NSAのターゲティング技術は、広告には及んでいなかった


もしNSAがTechCrunchだけを誕生パーティーに招待したら、私は一人でケーキを食べなくてはならないだろう。われわれはNSAの大ファンではないが、彼らは本誌読者を気に入っているようで、当サイトに一貫して広告を出し続けている。

これは、過去数ヵ月間かなりの時間を割いて、われわれの憲法修正第4条の権利を侵害していると思われるその行為に関して、NSAを非難攻撃してきた私にとっては、少々居心地が悪い。そしてNSAは、〈このまさにそのことを書いた記事〉を通じて、宣伝費を使って本誌の読者にリーチしようとしている。

われわれのスペースを彼らに分け与えることは、漠然と民主的であると私は考えているが、それは金銭的関係であり(彼らがわれわれに払っている。直接あるいは第3者を通じて)、表現の自由の問題ではない。

これまで私は、広告に関して利益の相反を感じたことはない。その理由は、みんなと同じく、耳を貸さないからであるところは大きい。しかし、私の名前を載せたページで、NSAが直接を物を売り歩くのは受け入れ難い。

これは本誌のMicrosoftについて書いたページに載った、NSAの求人告告だ。

鮮かな(ぞっとする?)NSAブランドを擁するページに、私の名前が書かれている。お願いだからやめてほしい。

今日(米国時間9/29)、NSAがどうやってアメリカ国民のデータを集めているかが新たに暴露された。このNew York Timesの記事には、エドワード・スノーデンがリークした文書に基づき、NSAがわれわれのソーシャルグラフを追跡していることが報じられている。

2010年以降、国家安全保障局は、その膨大な収集データを使い、一部アメリカ国民のソーシャルなつながりを示す精緻なグラフを作成している。そこには特定日時における居場所、同行者、その他の個人情報が書かれている・・・

アメリカ国民のプライバシー侵害に関する懸念を踏まえ、これまでコンピューターによるこうしたデータの分析は、外国人を対象とするものに限られていた。

私と、NSAおよびその監視プログラムとの隔りを思うと、私と経済的関係のあるグループに、いかなる形にせよ彼らが支払いを行う(直接、第3者によるターゲティング、再ターゲティングを問わず)ことを、私は望まない。そして、TechCrunchがギャラを払えば、いくらかのNSAマネーが私の銀行口座に漏れ入ってくる可能性が高い。実に不愉快である。

もう一つ最近暴露された事実によると、司法省は、エドワード・ストーデンが姿を現した翌日に、彼のメールプロバイダーを標的にした結果は不調に終った。そして、上院は、NSAがインターネットの中核をなす光ケーブルを直接盗聴している、というわれわれが既に知っていることを認めた。

そうそう、もう一つ。読者はNSAの iPhoneとiPad両方に対応したアプリをご存じだろうか?おそらくご存じないだろう。現在のバージョンは、ページに表示されるために必要な平均スコアを得るためのレビューすら書かれていないから。仕様に書かれた機能が笑える:「NSAのビデオおよび従業員による証言」。それと「QRコードリーダー」。

しかし、このNSA iPhoneアプリの真骨頂は、ユーザーの位置を追跡〈しない〉と約束していることだ。

NSA Career Links 2は、道路案内を作成するためにあなたのデバイスの位置情報を使用しません。すべての位置情報は、NSA Career Link 2あるいは国家安全保障局とはつながりのないサードパーティーの地図アプリが利用します。

しかし、ジョークにもならない。先週NSAは、アメリカ国民による通話の位置を追跡していたことを、事実上認めた。だから、私はあんたを信じていない。

トップ画像提供:Martin Terber。HT Gripperは、私とTechCrunchにこれらの広告について知らせてくれた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)


いよいよ始まるスタートアップバトル、TechCrunch Disruptの生中継を見逃すな

現地時間4月27日のハッカソンで華々しく幕を開けた、米TechCrunch主催のイベント「TechCrunch Disrupt NY 2013」。日本時間28日夜(現地時間29日朝)からは、いよいよ全米が注目するテクノロジービジネスやスタートアップについての講演やパネルディスカッションが始まります。

各種講演も注目ですが、一番の期待は何と言ってもか約100社のスタートアップが競い合うスタートアップバトル。日本時間の29日未明(午前3時過ぎ)から始まる、Disruptおなじみの目玉コーナーです。

こちらのページ( http://jp.techcrunch.com/events/disrupt-ny-2013/ )にてイベント会場からの生中継も実施しています。今年のDisruptではどんなスタートアップが出てくるのでしょうか、注目です。


TechCrunch、オンライン・カジノに参入決定―作動するスロットマシンも完成!

ネバダ州、デラウェア州、ニュージャージー州が最近オンライン・カジノを合法化する法案を成立させた。これでZyngaに続いてオンライン・カジノへの参入が増えそうだ。

この不景気の時代にブログの運営はビジネスとして苦しい。われわれは新たな収入の道を探ったが、もっとも有望なのがこのオンライン・リアルマネー・ギャンブルだった。リアルマネーでカジノを運営するという計画の発表以後半年でZyngaの株価は15%もアップした。同じことがAOLでも起きるに違いない。

そこでわれわれはどのスタートアップが成功するかに現金を賭けられる新しいタイプのスロットマシンを開発した。これは同時に証券取引委員会のベンチャー投資家の資格に関する小うるさい規制を迂回して一般投資家が事実上のベンチャー投資が行える道を開くものだ。

そう、上にエンベッドしたスロットマシンは実際に作動する。真面目な話だ。SPINボタンをクリックしてみればわかる。賞品にはサンフランシスコで開催されるTechCrunch Disruptのチケット(1795ドル相当)が含まれる。テスラ・ロードスターは残念ながらバーチャル版だが、アレクシアを3つ並べることに成功したらわれらが共同編集長は読者に詩を書いてくれる。アンソニー・ハが当たればイギリスからSkypeを通じてセックス・ピストルズの曲を歌ってくれる。

リアルマネー・ゲーミングのプラットフォーム、Betableソーシャルゲーム・スタジオのMurkaのご協力に感謝する。両社は急なお願にもかかわらず、文字通り1週間でスロットマシンを作ってくれた。

〔アメリカではまだ4月1日であることにご注意。ただしスロットマシンは本当に作動する。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+