Apple、台湾のiPhone価格を操作しようとして罰金67万ドル。制裁効果は???

これを読んでいる人は、最近台湾でiPhoneを買っていないに違いない。それは正解だったかもしれない。Wall Street Journalによると、Appleは、iPhoneの販売価格に圧力をかけようとしたとして、台湾公正取引委員会から2000万台湾ドルの罰金を科せられた。大金に〈感じる〉かもしれないが、現実はそこまでドラマチックではない。この数字は、わずか66万7000米ドルに相当する。今後の不履行に対しては金額も少し上がり、Appleは5000万台湾ドル(〜160万米ドル)を追加徴収されることになる。

この後すぐ、本当のお金の話をするつもりだ。

伝えられるところによると、Appleは台湾の三大通信会社 ー 中華電信(ダントツのトップ)、遠傳電信、および台湾大哥大 ー に対して、iPhoneの価格プランに関する契約を結ぶことを要求していた。台湾法の下では、これらの企業はひとたびAppleからiデバイスの販売権を買った後、いかなる企業の干渉も受けてはならない。

WSJの記事によると、Appleは委員会の決定に対して不服申し立てをする選択肢をもっているが、今のところ同社がそれを行使するかどうかに関する発言はない。私はAppleにコメントを求めているが、クリスマスでもあり、早期の回答は期待していない。

さて正直な話、これは主要スマートフォンメーカーが台湾法にたてついて捕らえられた初めての例ではない。Samsungも2013年、同社のスマートフォンGalaxy Duoが自動焦点とフラッシュ付のカメラを内蔵していると主張する広告を出したことに対して、30万台湾ドル(約1万米ドル)の罰金を命じられた。さらにSamsungは同年、台湾のライバルHTCの製品をネットで非難するやらせ記事を、金を払って大量にばらまくキャンペーンを展開して罰金を払うはめになった。

結末はと言えば、そんなキャンペーンはおそらく必要なかった。私はHTC製品のファンであることを喜んで自認するが、この会社が未だ財政難に苦しんでいることは否定しようもない。

心から正直なことを言えば、テクノロジー巨人に対するこの種の制裁金が、彼らの行動になんらかの永続的影響を与えるとは考えにくい。Appleは1500億ドル(おそらくそれ以上)の現金をしっかり溜め込んでいることを忘れてはいけない。当然Samsungも、規制による罰金を吸収する余裕がある — 財閥全体の収益は、高利益(かつ多産)の家電製品のおかげで韓国GDPの1/5近くに相当する。Fortune誌のPhilip Elmer-DeWittが巧みに指摘していたように、罰金1000万台湾ドルは、Samsungの2012年の膨大なマーケティング予算、〈53億ドル〉の丸め誤差程度の重みしかない。

こうした不毛な手続きに意味はあるのか?誰にもわからない。はっきりしているのは、一部の非常に有力な企業らは、ごめんさいと言って(ごく)軽微な経済制裁を受ける方が、そもそもルールを守って戦うよりも、簡単 — かつおそらく実入りが良い — と思っていることだ。彼らは間違っていないかもしれない。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi)


日記アプリLifeCrumbsは好きな写真から楽しい思い出のヴィジュアルカレンダーを作る(それが”感謝日誌健康法”)

休日も、仕事のことが気になったり、お金の問題があったり、季節的な情動障害があったりすると楽しくない。そんなときはMerle Haggardの“If We Make It Through December”を何度も何度も聴くことにしているが、でも今年は、ヴィジュアルな日記アプリLifeCrumbsを日課にしようかと思っている。Tomofunというスタートアップが作ったLifeCrumbsは、どんなに憂鬱な日でも、必ず一つぐらいは、救いになるような一瞬があったはずだ、というアイデアを実装している。無料のiOSアプリだが、もうすぐAndroidバージョンも出るから、多くの人が、そんな瞬間の写真を一日に貼り付けたヴィジュアルなカレンダーを作れるようになる。

