GoogleのStreet Viewが今度は豪華クルーズ船の中へ

【抄訳】

今日(米国時間7/7)Googleは、Google MapsのStreet Viewの、あの各部を縫い合わせたようなパノラマに初めて、海の上の大型船を加えた。それはRoyal Caribbean International社のクルーズ船Allure of the Seas号だ。接近撮影の画像が2万枚もあるので、この水に浮かぶリゾート村の仮想見学旅行で休日のひまつぶしは十分にできる。

これはGoogleとRCIの提携事業で、Street Viewを利用する仮想ツアーBusiness Viewの一環だ。提携企業はこれを、マーケティング目的で利用する。

Googleが合衆国だけを対象にヴィジュアルマッピング技術Street Viewを始めたのは 2007年だが、そのときはみんながびっくりした。すごい!、と感じた。

でも、次第に道端の光景は飽きられ、Street Viewがニュースになるのはプライバシーの問題が起きたときだけ、という状況になってきた。たとえばセレブたちは、自分の家を消せぼやかせ、とGoogleに迫った。

しかしGoogleはStreet Viewが忘れられた存在になることをおそれ、今度は次々と珍しい場所にレンズを向けるようになった。ブラジルのワールドカップのすべてのスタジアム、アンコールワットの有名な寺院グランドキャニオン、世界で最も高い山々、それに世界各地動物園。範囲はタテ方向にも伸びて今度は海中、イギリスの地味だけど客数が二番目に多いGatwick空港、空間だけでなく時間方向にも伸びて過去。…挙げていくと、きりがない。〔廃墟(日本の軍艦島)も。〕

逆に、Street Viewを絶対に撮らないところは、当然ながら、刑務所、戦場、軍事基地、難民収容所、亡命希望者のための保護収容施設、領土問題のあるところ、などなどだ。

【後略】

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Google、「ストリートビュー」に「タイムトラベル」機能を追加

日々、Googleのストリートビュー撮影車が走り回り、定期的にさまざまな場所の写真を撮り続け、そしてGoogleマップに公開している。これまではストリートビュー対応エリアにおける最新の写真のみが公開されていた。しかしこの最新版に加えて、過去のイメージも見られるようになるようだ。

ストリートビュー表示モードにした際に、画面に小さな時計アイコンが表示される。その時計アイコンをクリックすれば下部にタイムラインが表示され、そこに過去写真のプレビューが表示される。そこから選んで古い写真を見ることができるのだ。

どうやら、ストリートビュー撮影車は、たいていの場所を年に2度の頻度で訪問しているようだ。もちろん都市部の方が、より古い写真が残っているケースも多い様子。但しほんの数年前から撮影が開始された地域も多く(ストリートビュー自体のスタートが2007年アメリカにおいてのことだった)、それほど昔の写真が見られるわけではない。

Googleによると、今回の機能追加は、実世界を正確にうつすデジタルミラーを作ろうとする試みの一環であるとのこと。

新機能は本日から公開され始めたところだ(訳注:訳者環境では、いまのところ確認できていません)。また対応しているのはデスクトップ環境のみとなっている。今後、さまざまなプラットフォームに対応していく予定なのかどうかについては教えてもらえなかった。

原文へ

(翻訳:Maeda, H


Google MapsのStreet Viewの画像認識アルゴリズムがCAPTCHAのほとんどを解読

Googleは今、厄介な問題を抱えている。同社が作った画像認識アルゴリズムはStreet Viewの画像から街区番号(番地など)を相当正確に読み取るので、ユーザにとってはたいへん便利だ。しかしこのアルゴリズムは、CAPTCHAの99%を解読してしまうのだ。ご存知のように、CAPTCHAはボット対策として、コンピュータには読めず、人間にしか読めない(はずの)ところにセキュリティ対策としての意味がある。

Googleのアルゴリズムは、Street Viewに写っている読みづらい街区番号(たとえば下図)を、90%の正答率で読む。そのことをGoogleは今日(米国時間4/16)公表した。GoogleのStreet ViewとreCAPTCHAのチームが発表した共同声明[PDF]によると、自然で不作為な写真の中にこの種のデータを認識することは、(ソフトウェア開発にとって)相当な難問だ。光も角度も焦点も多様で、真っ正面からきれいに撮れた写真はほとんどないからだ。でもGoogle Mapsの開発課題の一つとしては、街区番号を正確に読み取ることが重要だ。

