マーケティング担当者にとってなぜURLパラメータが重要なのか?扱い方や問題点を紹介

この記事は、BACKLINKOの「What Are URL Parameters? A Guide for Marketers and SEOs」を翻訳した記事です。
ウェブサイトのカスタマイズとデータ解析に役立つURLパラメータの使用法について紹介しています。
URLパラメータはウェブアドレスの「?」以降に続く文字列で、ウェブサイトの内容をカスタマイズするために使われます。これを活用することで、トラフィックの出典を特定したり、ユーザーの行動を解析するのに役立ちますが、検索エンジンの評価に悪影響を与える可能性もあるため、適切な使用が推奨されます。
基礎的なパラメーターの種類から使用方法、注意点など幅広く紹介しています。

URLパラメータは、Webサイトのコンテンツと機能を変更する URLに追加されるテキスト文字列です。または顧客の行動に関するデータを収集します。URLパラメータは、「?」に続くテキスト文字列として、WebサイトのURL内に含まれます。

URLパラメーターがユーザーエクスペリエンスを調整する方法の例を次に示します。robojan.gumroad.com/l/CFmodeling?layout=discover&recommended_by=staff_picks

URLの例は、次の要素で構成されます。

  • ベースURL
  • ? (URLパラメータの開始)
  • URLパラメータ

このURLには、2つのパラメータがあります。

  1. layout=discover:使用するページ レイアウト (ディスカバー レイアウト) を指定します。
  2. recommend_by=staff_picks:ユーザーがどのようにページを発見したかを示します。「staff_picks」が推奨ソースです。

しかし、大きな疑問は次のとおりです。

なぜこれがあなたにとって重要なのでしょうか?

この投稿では、次のことについて説明します。

  • URLパラメーターがマーケティングとSEOに与える影響
  • URLパラメータに対するGoogleの見解
  • URLパラメータに関する一般的な問題を回避するためのヒント

URLパラメータはどのように機能するのでしょうか?

URLパラメーターは、バリエーションごとに個別のURLを必要とせずに、ページのコンテンツや動作を変更します。

ユーザーがパラメーターを含むURLにアクセスすると、Webサーバーまたはアプリケーションはこれらのパラメーターを読み取り、ページのコンテンツを調整します。個別のページを多数作成する必要はありません。

デジタルマーケティングやWebサイト開発に携わっている場合、URLパラメーターを避けて通ることは出来ません。

では、それらがどのように機能するかを見てみましょう。

構造と機能

URLパラメータには常に、「key=value」形式のキーと値のペアが含まれます。

  • 「キー」は調整または追跡したいものです (例 : utm_source、言語)
  • 「値」はキーを定義します (例:fb、en_US )

たとえば、訪問者のインタラクションを追跡する Facebook広告の次のURLを考えてみましょう。eu.huel.com/products/huel-black-edition?utm_source=fb&utm_medium=cpc&utm_campaign=ROE_ACQ_PRO_PURCHASES_7D-CLICK_JJ24_ASC

キーと値の構造を使用した URLパラメーターの内訳は次のとおりです。

  • utm_source=fb:「utm_source」は、Web サイトのトラフィックの発信元を示すキーです。「fb」部分は、トラフィックが Facebookから送信されていることを示します
  • utm_medium=cpc:「utm_medium」はキーであり、この場合はトラフィック メディアを表し、「cpc」はクリック単価 (つまり、広告) としてのメディアを示します。
  • utm_campaign:「utm_campaign」はキャンペーン名を表すキーで、「ROE_ACQ_PRO_PURCHASES_7D-CLICK_JJ24_ASC」はキャンペーンの名前です。

補足:URL内に複数のパラメータがある場合は、各キーと値のペアをアンパサンド (「&」) で区切ります。

URLパラメータの種類

URLパラメータには、アクティブとパッシブの 2 種類があります。

アクティブパラメータ

アクティブなパラメータは、ユーザーのニーズに合わせてWebページのコンテンツまたは機能を動的に変更します。

以下に例を示します。

elcorteingles.com/en/electronics/search/?s=google+pixel+buds+pro

パラメータ「?s=google+pixel+buds+pro」は、サイトの検索機能を制御します。そして、検索フレーズに関連するページを表示します。この場合は「Google Pixel Buds Pro」です。

アクティブパラメータの使用例

アクティブなパラメータはさまざまな目的に役立ちます。主な用途は次の 3 つです。

1. Webページの動作または外観を変更する

アクティブなパラメーターは、Webページ要素の動作や外観を変更できます。これにより、ユーザー定義の設定に合わせてページが調整され、ユーザーエクスペリエンスが最適化されます。

たとえば、Googleのダークテーマに切り替えると、次のURLパラメータが有効になります。https://www.google.com/?pcccc=1​

2. コンテンツをパーソナライズし、カスタマイズする

アクティブなパラメーターは、ユーザーに表示されるコンテンツをユーザーの好みや過去の行動に合わせて調整し、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを実現します。

たとえば、フィルタを使用しながら AirBnB Webサイトで宿泊施設を検索すると、選択したフィルタに固有のURLパラメータが有効になります。

https://www.airbnb.com/rooms/46050063?Adults=2&category_tag=Tag%3A5348&enable_m3_private_room=true&photo_id=1160550891&search_mode=flex_destinations_search&check_in=2024-03-17&check_out=2024-03-22&source_impression_id=p3_1 710343718_yhRYPkxp8vEcKmFz&previous_page_section_name=1000&federated_search_id=7dfc3a2c-d135-4548-8220-d9272077cd68&ゲスト=3&子供=1

3. 動的なコンテンツ作成のサポート

アクティブパラメータは、ユーザー入力、設定、またはコンテキスト情報に基づいてコンテンツを動的に生成します。

たとえば、AccuWeatherで時間ごとの天気予報を指定すると、次のURLパラメータが有効になります。accuweather.com/en/es/madrid/308526/hourly-weather-forecast/308526?hour=1710352800

パッシブパラメータ

パッシブパラメータは主に追跡と分析に使用されます。Webページのコンテンツや機能は変更されません。

ClickUp広告の例を次に示します。

clickup.com/compare/monday-vs-clickup?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=trial_all-devices

この例では、「?」に続くパラメータは受動的です。サイトの外観や機能を変更することなくデータを収集します。

補足:URLパラメータはさまざまな方法で設定されます。Web開発者がWebサイトを構築するときに手動で追加する場合があります。また、誰かがサイトを使用したときに自動的に作成されることもあります。

サーバーは、コンテンツをより適切に整理するためにそれらを作成することもできます。さらに、マーケティングおよび分析ツールを使用すると、特別な追跡パラメーターをURLに追加して、特定のキャンペーンのパフォーマンスを簡単に確認できるようになります。

マーケティング担当者にとってURLパラメータが重要なのはなぜですか?

URLパラメーターは、動的なWebサイトを構築する際の技術的な役割を超えて、マーケティングキャンペーンの分析と改良にも役立ちます。

それらを使用して次のことができます。

  • Webサイトへのトラフィックを促進するチャネルを特定する
  • 訪問者が、ウェブサイトとどのようにやり取りするかを理解する
  • 訪問者の行動に基づいて、コンテンツとユーザーエクスペリエンスを調整する
  • マーケティング活動のパフォーマンスとROIを評価する
  • インフルエンサーマーケティングのキャンペーンの効果を評価する

GoogleによるURLパラメータの扱い方

Googleは、URLパラメータを理解して読み取ります。

クローラーはそれらをクロールできます。そしてGoogleは、それらをインデックスに登録できます。

実際、どのパラメータが重要で、どれが重要でないかを特定するのが上手になりました。

しかし、これまで見てきたように、このプロセスは完璧ではありません。

したがって、起こり得る複雑さを避けるために、URL パラメータを注意深く管理する必要があります。

URLパラメータがSEOの問題になるのはどんな時か?

URLパラメーターは、下記の場合などでSEOの問題になります。

  • 重複したコンテンツ
  • 予算の無駄をクロールする
  • リンクエクイティの分配
  • URL構造とユーザビリティの問題

それぞれを詳しく見てみましょう。

重複コンテンツの問題

URLパラメーターを使用して、サイト上のアイテムを並べ替えたりフィルター処理したりすると、ほぼ同じコンテンツを表示する複数のURLが作成される場合があります。

これにより、コンテンツの重複の問題が発生する可能性があります。そして検索エンジンを混乱させます。

その結果、検索結果で「ページのどのバージョンを優先すべきか」を特定するのに苦労する可能性があります。

3 つの重複ページはすべてランク付けに苦労します

クロールバジェットの問題

インターネット上には10億を超えるWebサイトが存在するため、GoogleのWebクローラーが単一のWebサイトをクロールするのに費やすことができる時間には制限があります。この時間はクロールバジェットと呼ばれます。

Webサイトに多くのURLパラメーターのバリエーションがある場合、クロールバジェットの問題が発生する可能性があります。

基本的にクローラーは、同様のページのクロールに多くの時間を費やし、Webサイト上の他の重要なコンテンツを無視する可能性があります。これは主に、数千(またはそれ以上)のページがあるWebサイトで問題になります。

ページ総数が非常に多いとインデックス作成に影響を与える可能性があります

リンク株式の希薄化

チャネルのSEO値を、あるページから別のページにリンクします。

リンクエクイティ (またはリンクジュース) として知られるこのSEO値は、サイトのランキングの向上に役立ちます。

ただし、リンクが同じURLのさまざまなバージョンを指している場合、リンクの資産はそれらのバージョン間で分割されます。

その結果、検索エンジンは各URLを別々のものとして認識するため、リンクの資産の可能性全体が希薄になります。それらが同じコンテンツを指していると認識するのではなく。

リンク株式の希薄化

SEO に優しくない URL

追加パラメータが多すぎるURLはかなり長くなり、見た目が悪くなります。GoogleのURL構造のベスト プラクティスでは、 URL構造をシンプルで読みやすく保つことが推奨されているため、そのアドバイスに従うことが最善です。

また、長いURLは検索結果で切り詰められて表示されないため、クリックスルー率に影響を与える可能性があります。

Google SERP – URL

URLパラメータのベストプラクティス

URLパラメーターが、Webランキングやユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼさないようにするには、次のベストプラクティスに従ってください。

1.正規タグを使用する

検索エンジンが、正規タグを使用してWebページの元のバージョンを識別できるようにします。

ベースURLにパラメータが追加された、Reddit広告からのこのInboxally URLを見てください。inboxally.com/?rdt_cid=4345946952391789066&utm_campaign=getoutofspam&utm_medium=cpc&utm_source=reddit

次に、ページのHTMLコードを見てください。canonicalタグが使用されていることがわかります。

インボックス – 正規タグ

これらのタグは、検索エンジンがページの元のバージョンを指すようにするため、そのバージョンにインデックスを付け、他のバリエーションは無視します。

2. URLパラメータの使用を制限する

URLはクリーンかつシンプルに保ちます。必要な場合を除き、URLパラメータの使用は避けてください。

例えば:

次のように、URLパラメーターを使用してWebページの言語を変更することができます。https://www.yourwebsite.com?lang=en-us

ただし、もっと良い方法があるため、お勧めしません。

URLパラメーターを使用する代わりに、サブドメインを使用することをお勧めします。Semrushのやり方は次のとおりです。

https://es.semrush.com/

Slackなどのサブディレクトリを使用することもできます。

https://slack.com/intl/de-de

3. メタタグとrobots.txtを賢く使用する

メタタグを使用して、どの検索エンジンにインデックスを付けるかを制御します。これには「noindex」タグを使用できます。

さらに、robots.txtファイルは、Webサイトの検索エンジンのクロールを許可するページを管理します。これを使用して、検索エンジンが不要なパラメーターを含むURLにアクセスするのをブロックします。

robots.txtファイルは非常に重要であるため、Googleもクローラーが重要でないページをクロールするのを阻止するためにこのファイルを使用しています。

Google – Robots.txt

4. ユーザーフレンドリーなURLを使用する

明確で説明的な短いURLを優先します。次のような長くて複雑なものは使用しないでください。https://www.yourwebsite.com/products?category=laptops&id=1234

代わりに、次のような単純なパスベースのURLに置き換えます。https://www.yourwebsite.com/laptops/dell-latitude-550

5. Webサイトを定期的に監視および監査する

SemrushのSemrush – Site Auditなどのツールを使用して、定期的なWebサイト監査を実施します。これらは、URLパラメータによって引き起こされる可能性のある問題を特定するのに役立ちます。

Site Auditツールの使用を開始する方法は次のとおりです。

ドメインを入力し、「監査を開始」ボタンをクリックします。

Semrush – サイト監査

クロール範囲、監査に含めるか監査から除外するか特定するURL、クロールソースなど、監査のさまざまな設定を変更できます。

ほとんどの場合、デフォルト設定のままで「サイト監査の開始」をクリックします。

サイト監査 – 開始

監査が完了すると、発見されたすべての問題の概要を示す詳細レポートを確認できるようになります。

サイト監査 - レポート

ここから、「問題(Issues)」タブをクリックします。

サイト監査 – [問題]タブ

問題のリンクされた部分をクリックします。

Backlinko サイトの問題

これにより、その特定の問題が発生しているすべてのページのリストが表示されるページが表示されます。

問題とそれに対処する方法の詳細を確認するには、「理由と修正方法(Why and how to fix it)」リンクをクリックしてください。

バックリンコ – 間違ったページ

6. サイトマップを最適化する

サイトマップを使用して、検索エンジンがサイトをどのようにナビゲートするかをガイドします。

インデックスを作成するページの元のバージョンである正規URLのみを含めます。

これを行う方法は次のとおりです。

まず、現在のサイトマップを確認して、正規URLのみが含まれていることを確認します。

次に、トラッキングパラメータなど、コンテンツに大きな変更を与えない不要なURLや、検索エンジンから意図的に隠しておきたいページを削除します。

最後に、更新したサイトマップをGoogle Search Consoleを通じて送信します。

7. URL書き換えの実装

URLの書き換えには、複雑なURLをより単純でわかりやすい形式に自動的に変換することが含まれます。

このサーバー側のプロセスは、URLをより説明的かつ簡潔にすることで、SEOとユーザーエクスペリエンスに役立ちます。

たとえば、URLを次のように変更できます。

www.yourwebsite.com/product.php?id=123

次のような読みやすいバージョンにします。

www.yourwebsite.com/electronics/smartphone-model-x

URLを書き換えると、訪問者には簡易バージョンが表示されます。ただし、サーバーは依然としてそれを元の複雑なURLとして認識します。

URL書き換えを実装する

URLパラメータは、Web サイトのランキングに悪影響を及ぼしていますか?

