Node.js用パッケージマネージャnpmが法人化してシード資金$2.6Mを調達

学びやすくてしかもスケーラビリティが良いため、Node.jsはアプリケーションを開発するための非常に人気の高いプラットホームになっている。そしてNode.jsで書いたプログラムのインストールと公開と管理を助けるパッケージマネージャnpmが、True Venturesのリードにより260万ドルのシード資金を調達した。この投資ラウンドには、GoInstant.comの協同ファウンダJevon MacDonaldやGavin Uhma、Charles Beeler、それにNode Summitの主催団体Asynch Mediaも参加した。True VenturesのパートナーPuneet Agarwalが、npmの取締役会に加わる。

npmは現在、デベロッパに、60000近いモジュールへのアクセスを提供している。Node.jsのデベロッパはモジュールやパッケージを使って新しい機能を自分たちのアプリケーションに迅速に加えることができ、大幅な時間節約を達成する。

npmの利用規模は、今では相当大きい。1月にはダウンロード回数が2億回近くに達し、提供しているNode.jsのパッケージは総行数が10億行を超えている。C++とJSの部分のコードの総行数は、テストも含めて12万行を超えている。

このオープンソースのプロジェクトが作られたのは3年前のことだが、需要が盛況なため、サポートの充実を目指してnpm, Inc.という名前で法人化を図った。法人の立ち上げは昨年12月で、今回シード資金が得られたため、サポートサービスなどの一層の充実が期待される。

ファウンダでCEOのIsaac Schlueterは、それまでJoyentで同社のNode.jsをプロジェクト指揮していた。その前は、Yahooに在籍した。協同ファウンダのLaurie Vossは CTO、Rod BoothbyはCOOを務めている。

GoogleのJavaScriptランタイムV8を使用するNode.jsは、今ではGEやWalmart、Yahoo、Microsoft、LinkedIn、PayPal、Joyentなど、有名大企業も利用している。

とりわけJoyentは、その初期からNode.jsの最大の支援者で、Node.jsアプリケーションのためのデバッグやパフォーマンス分析ツールなどを商用のサポートサービスとして提供している。Joyentの協同ファウンダJason Hoffmanは、この、クラウドコンピューティングサービスのパイオニア的企業のCTOの座を昨年秋に去り、今ではnpmの取締役になっている。

画像: Flickr/Karunakar Rayker, CC BY 2.0のライセンスによる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


コードを読めない/書けない人でもプログラミングの理解と参加ができるヴィジュアルツールNoFlo

NoFloという会社が、1970年代にIBMが提唱した“フローベースのプログラミング”*というコンセプトに基づく、オープンソースのヴィジュアルプログラミングツールを作り、多くのプログラミング言語に対応する本格的な開発環境に仕上げるための資金10万ドルを、Kickstarterで募金している。〔*: flow-based programming, プログラムの構造を処理の流れ(flow)で表す(下図)。〕

一見するとNoFloは、簡単なWeb開発ではなくもっと高度なプログラミングのためのWYSIWYGエディタみたいだ。いろんな部位をドラッグ&ドロップで並べて、求める計算処理を完成させる。しかし実際にはそれは、コードを書いたり読んだりした経験のない人たちでもプログラム/プログラミングを理解できるための、ヴィジュアルな仕掛けだ。今では企業の役員でも管理職でも一般社員でも、プログラミングの経験や知識があることが求められる。これからは誰もが、デベロッパたちがやってることを見て何をしているのか理解でき、プログラミングや開発の過程に何らかの形で関われなければならない。NoFloは、そういう時代要請に即したツールだ。

同社によれば、“それは新しいタイプのフローベース開発環境であり、中でもとくに、どこを新しくしたいかというと、もっとコラボレーション型の環境にしたいのだ”、という。つまり、“企業やチームの人たちに、彼らのソフトウェアがどのように動くのかを示すマップを提供したい。たとえばそのソフトウェアがインターネットに接続されたら、いろんなものが流れて(flowして)いく。プログラムを流れ(flow)でとらえて表現する方法は70年代に発明されたが、うちはそれを、インターネットやクラウドAPIなんかがある現代の環境向けにリニューアルしたいのだ”、ということ。