画像認識の標準的な方法では、場所同定と分割と認識の三ステップが別々に行われるが、Googleはこれらのステップをすべて一体化して、”deep convolutional neural network“(DCNN) を用いる。DCNNは画像認識にとってとくに有効、とされているニューラルネットワークの方式だ。Googleが一般公開しているStreet View House Numbers(家屋番地)データセットを用いると、そのアルゴリズムの正答率は約96%になる。個々の文字のレベルでは97.84%の正答率だ。通常のStreet Viewの画像はもっと難しいから、90%の正答率にしかならない、とGoogleは説明している。

Googleによると、これまで世界中の1億近い街区番号の取り出しをこのアルゴリズムが可能にした。

Googleは、このアルゴリズムをテストするための独自のreCAPTCHAパズルを発表している。結果は、その相当難問のreCAPTCHAパズルに対して正答率は99.8%だった。CAPTCHAはコンピュータには読めないことを前提とするセキュリティ対策だから、この結果は驚きであるばかりでなく、人間の能力を超えているとも言えるだろう。ぼく自身も、CAPTCHAの解読能力はとても99.8%まではいかないだろう。

将来、DCNNのコードが誰でも簡単に入手利用できるようになれば、ブログのコメント欄をボットで荒らす連中が出てくるかもしれない。でもGoogleに言わせると、今のCAPTCHAは歪(ゆが)んだ文字を人間が単純に認識するだけでなく、特定のテキストを入力する、文字位置を指定するなど、より高度になりつつある。未来のCAPTCHAは、“人間とボットを区別できるための有効で多様な方法を用いるエンゲージメントのためのメディアに進化する”、とGoogleは言っている。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Google、アンコール遺跡をストリートビュー対応に

Googleストリートビューに9万ものアンコールワット写真が加わることとなった。ストリートビュー化されたのは100箇所にのぼり、日の出の時間に撮影された幻想的な写真で構成されている。見ることが出来るようになった場所はバイヨン寺院、ラーマーヤナに描かれたランカー島の戦いを描いた遺跡などだ。撮影には通常のストリートビュー・カーはもちろん、バックパック型カメラのトレッカーも使って行われた。

写真はGoogle歴史アーカイブにも登録されている。アンコールやクメールのことを知るのに良い教材となるだろう。12世紀の彫刻や、中世のアンコールにおける生活を再現したイラスト、あるいは20世紀中頃に撮られた写真などが登録されている。

ブログ記事にて、GoogleマップのグループプロダクトマネージャーであるManik Guptaは次のように述べている。

アンコール遺跡の美しさや壮大さを感じていただけることと思います。しかしさおれだけでなく、テクノロジーが文化遺産を後世に残すためにできることなども感じていただければと思っています。

原文へ

(翻訳:Maeda, H


Google、新たに6つの動物園をストリートビュー対応エリアに追加

Googleが世界中の動物園でのストリートビューを導入してしばらくになる。この度Googleは、6つの動物園を新たに加えるとともに、「Googleマップ ビュー」サイトにて、動物園からのストリートビュー画像集の表示を始めた。

新たにストリートビューに対応した動物園はChengdu Research Base of Giant Panda Breeding(成都大熊猫繁育研究基地)、ヒューストン動物園アトランタ動物園、チリのBuin Zoo、ブラジルのZoologico de Bauru、そしてドイツのZoo Safari Park StukenbrockおよびTierpark Hagenbeckだ。

これまでに登録されているシドニーのTaronga Zoo(豪州内でGoogleのStreet Viewトライクを使ってデータを収集した最初の場所でもある)や、シカゴ、サンディエゴ、トロント、シンガポール、そしてバルセロナなどの各動物園の仲間入りをしたということになる。

Street View関連では今年、これまでに数々の更新がなされている。たとえば6月には、スポーツスタジアムやチリのスキー場、コペンハーゲンの運河(いくつか動物園も追加されていた)など、1000地域ほどをストリートビュー対応にしている。また水中ストリートビューカメラを使って海中シーンなどにも対応している。あるいはバックパック風設備を使ってガラパゴスエッフェル塔などもストリートビューで楽しめるようになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)