URLパラメータにより、重複コンテンツが誤って作成される可能性があり、サイトのランキングに悪影響を与える可能性があります。

これが事実かどうかを知る最良の方法は何でしょうか?

Webサイトの監査を実行します。

このプロセスをガイドするには、15ポイントのチェックリストSEO監査テンプレートを使用してください。

ウェブサイトをGoogleやその他の検索エンジンにとって最高の状態に保つために、ウェブサイトのヘルスチェックを行う時期が来ました。

【無料テンプレート付き】ロジックツリーの概要やメリット、作り方解説!

【無料テンプレート付き】ロジックツリーの概要やメリット、作り方解説!

ロジックツリーは、課題の深掘りや原因の特定など、詳細に細分化していくときに役立ちます。しかしロジックツリーを作った経験がない場合、どのように作ればいいのか、そもそも利用するメリットは何かなど悩む方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ロジックツリーの概要やメリット・デメリット、目的別に分けた種類や作り方を解説します。記事後半で「コピーして使えるロジックツリーのテンプレート」も紹介しているので、ご一読ください。

なお、ロジックツリーでマーケティングの方針や戦略を練ろうと思っている場合は、下記の資料がおすすめです。無料ダウンロードの上、ご活用ください。

ロジックツリーとは?マインドマップとの違いは構造

ロジックツリーとは、物事を細かく分解もしくは要約して考え、情報を整理するためのフレームワークです。

例えば「ウェブ経由の集客を強化する」といった目的を達成するためには「SEOを強化して検索流入を増やす」「すでに記事に訪れている人に対して、資料ダウンロードを促すリライトを行う」などの施策が考えられます。

このように特定の目的に対して深掘りをしていくのが、ロジックツリーの特徴です。なお、ロジックツリーとマインドマップは一見似ていますが、構造が異なります。ロジックツリーは論理的な関係の把握に適しており、階段状の構造になっています。

ロジックツリーは論理的な関係の把握に適しており、階段状の構造になっています。

 

一方でマインドマップは、自由な思考、アイデアをまとめることが強みです。放射線状の構造でアイデアの流れを視覚的に把握できるので、新しいアイデアを自由に発想するブレインストーミングに適しています。

似たような使い方をするシーンもありますが、違いがある点を押さえておきましょう。

ロジックツリーを利用するメリット・デメリット

ロジックツリーをうまく使えば、情報整理や課題に対する解決策の検討など、さまざまなことを整理できます。しかし、具体的なメリットがイメージできない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ロジックツリーを利用するメリット・デメリットを解説します。ロジックツリーを利用するメリットは、以下の4つです。

  • 階層的な関係が明確になるので問題の全体像が把握しやすい
  • 問題を分解・深掘りできるので原因を特定しやすい
  • 優先順位がつけやすくなる
  • 課題に取り組む必要性を共有しやすい

特に大きなメリットは、問題を分解・深掘りして原因を特定できることです。例えば「ウェブサイトの資料ダウンロード数(CV数)が少ない」という問題を抱えていたとします。この問題に対して、段階的に問題を深掘りすると以下のような課題が見えてきます。

  • SEOの強化による検索流入の改善
  • リスティング広告などによる広告流入の改善
  • ページ内のボタンクリック率の改善

このように、問題を分解・深掘りして全体像を把握した上で改善施策を検討できることが、最大の魅力です。ここからさらに、ひとつひとつの課題に対して深掘りできるので、原因を特定しやすいというメリットもあります。

段階的な関係を視覚的にも確認できるので、解決までの流れが把握しやすく優先順位がつけやすくなったり、課題に取り組む必要性を共有しやすかったりというメリットもあります。

一方でデメリットは、過去の経験や知識を元に深掘りしていく流れとなるため、新しいことを整理するのには向いていないことです。あくまでも、ある程度の知識があるテーマで分析するときに活用しましょう。

ロジックツリーは目的で使い分ける!4つの種類

ロジックツリーを作るときは、目的に合わせて使い分けることがおすすめです。ここでは、4つの種類と具体例を紹介します。

使用するツリー

目的

メインテーマ例

Whatツリー 問題箇所の特定 ウェブサイトの流入
Whyツリー 問題発生の原因を特定 検索流入の減少
Howツリー 問題解決策の洗い出し
優先順位付け
検索流入の増加
KPIツリー 目標の設定 KGI・月間1,000セッション

種類1 Whatツリー

1つ目に紹介するロジックツリーの種類は「Whatツリー」です。Whatツリーとは、構成要素で細分化していく考え方を指します。

例えば「ウェブサイトの流入」をWhatツリーで分解する場合「検索での流入」や「SNS経由での流入」があるはずです。さらに、SNSでの流入の中には「X経由での売上」「Facebook経由での売上」「YouTube経由での売上」などさらに細分化できます。

構成要素を可視化できるため、おすすめです。

種類2 Whyツリー

2つ目に紹介するロジックツリーの種類は「Whyツリー」です。Whyツリーは、問題の原因を具体化したいときに使用します。

例えば「検索流入の減少」があったときは、以下のような原因が考えられます。

  • Googleアップデートによる検索順位が下落してしまった
  • 検索ボリュームの大きい記事が1位から5位に落ちてしまった
  • サイトリニューアルで重複コンテンツを削除後に各記事の順位が落ちてしまった

また、上記の原因をさらに深掘りすることも可能です。例えば「検索ボリュームの大きい記事が1位から5位に落ちてしまった場合は「対象記事をリライトする」「関連記事を執筆し、対象カテゴリの記事本数を増やす」などいくつか改善につながる施策があります。

このようにWhyツリーは、問題の原因を具体化したいときに使用可能です。

種類3 Howツリー

3つ目に紹介するロジックツリーの種類は「Howツリー」です。Howツリーは、手段で細分化していく考え方を指します。問題に対する解決策を見出すときに使用するのがおすすめです。

例えば「検索流入を増やす」という目的の場合「新記事を執筆する」「既存記事を改善する」「被リンクを獲得してドメインランクを上げる」などのいくつかの施策が考えられます。

このようにどのように目的を達成するのか考えるのが、Howツリーです。

種類4 KPIツリー

4つ目に紹介するロジックツリーの種類は「KPIツリー」です。KPIツリーは、KGIを達成するために用いられるツリー図で、適切なKPIを設定できる考え方です。

目標の名称

概要

KGI ・組織やチームにおける最終的な目標のこと
・売上や成約数などを指す
KPI ・KGIを達成するための中間目標のこと
・受注数や受注単価を指す

 

組織やチームの目標となるKGI(最終的な目標)を設定し、KGIを達成するために必要なKPI(数値目標)を細分化します。例えばSEO流入を考慮したKPIツリーの例は、以下のとおりです。

SEO流入を起点としたKPIツリーの例

 

上記はあくまでも例なので、組織の目標を細分化して具体的な数値を検討し、KPIツリーを作成することをおすすめします。

なお、KPIの考え方についてまとめた資料を用意しています。以下から無料ダウンロードの上、ご活用ください。

ウェブ記事でKPIツリーの作り方をもう少し深掘りしたい方は、【目標を倒そう】KPIツリーの作り方2ステップとポイントを紹介をご一読ください。

ロジックツリーを作る3ステップ【具体例あり】

ここからは、ロジックツリーを作る流れを紹介します。具体的な手順は、以下の3ステップです。

ロジックツリーを作る3ステップ

ステップ1 問題・課題を設定する

ステップ2 MECEを意識して要素を分解する

ステップ3 具体的な行動レベルに落とし込む

ステップ1 問題・課題を設定する

まず、問題や課題を設定しましょう。ロジックツリーの最初の要素を決めるようなイメージです。

組織が抱えている問題や、目の前の業務に対する課題など、まずは箇条書きでもいいので洗い出すことをおすすめします。その上で上長なども交えて解決すべき課題を設定すると、メインテーマを決めやすいのでおすすめです。

ステップ2 MECEを意識して要素を分解する

次に、MECEを意識して要素を分解します。MECEとは「Mutually(お互いに) Exclusive(重複せず) and Collectively(全体に) Exhaustive(漏れがない)」の頭文字を取った用語です。

ある程度ロジックツリーを作った後に、要素ごとに「重複した内容が無いか」「足りない要素はないか」などをチェックしていくイメージです。

ロジックツリーに重複があると「無駄な重複コストや業務」を招きかねません。また必要な要素が漏れた状態で施策を立案・実施しても、求めている効果が得られない恐れがあります。問題の解決策や関連する要素の分析が不十分になってしまうため、MECEを意識することはとても重要です。

ステップ3 具体的な行動レベルに落とし込む

次に、ステップ2で分解した要素をさらに分解し、具体的な行動レベルに落とし込んでいきます。例えばステップ2で「SEO経由の検索流入が少ない」と整理出来た場合は、「執筆頻度が少ない」や「順位を獲得している記事が少ない」などのさらに詳しい原因がみえていきます。

ここまで見えてくれば「記事制作チームを強化して、記事本数を増やす」や「検索順位の高い記事を増やすためにリライトする」など、具体的な行動レベルに落とし込むことが可能です。

これ以上細分化できないレベルまで小さくできれば、ロジックツリーの完成です。

【補足】課題解決の優先度は「マトリクス図」もおすすめ

なお、ロジックツリーのメインテーマを決めるときに役立つのが「マトリクス図」です。マトリクス図を使えば、解決すべき課題の優先度を整理できます。

例えば以下のように縦軸を「効果」、横軸を「実装工数」にして施策の優先度を整理すると「今対策すべき施策」が見えてきます。

SEO施策を例にしたマトリクス図の例

いきなり図化が難しい場合は、Excelやスプレッドシートなどで事前に上記の軸の情報を整理してから作ることがおすすめです。

そもそも自社の課題や施策がわからないということでしたら、お気軽にご連絡ください。ナイルが壁打ちの相手になります。

【ダウンロードあり】ロジックツリーテンプレート

ここからは、ロジックツリーのテンプレートを紹介します。今回は本記事で紹介した、以下4つの種類のテンプレートを用意しました。

ロジックツリーの種類

用途

Whatツリー 要素の細分化
Whyツリー 問題の特定
Howツリー 解決策の検討
KPIツリー 目標の設定

これら4種類のテンプレートをパワーポイントにまとめています。無料でダウンロードできるロジックツリーのテンプレートは、以下からお申し込みください。

「ロジックツリー無料テンプレート」ダウンロードフォーム

ロジックツリーは問題や課題の整理に活用できる

ロジックツリーは、問題や課題の整理、解決策の検討などに役立つ強力なフレームワークです。簡単なテーマからでいいので、まずはロジックツリーを実際に作ってみることをおすすめします。

とはいえ、重要なのは、ロジックツリーの作成ではなく、完成したロジックツリーを活用してリード獲得や売上アップなどの目的を達成することです。

BtoBマーケティングの戦略の立て方については、下記の資料で詳しくまとめています。論理的に戦略を練る上で役立つため、ご活用ください。

BtoBマーケティングの成功への近道を知りたい方へ

BtoBマーケティングで売上向上やお問い合わせ獲得を実現したいのであれば、BtoBならではのマーケティングプロセスを理解しておく必要があります。本資料ではBtoBマーケの特徴、戦略の策定、実践フローをまとめています。もし自社にあった手法が知りたい、成果に繋がっていないとお悩みでしたら、無料相談をお申し込みください!

無料で資料を受け取る

BtoBマーケの無料相談はこちら

【無料テンプレート付き】ロジックツリーの概要やメリット、作り方解説!ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】

4回「動画で学ぶWebマーケティング」では、YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」で発信している、ChatGPTや生成AI活用方法に関する動画をまとめてご紹介します。

ChatGPTをSEO記事作成に活用する際に必要なスキルや問題点を徹底解説!

ChatGPTでSEO記事作成

この動画がおすすめな方

  • ChatGPTで記事制作しようかと検討している

  • 生成AIで工数削減できないか検討している

  • 時間をかけずにSEOライティングの精度を高めたい

  • 記事制作に使えるプロンプトを知りたい

チャプター

  • ChatGPT作成SEO記事の概要・プロンプト

  • ChatGPT記事の添削

  • 問題点とChatGPTの活用場面

 

対策キーワード「留学 メリット」のSEO記事を、記事要件〜執筆まで全てGPT-4を使って作成し、プロの編集者に添削してもらいました。

ChatGPTを使って書いたSEO記事を見ると「あれ?意外と精度高い?企画倒れかも...」と、コンテンツディレクター加藤さん。最後はどうなるのか、ぜひご覧ください!動画では、実際にChatGPTを使用した記事作成フローから、プロンプトまで公開しています。

◇ChatGPTをSEO記事作成に活用する際に必要なスキルや問題点を徹底解説のご視聴はこちら

コンテンツマーケティングに役立つ【神AIツール】3選

神AIツール

この動画がおすすめな方

  • 画像編集が簡単にできるAIツールを知りたい

  • AIでアバター動画を簡単に作りたい

  • AIツールの情報収集がしたい

チャプター

  • Clipdrop

  • Fotographer.ai

  • Creative Reality Studio

 

この動画では、コンテンツマーケティングに活かせる画像生成、動画生成に活用できるAIツールを3つご紹介しています。

◇【神AIツール】3選のご視聴はこちら

GPTs(GPT Builder)で専用ChatGPTを作る方法を解説!SEOアプリの作成も実演!

GPTs(GPT Builder)で専用ChatGPTを作る方法

この動画がおすすめな方

  • ChatGPTで独自のアプリを作成したい

  • 社内研修用のアプリを作りたい

  • GPTs(GPT Builder)の使い方がわからない

チャプター

  • GPTsって何?

  • GPTsは何がすごいのか

  • GPTsでオリジナルChatGPTを作る

 

ChatGPTのGPTsでは、独自のChatGPTを作成することができます。この動画では、実際に社内のSEO資料を読み込み、「SEO研修GPTs」を作りました。ぜひ参考にしてみてください。

◇GPTs(GPT Builder)で専用ChatGPTを作る方法のご視聴はこちら

ChatGPTでコンテンツマーケティングの効率を高める考え方と具体的な活用術とは!?

ChatGPTでコンテンツマーケティングの効率を高める方法

この動画がおすすめな方

  • 生成AIを業務に活かしたいマーケター

  • そもそもコンテンツマーケティングがよくわからない

※反響の高かった共催ウェビナー動画を編集しています

チャプター

  • コンテンツマーケティングとは

  • AIの台頭でマーケターはChatGPTやAIをどのように活用しているか

  • AIとマーケターの共存方法

 

現場のマーケターは、ChatGPTや生成AIをどのように業務活用しているのか解説しました。ナイルでは、CMSへの入稿時間を98%短縮したり、コンテンツ制作の一部で生成AIを活用しています。実務に活かせるヒントが見つかるかもしれません。

◇ChatGPTでコンテンツマーケティングの効率を高める考え方と具体的な活用術のご視聴はこちら

    【超便利】ChatGPTとEmbeddingsで問い合わせ対応を自動化する方法

    神AIで問い合わせ自動化

    この動画がおすすめな方

    • 社内業務を生成AIで効率化したい

    • 生成AIの社内導入に向けて実務のヒントを得たい

    チャプター

    • 社内問い合わせ業務を自動化する方法

     

    ナイルでは、毎日発生する社内問い合わせ業務を、自動化しています。自社データを読み込むことで、一次対応をChatGPTを活用し自動返答するシステムが作成することができます。ぜひ、生成AI活用で社内業務の効率化をしたい方は、参考にご覧ください!

    ChatGPTとEmbeddingsで問い合わせ対応を自動化する方法のご視聴はこちら

    生成AI活用を社内に浸透させる!立ち上げから雰囲気作りや仕組み作りまで徹底解説!

    生成AI社内浸透

    この動画がおすすめな方

    • 社内に生成AIを導入したい

    • 生成AIを導入したけど社内浸透に失敗した

    • 一部の人は生成AIを使っているが、企業全体で業務改善ができていない

    チャプター

    • ChatGPTの社内活用の効果・重要性

    • ChatGPTを始める前の社内の問題・雰囲気

    • 社内浸透のために初めにやるべきこと

    • 生成AI活用の注意点

     

    ナイルでは、ChatGPTをはじめとした生成AI導入により、外注費用を1年で約4,000万、工数2,500時間の削減に成功した方法を解説しました。生成AIの導入には、いくつかの障壁があり、課題を解決するためのポイントをご紹介しています。

    ◇生成AI活用を社内に浸透させる仕組み作りのご視聴はこちら

    ◇生成AI導入支援サービスの詳細はこちら

    まとめ

    YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」では、毎週2本18時に動画を公開しています。SEO対策・コンテンツマーケティング・サイト改善・生成AI活用の最新情報を発信中です。

    ぜひチャンネル登録、またご質問やリクエストをコメントでお待ちしております!

    事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

    SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

    無料で資料を受け取る

    無料相談に申し込む

    動画で学ぶWebマーケティング【生成AI/ChatGPT編】ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

    【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】

    サードパーティCookie廃止に伴う広告予算動向

    マーケティング従事者463名を対象に、GoogleサードパーティCookie廃止の動きに対する直近1年のデジタルマーケティング予算、広告費用動向を調査しました。

    調査結果の概要

    • 約6割が直近1年でデジタルマーケティング予算が「増えた」と回答

    • デジタルマーケティングの中で重要度の高い施策1位「コンテンツマーケティング」

    • サードパーティCookie廃止による広告予算変化「増えた」が半数、「変わらない」が約3割

    • サードパーティCookie廃止に向けた対策は約5割が実施

    • 対策1位「メガプラットフォームのCookieレス広告」

    • 約3割が「AI活用のマーケティング強化」をCookieレス時代に向け検討/実施

    調査概要

    • 調査期間:2024年4月1日~5日
    • 調査方法:自社調べ(インターネット調査「fastask」利用)
    • 調査対象:全国マーケティング従事者463名(BtoB 72.8%・BtoC 27%・その他 0.2%)
    • 年齢:20~29歳(19.2%)、30~39歳(48.4%)、40~49歳(32.4%)

    約6割が直近1年でデジタルマーケティング予算が「増えた」と回答

    直近1年のデジタルマーケティング予算の変化を聞いたところ、約6割が「増えた」「どちらかといえば増えた」と回答しました。

    デジタルマーケティング予算動向

    デジタルマーケティングの中で重要度の高い施策1位「コンテンツマーケティング」

    次に、デジタルマーケティング予算が増加傾向の中で、最も重要度の高い手法を聞きました。1位は「コンテンツマーケティング(46.2%)」、2位「SEO(38.4%)」、3位「SNSマーケティング(31.3%)」、次いで「動画マーケティング(30.5%)」であることがわかりました。

    デジタルマーケティング施策重要度

    サードパーティCookie廃止による広告予算変化「増えた」が半数、「変わらない」が約3割

    デジタルマーケティング予算が増加傾向の中で、デジタル広告予算の変化について聞きました。Google ChromeでのサードパーティCookie廃止の動きがある中でも、広告予算は約5割が増加傾向で、約3割が直近1年での変動はないと回答しました。

    Cookie廃止による広告費用変動

    サードパーティCookie廃止に向けた対策は約5割が実施

    続いて、サードパーティCookieの段階的廃止へ向けた対策状況について聞くと、対策している企業は約5割でした。一方で、約3割が対策していないと回答しています。

    Cookie廃止対策状況

    サードパーティCookie廃止に向けた対策1位「メガプラットフォーム(Google/Meta等)のCookieレス広告」

    サードパーティCookieの段階的廃止に対する対策として、今後実施または検討していることとして、最も多い回答は「メガプラットフォーム(Google/Meta等)のCookieレス広告(63.5%)」でした。

    Cookie対策方法

    次いで「自社のゼロ/ファーストパーティデータ活用(47.4%)」、「デジタル広告以外のデジタルマーケティング施策強化(39.4%)」でした。

    約3割が、「AI活用したマーケティング強化(33.7%)」と回答しており、今後よりマーケティングにおいてAI活用が活発になる傾向があることがわかりました。

    まとめ

    サードパーティCookieの規制により、リターゲティング広告やコンバージョンの精緻な計測が困難になります。今後は、ファーストパーティデータの活用や生成AIのマーケティング導入が進むことが予想されます。

    同時にCookieレス時代には、ウェブ集客を補完する企業やサービス名といった指名検索の強化もより一層重要となり、SEO対策やコンテンツマーケティングといった手法の重要度がさらに高まっていきそうです。

    ナイルのマーケティング相談室では、今後もマーケティングに役立つ調査を実施して参ります。

    事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

    SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

    無料で資料を受け取る

    無料相談に申し込む

    【サードパーティCookie廃止に伴う広告予算の動向調査】ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

    SEOのためのアジャイル 社内チームがプロジェクトに優先順位を付ける方法

    本記事はSearch Engine Land「Agile for SEOs: How in-house teams get projects prioritized」を翻訳した記事です。アジャイル手法が、社内SEO担当者がプロジェクトに優先順位を付け、部門を超えたチームで実行するのにどのように役立つかを説明しております。

    SEOに関する推奨事項やプロジェクトがシャッフルの中で埋もれてしまったり、他のチームによって優先順位が低くなったように感じたことはありますか?

    社内で働いている場合は、最適化作業に適切なリソースを確保して実装する際に、「逃すことへの恐怖」(FOMO)を経験したことがあるでしょう。

    良いニュースは、「アジャイル」と呼ばれるプロジェクト管理方法論が、部門を超えたチームの自己組織化とより効果的なコラボレーションに役立つことです。

    アジャイルの儀式(会議)とプロセスを理解することで、開発サイクルとより適切に統合し、開発サイクルに影響を与え、SEO要件が見落とされないようにすることができます。

    この記事では、アジャイル手法の主要な側面を取り上げ、参加を目指すべきさまざまなアジャイルミーティングの計画を立て、SEOの変更が優先されて開始されるように効果的なチケットと承認基準を作成する方法に関するヒントを提供します。

    FOMOに別れを告げ、アジャイルプロセスの力を通じて SEO作業を開始しましょう。

    アジャイルなプロジェクト管理でFOMOを阻止する方法

    アジャイルなアプローチにより、物事を成し遂げるチームのプロセスにあなたも参加することができます。 

    AIがトレンドになっているかもしれませんが、私はアジャイルフレームワークは存続すると信じています。人工知能やソフトウェア知能に依存するAIとは異なり、アジャイルはタスクを達成するためにチームが自然に組織される方法に依存します。

    具体的な機能と改善を優先します。主要なテクノロジーチームは、複雑なプロジェクトの管理におけるビジネス価値と効率性を高めるために、アジャイルを採用することが増えています。

    アジャイル手法の概要

    アジャイルプロジェクト管理は、プロジェクト作業を小さな増分セグメントで管理する方法であり、イテレーションまたはスプリントと呼ばれる短期間で簡単に割り当て、管理し、完了することができます。 

    従来、プロジェクト管理はウォーターフォールスタイルのアプローチに従っていました。この方法では、すべての作業が前もって完了し、後で顧客のフィードバックが収集されます。

    このプロセスが完了するまでに数か月かかる場合がありますが、特に競合他社に先駆けて製品MVPを市場にリリースしたい場合には、必ずしも理想的とは限りません。(聞き覚えがある?) 

    アジャイルスタイルは、作業が短いサイクル (スプリント)で完了するように設計されており、(製品自体と関係するチームの両方に対する)フィードバックと改善がプロセスに組み込まれているため、より反復的です。 

    アジャイルのルーツはソフトウェア開発の世界にあります。重要な要素は次のとおりです。 

    • プラン
    • 届ける
    • 学ぶ

    文脈として、これはアジャイル ソフトウェア開発のマニフェストです。 

    アジャイルは12の原則に基づいています。

    私のお気に入りは次のとおりです。 

    • ビジネス担当者と開発者は、プロジェクト全体を通じて毎日協力する必要があります。
    • 優れた技術と優れた設計に継続的に注意を払うことで、機敏性が向上します。
    • チームは定期的に、より効果的になる方法を検討し、それに応じて動作を調整します。
    • わかりますか?チームがアジャイルを使用すると、途中の全員が実際の作業に取り組むチームの一員になります。全員が力を合わせて大きなことを成し遂げます。

    アジャイルの原則は本質的にコラボレーションと継続的な改善に関するものです。どの組織でもこのアプローチを使用して無駄のない思考と運用を行い、顧客に価値を提供できます。 

    以前の記事では、アジャイル手法と、それがスクラムフレームワークを使用して実行される方法について言及しました。

    スクラムベースのプロセスは反復的であり、迅速な市場参入を可能にするため、大規模または複雑なソリューションを処理するのに最適です。これにより、チームは顧客からのフィードバックから学び、継続的な改善を組み込むことができます。

    一方、カンバンとウォーターフォールの方法論は通常、より段階的で直線的なアプローチを採用します。 

    コアアジャイル チームは通常、次のメンバーで構成されます。 

    • プロダクトマネージャー
    • プロジェクト/プログラムマネージャー。
    • エンジニアリング、ユーザーエクスペリエンス、QA、SEOなどの中小企業などのサポート チームをリードします。 

    この構造の中で、毎日および毎週の儀式(または会議)は、全員が仕事に向けて調整し、物事を前進させるのに役立ちます。

    この作業は、通常 1 ~ 2 週間の期限付きスプリントで完了するように設計されています。チームが望ましい速度を達成するには、特定のスプリント内のすべてのチケットがその時間内に終了する必要があります。 

    さらに詳しく: SEO プロダクト管理: 主要なフレームワークと基礎

    画像クレジット: Sean Morrison、Technology Program Management、Under Armour 

    それは継続的なサイクルです。このように、段階的な改善は、アジャイルリリース トレインと呼ばれるものを使用して達成されます。

    eコマース サイトの場合、これらのチームは商品詳細ページ、オンサイト検索機能、チェックアウト プロセスなどの側面を改善します。 

    アジャイルチームと統合する方法 

    概念的には、これはアジャイルを使用した部門横断的なチームのワークフローを理解することです。さて、同じく SEO の専門家である Aleyda Solis は次のように書いています。 

    「 SEOをWeb開発、デザイン、製品チームの目的と一致させることで、全員が同じ認識を保つことができます。これにより、SEO ニーズに優先順位を付ける最適な方法を特定し、他のチームの担当者と行動計画を作成して、全員が同じ方向を向いて進むことができるようになります。

    たとえば、Web開発チームがスプリントで作業している場合、各スプリントの長さを知ることで、各スプリントの適切な目標を調整するのに役立ちます。」

    スプリントの期間を知ることに加えて、重要な会議にいつ、どこに参加するかを理解することが重要です。ビジネス関係者はスプリントのさまざまな時点で参加します。したがって、より広範なアジャイルスクラムプロセスを把握すると、さらに多くのコンテキストが得られます。

