Microsoftの学生コンペImagine Cup 2013, 優勝者決まる(本選には世界71か国から参加)

ロシアのサンクトペテルブルグで行われたMicrosoft主催の学生テクノロジコンペImagine Cup 2013はさきほど、Dr. WhoのMatt Smithがホストを努める元気活発な授賞式で幕を閉じた。今年は、「世界市民」、「ゲーム」、「イノベーション」という三つのカテゴリーでそれぞれ優勝者が決まり、賞金5万ドルずつが贈られた。優勝チームの国籍は、イギリス、ポルトガル、そしてオーストリアである。各カテゴリーの二位三位はそれぞれ、1万ドルと5千ドルを勝ち取った。

「世界市民(World Citizenship)」賞は、患者の血液型を迅速安価に調べられるシステムを作ったポルトガルのAna Ferrazがもらった。台湾のOmni-Hearing Solutionが二位、オーストラリアのConfufish Royaleが三位だった。

「ゲーム」のカテゴリーでは、オーストリアのZeppelin Studioが、パズルのプラットホームScheinで優勝した。インドネシアのSolite Studiosが二位、フランスのBanzai Lightningが三位になった。

「イノベーション」部門ではイギリスのColinkedが、BluetoothやWi-Fiで即席にソーシャルネットワークを作れる携帯アプリSoundSYNKで優勝した。スロベニアのDORAが二位、タイのMYRAが三位だった。

さらに、Microsoftの技術に絞った三つの特別賞があり、まずWindows Phone Challenge賞はWindows Phone用の音声によるリマインダーを作ったシンガポールのvSoft Studioが獲得した。さらに Windows Azure Challenge賞(とMail.ru賞)はインドのY-Notsへ、Windows 8 App Challenge賞はイタリアのTeamNameExceptionへ行った。

また女性の権利と保護のために国連が設けたUN Women Award賞は、携帯を補聴器として使う台湾のOmni-Hearing Solutionと、マラリア検査技術を開発したウガンダのCode 8が取得した。

主催者Microsoftと協賛のKFC、Samsung、Facebook、Mail.ruを合わせると今年の賞金総額は100万ドルを超えた。各地の予選には25000名あまりの学生が参加し、71か国87チーム309名の学生がロシアで行われる本選に招かれた。このコンペは、今年で11回目である。来年のImagine Cupは、ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社で本選が行われる。

昨年までのこのイベントでは、「世界市民」と「ゲーム」に力点が置かれていた。しかし今年は「イノベーション」部門が加わり、参加者や作品の幅が広がった。作品は、必ずしも“人類社会の改善向上”に寄与するものでなくても、よくなったのだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


養蜂家にクラウドとWebから巣箱の状況データを提供するBeezinga

養蜂業はテクノロジと無縁なようだが、でもそれは合衆国だけでも年商3億ドル近いビッグビジネスであり、また世界の養蜂業には今、テクノロジが徐々に浸透しつつある。Microsoftの学生テクノロジコンペImagine Cupにスロベニアから出場してファイナリストに残ったBeezingaは、標準的な巣箱のためのセンサシステムを作った(養蜂用のミツバチの巣箱には世界標準がある)。そのシステムは巣箱の中の温度や湿度を計り、蜜の生産量を(重量で)調べ、また巣箱の入り口に設置したビデオカメラにより蜂たちの活動をモニタする。

概算の設置費用は巣箱一箱あたり40ドルだ。この値段なら養蜂企業が喜んで払う額だろう、とBeezingaは考えている。システムは目下ベータテスト中だが、本番では会費制を考えている。

巣箱のデータは一定の時間間隔でBeezingaのクラウドに送られ、養蜂家たちはWeb上で蜂たちの状況を知る。また、異状が検出されたらリアルタイムでアラートが行く。遠隔地の養蜂家には携帯電話のデータ接続を使ってデータを送る(一台の携帯で複数の巣箱に対応)。また電話などを使わずに、巣箱から直接、無線でデータが送られる方式も、検討中だ。

Beezingaがクールなのは、データの分析をするだけでなく、巣箱がほかの蜂から攻撃された時の防御ができることだ。システムは音声を分析することによって攻撃を感知し、巣箱の前面に水を噴霧して敵を撃退する。たいていの場合、それぐらいで十分だそうだ。

蜂たちの集団崩壊という異常事に関してBeezingaは、世界中の養蜂家からデータを集めて大きなデータベースを作り、研究者たちに蜂の生態に関する資料として提供したい、と言っている。

Imagine Cupのファイナルは今サンクトペテルブルグで行われている。すでにプレゼンは昨日(米国時間7/11)までの2日間で完了し、明日の発表を待つのみだ。今年の優勝/入賞者は、どこの国の学生たちだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


災害時の通報をクラウドソースで効率化するHelp Me Help, Microsoft Imagine Cupの合衆国代表に

Help Me Helpは、災害など緊急時における通報者の、状況把握を助ける。このサービスはクラウドソースの情報とスマートフォンアプリとWebサービスを結びつけて、専門家や一般市民が地図にリアルタイムでマークを入れたり写真を添付したりして、停電が起きている地域や、損壊した構造物、火災、道路上の障害物などの危険箇所が分かるようにする。

Help Me Helpは、ハワイ大学の学生グループが開発した。彼らが Poli’Ahuと呼ぶこのプロジェクトは、来週ロシアのサンクトペテルブルグで行われるMicrosoft主催学生テクノロジコンペImagine Cupに、合衆国を代表する作品として出場する。

このプロジェクトは最初の構想では、国立公園などハワイ各地における侵入種の状況を調べることが目的だった。Help Me HelpのMike Purvisは先月、このプロジェクトはもっと多様な問題に応用できることをすぐに悟った、と述べた。

このサービスは緊急時通報者が状況を理解し、災害時などにより効率的な通報ができるようにする、とチームは信じている。Civil Defense in Hawaiiなどの防災機関は、これと類似のことを紙の地図と磁石とホワイトボードなどを使って行っている。しかし現状の災害情報は往々にして断片的で、その配布メディアの形式もまちまちだ、とチームは言う。

Help Me Helpは、モバイルアプリのほかに、Twitterから情報を集めてそのデータベースに放り込むことができる。ご存じのようにTwitter上のツイートは、情報の提供者による更新が容易にできる。

このサービスは、顧客のニーズや状況に合わせてカスタマイズすることを考えている。たとえば、情報の提供を任意の一般市民でなく、特定のスタッフや職員などに限定したい場合もあるだろう。

Imagine Cup 2013

Help Me Helpは来週のImagine Cupファイナルでプレゼンされる。主催のMicrosoftと共催者たちは計約100万ドルの賞金を用意している。参加国は69か国、授賞式は7月8日にDoctor WhoのMatt Smithがホストを務めて行われる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))