10歳を迎えるNGINX、ユーザ数は過去4年で400%増

オープンソースのWebサーバNGINX(+ロードバランサ、HTTPキャッシュ、リバースプロキシサーバ)が今月で10歳になり、その商用バージョンNGINX Plusは同じ月に最初の誕生日を迎える。その記念として同社は最近の利用状況の数字を公表し、また本誌はCEO Gus Robertsonに取材することができた。

同社によると、最近の12か月でNGINXのユーザは54%(約1.5倍)増加し、ビジター数上位1万のサイトの中では41%の市場占有率を持つ。最近4年間のユーザの増加率は、400%(5倍)である。すごいのはそれだけでなく、商用バージョンは有料ユーザ数250に達し、Q2からQ3にかけての成長率は164%を記録した。

Robertsonによると、NGINXのユーザは、メディア、エンタテイメント、eコマース、テクノロジ、金融、教育など多様な業種に分散している。“これらのアカウントは、大規模な消費者向けWebサイトのように機能するWebアプリケーションを、アプリケーションのデリバリ層をカスタムメイクするための開発/エンジニアリング(展開〜管理)費用を要さずに配布したい、という願いからNGINXを利用している”、とRobertsonは語る。

商用サービスを立ち上げたときの最初の動機は、大規模なWebアプリケーションへの対応だった。そのねらいは成功したが、しかしRobertsonによると、その後すぐに悟ったのは、“多くのアプリケーションが、モンスター的Webアプリケーションのようにスケールしたいというニーズを抱えていない。むしろ、すばらしく速いレスポンスタイムやアップタイムの最大化、完全なモバイル対応などによる、ユーザ体験の向上を求めている”ことだった。彼が例として挙げる富裕層向けの銀行アプリケーションでは、トラフィックはささやかな量だが、口座チェックや取り引き確認のためにものすごく速いレスポンスタイムが要求された。

NGINXの将来の姿としてRobertsonが挙げるのは、アプリケーション自身がネットワーキング機能を持つという最近のトレンドだ。“アプリケーションを支えるインフラストラクチャやネットワークだけがネットワーキング機能を担当するという旧来の姿から、アプリケーション本体がその機能の一環としてネットワーキングを差配するようになる”。しかも、“クラウド環境の台頭、DevOpsチーム、それにLinuxコンテナのような技術、…これらはすべて、アプリケーションの真の抽象化という方向へわれわれを引っ張っていく。これまで下位のネットワーク層に縛られていたアプリケーションの機能も、抽象化されなければならない”、と彼は述べる。

このトレンドのコアはあくまでもWebサーバだが、ロードバランシングやキャッシング、メディアストリーミング、セキュリティなども、アプリケーションのデリバリにおいて重要な役を担う。当然ながら、NGINXにはすでにこれらの機能が揃っている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


NGINXを使っているWebサイトは今や1.46億, ニューバージョン1.6と1.7をローンチ

人気の高いWebサーバソフトNGINXを作っているNginx社が今日(米国時間4/24)、今や1億4600万あまりのWebサイトをNGINXがサーブしている、と発表した。1年前が9600万だったから、前年同期比で52%の増である。同社は、“世界最速で成長しているWebサーバ”を自称している。世界でなく、宇宙ならどうかな。

Web上の人気最上位サイト1000の中では、その39%がNGINXを何らかの形で使っている(前年は31.6%)。

これらの数字の発表と同時に同社は、バージョン1.6のNGINXを安定版リリースチャネルへローンチし、バージョン1.7をメインラインチャネルへリリースした〔公式発表〕。これらの数週間前には、NGINXの商用バージョンがリリースされた

NginxのCEO Gus Robertsonは、“この1年はたいへん好調で、v1.6と1.7のアップデートは、さらに好調な年の幕開けを告げるものだ”、と言っている。“弊社はオープンソースのコミュニティに強力にコミットしており、そのことを基に、今後の新しい大型機能もいくつか計画している。ユーザにはこれからも引き続いて、NGINXの高度な専門的技術によるパフォーマンスの高いWebアプリケーションのデリバリをご享受いただける”。

上で言及されている新しい大型機能のうち二つは、数か月後にローンチされる予定だ。ひとつは、NGINXの大量のインスタンスを常時動かしているユーザのための管理/監視ツールだ。もうひとつは、Linuxカーネルの最新の機能を利用するアーキテクチャ上の改良の数々。それらによってとくに、大量のコンテンツをキャッシュしながらサーブするサイトの、効率を上げることができる。たとえばWordPress、Groupon、Pinterest、Tumblrなどコンテンツ指向のサイトが、NGINXを使っている。