    アジャイルスクラムを使用するチームの会議の習慣を学び、慣れるのに時間をとらないと、混乱の感覚が永続する可能性があります。どこにいて、何をすればよいか、他のチームに仕事を手伝ってもらう方法もわかりません。

    重要なのはパターンを見つけることです。

    このパターンを認識して、誰と共同作業するか、いつ会議を開催するか、何を準備する必要があるかを把握できるようにガイドします。

    アジャイルプロセスに関与する個人から始めましょう。

    指揮者を見つける 

    まず、プロダクトマネージャーを見つけます。

    あなたがビジネス関係者であれば、この日常のプロセスからはほとんど関わっていません。この担当者は、アジャイル チームの会議リズムの調整を支援するタッチポイントとなり、チケットをどこにどのように送信するかについてアドバイスをくれます。

    ビジネスオーナーは主に最初(チームへの「要求」を定義するため)と最後(出力を検証するため)に参加します。 

    2 番目に見つけるのはリリーストレインエンジニア(基本的にはリードエンジニア)です。

    この担当者は、アジャイルなリリーストレインの実行を促進し、途中でリスクと依存関係を管理します。この担当者は、リクエストを正常に開始できるように、リクエストの実装方法に関する技術的なニュアンスをほぼガイドできます。 

    余談になりますが、プロジェクトマネージャーも特定しておくとよいでしょう。(このロールには、スクラムマスターからデリバリーマネージャーまで異なる名前を付けることができます。)

    機能的には、チームの現在のスプリントとバックログ(取り組むべきチケットのラインナップ)を整理するという点でプロダクトマネージャーをサポートし、通常、作業の進行状況についてより広範な組織に報告します。 

    組織内でこれらの役割を特定すると、参加すべきさまざまな会議に案内するのに役立ちます。 

    アジャイルプロジェクト管理の儀式(会議)

    2 番目のステップは、どの会議に参加すべきか、そしてチームを前進させるためにどのように貢献するかを知ることです。 

    このセクションでは、ビジネス関係者としてどこに計画を立てる必要があるか、会議の種類、いつ開催されるか、誰が出席するかを計画します。私は SEOプロダクトマネージャーとして、対象分野の専門家であると同時にビジネス関係者であるという点で、パートナーとしても活動しています。 

    アジャイル プロジェクト管理方法論をサポートするこれらの会議に参加することで、部門を越えたチームと協力して仕事を遂行しながら、知識を得ることができます。 

    アジャイルではチームが自己組織化できるため、このプロセスの一部として見られる総会の用語と種類の概要を以下に示します。 

    立ち上がる

    これは多くの場合、特定の週に毎日または隔日で行われます。通常、これらは 15 分間の会議で、議題はチームの最新情報やチームの作業で妨げられている領域に関するラウンドテーブルです。

    通常、ビジネス関係者はスタンドアップに出席しませんが、特に、チームのために取り組んでいるチケットについてチームが質問していることがわかった場合は、いくつかのスタンドアップに出席すると役に立つ場合があります。

    ビジネス関係者としては、毎日のスタンドアップパーティーに招待されたいものです。これは、全員が何に取り組んでいるのか、どこでブロックされているのかを聞くためのフォーラムです。また、チケットに関連する質問がある場合は、あなたが答えることができます。

    スタンドアップは新しい作品を紹介する場所ではないことに注意してください。それに適した時期はスプリント計画です。 

    グルーミング

    これは通常、スプリントのペースに応じて、1 時間、隔週、または毎週のミーティングです。ここでは、プロダクトマネージャーとプロジェクトマネージャーが、各チケットをスプリントに追加する前に、各チケットに関わる作業と労力のレベルについてチーム(エンジニアリング、デザイン/ユーザーエクスペリエンスなど)と話し合います。

    各チケットのサイズと範囲を把握したら、スプリントに追加します。 

    これは、ビジネス関係者が参加すべき重要な会議です。なぜなら、ビジネス関係者は、それに取り組んでいるチームにチケットを売り込み、質問に答え、優先度や重大度などの追加のコンテキストを提供するからです。準備を整え、簡潔に、わかりやすく、丁寧に話すことが重要です。 

    グルーミングの準備として、チームに持ち込むチケットの種類を特定してチケットを作成します。ほとんどの場合、これは問題または機能強化のいずれかであり、次のように分類できます。 

    • バグ(つまり、かつては機能したが、現在は機能しなくなったもの)。
    • 新しい機能または機能。
    • 回帰(つまり、以前の機能が期待どおりに動作しなくなった)。

    これについては、SEO チームが効果的なチケットを作成する方法 について詳しく説明します。チケットは、自分のチームの仕様を統合するためのガイドとして使用できます。 

    ヒント: 受け入れ基準に定量的な指標を使用し、作業が完了したものとして表示および承認される場所のソースを提供します。(SEO の場合、ソース コードであることがよくあります。他のチームの場合、「カスタマーエクスペリエンスは X になります」になる可能性があります) 

    ビジネスオーナーとして、チケットにリクエストと提案が明確に含まれていれば、仕事が完了する可能性が高くなります。 

    洗練

    これらの会議は 1 時間の会議になる場合があり、スプリントの現在のチケットのセットまたはバックログ内のチケットに適用できるため、必要に応じて開催されます。 

    継続的な改善会議は、チームを団結させて要件を調整し、チケットの作業レベル(LOE)、QA入力などを調整することを目的としています。 

    テクノロジーは急速に変化することは誰もが知っています。アジャイル プロセスのこの部分は、チームが要件を計画し、既存の市場状況に基づいて適応するのに役立ちます。 

    スプリント計画

    ここで、チームは今後のスプリントに含まれる作業を計画します。通常、各スプリントには 1 ~ 2 週間のタイムボックスが設定されており、その間にすべてのチケット(予定された作業)が完了します。 

    効果的なスプリント計画により、チーム全体が各チケットの作業レベルを把握し、スプリント内で完了することができます。理想的には、ベロシティのKPI出力は右上がりの傾向になります。  

    スプリント計画会議に参加すると、チームが短期的に取り組んで何を実現するのかを把握するのに役立ちます。

    計画された作業の予測可能性があれば、チームは技術的負債や成長関連の取り組みのいずれかを少しずつ減らすことに集中できます。全体的な改善に向けて、攻撃的戦略と防御的戦略のバランスの取れた戦略を提供します。 

    バックログの絞り込み

    この会議は、チームがキューに入れているチケットの未処理分を整理したり優先順位を付けたりする必要がある場合に、必要に応じて開催できます。通常、この会議にはプロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー、エンジニアリングリーダーが参加します。 

    アジャイルスクラム手法の大部分は、チームメイトがキャパシティが許す限り取り出せるように、常に「健全で手入れの行き届いた」作業のバックログを保持することです。 

    通常、ビジネス関係者はこの会議に出席しませんが、プロジェクトマネージャーにチームのバックログについて尋ねると、チームがより多くの作業や分割可能な大規模なプロジェクトを引き受ける必要性や機会がどこにあるのかをよりよく理解できるようになります。 

    ここでの効果的な言葉は「壊れた」ものです。アジャイルでは、大規模なプロジェクトは常に個別のチケットに分割されます。 

    デモ/ショーケース

    機能が機能し、運用環境またはライブ環境に入る前に関係者にデモする準備ができているときに発生します。 

    プロジェクト マネージャーは、エンジニアリング チームが進捗状況をより広範な聴衆に共有して紹介する準備ができたときにスケジュールを設定します。これは、構築されたものが期待を満たしていることをチームが検証するタッチポイントであるため、ここでは関係者の出席が重要です。 

    上で述べたように、定量化可能な受け入れ基準をチケットに含めるという徹底的な作業を行っていれば、開発プロセスのこの時点までに、チケットが完了したことを確認するのは簡単になります。 

    レトロスペクティブ(レトロ

    このミーティングはプロジェクト マネージャーによって企画され、スプリントの完了後に開催されます。ここでは、チーム全体が集まり、最近のスプリントで何がうまくいったか、何がうまくいかなかったか、そして将来に向けてどのように改善できるかを話し合います。 

    外部関係者は、友情を築き全員の改善を支援する時期であるため、特に自分たちの作業がスプリントの一部である場合には、この会議に参加する必要があります。 

    これを行うための優れた方法は、例として 1 ~ 2 枚のチケットと、起こった具体的な良いことまたは悪いことを準備しておくことです。事実にこだわり、どうすれば改善できるかを強調します。フィードバックは、チームとして活動する集団的な成長と改善の場から得られるべきです。 

    ここでの重要なポイントは次のとおりです。時間と労力を求めてアジャイル チームに参加する場合、関係者はチケットに「何が」必要なのか(「方法」ではなく、 アジャイル向けの明確で簡潔な情報を提供する必要があります)チームが決定します。チームがソリューションの設計を進めることができるよう、チームが決定できるよう、返信は簡潔にしてください。

    FOMOは沈静化しつつありますね?なぜなら、あなたも解決策の一部になるからです。 

    もうない。恐れ。

    アジャイルチームと再び協力するように依頼するにはどうすればよいですか?

    なんだか中毒性がありますね。物事を成し遂げること。 

    何かを実装すると、さらに欲しくなります。共同作業をしていると、FOMOが実際に治まり始めます。

    チームの会議周期のカレンダーへの招待状がすべて揃っています。インターロックとコミュニケーションを促進するPOCと、いつチケットをレビューしてサインオフする準備ができているかを知っています。

    カードを正しく使えば、社内のSlackチャネルに招待されることもあります。 

    これらのチームと再び作業できるようにするための最善の方法は、チームが時間制限のあるスプリント内に完了することを共同で約束した作業を完了できるように支援することです(頭韻は楽しいものです)。これは、熱心に取り組み、準備を整えることで実現できます。 

    要件を逃さないようにする方法

    これを書き留めてください。数値化できるようにしてください。

    最初に、質問を簡単な言葉で定義します。ここでは、問題と質問を具体化するのに役立つ、効果的な(および非効果的な)チケットとユーザー ストーリー プロンプトの例をいくつか示します。

    もう一度、ソリスの言葉を引用します。 

    「 SEO 関連の開発リクエストやチケットが正しく実装されていることを確認することは、SEO実行中に望ましい結果に向けた重要なステップです。」

    はい!これを行うには、チケットに明確で定量化可能な受け入れ基準(AC)を定義します。 

    ビジネスオーナーは、ACを提供して、何かがどのように機能するか、および/または望ましい顧客エクスペリエンスについての期待を規定できます。 

    定量化できるほど、検証が容易になり、作業が完了したことをチームに評価することが容易になります。 

    定性的な出力よりも定量的な出力の方が望ましいのは、後者は主観的であり、探しているものを正確に得られない可能性があるためです。 

    たとえば、SEOプロダクト マネージャーとして、私がよく行うSEO関連のリンクのACの 1 つは、次のような形式になっています。 

    • <a href> は view:source 内にある必要があります。 
    • <a href> にはパラメータを指定しないでください。 

    その基準は、コード内でそれを確認した場合の簡単な「はい/いいえ」応答です。その形式で存在するか、存在しないかのどちらかです。合格/不合格のQA。 

    したがって、重要なのは、定量化可能な AC をチケットに含めることです。これにより、DoD(完了の定義)に関してチームと調整し、その完了を簡単にスポットチェックして検証できるようになります。  

    自分の組織がアジャイルを使用しているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

    文字通り、尋ねてください。プロダクトマネージャーの肩書を持つ人を見つけて、「ちょっと簡単な質問ですが、プロジェクト管理にアジャイル手法を使用していますか?」と尋ねます。もしそうなら、チームが現在のスプリントで計画していることを把握するために、毎日のスタンドアップ ミーティングに招待してもらえますか?」

    その招待状を受け取ったとき。時間通りに出席してください(文字通り、会議は短いからです)。聞く。メモする。チームのセレモニーに参加すればするほど、その気持ちが身に染みていきます。 

    そうやって物事を成し遂げるのです 

    これで、物事を成し遂げる方法の最大の秘密がわかりました。これは大変なことだとわかっています。それはあなたにとって新しいもの、または異質なものかもしれません。そしてそれはすべて、日常の出来事に加えて行われます。しかし、これらのチームを見つけることには価値があります。アジャイルプロセスに組み込むことで、より広範なチームで物事を成し遂げることができます。

    これが機能することが信じられない場合は、これまでどおり操作を続けてください。関与しないでください。すべてのチケットがどこかのチームのバックログに追いやられるのを見てください。ただし、大きなプロジェクトを立ち上げて変化を生み出したい場合は、試してみてください。ここで説明した内容を実装し、所有権を取得してこの方法で運用してください。必ず結果が出ることを約束します。アジャイルはアウトプットを目的として設計されています。 

    社内SEOプロダクト マネージャーとして、私はアジャイル フレームワークについて学び、その中で運用する(そしてさまざまな企業で実践する)ことに慣れるまでに数年かかったと直接言えます。正直に言うと、私はまだ勉強中です。しかし、何でもそうですが、チームメイトと関わり、コミュニケーションを深めれば行うほど、作業は容易になります。 

    動画で学ぶWebマーケティング【Googleアナリティクス4/サイト分析編】

    動画で学ぶGA4

    第3回「動画で学ぶWebマーケティング」では、YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」で発信している、サイト解析ツール“Googleアナリティクス4”を使ったサイト分析に関する動画をまとめてご紹介します。

    GoogleアナリティクスからGoogleアナリティクス4にアップデートされ、大きく指標や使い方が変更されました。「まだうまく使いこなせていない」「コンバージョン計測の方法が合っているかわからない」という方は、ぜひご覧ください!

