Tesla Motors、10月9日ロサンゼルで世界初の電動スーパーカー、モデルDを発表へ

先ほどTesla Motorsからロサンゼルスで10月9日に開催されるプレスイベントへの招待状が届いた。ファウンダーのイーロン・ムスクが昨夜ツイートしていた新モデル‘D’の発表会であることは間違いない。プレスイベントの会場はHawthorne空港だ。Jalopnikの推測によると、モデルDはデュアル・モーターのDで、Model Sの2モーター四輪駆動版だろうという。Muskは「その他にも」何か発表するものがあるとツイートしていた。これはスープアップされたモデルSかもしれない。

別の推測ではDはドライバー・アシスタンスの頭文字だという。ElectrekのSeth Weintraubによれば、Teslaの最新ソフトウェアの中にそれを示唆するものがるとしている。

Teslaはすでに85W Model Sのパフォーマンス・モデルとしてP85を製造している。JalopnikはTesla Motor ClubのメンバーAdelmanが撮影した画像を入手した。これは新しいP85Dらしい。このモデルがS搭載よりも小型のモーターを2個搭載した車かもしれない。

デュアル・モーター、4輪駆動モデルは、当初、Model-X SUVとして計画が発表されたが、後に情報源がTechCrunchに教えてくれたところでは、SUVではなくModel Sのバージョンアップ版であり、来週公開されるDがそのモデルだという。この情報源によれば「その他」のニュースというのは、Model Sのチューンナップ版で、やはりデュアルモーター、4輪駆動で600馬力、パフォーマンスは最高速度250k/hのモデルだという。現在のところこの情報の真偽は確認できていない。そんなハイパフォーマンスカーなら10万ドルから15万ドルの価格帯になるだろう。.

TechCrunchのMatt Burnsも今朝この話題について書いている

ウルトラ・ハイパフォーマンスのModel Sは、そのような車のターゲットであるニッチ層を満足させるだろう。Tesla Roadsterが消えて久しいし、Model Sも若干古びてきた。ここはTeslaも自動車産業の定石どおり、Sの強化版を出すことで賞味期限を伸ばす戦略を採用するだろう。

TeslaはModel Sのフロントフード内に追加のモーターを設置すると思う。Teslaが製造する最小のモーターを搭載しても合計出力は600馬力を超える。パワーの増大に対応してバッテリーの追加も必要だろう。

いずれにせよ、われわれも現地に飛んでレポートする予定だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+


“Kubo” は、Lit Motorsが作った貨物用電動スクーター。Kickstarter募集中


Lit Motorsは、電気自動車のスタートアップで、昨年初の乗り物 C1を発売した。このたび、スマートなルックスの電動乗り物、Kuboを発表した。

Kuboはユニークなデザインの車両で、スクーターと四輪車の利点を合わせもつ。形は小さな2輪者だが、荷物スペースは十分にある。Litはこれを」AppleとVespaの美しいテザインとピックアップトラックの基本的利便性を組み合わせたもの」と説明している。私は、これをEl Caminoのモダン2輪バージョンと呼びたい。ただしデザインはずっと美しい(しかもエコ!)いずれにせよ、これは非常によくできた作品だ。一目見ればなぜこれまで誰も作らなかったのか不思議に思うだろう。

Lit Motorsは、Kuboの初期生産を先月スタートしたKickstarterキャンペーンでクラウドファンドしたいと考えている。現在まで、同社の道のりは長い ― 目標30万ドルのところ、集まったのは4万5000ドルと少しだけだ。残る時間は9日間しかない。いかにKuboがスマートでも、小さなスタートアップのまだ見ぬスクーターに5000ドルを払う人が何十人もいると考えるのは、少々大胆だったかもしれない。

しかし、このKickstarterキャンペーンで何が起ころうとも、Litのマーケティング責任者、Ryan Jamesは、Kuboを欲しがっている人たち全員のために何とかして製造する方法を考えるつもりだと私に言った。Litを応援している人は数多くいるので、どうこのデザインが現実化されるのか(そしていずれ道路を走ることが)楽しみだ。

本誌はKuboをこの目で見るためにLit Moters本社を訪れ、CMOのRyan Jamesが試乗するところを見た。上に貼ったビデオをご覧あれ。

ビデオスタッフ:撮影:John Murillo および Yashad Kulkarni、編集:Yashad Kulkarni、制作:Felicia Williams

【訳注:ビデオより、最高速度は45mph(72km/h)、充電当たり走行距離50マイル(80km/h)、最大積載量300ポンド(135kg)、家庭用コンセントで充電可能】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook