。来月中にはオフラインモードで利用できるようにする予定で、Githubなどとの連携も深めて行きたいとのことだ。

訳注:Codeanywhereの「Features」ページでは以下の機能について説明が掲載されています。

  • ブラウザ内から利用できるコードエディタ
  • ファイルエクスプローラー
  • Dropbox、Github、Driveなどとの連携
  • SSHターミナル
  • リビジョン管理

原文へ

(翻訳:Maeda, H


クラウド上のコードエディタCodeanywhereがシリーズAで60万ドルを獲得

クラウド上のコードエディタKodingはこれまで925万ドルを調達し、近年は同類のCloud9 IDE登場した。しかしこの分野でいちばん大きなCodeanywhereはユーザ数15万に達し、WebホスティングSite5 Webの親会社であるWorld Wide Web Hosting, LLCからシリーズAで60万ドルを調達した。資金は主にスケーラビリティ、ユーザ獲得、および新機能の開発に充てられる。企業の資本効率という点では、サンフランシスコのKodingよりも良さそうだ。

前はPHPanywhereという名前だったCodeanywhereは、Web上のコードエディタを提供することによって“デベロッパのためのGoogle Docs”になることを志向している。使い勝手はデスクトップのコードエディタと変わらないが、しかしどのブラウザからでも使える。そしてバックアップはクラウド上にリアルタイムで作られていく。

Codeanywhereの協同ファウンダIvan Burazinのヴィジョンは、“クラウド(上の)開発の業界標準になること”だ。

Codeanywhereは言語のシンタクスをチェックし、変数名やキーワードなどを色分け表示する。ブラウザはどのブラウザでもよく、デバイスもどのデバイスでもよい。プラットホームはiOS、Android、Windows 8、Blackberryなど何でもOKだ。Web開発に用いられる主な言語をすべてサポートし、また複数のデベロッパがリアルタイムでコラボレーションできる。

Site5のファウンダBen Welch-Bolenによると、同社の魅力は“チームの才能とまとまりの良さ”だ、と言う。

Codeanywhereの社籍はクロアチアにあり、無料と有料の両バージョンを提供している。有料バージョンは月額5ドルで、近くチームで使う有料バージョンが可利用となる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))