    Googleアナリティクス4(GA4)の設定方法を徹底解説【完全版】

    完全解説GA4の設定方法

    この動画がおすすめな方

    • Googleアナリティクス4の基本設定方法が知りたい
    • Googleアナリティクス4でできることを知りたい
    • サイト分析にGoogleアナリティクス4を使いたい
    • UAから仕様と指標が変わり使い方がわからなくなった

    チャプター

    • Googleアナリティクス4とは
    • GA4とUA(ユニバーサルアナリティクス)の違い
    • GA4の初期設定方法
      • ステップ1.GA4タグの設置
      • ステップ2.データ設計と要件定義
      • ステップ3.データ取得方法
      • ステップ4.データの確認

     

    Googleアナリティクス4の初期設定の方法を、ステップバイステップで実演しながら解説しました!まだGoogleアナリティクス4の設定ができていない、よくわからないという方は、この動画を見ながら初期設定をしてみましょう。

    ◇Googleアナリティクス4(GA4)の設定方法のご視聴はこちら

    【GA4】本当に使えるgoogleアナリティクス4のコンバージョン設定方法

    GA4コンバージョン設定

    この動画がおすすめな方

    • GA4の初期設定はできているが、コンバージョンの計測方法がわからない
    • コンバージョン設定の確認方法がわからない
    • 自分で設定したがうまくできなかった
    • ウェブからの問い合わせ数やSNS登録数を計測したい

    チャプター

    • なぜコンバージョン設定が必要?
    • コンバージョンの仕様
    • コンバージョン設定方法
    • 設定の確認方法
    • コンバージョン設定時の注意点

     

    この動画では、ウェブ集客に欠かせないウェブ上で発生するコンバージョン(資料ダウンロード・メルマガ登録・問い合わせ・SNS登録など)を計測するための設定方法を解説しました。

    ◇googleアナリティクス4のコンバージョン設定のご視聴はこちら

    【GA4】探索レポートの設定からプロの使い方まで徹底解説!

    GA4探索レポート

    この動画がおすすめな方

    • 探索レポートを使いこなせていない
    • ウェブ施策の効果測定をしたい
    • 最もコンバージョンにつながっている流入経路を知りたい
    • 問い合わせページの離脱率を知りたい
    • サイト改善をしたい

    チャプター

    • 探索レポートのメリットと種類
    • 「オリジナルレポート」の設定方法
      • 使い方例1:空白からレポートを作成▷最も流入獲得できているページを確認する方法
      • 使い方例2:「経路データ探索」でデータを見る方法

     

    Googleアナリティクス4の「探索レポート」を活用すると、サイトの健康状態を把握し、課題点からサイト改善をすることが可能になります。

    「最も流入獲得できているページの確認方法」や、「サイト内でのユーザー行動を把握する方法」を実演して解説しました。ぜひ、ユーザー動向から仮説検証に活用してみましょう。

    ◇探索レポートの設定からプロの使い方まで解説のご視聴はこちら

    GA4とサーチコンソールを1分で連携する方法を解説

    GA4とサーチコンソール連携

    この動画がおすすめな方

    • GA4とサーチコンソール両方見るのが面倒

    • そこまで毎日ツールを見ないので簡単にまとめて見たい

    チャプター

    • GA4とサーチコンソールの特徴

    • GA4とサーチコンソールを連携するメリット

    • 連携方法

     

    オーガニック流入からウェブサイトへの流入を確認するためにはサーチコンソール、サイト流入後はGA4、とそれぞれのツールで確認するという方は多いでしょう。詳細なデータを毎日観測する場合、それぞれのツールを使用した方がいいですが、毎日見るまででもないという方は、いったりきたりする手間を省くことが可能です。

    今回は、1分でできるGA4でサーチコンソールの一部データを見ることができる連携方法を解説しました!

    ◇GA4とサーチコンソールを1分で連携する方法のご視聴はこちら

      まとめ

      YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」では、毎週2本18時に動画を公開しています。SEO対策・コンテンツマーケティング・サイト改善・生成AI活用の最新情報を発信中です。

      ぜひチャンネル登録、またご質問やリクエストをコメントでお待ちしております!

      事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

      SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      無料で資料を受け取る

      無料相談に申し込む

      動画で学ぶWebマーケティング【Googleアナリティクス4/サイト分析編】ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      【わかりやすく解説】サイテーションとは?SEO効果・獲得方法などプロが解説

      【わかりやすく解説】サイテーションとは?SEO効果・獲得方法などプロが解説

      SEOにおけるサイテーションとは「引用」「言及」を意味し、自社以外のWebサイトやSNSに「自社の企業名・サイト名・サービス名」などが掲載されることをいいます

      サイテーションはWebサイトの権威性や信頼性を高め、ローカルSEOの効果も期待できる重要な対策のひとつです。この記事ではサイテーションを獲得する方法を中心に、サイテーションの種類・サイテーションの獲得状況を調べる方法などについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

      また、SEOの全体的な戦略やSEOの基本について知りたい方には、SEOの基礎知識についてまとめた資料を用意しています。初心者向けのわかりやすい資料なので、お気軽にダウンロードください。

      SEO戦略を自社で立てるのは難しそうと思った方へ

      資料ではSEOの戦略策定における全体的な戦略、キーワード戦略、戦略策定前にやるべきことを詳しく解説しています。 もし「自社でSEO戦略を立てるのは難しそう」とのことでしたら、お気軽にナイルの無料相談をご利用ください!

      無料で資料をダウンロード

      SEO戦略を無料で相談する

      サイテーションとは

      サイテーションとは、自社以外のWebサイトやSNSに「自社の企業名・サイト名・サービス名」などが掲載されることです。サイテーションが増えることで、SEO(特にローカルSEO)に効果があるとされています。

      サイテーションには、以下のような例があります。

      • レビューサイトに自社サービスの口コミが掲載されている
      • 業界メディアに自サイトのURLが言及されている(リンクなし)
      • まとめサイトに自社の企業名・所在地などを登録・掲載される

      自社のSNSに自社情報を掲載することは、外部のSNSからのサイテーションを誘発し、多くのユーザーにサイテーションしてもらうためのきっかけになるので積極的に行いましょう。

      また、営業時間や場所などの情報を掲載することで、地域の検索クエリに対してより適切な情報を提供でき、地元の顧客にリーチしやすくなるという効果も期待できます。

      さらに、外部サイトにも正確な基本情報が掲載されれば「ユーザーが迷わず自社のサービスを見つけられる」「店舗を訪問しやすくなる」など、ユーザーのメリットも増え、コンバージョンまでがスムーズになるというのが大きな利点です。

      上記の理由から、サイテーションが増加するとローカルSEOの効果が期待できるようになるため、ユーザーとのエンゲージメントも促進されるといえます。

      サイテーションと被リンクの違い

      前述のとおり、サイテーションは「自社の企業名やサービスについて、ほかのサイトやSNSで言及されること」を、被リンクは「自サイトが外部サイトからリンクされること」を指します

      サイテーションと被リンクの違い

      サイテーションは単純に「自社の情報が言及されること・自社の情報が掲載されていること」を意味するため、リンクが設置されているかや誰が言及しているかは問いません。第三者のユーザーが言及しても、自社が運営しているSNSで言及しても、同じサイテーションです。

      加えて、サイテーションに直接的なSEO効果はないと言われています。ただ、いろいろなところで言及されること = 話題にあがることで、認知度の向上や指名検索の増加につながり、間接的なSEO効果はあると考えられます。

      一方、被リンクは「外部サイトから自サイトへリンクが設置されること」を指し、リンク設置が必須です

      被リンクは第三者のWebサイトがリンクを設置することが前提であり、第三者を装って自演リンクを貼ると「Googleの検索結果から除外される」などのペナルティを受ける可能性があります。不自然な自演リンクを貼ることは、ペナルティのリスクを負うだけではなく、ユーザーから自社への信頼性低下を招く恐れもあるため控えましょう。

      先ほど、サイテーションのSEO効果は間接的なものにとどまると説明しましたが、被リンクは直接的なSEO対策として有効だと言われています。検索順位の向上に影響するため、有益な被リンクの獲得を目指しましょう。

      この記事もチェック

      外部リンクとは、運営サイトと外部のサイトをつなぐリンクのことを指します。運営サイトに外部サイトのリンクを貼ることを発リンク(アウトバウン...
      外部リンクとは?SEOでの重要性と獲得方法・質の悪い被リンクの事例を紹介 - www.seohacks.net

      サイテーションのSEO効果

      サイテーションにSEO効果はあるのか、米企業「Moz」が検証したデータを紹介します

      この調査では、ランダムに抽出した6,000拠点を以下の2つに分け、検索方法ごとに見つけやすさを比較したものです。

      • Googleビジネス プロフィール(旧称Googleマイビジネス)・Facebook・Bing・Apple ・Mapsの4つのサイテーションサイトに店舗情報を登録したグループ
      • 上記に加え、10以上のサイテーションサイトに店舗情報を登録したグループ

      検索方法は、以下の4つです。

      • Direct Search(企業名や所在地など、固有情報での検索回数)
      • Indirect Search(商品名・サービス名など、間接的なキーワードでの検索回数)
      • Maps View(Googleマップでの表示回数)
      • Search View(Google検索での表示回数)

      調査結果では、2つのグループで視認性(見つけやすさ)に大きな差が見られます。

      特にGoogle検索においては、10以上のサイテーションサイトに登録したグループは登録前に比べ、91%も表示回数が増えました

      サイテーションにSEO効果はあるのかを米企業「Moz」が検証したデータ

      The more widely distributed listings saw increases in visibility of 65% to 91%. The data thus show that listings distribution to an extended network still matters.

      出典:Does Listings Management Still Matter for Local SEO? - Moz

      以上の結果から、サイテーションはSEOに影響を与えることがわかります。

      SEOとMEOにおけるサイテーションの効果

      MEOは「Map Engine Optimization」の略です。日本語では「マップ検索エンジン最適化」と訳し、実際の店舗や企業を「Googleのローカル検索結果」に上位表示させる施策で、一般的にはGoogleマップで自社の検索順位を上げる施策を指します。Google公式でも、MEOにおける視認性の高さの重要性が明言されており、サイテーションは視認性を高める効果があります

      視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

      ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も視認性の高さに影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

      引用元:Googleビジネスプロフィールヘルプ

      GoogleマップやGoogleのローカル検索結果の上位表示を狙うには、「地域」に焦点を当てた対策が必要です。この対策にはGoogleビジネス プロフィール(旧称Googleマイビジネス)を活用します。

      Googleビジネス プロフィールとは企業情報・店舗情報などの情報を登録できるサービスで、Googleビジネス プロフィールへの記載はサイテーションを獲得するための重要な施策のひとつです。Googleビジネスプロフィールは、Googleマップや検索結果に直接表示されるため、ユーザーに自社情報を伝える上で非常に有効です。

      例えば、ユーザーがGoogleで「美術館 台東区(目的地+地名)」と検索したとしましょう。検索結果ページに、台東区の美術館とその所在地を表す地図が表示されます。

      ▼例:「美術館 台東区」と検索した場合(目的地+地名)で検索した場合

      「美術館 台東区」と検索した時の表示

      「目的地+地名」「目的地に関するキーワード」での検索上位を狙うためには、地域に焦点を当てて対策する必要があり、そのためにはGoogleビジネス プロフィールに自社の情報を登録しておくことが重要です

      ローカルSEOについては、次の記事で詳しくまとめているので、併せてご覧ください。

      この記事もチェック

      実店舗を構えて飲食店や美容院などを経営する際、集客のための有力な施策となるのが「ローカルSEO」です。このローカルSEOは「カフェ 五反田」のよ...
      ローカルSEOとは?重要な理由や具体的な取り組みを紹介 - www.seohacks.net

      サイテーションの4つの種類

      ここまで、サイテーションの持つ意味や効果についてお伝えしてきました。サイテーションは大きく分けて、4つの種類があります。

      サイテーションの4つの種類

      この項目では、サイテーションの種類について詳しく説明します。

      種類1 法人名・店舗名・個人名

      1つ目は、法人名・店舗名・個人名です。情報を発信する際、法人名・店舗名・個人名などの固有名詞のほか、サイト名などへの言及がサイテーションとして扱われます

      ここに挙げた固有名詞に言及する際、注意したいのは「略称やニックネームで発信しない」ことです。正式な名称(一貫した名称)ではなく、略称やニックネームで発信してしまうと、Googleが「同じ法人・個人について言及している」と判別できません。

      サイテーションとして扱ってもらうためには、法人名・店舗名・個人名はニックネームなどではなく、正式名称で言及してもらうことが重要です。自社SNSを運営する際は「自社名を正式名称で名乗る」「正式名称をハッシュタグにする」など、正式名称で言及してもらえるよう工夫しましょう。

      法人名・店舗名・個人名の例を以下に挙げるので、参考にしてください。

      ▼例

      法人名 ナイル株式会社
      店舗名 セブン‐イレブン、イエローハット、UNIQLO
      個人名 鈴木 ○○、佐藤 ○○
      サイト名 ナイルのマーケティング相談室

       

      種類2 商品名・サービス名

      2つ目は、商品名・サービス名です。情報を発信する際、商品名・サービス名に言及することがサイテーションとして扱われます

      自社の商品名・サービス名なども企業や個人などに紐づく情報として扱われるため、商品名・サービス名への言及が増えることによって認知度・信頼性が高まります。その結果、商品・サービスに興味や関心を持つユーザーが増え、ブランディングやエンゲージメントにつなげることが可能です。商品名・サービス名にまつわるサイテーションを増やし、購買につなげましょう。

      商品名・サービス名の例を以下に挙げるので、参考にしてください。

      ▼例

      商品名 ハーゲンダッツ、LUX、アタック
      サービス名 オイシックス、Netflix、Uber Eats

       

      種類3 所在地・電話番号

      3つ目は、所在地・電話番号です。情報を発信する際、所在地・電話番号に言及することがサイテーションとして扱われます

      所在地・電話番号などが企業や個人に紐づく情報として扱われると、Googleマップや「Googleのローカル検索結果」など、地域に焦点を当てた検索結果に表示されやすくなります。