これと似たプロプライエタリなツール*は前からすでに、大型のプログラミングプロジェクトで使われていたし、映画Lord of the Ringsなど大衆的なメディアに登場したことがある。それらではこのソフトウェア開発プラットホームが、特殊効果のデザインや開発フロー用に使われていた。NoFloはそれらと同じツールを、一般的なオープンソースコミュニティに初めて持ち込むことになる。Kickstarterで資金募集に成功したら。〔*: もしかして、フローチャート(flow chart)のことか?〕

Kickstarterに出た目的は、関心を集めることと、今JavaScriptしかサポートしていないこのツールを、さらにJavaやObjective C対応にするための資金集めだ。つまり、iOSアプリやAndroidアプリを作れるようにしたいのだ。同社によるとそれはScrabbleをLegoに変えるようなもので、基本的に、一般の人には全然分からないもの(プログラム/プログラミング)を、誰にでも分かり会話にも参加できるものに変えるのだ。

NoFloがKickstarterのページで述べているように、Webサイトの場合は、デザイナーがヴィジュアルの仕事をしたら、あとは完全にプログラマの仕事になり、言語を理解できない者には口出しすらできないものになってしまう。NoFloが望むのは、デザイナーが全工程に参加して、本格的なプログラミング教育を受けなくてもプログラミングに参加できることだ。肩越しからプログラマの仕事をちょっと覗くのではなく、正規にチームの一員として会話に参加できること。

出資約束95ドル以上で、プライベートなプロジェクトライセンスが得られる。つまり、コミュニティでオープンに共有されるプロジェクトにはこのツールが提供される。金額が多いとライセンスの期間が長くなり、特典も増える。ソフトウェアでしかも消費者製品でないものに、目標額10万ドルは厳しいが、NoFloのねらい自体はきわめて社会的に重要であり、とくに、技術部門と管理部門とクリエイティブ部門、この三者のコミュニケーションを建設的に円滑にしたいと願っているデザインスタジオやデベロッパショップからは、支持を得られそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


コードを読めない/書けない人でもプログラミングの理解と参加ができるヴィジュアルツールNoFlo

NoFloという会社が、1970年代にIBMが提唱した“フローベースのプログラミング”*というコンセプトに基づく、オープンソースのヴィジュアルプログラミングツールを作り、多くのプログラミング言語に対応する本格的な開発環境に仕上げるための資金10万ドルを、Kickstarterで募金している。〔*: flow-based programming, プログラムの構造を処理の流れ(flow)で表す(下図)。〕

一見するとNoFloは、簡単なWeb開発ではなくもっと高度なプログラミングのためのWYSIWYGエディタみたいだ。いろんな部位をドラッグ&ドロップで並べて、求める計算処理を完成させる。しかし実際にはそれは、コードを書いたり読んだりした経験のない人たちでもプログラム/プログラミングを理解できるための、ヴィジュアルな仕掛けだ。今では企業の役員でも管理職でも一般社員でも、プログラミングの経験や知識があることが求められる。これからは誰もが、デベロッパたちがやってることを見て何をしているのか理解でき、プログラミングや開発の過程に何らかの形で関われなければならない。NoFloは、そういう時代要請に即したツールだ。

同社によれば、“それは新しいタイプのフローベース開発環境であり、中でもとくに、どこを新しくしたいかというと、もっとコラボレーション型の環境にしたいのだ”、という。つまり、“企業やチームの人たちに、彼らのソフトウェアがどのように動くのかを示すマップを提供したい。たとえばそのソフトウェアがインターネットに接続されたら、いろんなものが流れて(flowして)いく。プログラムを流れ(flow)でとらえて表現する方法は70年代に発明されたが、うちはそれを、インターネットやクラウドAPIなんかがある現代の環境向けにリニューアルしたいのだ”、ということ。

これと似たプロプライエタリなツール*は前からすでに、大型のプログラミングプロジェクトで使われていたし、映画Lord of the Ringsなど大衆的なメディアに登場したことがある。それらではこのソフトウェア開発プラットホームが、特殊効果のデザインや開発フロー用に使われていた。NoFloはそれらと同じツールを、一般的なオープンソースコミュニティに初めて持ち込むことになる。Kickstarterで資金募集に成功したら。〔*: もしかして、フローチャート(flow chart)のことか?〕

