伝説的アナリスト、メアリー・ミーカーの2014年版「インターネット・トレンド」発表

元モーガン・スタンレー証券の上級アナリストで現在は名門ベンチャーキャピタル、KPCBのパートナーであるMary Meekerはインターネット・アナリストとして伝説的名声を博している。毎年Meekerがまとめている「インターネット・トレンド」の2014年版がRe/codeが主催するCodeカンファレンスで今朝(米国時間5/28)発表された。

ここにはインターネットに関わる大量の重要なデータが手際よくまとめられており、投資家、起業家、ジャーナリスト、その他誰であれテクノロジーに関心を持つものにとって必読の資料となっている。

Meekerの2014年のインターネット・トレンドの要約はこちらをクリック

下にスライド全体(100枚以上ある)をエンベッドした。

中でも重要な事実をいくつかピックアップすると―

– インターネットの成長速度は減速している。この傾向は以前から知られていたが、ますます顕著になっている。現在の成長率は10%を切っている。

– スマートフォンの成長率は20%だが、こちらも減速中。現在の成長を主として支えているのは新興市場。

現在バブルの傾向があるにしても、ドットコムバブルの2000年に比べれば程度は非常に軽い。

– インターネット広告はまだ成長中だが、大きなチャンスはモバイル広告にある。

–消費者が印刷メディアを読む時間は減っているのに依然として広告費の大きな部分を占めている。逆にモバイル利用時間は非常に長くなっているのにそれに見合う広告費が支出されていない。

–ソーシャル・ネットワークはこれまでのブロードキャスト的な仕組から、よりプライベートなメディアに変化しつつある。その原動力はSMSを代替する各種の国際的メッセージ・サービスの急成長だ。

– Tinder、Airbnb、Alibaba、GrubHubはホテル産業など既存のビジネスに破壊的革新をもたらすと同時に、消費者がバーやレストランを利用するなどの日常の行動パターンを大きく変えている。

– BuzzFeedはこの1年でユニーク訪問者を3倍に増やす急成長を遂げた。

– 暗号化によるバーチャル通貨については、この1年でBitcoinウォレットの利用が8倍に増加した。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


Mary Meeker、2013年版インターネットトレンドレポートをリリース。モバイル向け広告支出は大いに拡大の余地あり

Kleiner Perkins Caufield & ByersのパートナーであるMary Meekerが、D11 Conferenceにて2013年版のInternet Trendsレポートを発表した。ブロードバンド利用者およびモバイル利用者が大いに増えている。ただし、スマートフォンの普及およびモバイル広告についてはまだまだ拡大の余地があるとしている。

2012年末の段階で、全世界には24億のインターネット利用者がいるそうだ。前年比では8%増となっている。これもなかなかの数値だが、モバイル利用者の増加率はそれをはるかに上回る。モバイル利用者は15億人となり、昨年の11億と比べて30%の伸びとなっているのだ。

また昨年は利用されているスマートフォン台数も大いに拡大することとなった。Meekerの資料によれば、1年前には10億に満たなかったスマートフォン利用者が2012年には15億となった。しかし全世界での携帯電話の利用者は50億となっており、これをみるとスマートフォンの利用件数はまだまだ増えていくことになりそうだ。いずれにせよ、モバイル環境でのインターネット利用率は向上の一途を辿っており、インターネットトラフィック全体との比較では、1年前には10%程度だったものが15%に伸びている。

但し、モバイル向けの広告費についてはまだまだ成長の余地がある。インターネット全体の広告費は370億ドルであるのに対し、モバイルでの広告費は40億ドルに過ぎない。人々は生活時間の12%をモバイル機器とともに過ごしているのに、そこに投入されている広告費は今のところ全体の3%にしか過ぎないのだ。ちなみに人々がインターネット上ですごすのは生活時間の26%にのぼり、広告費もそれに対応して22%となっている。

KPCB Internet Trends 2013 from Kleiner Perkins Caufield & Byers

Photo source (CC BY-SA 3.0)

原文へ

(翻訳:Maeda, H)