台北でVictor Changが作ったTomofunのミッションは、“ふつうの日常の中に楽しさを見つける”ことだ。LifeCrumbsは実は同社の二つめのプロダクトで、最初のはあまり良いフィードバックが得られなかったのでプロトタイプだけで終わってしまった。

がっかりしたTomofunのチームは、2012年の夏をフィリピンですごし、住宅建設現場でボランティアとして労働した。

“台風で父親を亡くした5歳の女の子に会った。その子にクッキーを一枚あげたら、それを持って走って家族のところへ行き、六つに割って全員で食べていた。ぼくのところへ走ってきたのでまたクッキーをあげたら、今度は半分に割って、笑顔でありがとうと言った”、とChangは話す。“それが、ぼくの人生観を変えた。物がたくさんなくても、人間は幸せになれるんだ。それはすばらしい教訓だと思ったから、ほかの人たちと共有したいと思った”。

台湾に帰ったTomofunは、そのとき得た鮮やかなインスピレーションをもとに、人びとが毎日の意義深い瞬間を記録できる日記アプリの開発に取り組んだ。LifeCrumbsは2012年の10月に非公開ベータでローンチし、今年の8月に一般公開した。そしてそれ以降もチームは、ユーザからのフィードバックを積極的に集めて改良に励み、なお一層ヴィジュアルな製品に育てていった。LifeCrumbsはFacebookとTwitterとInstagramを統合しているので、それらのアップデートから何かをインポートすることもできる。Tomofunは現在、自己資本のみで、LifeCrumbsについては収益化の方法を模索している。ステッカー、カレンダーを印刷して提供、などのアイデアがある。

忙しい人のための、日記を楽しく簡単につけるための優れたアプリはたくさんある。とりわけ目立つのは、Step Journal (私が5月に記事にした)、Day OneMomentoGratitude365などだ。 でもLifeCrumbsは、このアプリの中にポジティブで明るいコミュニティを作ることで、差別化を図りたいと考えている。

どんなにひどい日でも、ありがたいな、と感謝の気持ちをおぼえるような瞬間を見つけ、それをもとにコミュニティにも参加していくことには、かったるい、とか、そんなのぜったいできない、という感想をお持ちの方もおられると思う。でも、そんな習慣には、大きなごほうびが返ってくるのだ。カリフォルニア大学Davis校の研究によると、感謝日誌をつける習慣*は健康的な生活と安眠に導き、心と体の活性を増す、という。〔*: 感謝日誌, gratitude journal 〕

しかもLifeCrumbsなら、自分の中のPollyannaを引っ張り出すことに励んでも、FacebookやInstagramみたいに、ひとからひやかされたり、ばかにされたりする心配がないのよね。

LifeCrumbsのコミュニティマネージャでTomofunのソーシャルマーケティングディレクターでもあるMaggie Cheungによると、一日一日の思い出をカレンダー形式にまとめられることが、とくにユーザに受けている、という。

〔訳注: crumbは‘かけら’。bread crumbはパンくず。一日の中の、ほんのかけらのようなできごとや瞬間をだいじにしよう、という製品コンセプト。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


プログラマにオンラインの個人教授を提供するCodementor, 最短2時間以内に質問に回答

一人でコードを書いていて、近くに相談する人がいなくて困ることがよくある。Codementorは、そういうときに、一対一で教えてくれるエキスパートを紹介してくれる。まだ非公開ベータだが、本誌読者100名はこのリンクから登録すると、10ドルぶんの利用ができる。

ファウンダのWeiting Liuによると、Codementorの目的は、下の図のようにコード画面と、テキストとビデオを併用するチャット画面を二人が共有することによって、あなたのそばに経験豊富なプログラマがいるときの安心感を再現することだ。

“インターネットのフォーラムで質問を投稿することと、本物の指導者が自分の横にいることとの、ギャップを填めたい”、とLiuは言う。当サイトの‘先生’たちは、合衆国とヨーロッパとアジアからすでに300名が登録している。緊急の質問は2時間以内、そのほかの質問は24時間以内に答をもらえる。最終目標は、質問したら瞬時に答が返ってくる状態の実現だ。

Y Combinatorで鍛えられたLiuはこれまでにも、株式投資コミュニティSocialPicksなど、いくつかのスタートアップを立ち上げている。SocialPicksは2009年にFinancial Content Servicesが買収した。Codementorは、彼自身が個人デベロッパや企業の管理職だったときに抱(いだ)いたニーズから生まれた。

“経験の浅いプログラマは、トラブルに遭遇すると、単純に途方に暮れてしまうことが多い”、とLiuは言う。“会社の管理職をやっていると、この突然の工程ストップが解消するためなら何千ドル払ってもよい、という気分になるね。もちろん、前からCodementorがあれば、もっと少ない額で問題を解決できただろう”。

Codementorは、個別緊急の問題以外に、もっと長期のプログラマ教育も提供する。たとえば特定のプログラミング言語を本格的に(プロレベルで)習得できるサービスは、今のStack OverflowCodecademyなどにはない。またフィジカルな(オフラインの)特訓コースは、往々にして参加料が高い。

Codementorで質問する方法は、二つある。質問を直接サイトに送ると、適切な指導者を紹介してくれる。たとえばRubyに関する質問なら、今現在オンラインしているRubyのエキスパートが表示される。第二の方法は、目下ベータ中だが、教える側が自分のブログにウィジェットを埋め込んでおき、生徒はそのウィジェットから直接、質問をポストする。

Codementorで‘先生’になりたい人は、資格審査に通らなければならない。Codementorの審査官たちはGitHubやStack Overflowなどを調べて、先生志願者の能力を判定する(GitHub上に自分のコードベースがあること)。自分の料金は自分で決めるが、その後は生徒たちからの評価点で格が上がったり下がったりする。一貫して評価点の低い先生は、Codementorの品質管理の一環として、クビになる。

Codementorは、授業料の15~20%を取る。同社は最初の資金をTMIから調達し、TechStars Seattleの次のクラスに参加する予定だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


プログラマにオンラインの個人教授を提供するCodementor, 最短2時間以内に質問に回答

一人でコードを書いていて、近くに相談する人がいなくて困ることがよくある。Codementorは、そういうときに、一対一で教えてくれるエキスパートを紹介してくれる。まだ非公開ベータだが、本誌読者100名はこのリンクから登録すると、10ドルぶんの利用ができる。

ファウンダのWeiting Liuによると、Codementorの目的は、下の図のようにコード画面と、テキストとビデオを併用するチャット画面を二人が共有することによって、あなたのそばに経験豊富なプログラマがいるときの安心感を再現することだ。

“インターネットのフォーラムで質問を投稿することと、本物の指導者が自分の横にいることとの、ギャップを填めたい”、とLiuは言う。当サイトの‘先生’たちは、合衆国とヨーロッパとアジアからすでに300名が登録している。緊急の質問は2時間以内、そのほかの質問は24時間以内に答をもらえる。最終目標は、質問したら瞬時に答が返ってくる状態の実現だ。

Y Combinatorで鍛えられたLiuはこれまでにも、株式投資コミュニティSocialPicksなど、いくつかのスタートアップを立ち上げている。SocialPicksは2009年にFinancial Content Servicesが買収した。Codementorは、彼自身が個人デベロッパや企業の管理職だったときに抱(いだ)いたニーズから生まれた。

“経験の浅いプログラマは、トラブルに遭遇すると、単純に途方に暮れてしまうことが多い”、とLiuは言う。“会社の管理職をやっていると、この突然の工程ストップが解消するためなら何千ドル払ってもよい、という気分になるね。もちろん、前からCodementorがあれば、もっと少ない額で問題を解決できただろう”。

Codementorは、個別緊急の問題以外に、もっと長期のプログラマ教育も提供する。たとえば特定のプログラミング言語を本格的に(プロレベルで)習得できるサービスは、今のStack OverflowCodecademyなどにはない。またフィジカルな(オフラインの)特訓コースは、往々にして参加料が高い。

