Google、独自デザインの「完全無人運転車」の実車プロトタイプの写真を発表

Googleはここ何年も自動運転車の開発を続けてきた。しかし最近までベースになるのは市販車両で、独自にゼロから車体を開発することはしていなかった。

しかし2014年の5月に、Googleは初の社内開発の車体のモックアップを公開した。今日(米国時間12/22)、その実車のプロトタイプの写真が公開された。

今年5月に発表されたモックアップ

下が今日発表された最終プロトタイプ。

ご覧の通り、実車はモックアップとほとんど同一だ。依然としてリチャード・スカーリーの児童書に出てきそうな印象だが、多少の改良も加えられている。たとえば、

  • ヘッドライトが装備された。これは必要だ。レーダーで周囲を認識する自動走行車はヘッドライトなしでも走れるかもしれないが、他の車が自動走行車を認識するにはライトが必要だ。
  • フロントグリルに赤い反射板のスポットが追加され、全体としてこの  絵文字っぽさが薄れた。.
  • 車の屋根のハードウェア(カメラ/レーダーが毎分数千回転して周囲を認識する)が小型化され、ケースの中に収められた(70年代のパトカーの回転警告灯そっくりだ)。

もちろんわれわれが完全自動運転者を利用できるようになるまでには長い時間がかかるだろう。自動駐車とか高速道路での自動追従走行とかはすでに実現しつつある。しかし自動車が独自の判断で混雑した町中を雨や雪、歩行者などをクリアしつつ走り抜けるためには超高精度の3Dスキャン、それを解釈するアルゴリズム、法制度の整備など山のようなハードルが待ち構えている。

Googleによればこの完全自動運転ミニカーはこのクリスマス休暇中にプライベート・テストコースを走り始め、2015年中に北カリフォルニアのどこかの路上でテストが開始されるという。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+


カリフォルニア州、9月から無人自動車に免許を交付

あなたが車を運転するためには免許証が必要だ。しかし、ロボットは?

今は、イエスだ。

今年9月から、カリフォルニア州運輸局は、選ばれた無人自動車およびその人間副操縦士に免許を与える。これによって、自動走行車が公道を走ってよいかの法的疑問がやや緩和されそうだ。

良いニュース:免許の費用は一式わずか150ドル。これで自動車10台とテストドライバー20人までが対象になる。

悪い(ただし恐らく実際には良い)ニュース:多分あなたは取得できないので、自作のGoogleカーを作るのはまだやめておいた方がいい。

免許の条件は(この早い段階では誰もが願うように)、かなり厳格だ。

規約の一部を以下に引用する:

  • 選ばれた自律走行車両製造者の指名された従業員のみが申請できる
  • 対象車両は、人身傷害、死亡、および物損に対して、500万ドル以上の保険を必要とする
  • テストドライバーは、対象車両を直ちに完全制御することが常時可能でなければならない
  • テストドライバーは、3年以上の運転免許保有者であり、反則ポイントは1点以下で、かつ傷害を伴う事故を起こしていないこと。過去10年以内にDUI[飲酒・薬物の影響下]を理由に免許を停止されたことのある者は適合しない。
  • 自律走行車の運転中に起きた物損あるいは人身事故は、10日以内に運輸局に届け出なければならない。

免許条件の全文は、こちらで読める。

免許申請の受付は7月に開始され、最初の免許が交付されるのは9月の予定。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook