グルメサービスのRettyが10億円を調達、年内にも海外展開–アプリも検索ロジックを一新

Retty代表取締役の武田和也氏

実名グルメサービス「Retty」を手がけるRettyが、年内にも北米およびアジア進出を目指す。海外進出、そして組織体制強化に向けて、Fidelity Growth Partners Japanのほか、既存投資家のグリーベンチャーズ、みずほキャピタルから合計10億円の資金調達を実施した。

ユーザー数は月間100万人単位で増加

2013年12月に3億3000万円の資金調達を実施したRettyだったが、その後2014年に入りユーザー数は急増。2015年2月には月間700万人を突破。直近では1カ月100万人単位でユーザー数が増加しており、3月は800万人まで増加する見込みだという。ちなみにグルメサイト古参のぐるなびはユーザー数5200万人(2014年12月時点)、カカクコムの「食べログ」は6369万人(2014年12月時点)。どのサービスも開示された資料などを見ると、ユーザー属性は30〜40代が中心だそう。

Retty代表取締役の武田和也氏は、「ぐっと伸びているのを実感している。ユーザーだけでなく、店舗からの認知も上がっている。最近ではテレビCMをやってるサービスなども多いが、我々ははほとんど広告などを使っていない。口コミやSEOでの自然増だ」と語る。口コミは現在150万件、掲載店舗数は都市部を中心に全国25万件。「良質なコンテンツが蓄積された結果、それが価値を作っている」(武田氏)。

店舗の情報をテーマごとに複数件紹介する「まとめ」もトラフィックを集めているそうで、「『渋谷 ランチ』といった検索でも検索結果上位に入っている」(武田氏)という状況。なお全体のトラフィックはすでにスマートフォンが8割以上(ウェブ、アプリの合計。比率は非公開)で、PCは2割に満たない状況だという。

年内にも北米、東南アジアへ進出

今回の資金調達の目的の1つが海外進出だ。年内にも北米および東南アジアにコミュニティーマネージャーを置き、サービスを展開していくという。

「『英語圏』『スマートフォン』『外食文化』の3つのキーワードを重視している。Rettyは2011年6月にスタートしてここまできたので、先行投資で2年くらいはかかると思っている」(武田氏)とのこと。

すでに北米ではYelp(全世界で1億3500万ユーザーだ)が国内の食べログ的な立ち位置になっている印象もあるが、サンフランシスコやニューヨークなど、都市ごとのサービス展開を検討しているそうだ。アジアに関しては、シンガポールや香港などの名前も挙がった。

100人超の組織に、インターンも活躍

Rettyは今月中にもオフィスを移転する予定。現在は社員数は約30人、インターンも約20人(そこから新卒の社員になった人間もこれまで3人ほどいるそうだ)という規模だが、これを数カ月以内にも100人体制まで拡大する予定だという。余談だが、すでにインターンから「カウモ」「TravelBook」といったサービスを手がける起業家も生まれているそうだ。

ビジネス面では、2014年9月からネイティブアドを開始。すでに複数のナショナルクライアントから出稿があったという。「ユーザー数が数百万人となってから、店舗などからの問い合わせ件数も変わってきた」(武田氏)。また以前から語っていた店舗向けの有料機能についても、一部試験的に提供を開始しているそうで、状況を見て正式に展開していく計画だ。

アプリも刷新、ユーザーの好みを検索に反映

実は取材のたびに何度もスマートフォンアプリのユーザー数を聞いてきたのだけれども、Rettyは一度もその数字を開示していない( Google Playで確認しても「インストール数1万~5万件」とのことなので、700万というユーザー数全体から考えれば決して大きい数字ではないと思う。ちなみにぐるなび、食べログはともに「100万〜500万件」)。そんなスマートフォンアプリにもテコ入れを実施している。

iOS版はアプリをフルリニューアル。UIを一新したほか、検索ロジックについては、ソーシャルグラフやユーザーの嗜好(しこう)性を重視するように大きく変更した。Android版アプリでも検索機能が新しくなった。

例えば食べログなどで「渋谷 カレー」と検索した場合、どのユーザーであっても同じ点数順のランキングが表示されるが、新アプリでは、ユーザーがRetty上でフォローしているユーザーやブックマークしているレストランの傾向によって、独自の検索結果を表示するのだという。

「ランキング形式での表示は分かりやすいが、『高級な店』を求めている人もいれば『コストパフォーマンスのいい店』を求めている人もいる。アプリでは多様性を打ち出して、ユーザーごとに好みに合う結果を提供する」(武田氏)