      例えば、自社SNSに店舗名しか掲載していない企業があった場合、所在地も電話番号も言及されていなければ、ローカル検索結果に表示されることはありません。ユーザーが訪問しにくい店舗になってしまいます。所在地や電話番号が記載されていれば、同じ会社やサービス名でも区別をつけやすいです。

      自社SNS・グルメサイト・地域ポータルサイトなどに店舗を登録し、所在地などの情報を掲載することで、店舗情報が紐づけられます。

      種類4 リンクが設置されていないURL

      4つ目は、リンクが設置されていないURLです。URLにリンクが設置されていなくても、またInstagramのフィード投稿などリンク設置ができない環境だとしても、URL自体に言及しているだけでサイテーションとして扱われます

      もちろん、リンクが設置されているURLであれば、よりSEO効果が高い「被リンク」になります。

      サイテーションを獲得する5つの方法

      前項では、サイテーションの4つの種類について説明しました。では、実際にサイテーションを獲得するためにはどうしたらいいのでしょうか。

      サイテーションを獲得する5つの方法

      これらの方法は、サイテーションを獲得するだけではなく、自社の認知度向上も期待できます。順番に見ていきましょう。

      方法1 Googleビジネスプロフィールに登録する

      1つ目の方法は、Googleビジネスプロフィール(旧称Googleマイビジネス)に登録することです

      Googleビジネスプロフィールに登録しないと「Googleのローカル検索結果」に表示されることはありません。登録することで企業名や店舗名・所在地・電話番号など、企業にまつわる正確な情報がユーザーに提供されます。

      また、Googleビジネスプロフィールへの登録はサイテーションの獲得だけではなく、地域のユーザーが自社を見つけやすくなり、正確な情報を得られるようになるというメリットもあります。

      加えて、企業名・所在地・電話番号など、自社の固有情報が紐づけられるよう、NAP情報をサイトと統一しておきましょう。 NAP情報とは「Name・Address・Phone」の略です。これらをどの媒体でも統一しておくことで、情報が紐づけられやすくなります。

      GoogleビジネスプロフィールにおけるNAP情報の例

      GoogleビジネスプロフィールやMEOについては、下記の記事で詳しくまとめています。併せてご覧ください。

      この記事もチェック

      MEOとは、ユーザーの位置情報に紐づく「ローカル検索での上位表示」を目的とした施策です。ユーザーを実店舗や事業所に集客するためには、MEO対策...
      MEOが重要な4つの理由!具体的な進め方や成功のポイントも紹介 - www.seohacks.net

      方法2 情報メディアに掲載する

      2つ目の方法は、情報メディアに掲載することです。情報メディアに掲載することは、サイテーションの獲得だけではなく、その影響力によって信頼性を高める効果もあります。

      どのような手法で自社の情報をメディアに掲載するのか、以下の各項目で説明します。

      まとめサイト、レビューサイトなどに掲載してもらう

      まず、自社の情報をまとめサイトやレビューサイトなどに掲載してもらう方法です。 まとめサイトやレビューサイトでポジティブなレビュー(サイテーション)を獲得すれば、Googleからの自サイトへの評価も高まります

      また、まとめサイトやレビューサイトは多くのユーザーが情報を収集する場所のため、ユーザーとのタッチポイントも増え、認知度向上にも貢献します。ほかメディアに取り上げられるきっかけになることもあり、非常に重要な施策のひとつです。

      プレスリリースを出す

      次に、プレスリリースを出す方法です。自社で新しい商品・サービスを発表するとき、重要なニュースやイベントがあるときなど、積極的にプレスリリースを発信しましょう。プレスリリースの配信サイトには 企業名・電話番号などが掲載されるため、サイテーションの獲得に有効です

      また、プレスリリースは多くのメディアに転載されることが多いため、さらにサイテーションを獲得するチャンスが増えます。

      業界の専門サイトなどにエキスパートとして寄稿する

      次に、 業界の専門サイトなどにエキスパートとして寄稿する方法です。自社が取り扱う商品・サービスの業界における専門サイトに寄稿できたら、同時に執筆者のプロフィールも掲載してもらいましょう。

      その道のプロとして自社の専門知識や最新情報を提供することで、認知度や信頼性の向上にもつながり、ほかメディアがこれらの情報を引用する可能性が高まります

      イベント、セミナーなどの取材を受ける

      最後に、イベントやセミナーなどの取材を受ける方法です。イベントやセミナーに登壇することで、自社の活動や提供する情報を広く知ってもらう機会が生まれます。この取材記事によってほかメディアが取り上げる可能性が高まり、サイテーションを獲得する機会も増えるメリットがあります

      これらの手法を組み合わせて活用することで、多くのサイテーションを獲得できるだけではなく、自社の知名度や信頼性の向上にもつなげられるため、積極的に取り組んでいきましょう。

      方法3 広告を出稿する

      3つ目の方法は、広告を出稿することです。オンラインにおける広告では「X(旧Twitter)のPRポストを利用する」「ディスプレイ広告を表示する」「業界メディアにネイティブ広告を掲載する」などの手法があります。

      XのPRポストはタイムラインになじむ形で広告を出せるだけではなく、リプライやリポストが利用でき、拡散効果が高い点が大きなメリットです。

      ディスプレイ広告は、Webサイトのトップページやアプリにある広告枠に表示される広告のことで、多くのユーザーに広告を配信することが可能です。

      ネイティブ広告は、メディア内の記事のように出稿できるため、自然な流れでユーザーの目に留まり、認知向上からのサイテーション獲得が期待できます。

      オフラインにおける広告は雑誌やテレビ、看板がおもなため、直接サイテーションを獲得できるわけではありませんが、認知度の向上に貢献し、サイテーションの増加につながります。

      オンライン広告とオフライン広告を組み合わせて戦略的な広告展開を行うことで、幅広い層にリーチし、サイテーション獲得の機会を最大限に活用しましょう

      そのほか、おすすめのBtoB広告については下記の記事も参考にしてください。

      この記事もチェック

      マス広告や交通広告をはじめ、ウェブ広告・SNS広告など、BtoB広告の手法が多様化してきています。本記事では、「BtoBサービスを展開していて今後広...
      BtoB広告のおすすめ9選!選び方や効果を高めるコツも紹介 - www.seohacks.net

      方法4 SNSを運用する

      4つ目の方法は、SNSを運用することです。サイテーション獲得のためのSNS運用として、まずは自社のSNS運用が挙げられます。

      自社のSNSアカウント名やプロフィール欄に自社情報を入力し、URL欄には自サイトのURLを掲載しましょう。Instagramの場合、フィード投稿にはURLを貼れませんが、リンクがなくてもサイテーションとして成立しますので安心してください。

      その後は継続してSNSを運用し、最新の情報を発信することで、引用してもらえる機会が増加します。良い商品・サービスを提供することで口コミが広がり、自然にサイテーションが増えていくことが理想です。

      自社のSNSアカウント運用以外では、インフルエンサーマーケティングという手法もあります。インフルエンサーマーケティングとは、SNS上で影響のある個人(= インフルエンサー)を活用し、自社の商品やサービスをプロモーションしてもらうことでユーザーの購買につなげる手法です

      インフルエンサーの影響力・拡散力を活用することでサイテーションの増加を狙えます。効果を最大化するためには、ターゲットに支持されているインフルエンサーの選定や、ステルスマーケティングの印象を与えないコンテンツを心がけましょう。

      インフルエンサーマーケティングについては、下記の記事で詳しくまとめています。

      この記事もチェック

      マーケティング手法のひとつとして登場した「インフルエンサーマーケティング」とは、どのような広告宣伝施策を指すのでしょうか。ここでは、イン...
      インフルエンサーマーケティングとは - www.seohacks.net

      方法5 自サイトを構造化データでマークアップする

      5つ目の方法は、自サイトを構造化データでマークアップすることです構造化データマークアップとは、Webサイト上の情報を検索エンジンが理解しやすい形式で表現するための手法です

      自サイトの情報を構造化データでマークアップすることで、固有情報が紐付けられやすくなります。企業名・所在地・電話番号・自サイトURLなどを構造化データでマークアップし、検索エンジンに統一された固有情報を伝えられるようにしましょう。なお、その際は固有情報に表記揺れがないように確認してください。

      また、構造化データマークアップは、検索結果に表示されるリッチリザルトに影響を与えます。ユーザーにコンテンツの魅力を伝えやすくすることで、自サイトへの訪問者が増え、結果的にコンテンツが引用される可能性も高まります。

      構造化データについては下記の記事で詳しくまとめているので、併せてご覧ください。

      この記事もチェック

      構造化データとは、検索エンジンがページ内容を理解しやすくなるデータ形式のことです。正しく記述することで検索エンジンがページの内容をより理...
      構造化データとは?非エンジニアでもよく分かる!初心者向け徹底解説! - www.seohacks.net

      「構造化データマークアップを自社で対応するのは難しそう」と思われた方は専門家へ相談することもひとつの手です。ナイルでも相談を受け付けしています。適切なアドバイスを提供できますので、お気軽に無料相談フォームよりお問い合わせください。

      サイテーションの獲得状況を調べる2つの方法

      前項では、サイテーションを獲得する方法について解説しました。ここからは実際にサイテーションをどのくらい獲得できているのか、調べる方法について紹介します。

      サイテーションの獲得状況を調べる2つの方法

      方法1 Googleで検索する

      Googleの検索窓に「"商品名・サービス名" -site:自サイトURL」と入力したキャプチャ画像

      1つ目は、Googleで検索する方法です。Googleの検索窓に「"自社の商品名・サービス名" -site:自サイトURL」と入力し検索することで、自社の商品名・サービス名が自サイト以外でどれだけ言及されているかを調べられます

      この方法でサイテーション獲得状況を調べると、どのような形で自社の商品・サービスがサイテーションされているかがわかります。

      ただし、サイテーションはポジティブなものだけとは限りません。ネガティブなサイテーションもあり、その場合Googleから低評価を受けやすくなります。

      サイテーションの数だけではなく、どのように言及されているかも確認しましょう。

      方法2 Yahoo!リアルタイム検索機能で検索する

      サイテーションの獲得状況を調べる方法について解説する項目の画像2

      2つ目は、Yahoo!リアルタイム検索機能で検索する方法です。Yahoo!リアルタイム検索にアクセスし、キーワードとして自社の商品名・サービス名を入力すると、そのキーワードがX上でどのように言及されているか・どのように話題になっているかがわかります

      Xに限定した範囲での言及にはなりますが、会員登録やログインなどの手間がかからず利用できます。また、リアルタイムな反応が細かく見られるメリットもありますので、ぜひ試してください。

      なお、InstagramやFacebookなど、X以外のSNSでのサイテーション獲得状況はこの方法では調べられないので注意してください。

      ネガティブなサイテーションを獲得したら

      前述のとおり、サイテーションにはポジティブなものとネガティブなものがあります。

      ネガティブなサイテーションの具体例は以下です。

      • 自社の住所や電話番号など、重要な情報が誤っている
      • 低品質なサイトで言及されている
      • ネガティブなレビューや口コミが掲載されている など

      ポジティブなサイテーションと違い、ネガティブなサイテーションはSEO効果が見込めず、Googleからの低評価にもつながりかねません

      また、内容によっては自社の信頼に関わるケースもあるので、ネガティブなサイテーションを見つけた際は注視することをおすすめします。

      ネガティブなサイテーションを削除できる?

      では、ネガティブなサイテーションを削除することはできるのでしょうか。

      サイテーションを削除するには、掲載された投稿自体を消すしかありませんが、サイト管理者やサーバー運営会社に対応してもらうのは難しいでしょう

      第三者の意見を直接的に制御することはできないため、サイテーションを自社でコントロールすることは不可能です。

      もしネガティブなサイテーションを獲得してしまったら?

      ネガティブなサイテーションを消すのは難しいため、ポジティブなサイテーションを増やすように努めるのがおすすめです

      無理やりポジティブなサイテーションを増やすための「自作自演」などの対応は、むしろ悪影響を生む場合もあります。自社の商品・サービスのクオリティを高めていくことで、自然とポジティブなサイテーションが増えるようにしましょう。

      サイテーションを獲得しSEOにつなげよう

      この記事では、サイテーションの種類のほか、サイテーションの獲得方法、獲得状況の調べ方などについて紹介しました。

      サイテーションを獲得すると、ローカルSEOの効果が期待できるだけではなく「自社商品・サービスの認知度が向上する」「自社への信頼性が高まる」などのメリットがあります。ここで紹介した方法を実践することでサイテーションを獲得し、SEOにつなげましょう。

      ここまでで「自社で実践するのは難しそう」「SEOの専門家に依頼したい」と思われた方は、ナイルにご相談ください。初心者の理解に役立つSEOの基礎知識と実践方法についての資料も配布していています。併せてお申し込みください。

      SEO戦略を自社で立てるのは難しそうと思った方へ

      資料ではSEOの戦略策定における全体的な戦略、キーワード戦略、戦略策定前にやるべきことを詳しく解説しています。 もし「自社でSEO戦略を立てるのは難しそう」とのことでしたら、お気軽にナイルの無料相談をご利用ください!

      無料で資料をダウンロード

      SEO戦略を無料で相談する

      【わかりやすく解説】サイテーションとは?SEO効果・獲得方法などプロが解説ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      動画で学ぶWebマーケティング【コンテンツマーケティング編】

      動画で学ぶコンテンツマーケティング

      第2回「動画で学ぶWebマーケティング」では、YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」で発信してきた“コンテンツマーケティング”に役立つ動画をまとめてご紹介します。

      コンテンツマーケティングを成功させることができれば、Webサイトが営業の役割となり、継続的な問い合わせを生むことが可能です。コンテンツマーケティングの概要から、今すぐ業務に活かせる、メールマガジン、ウェビナー、ホワイトペーパーの作り方まで解説しました。

      コンテンツマーケティングのメリット・デメリットとは?プロマーケターが徹底解説!