なお、同社はもうすぐ、サードパーティ製のモジュールAPIをローンチする。それによって、モジュールの動的ロードが可能になる。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


人気独占のWebサーバNginxが有料版充実のためにシリーズBで$10Mを調達

最近ますます人気が高まっているWebサーバNginx(エンジンX)が今日(米国時間10/15)、New Enterprise Associatesが指揮するシリーズBのラウンドにより1000万ドルを調達した、と発表した。今からちょうど2年前の、シリーズA(300万ドル)のときの投資家e.ventures、Runa Capital、MSD Capitalのほか、BoxのCEO Aaron Levieもこの投資に参加した。

NginxのCEO Gus Robertsonによると、この新たな資金はモスクワにいる同社のメインの技術者チームを拡張し、オープンソースのサーバであるNginxの開発を続行していくために使われる。さらにこのほか、サポート体制の一層の充実と、同社の商用顧客向けツールの構築努力の拡大にも充てたい、という。今15名の社員を、2014年には50名とする予定だ。

Nginxが商用バージョンを立ち上げたのは8月だが、すでにそのNginx Plus製品を利用する有料ユーザは100社を超えている。Nginx Plusは、アプリケーションの健康チェック、モニタリング、ロードバランサなど、オープンソースバージョンにない高度な機能を提供する。有料顧客は、エンタテイメント、eコマース、教育、旅行、レジャーなど、さまざまな業界の企業だ。Robertsonは、彼らの多くが単にWebサイトを動かすだけでなく、APIの提供にもNginxを使っている、と力説する。

Nginxには活発なコミュニティがあるが、基本部分の開発はほとんどNginxの内部で行われている。一方コミュニティは、サーバのインストールやメンテナンスでユーザを支援することが多い。しかし、今では商用ユーザもおり、彼らはそういうサポートをNginxから直接受けたいと願っている。だからこそ今回、新たな資金を導入したのだ。

今現在、世界のトップクラスのサイト上位1000を動かしているサーバでもっとも多いのは、ApacheでもMicrosoft IISでもなくNginxだ。トップサイト10000でも、Nginxが最多になろうとしている。今Nginxが動かしているWebサイトの総数は1億2000万を超えており、しかもその数は、今でも急速に増えている。

画像: Schlüsselbein2007

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


GoogleのPageSpeedモジュールのNginx用バージョンがリリース

GoogleはつねにWebの高速化に真剣だ。2010年には協力者たちのグループを率いてApache Webサーバ用のモジュールPageSpeedをリリースした。そして今日(米国時間4/25)は、同じグループがこのモジュールのWebサーバNginx用をリリースした。NginxはApache同様、オープンソースのプロジェクトで、トラフィック量の膨大なNetflix、Hulu、Pinterest、Airbnb、WordPress.com、Zynga、Zappos、GitHubなどのサイトが使っている。

アルファテストでは、CDNプロバイダMaxCDNが、ページロードタイムの1.57秒減を報告している。バウンスレートは1%減だそうだ。大きな成果ではないように見えるが、一つのサイトで複数のビジターがいろんなことをしてるような場合には、けっこう大きな効果になる。たとえば、誰もかれもがネットしているStarbucksのようなところでHuluを利用すると、わずか2秒の違いでもページやビデオのロード時のいらいらが、かなり減ることに気づくだろう。

このモジュールはGitHubで入手できる。そのオープンソースの開発には、Google、Taobao、We-Amp、それにそのほかの個人デベロッパたちが参加している。

GoogleのMake the Web Faster Team(長いチーム名だ!)のエンジニアJeff Kaufmanがブログ記事で、PageSpeedについて説明している:

Nginxの中で動くngx_pagespeedモジュールは、Webページを書き換えることによって、Webページのユーザへの到達を速くする。具体的には、画像の圧縮、CSSやJavaScriptの最小化、キャッシュの長寿命化など、Webのパフォーマンス面のベストプラクティスの数々だ。mod_pagespeedの最適化フィルタのすべてを、Nginxのユーザも利用できる。

Googleはインターネットの高速化をGoogle自身というより、世界全体のためと考えており、そのためのテストをすでに合衆国の数都市で開始している。この努力には、ほかの企業も参加協力してよいのではないか。Google自身に関しては、Webの高速化はGoogleのCEO CEO Larry Pageのトッププライオリティであり、それはもちろんGoogleの今と将来の全製品に好結果をもたらす。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))