Kickstarterに出た目的は、関心を集めることと、今JavaScriptしかサポートしていないこのツールを、さらにJavaやObjective C対応にするための資金集めだ。つまり、iOSアプリやAndroidアプリを作れるようにしたいのだ。同社によるとそれはScrabbleをLegoに変えるようなもので、基本的に、一般の人には全然分からないもの(プログラム/プログラミング)を、誰にでも分かり会話にも参加できるものに変えるのだ。

NoFloがKickstarterのページで述べているように、Webサイトの場合は、デザイナーがヴィジュアルの仕事をしたら、あとは完全にプログラマの仕事になり、言語を理解できない者には口出しすらできないものになってしまう。NoFloが望むのは、デザイナーが全工程に参加して、本格的なプログラミング教育を受けなくてもプログラミングに参加できることだ。肩越しからプログラマの仕事をちょっと覗くのではなく、正規にチームの一員として会話に参加できること。

出資約束95ドル以上で、プライベートなプロジェクトライセンスが得られる。つまり、コミュニティでオープンに共有されるプロジェクトにはこのツールが提供される。金額が多いとライセンスの期間が長くなり、特典も増える。ソフトウェアでしかも消費者製品でないものに、目標額10万ドルは厳しいが、NoFloのねらい自体はきわめて社会的に重要であり、とくに、技術部門と管理部門とクリエイティブ部門、この三者のコミュニケーションを建設的に円滑にしたいと願っているデザインスタジオやデベロッパショップからは、支持を得られそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Amazon Web Services(AWS)がNode.jsによるSDK/オブジェクトライブラリを提供

Node.jsは今や、アプリケーションを開発するとき誰もが使っている。それはサーバサイドのJavaScriptだ。比較的おぼえやすいので、とても人気がある。今回はAmazon Web Services(AWS)が、Node.jsによるSDKをリリースし一般公開した。

あるブログ記事によると、AWSは12月のプレビューリリース以降、さらに機能を増強した。新しい機能は、バウンドパラメータ、ストリーム、EC2インスタンスのIAM roles、バージョンロッキング、プロキシなどだ。AWSによると、このSDKはAWSのサービス(Amazon S3, Amazon EC2, DynamoDB, Amazon SWF)のJavaScriptオブジェクトを提供して、デベロッパのコーディングを単純化することが目的だ。

Node.jsはその、イベント駆動型のノンブロッキングI/Oにより、アプリケーションのスケーラビリティを支え、しかも、スレッドやタイムアウトのポーリング、イベントループなどをプログラマは扱わずにすむ。だからこそ、大きな人気を獲得した。とくにゲームデベロッパに愛好者が多く、AmazonのCTO Wener Vogelsは、3月にAWSがElastic BeanstalkでNode.jsを提供したときに書いた記事の中で、そのことを説明している。Vogelsによると、Elastic BeanstalkはElastic Load Balancing、Auto Scaling、EC2などのAWSリソースのプロビジョニングとモニタリングと構成を自動化する”。彼によると、デベロッパたちはNode.jsの機能を利用することによって、レイテンシ(ネットワーキング待ち時間)の低い複数の並列的接続を実現している。UberやVoxer、それにDataheroのようなエンタプライズ向けスタートアップはすべて、サーバの実装にNode.jsを使っている。

Node.jsのサポートを提供しているクラウドプロバイダはAWSだけではない。Joyentはこのプラットホームを企業向けサービスの一環として提供している。Windows Azureもビッグなサポーターだ。Rackspaceもサポートしている。3月にMicrosoftは、Windows Azure Service Busを使うオープンソースの寄与貢献物を提供した。それは、Node.jsによるリアルタイムアプリケーションのためのスケールアウトをサポートするライブラリだ。

AWSが今回Node.jsによるSDKを一般公開したことは、デベロッパ界隈における、Node.jsというプラットホームの実力を物語るエピソードの一つだ。つまり、デベロッパを相手にするビジネスでは、もはやNode.jsを無視できない。これで、AWSをベースに開発〜プログラミングをするデベロッパが今後増えることは、ほぼ確実だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))