      コンテンツマーケティングのメリット・デメリットとは?プロマーケターが徹底解説

      この動画がおすすめな方

      • コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いがわからない
      • コンテンツマーケティングの必要性を知りたい
      • 広告に頼らず低予算でウェブ集客をしたい

      チャプター

      • コンテンツマーケティングとSEOの違い
      • コンテンツマーケティングは必要?
      • コンテンツマーケティングのメリット、デメリット
      • 具体的な施策事例を紹介

       

      SEO対策はできているけれど、コンテンツマーケティングって具体的に何をするのかよくわからない、という方はぜひご覧ください!コンテンツマーケティングを進める上での注意点から、施策までご紹介しました。

      ◇コンテンツマーケティングのメリット・デメリットのご視聴はこちら

      効率よく成果に繋げるホワイトペーパーの作り方【マーケティング担当必見】

      効率よく成果に繋げるホワイトペーパーの作り方【マーケティング担当必見】

      この動画がおすすめな方

      • BtoB企業でホワイトペーパーにまだ着手できていない
      • どのようなホワイトペーパーを用意すればいいのかわからない
      • ホワイトペーパーを作る時間がない
      • ホワイトペーパーを作ったけどダウンロードされない

      チャプター

      • ホワイトペーパーとは?(種類~コンテンツタイプ)
      • ホワイトペーパーを効率的に作る方法
      • ホワイトペーパー事例

       

      ホワイトペーパーは、BtoB企業(リードタイムの長い商材)の場合、特に有効なコンテンツマーケティング施策の一つです。これまで40種類以上のホワイトペーパーから問い合わせ獲得をしてきたナイルの実績に基づき、成果に繋がるホワイトペーパーの作り方を解説しました。

      効率よく成果に繋げるホワイトペーパーの作り方のご視聴はこちら

      【ウェビナー集客】商談化率を上げるために絶対にやるべきこととは!?

      ウェビナー集客4つのポイント

      この動画がおすすめな方

      • 自社ウェビナーを実施したことがない
      • ウェビナーから問い合わせ、商談に繋がらない
      • ウェビナーのテーマやアイディアに煮詰まっている

      チャプター

      • ウェビナーを実施する目的は?
      • ウェビナーから問い合わせに繋げるために絶対やるべきポイント4つ

       

      ウェビナー商談化率31.58%のナイルの実績に基づき、ウェビナーから問い合わせ、商談に繋げるために絶対やるべきポイントを4つ解説しました。

      【ウェビナー集客】商談化率を上げるために絶対にやるべきこと!のご視聴はこちら

      【メルマガの作り方】成果が出る裏技を教えます!

      メルマガの裏技

      この動画がおすすめな方

      • メルマガの開封率が低い
      • 時間をかけずに成果を出したい
      • メルマガで何を発信したらいいかわからない
      • 認知形成を強化したい

      チャプター

      • メルマガ集客の役割
      • メルマガ開封率1.5倍にした6つの裏技
      • 5つの注意点

       

      時間をかけずに成果を出すメルマガの裏技を6つ解説しています。発信テーマが枯渇している、開封率を上げたい方は、ぜひアイディアの参考にご覧ください!

      【メルマガの作り方】成果が出る裏技のご視聴はこちら

      【驚愕】BtoB企業がYouTube運営で得られるすごい効果とは!?

      YouTube運営

      この動画がおすすめな方

      • ウェブ集客はもうやり切っているのでYouTube開設を検討している
      • YouTubeの収益効果を知りたい
      • YouTube運用コストを知りたい
      • 登録者数1万人チャンネルの費用対効果が気になる

      チャプター

      • YouTube運営の成果
      • 企業がYouTubeで成功する3つのポイント

       

      YouTubeを開設する企業は増加しており、コンテンツマーケティングの一つとして注目を集めています。実際にYouTubeで約1億円の成果を生んでいる、登録者数1万人を超えのチャンネル「世界へボカン」を運営する徳田さんをゲストに招き、企業YouTube運用について解説いただきました!

      ◇BtoB企業がYouTube運営で得られるすごい効果とは!?のご視聴はこちら

      コンテンツマーケティングを外注する前に必ず見てください

      コンテンツマーケの外注先選定

      この動画がおすすめな方

      • コンテンツマーケティングを推進する上で、外注するべきか悩んでいる
      • 外注先の選定で失敗したくない
      • コンテンツマーケティングを実施するためのリソースが足りない

      チャプター

      • コンテンツマーケティングを外注するメリット
      • 外注するときの注意点
      • 外注先の選定ポイント

       

      一言でコンテンツマーケティングといっても、チャネルや施策によって必要なリソースは大きく異なります。自社でリソースが不足した場合は、外注することを検討する方も多いですが、外注先の選定や注意点を理解していなければ、逆に手間がかかってしまう可能性が高まります。

      今後、ウェブ集客をさらに加速させたい、ちょうどコンテンツマーケティングの外注を検討しているという方は、ぜひ一度発注する前にこの動画をご覧になってみてください!

      ◇失敗しないコンテンツマーケティング外注先選定のご視聴はこちら

      まとめ

      YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」では、毎週2本18時に動画を公開しています。SEO対策・コンテンツマーケティング・サイト改善・生成AI活用の最新情報を発信中です。

      ぜひチャンネル登録をして、Webマーケティングの壁にぶち当たった時に、改善施策や見直しにお役立てください!

      事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

      SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      無料で資料を受け取る

      無料相談に申し込む

      動画で学ぶWebマーケティング【コンテンツマーケティング編】ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      【厳選】被リンクチェックツールのおすすめ8選!確認手順やポイント、リンク獲得対策までわかりやすく解説

      【厳選】被リンクチェックツールのおすすめ8選!確認手順やポイント、リンク獲得対策までわかりやすく解説

      良質な被リンクの獲得は、SEO対策の検索順位向上に役立ちます。しかし、自サイトの被リンク状況を把握できていない方や、具体的な調査方法がわからない方もいるのではないでしょうか。

      そこで本記事では、自サイトの被リンク状況を簡単にチェックできるツールを厳選して紹介します。基本的なチェック手順や活用方法に加え、ツールを活用したSEO対策の改善ポイントまでわかりやすく解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

      ナイルでは、被リンク以外にも、さまざまなSEOの基礎知識を提供しています。SEO初心者の方におすすめの資料セットは、以下のバナーから無料でご覧いただけます。お気軽にダウンロードの上、ご利用ください。

      「さらにSEOを学びたい!」という方へ

      ナイルの人気SEO資料3点セットです。 SEO初心者の方やSEOについて把握したい方は、まずはこの3点の資料をご覧ください!

      無料で資料を受け取る

      ナイルの無料相談に申し込む

      被リンクとは

      実際の被リンクのキャプチャ画像(BeMARKEからナイルのマーケティング相談室へのリンク)

      出典:BeMARKE

      被リンク(バックリンク)とは、文字どおり「ほかのWebサイトから自サイトへリンクを貼ってもらうこと」を指します

      例えば、ニュースやメディアサイトで自社のサービスやコンテンツが取り上げられた際、自社のURLをリンク付きで紹介してもらえることがあります。これが「被リンク」や「被リンク獲得」です。

      検索エンジンは、被リンクをサイトの価値を示す重要な指標と捉えています。そのため、良質な被リンクを多数獲得することで、SEO対策として以下のような効果が期待できます。

      被リンクで得られるSEO対策の効果(一例)

      • 自サイトの信頼性や権威性が高まり、検索結果での上位表示されやすくなる
      • 検索エンジンのクロールが得られやすくなり、インデックス率が向上する

      被リンクについてより詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください。

      この記事もチェック

      被リンクとは、外部のページやサイトに自社サイトのリンクを貼ってもらうことです。別名「バックリンク」とも呼ばれます。被リンクをもらうとSEOの...
      【徹底解説】被リンクとは?増やす方法やまだまだSEOにおいて重要な理由 - www.seohacks.net

      被リンクチェックが必要な3つの理由

      自社のWebサイトが、どのサイトからどのようにリンクされているか確認することを「被リンクチェック」や「バックリンクチェック」といいます。以下、Webサイト運営者が被リンクチェックを行うべき理由を3つ紹介します。

      理由1 自サイトと競合サイトの被リンク獲得状況を比較するため

      1つ目の理由は、自サイトと競合サイトの被リンク獲得状況を比較するためです。

      被リンクチェックツールの中には、自サイトだけではなく、競合サイトも確認できるものがあります。このようなツールを利用すると、競合サイトがどのようなコンテンツで、どのようなサイトから被リンクを得ているかを確認できます

      その結果を自サイトと比較すれば、被リンクを獲得しやすいコンテンツを明らかにしたり、良質な被リンクの提供元に対してリンク設置の営業をかけたりすることも可能です。

      SEO対策を行っても検索順位が上がらない場合には、被リンクチェックを行うのもひとつの方法です。具体的な手順については、後の章で詳しく解説します。お急ぎの方は、こちらからご覧ください。

      理由2 良質な被リンクがつきやすいコンテンツの傾向を把握するため

      2つ目の理由は、自サイトのどのようなコンテンツに良質な被リンクが集まるのかの傾向を把握するためです。

      被リンクチェックの結果をもとに、良質な被リンクを獲得しやすいコンテンツを増やすことで、効率的にドメイン全体の被リンク数を積み上げられます。被リンクチェックを定期的に行い、自然に被リンクが増えていくようなコンテンツ制作体制を作るようにしましょう。

      理由3 スパムリンクによるペナルティリスクを回避するため

      3つ目の理由は、スパムリンクによるペナルティリスクを回避するためです。

      スパムリンクとは悪質な被リンクのことで、例えば「単なるリンク集サイト」や「リンク販売サイト」「プログラムや生成AIで自動生成された低品質なサイト」などからのリンクを指します

      Googleはスパムリンクを低く評価するため、スパムリンクが増えてしまうと、サイトの評価が下がってしまいます。検索順位を落とさないよう、被リンクチェックで悪質なスパムリンクを検知し、対処しましょう。

      スパムリンクへの具体的な対処法については、後の章で詳しく解説します。お急ぎの方は、こちらからご覧ください。

      もし、後述のツールが使えない、被リンクの獲得状況や課題についてプロに診断してもらいたいとお考えでしたら、以下のバナーより無料相談をお申し込みください。

      被リンクチェックにおすすめの8つのツール

      ここからは、被リンクチェックでよく使用される主要ツールの中から、おすすめのものを8つ紹介します。無料・有料ともにさまざまなものがありますので、特徴を確認した上で最適なツールを利用しましょう。(※各ツールの仕様や料金は2024年3月時点のものです)

      被リンクチェックにおすすめの8つのツール
      ツール名 ツールの主な特徴
      Googleサーチコンソール Google公式の検索順位確認ツール
      被リンクチェックも可能
      Bing Webmaster Tools 検索エンジンBingの順位確認ツール
      Googleサーチコンソール同様、被リンクも確認できる
      Lynx 無料でリンク元のページやドメインパワーを参照できる
      hanasakigani 指定した検索キーワードの上位競合サイトをまとめて調査できる
      Ubersuggest 被リンク分析ツール スパムスコアを簡単に参照できる
      任意の競合と被リンク状況を簡単に比較できる
      Majestic バックリンクチェッカー 被リンクの質と量を独自の指標で確認できるほか、充実したフィルター機能が特徴
      Ahrefs 被リンクチェッカー Ahrefsのデータベースを利用。有名な指標であるDR(ドメインレーティング)や
      リンク元ページの推定オーガニックトラフィックも参照できる
      Moz Link Explorer 約45兆の大規模なリンクデータベースを保有。精度の高い分析が可能

       

      ツール1 Googleサーチコンソール

      Googleサーチコンソールのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:Googleサーチコンソール

      項目 詳細
      ツール名 Googleサーチコンソール
      概要 Google公式の検索順位確認ツール
      機能の一部で被リンクチェックも可能
      サイト分析対象 自サイト
      分析の上限・制限 上限なし
      料金 無料

       

      Googleサーチコンソールは、Googleが提供する無料の自サイト分析ツールです。検索経由の流入数や、ページのインデックス状況などの確認と併せ、被リンクチェックも行えます

      分析項目は、リンク数が多いサイトや被リンクを受けているページなど最低限ではありますが、Google公式の信頼できる情報を参照可能です(詳しい被リンクの調査方法は後述します)。

      また、スパムリンク対策に欠かせない「リンク否認」にも利用しますので、特別な理由がない限りは、導入をおすすめします

      Googleサーチコンソール自体の詳細な使い方については、こちらの記事をご覧ください。

      この記事もチェック

      Google サーチコンソール(以後サーチコンソールもしくはSearch Console)とは、Googleが提供するサイトの管理者、SEO・マーケティングの担当者、...
      【使い方解説】Googleサーチコンソールとは?9つの機能と活用方法 - www.seohacks.net

      ツール2 Bing Webmaster Tools

      Bing Webmaster Toolsのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:Bing Webmaster Tools

      項目 詳細
      ツール名 Bing Webmaster Tools
      概要 Bingでの検索順位やクリック率などの詳細データを取得可能
      被リンク分析に加えサイトのクロール状況も確認できる
      サイト分析対象 自サイト
      分析の上限・制限 上限なし
      料金 無料

       

      Bing Webmaster Toolsは、検索エンジンBingが提供する自サイト分析ツールです。Bing上のキーワードリサーチと併せ、自サイトの被リンクのチェックも行えます

      ただし、利用にはGoogleサーチコンソール利用中のアカウントでログインするか、新規でサイト登録するかが必要です。

      利用方法は簡単で、ログイン後、メニューから「バックリンク」を参照するだけです。被リンク元のページやドメインなど基本的な機能を分析できます。

      BingでのSEO対策を考えている場合には利用を検討しましょう。

      ツール3 Lynx

      Lynxのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:Lynx

      項目 詳細
      ツール名 Lynx
      概要 PA(ページオーソリティ)やDA(ドメインオーソリティ)が表示される。被リンクの質を数値で推定できる
      サイト分析対象 自サイト・競合サイト
      分析の上限・制限 上限なし
      料金 無料