実名制グルメサービス「Retty」は月間ユーザー300万人に 検索機能も刷新

グルメサービスには「ぐるなび」「食べログ」といった巨人が存在するが、一方でRettyが運営する実名型グルメサービス「Retty」がユーザーを拡大させている。これまでの口コミ投稿は90万件を超え、月間利用者数は2013年10月に100万人を突破。2014年2月には200万人となり、4月には300万人まで拡大しているという。この数字は、前年同月比で927%増となる。ユーザーは30〜40代の男女を中心が中心となる。


Retty代表取締役の武田和也氏によると、すでにスマートフォン(ウェブ、アプリの合計)へのアクセスが9割を占めており、ウェブに関しては検索流入も増加している。「Googleが検索のアルゴリズムをアップデートしているが、SEOではなくコンテンツの内容を意識してきたRettyにとってはプラスになると考えている」(武田氏)。スマートフォンにおけるウェブとアプリのアクセス数の比率は非公開とのこと。

そんなRettyは5月26日、スマートフォンアプリの店舗検索機能をリニューアルを実施した。今回のリニューアルでは、店舗情報の下部にユーザーの口コミが表示され、より「人」にフォーカスした検索が可能になるという。たとえば「広告代理店の人がお勧めする会食のお店」「女性がススメルデートのお店」といった、口コミ投稿者の属性や嗜好をもとにした店舗検索ができる。

またRettyでは、一部店舗に限定して試験的に店舗情報の管理機能などを提供をし始めている。こちらは今夏にも正式に公開される予定だ。


実名グルメ「Retty」が3.3億円調達、「行きたい」ユーザーにクーポン配布で収益化

実名ベースの飲食店口コミサービス「Retty」を運営するRettyは2日、シリーズBラウンドとして、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、みずほキャピタル、既存投資家を割当先とする総額3億3000万円の第三者割当増資を実施した。これに伴い、Rettyを収益化する人員や体制を強化し、2014年春から飲食店向けの課金サービスを始める。

Rettyはお気に入りの飲食店の情報を友達と共有できるソーシャルグルメサービス。登録ユーザーの8割以上がFacebookアカウントでログインしているので、信頼性の高い実名ベースの口コミが投稿されるのが特徴だ。他のユーザーの投稿に「行きたい」ボタンを押して「行きたいお店」リストに追加し、外出先からスマホで現在地周辺の「行きたい」店を確認するといった使い方もできる。

「Retty上でグルメな友人や食の嗜好が合う人をフォローすれば、例えば渋谷で働く人がランチで通っている飲食店がわかったり、広告代理店の人がオススメする接待用の飲食店をチェックすることもできます。備忘録のかわりに気に入った飲食店を登録するユーザーも結構多いですね。」(Rettyの武田和也社長)

最近では検索エンジンやソーシャルメディア経由の流入が増え、10月にはユニークビジター数が100万人を突破、翌11月には130万人まで伸びている。これまでに投稿された口コミは70万件を超え、掲載されている飲食店16万件のうち8割に「行きたい」ボタンが押されているのだという。

2011年5月にサービスを開始して以来、ユーザー数を増やすことに注力してきたRettyだが、いよいよ収益化に着手する。まずは「行きたい」ボタンを押したユーザーに対して、飲食店がクーポンを配信するツールを有償で提供する。実名ベースで「行きたい」意志を表しているユーザーにリーチできるので、単なるバラマキのクーポンよりも効果が高いとみている。資金調達では、収益化に向けたエンジニアやマーケティング人員を強化。社員を現在の7名から約30名に増員する。

余談になるが、Rettyは7名の社員全員に「ランチ自転車」を与えているのだという。オフィス周辺にあるRettyで話題の飲食店でランチする際の移動手段として使うためだ。Rettyは赤坂、新宿、六本木、築地と次々にオフィスを移転しているが、理由は「周辺の飲食店をすべて制覇したため」(武田氏)。そして築地の飲食店を食べ尽くしたのか、12月には恵比寿に引っ越しした。

「単なるグルメ好きと思われるかもしれませんが、サービスの運営メンバーはいちばんのヘビーユーザーであるべきなんです。Rettyをやっていると行きたいお店がどんどん増えてきて、実際に投稿すればバグも見つかり改善案も出てくる。もちろんグルメが好きなので、恵比寿でもエンゲル係数を気にせずに食べ尽くしていきますよ。」

Rettyは2012年10月、グリーベンチャーズ、NTTインベストメント・パートナーズ、三菱UFJキャピタルの3社を引受先として、総額1億円のシリーズAラウンドの資金調達を実施。その1年前には、サイバーエージェント・ベンチャーズとエンジェル投資家から2200万円を調達している。