Codementorで質問する方法は、二つある。質問を直接サイトに送ると、適切な指導者を紹介してくれる。たとえばRubyに関する質問なら、今現在オンラインしているRubyのエキスパートが表示される。第二の方法は、目下ベータ中だが、教える側が自分のブログにウィジェットを埋め込んでおき、生徒はそのウィジェットから直接、質問をポストする。

Codementorで‘先生’になりたい人は、資格審査に通らなければならない。Codementorの審査官たちはGitHubやStack Overflowなどを調べて、先生志願者の能力を判定する(GitHub上に自分のコードベースがあること)。自分の料金は自分で決めるが、その後は生徒たちからの評価点で格が上がったり下がったりする。一貫して評価点の低い先生は、Codementorの品質管理の一環として、クビになる。

Codementorは、授業料の15~20%を取る。同社は最初の資金をTMIから調達し、TechStars Seattleの次のクラスに参加する予定だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


超大型の台風7号の接近に合わせて台湾でGoogle災害情報がスタート―オープンソースの災害情報データベースを構築

台湾は今週金曜日にも超大型の台風7号ソーリック(Soulik)に襲われると予想されている。この台風の襲来に合わせて、昨日、Googleは台湾向け災害情報(Public Alerts)サービスをローンチした。このページには台風の進路や洪水、避難指示などに関する情報が表示される。またGoogle検索、Googleマップ、スマートフォン上のGoogle Nowでも同様の情報が提供される。.

Google.orgのエンジニアリング責任者、Eric Chuによれば、台湾向けGoogle災害情報が台風7号の接近の数日前にスタートできたのは偶然だという。Googleは夏の半ばから秋にかけての台風シーズンに間に合わせるようと計画していた。Google.orgの目標は、 CAP(Common Alerting Protocol)のような災害情報公開の国際標準やKML(Keyhole Markup Language)のような地理空間情報提供のマークアップ言語の採用を台湾政府に働きかけることだ。

2011年の日本の震災をきっかけにGoogle.orgの危機対応チームは自然災害に関する公式情報の収集と共有のためのプロセスの確立に向けて動き始めた。これまで、政府機関はPDFやjpgのようなサードパーティーの利用や分析が難しいクローズドなフォーマットで情報を発表しがちだった。

アジアにおいて災害情報が提供される国としては、台湾は日本に次いで2番目だ。 Googleがオープン・データ・プラットフォームによる災害情報の提供を始めたにはアメリカが最初で2012年1月のことだった。続いてサービスはカナダでも公開された。

2009年に台湾南部の住民は、台風8号Morakotが予想外に強力だったため不意をつかれるかたちとなり、500人もの死者を出した。この際、政府の対応の遅さに激しい非難が集まった。特に被害がひどかったのは農村部で、村ごと地すべりで流される例もあった。

その結果、台湾の中央気象局(CWB)は気象観測の改善と予報の迅速化を約束することになった。 Chuによれば中央気象局は今回のGoogle災害情報においても主要なデータ提供元になっているという。情報はまた水資源局、土壌、水保全局、高速道路総局などからも提供されている。こうした行政機関からの全面的協力が得られたため、台湾におけるGoogle災害情報は9ヶ月で完成した。

台湾にはSMS、ラジオ、テレビなどを通じた災害情報提供の仕組みがすでに存在し、特にインターネット・アクセスが十分ではないへんぴな地方では依然として主役になる。しかしChuは「オープン・データ標準を採用したGoogle災害情報は政府・公共機関が災害対策を迅速に進める上で大きな効果があるはずだ」と言う。

Google.orgは他国でも政府・公共機関の協力を得て“台湾のような災害情報ネットワークの確立に努めていくという。

〔日本版:Google災害情報は全画面表示にすると全世界が表示される。日本と台湾が1グループ、アメリカとカナダが1グループとなっている。 Googleジャパンの災害に対する取り組みはこちら。CAPについては日本IBMのサイトに詳しい記事がある。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+