       

      LynxはURLを入力するだけで、手軽に被リンクをチェックできる無料ツールです。参照元ドメインなどの基本的な情報に加え、PA(ページオーソリティ)やDA(ドメインオーソリティ)といった、いわゆる「ページの強さ」を可視化した数値も確認できます

      無料で利用できることに加え、利用回数にも制限がないため、自社・競合を問わず頻繁に被リンクチェックを行いたい場合におすすめです。

      ツール4 hanasakigani

      hanasakiganiのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:hanasakigani

      項目 詳細
      ツール名 hanasakigani
      概要 指定した検索キーワードの上位競合サイトを分析できる
      独自計算による被リンクの重要度も表示
      サイト分析対象 自社・競合
      分析の上限・制限 1日3回まで無料、有料は上限なし
      料金 無料(有料版は要問い合せ)

       

      hanasakigani(花咲蟹)は、1日3回無料で利用できる被リンクチェックツールです。自サイトと併せ、指定した検索キーワードの上位10サイトのデータをまとめて参照できます。

      「集中度」と呼ばれる独自の被リンク評価基準を用いており、特定のIPやアンカーテキストに被リンクが集中していないか(=偏っていないか)を視覚的に確認可能です。多角的にスパムリスクを確認したい場合に利用すると良いでしょう。

      ツール5 Ubersuggest 被リンク分析ツール

      Ubersuggest 被リンク分析ツールのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:Ubersuggest 被リンク分析ツール

      項目 詳細
      ツール名 Ubersuggest 被リンク分析ツール
      概要 スパムスコア算出機能で、低品質リンクのチェックが容易
      任意の競合サイトと被リンク状況を簡単に比較できる
      サイト分析対象 自サイト・競合サイト
      分析の上限・制限 1日1回まで無料、有料では1日150~900回まで拡大
      料金 月額2,999円~

       

      SEO分析ツールで有名なUbersuggestが提供する被リンク確認ツールです。

      被リンク数や参照ドメイン数といった基本情報はもちろん、被リンク数の推移や、新規・消失ドメイン確認など、潤沢な機能をわかりやすいUIで参照できます。加えて、低品質のスパムリンクを簡単に判別できる「スパムスコア」も算出してくれます。

      月額2,999円からの有料プランに申し込むと、任意の競合サイトと被リンク状況を簡単に比較できる「被リンクのチャンス」ツールも利用が可能です。7日間の無料トライアルも用意されており、最大150回まで利用できます。

      ツール6 Majestic バックリンクチェッカー

      Majestic バックリンクチェッカーのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:Majestic

      項目 詳細
      ツール名 Majestic バックリンクチェッカー
      概要 被リンクの質と量を独自の指標で可視化
      充実したフィルター機能で緻密な分析を実現
      サイト分析対象 自サイト・競合サイト
      分析の上限・制限 最安のLITEプランでは1レポートのデータ行数5,000件まで
      料金 月額49.99ドル~

       

      Majestic バックリンクチェッカーは、被リンクの品質評価をする「トラストフロー」や、量を測定する「サイテーションフロー」など独自の指標を用いる有料被リンクチェックツールです。

      フィルター機能を使った緻密な分析に定評があるほか、被リンクデータを分析してインフルエンサーを特定する「インフルエンサーファインディング」など、独自の充実した機能をそろえています

      また、関連サービスに「一括被リンクチェッカー」があり、これを利用すると最大100万件のURLに関する被リンク数を一挙に解析可能です。

      ツール7 Ahrefs 被リンクチェッカー(有料)

      Ahrefs 被リンクチェッカーのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:Ahrefs 被リンクチェッカー

      項目 詳細
      ツール名 Ahrefs 被リンクチェッカー
      概要 Ahrefsの持つSEO解析データと連携。独自の指標であるDR(ドメインレーティング)や、リンク元ページの推定オーガニックトラフィックも確認できる
      サイト分析対象 自サイト・競合サイト
      分析の上限・制限 最安のライトプランでは1レポートのデータ行数2,500件まで
      料金 月額12,500円~

       

      Ahrefs被リンクチェッカーは、世界中のWebマーケターに愛用されているSEO分析ツール「Ahrefs(エイチレフス)」が提供する被リンクチェックツールです。

      Ahrefsのデータベースを活用した分析が可能で、例えば、SEOの指標として利用される独自指標「DR(ドメインレーティング。ドメインの強さのこと)」や、リンク元ページの推定オーガニックトラフィック数を参照できます

      被リンクのみならず、キーワード調査や競合調査など、戦略的にSEOを実施していきたい場合におすすめのツールです。

      ツール8 Moz Link Explorer

      Moz Link Explorerのサービスサイトキャプチャ画像

      出典:Moz Link Explorer

      項目 詳細
      ツール名 Moz Link Explorer
      概要 約45兆の大規模なリンクデータベースを保有し、精度の高い分析が可能
      サイト分析対象 自サイト・競合サイト
      分析の上限・制限 無料版は1日10回まで、表示できるデータにも制限
      料金 月額99ドル~

       

      世界的に有名なSEO企業Moz(モズ)が提供するのがMoz Link Explorerです。Mozが誇る約45兆以上ものリンクデータをもとに、高精度な被リンク分析が行えます

      無料版もありますが、1日に10回までしか利用できないほか、集計できるリンクデータも過去60日分の上位ページのみなど制限がかかります。本格的に利用するためには、月額99ドルからの有料プランが必要です。

      また、ほかの類似サービスのような「未登録でのお試し利用」ができません。利用するためには会員登録が必須である点も把握しておきましょう。

      被リンクチェック 基本の方法・手順

      ここからは基本的な被リンクチェックの方法として、Googleサーチコンソールを利用した確認手順を解説します。

      なお、これまでGoogleサーチコンソールを利用したことがない方は、まずは以下の記事を参考にアカウントを作成し、データを蓄積した上で取り組んでください。

      この記事もチェック

      SEOを行う上で必須のツール、サーチコンソールの設置・登録方法について説明しています。ウェブマスターツールとは何か、何が出来るのかを知りたい...
      Googleサーチコンソールの登録・設定方法 - www.seohacks.net

      ステップ1 Googleサーチコンソールにログイン

      Googleサーチコンソールトップページのキャプチャ画像

      出典:Googleサーチコンソール

      まずはGoogleサーチコンソールにログインします。

      GoogleサーチコンソールのWebサイトにアクセス後「今すぐ開始」をクリックし、Googleアカウントでログインしてください

      ステップ2 「リンク」の項目を開く

      Googleサーチコンソールのダッシュボード画面内のレフトナビのキャプチャ画像

      出典:Googleサーチコンソール

      ログインが完了したら、メニュー(レフトナビ)にある「リンク」をクリックし、開きます。

      ステップ3 外部リンクの詳細をクリック

      Googleサーチコンソールのダッシュボード画面内の「リンクの詳細」のキャプチャ画像

      出典:Googleサーチコンソール

      「リンク」を開くと、上図のように外部リンク内部リンクが表示されます。外部リンク項目には「上位のリンクされているページ」「上位のリンク元サイト」「上位のリンク元テキスト(アンカーテキスト)」の3種類があります。確認したいデータの「詳細」リンクをクリックしてください。

      各項目の概要は以下のとおりです。

      Googleサーチコンソールで確認できる外部リンクの項目
      上位のリンクされているページ 被リンクを多く受けているページを一覧で確認
      上位のリンク元サイト どのサイトからリンクされているかを一覧で確認
      上位のリンク元テキスト どのようなテキストでリンクが貼られているかを確認

       

      ステップ4 被リンクの詳細を確認

      Googleサーチコンソールのダッシュボード画面内の「リンクの詳細」確認画面のキャプチャ画像

      出典:Googleサーチコンソール

      「詳細」をクリックすると、被リンクの詳細が表示されます。リンクの内容や数をもとに、自然な被リンクが獲得できているか、被リンクのバランスに偏りはないかなどを確認しましょう

      具体的な被リンクチェックツール2つの活用方法

      続いて、被リンクチェックツールの具体的な活用方法を2つ紹介します。

      以下の方法を取り入れることで、被リンク状況の把握に留まらず、自サイトの改善につなげることが可能です。

      具体的な被リンクチェックツール2つの活用方法

      方法1 競合の被リンク獲得先を調査する

      まず1つ目が、競合の被リンク獲得先の調査です。

      上述したとおり、チェックツールを利用すれば競合サイトの被リンク状況を確認できます。例えば、Lynxで競合サイトのURLを調査すると、以下のような結果が表示されます。

      Lynxで競合サイトのURLを調査した調査結果のキャプチャ画像

      出典:Lynx

      Lynxでは、上図のように「PA(ページオーソリティ)」と「DA(ドメインオーソリティ)」を参照できます。これらは各ページおよびドメインの強さを示す指標で、数字が高ければ良質、低ければ低質なリンクと判断可能です

      競合サイトがどのような被リンクを獲得しているかの傾向がつかめたら、以下のような被リンク獲得施策を行えないか、検討しましょう。競合との被リンクの差分をなくすことで、検索結果でも優位になれる可能性が高まります。

      競合の被リンク獲得先調査をもとにした施策例

      • 競合が有力なリンクを獲得しているコンテンツを自サイトでも増やす
      • 競合に良質な被リンクを提供する有力サイトに対し、自社コンテンツをPRする

      方法2 スパムリンクを発見し、否認対応をする

      次に紹介するのが、スパムリンクの特定と否認です。

      上述したように、被リンクの中にはSEO的にメリットのない悪質なものが含まれます。放置するとページ評価を下げてしまうため、以下の手順に従って対応してください

      ステップ1 スパムリンクを特定する

      まずはスパムリンクの有無を特定します。スパムスコア(スパムの可能性の高さ)を確認できる「Ubersuggest 被リンク分析ツール」で見ていきましょう。

      当該ツールで自サイトの被リンク分析をかけると、下図のようにスパムスコア付きで被リンク状況が一覧表示されます。

      Ubersuggest 被リンク分析ツールで自サイトの被リンクを分析した結果のキャプチャ画像

      スパムスコアが赤く色付いているものが、スパムの可能性がある被リンクです。怪しいものは手元にURLやサイト名を控え、除外対象リストを用意しておきましょう。(リストは次のステップで利用します)

      このとき、スパムリンク元のサイトには、安全性が確認できない限り、アクセスしないようにしてください。本当に悪質なサイトの場合、マルウェアが埋め込まれていたり、フィッシングサイトであったりする可能性が想定されるためです。

      ステップ2 スパムリンクを否認する

      スパムリンクを特定できたら、次はリンクの否認を行います。

      リンクの否認とは、自サイトに向けられたスパムリンクを無効化する施策のことです。これにより、検索エンジンがスパムリンクを評価の対象から除外し、自サイトへの悪影響を回避できます。

      具体的な手順を簡単にまとめると以下のとおりです。

      スパムリンクを否認する手順

      • 手順1 否認するリンクのリストを作成する
      • 手順2 リンク否認ツールにアクセスする
      • 手順3 否認リストをアップロードする

      より詳しい手順については、Google公式の「 Search Console ヘルプ」より「サイトへのリンクを否認する)をご覧ください。

      ステップ3 Googleにページの再審査をリクエストする

      万が一、スパムリンクが原因でGoogleから何らかのペナルティを受けていた場合は、Googleへ再審査リクエストを送信します。

      再審査リクエストとは、Webサイトで発生していた不正やスパムといった問題が解決された旨をGoogleに伝え、あらためてサイトの健全性を審査してもらうようリクエストすることです。再審査リクエストを経て問題解決が確認されると、ページのペナルティを解除してもらえます。

      再審査リクエストの具体的な手順は以下のとおりです。

      Googleに再審査リクエストを行う手順

      • 手順1 Googleサーチコンソール内「手動による対策」を開く
      • 手順2 「リクエストの送信」から再審査フォームを入力し送信する
      • 手順3 Googleからの返答メールを確認する(通常1~2ヵ月以内に届きます)

      詳しくは、Google公式の「 Search Console ヘルプ」より「手動による対策レポート」をご覧ください。

      自力でスパムリンクを削除が難しい場合は、ナイルがサポートいたします。以下のバナーよりお気軽にご相談ください。

      被リンクチェックで見るべき3つのポイント

      最後に、SEO対策として被リンクチェックする際に見ておきたい3つのポイントを解説します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

      ポイント1 被リンクの数を見る

      まず確認するのが被リンクされたドメインの数です。

      上述したとおり、被リンクは、Googleがサイトやページの価値を評価する重要な指標のひとつです。より多くの被リンクを集められているページは「価値あるコンテンツである」と判断され、ページの評価が高まりますので、被リンク数の推移は常に把握しておきましょう

      ただし、被リンク数を見るときは、リンク元の「ページ数」だけではなく「ドメイン数」も併せて確認してください。同一ドメインから大量のリンクを受けるよりも、多様なドメインから自然な被リンクを獲得する方が評価は高まるからです。

      ポイント2 被リンクの質を見る

      2つ目のポイントが、被リンクの品質です。

      繰り返しお伝えしてきたように、被リンクの品質はページの評価に直結します。低質なリンクを減らし、良質なリンクを増やすことがSEOには欠かせません。以下に挙げるケースに合致する場合は、よりページ評価が高まりやすくなりますので、こうしたリンクが獲得できるよう戦略的にコンテンツ作成を行いましょう。

      ページ評価の向上につながる、良質な被リンクの例

      • ユーザーの自然な行動の結果として獲得できているもの
      • リンク元ページと自社ページとの関連性が高いもの
      • リンク元サイトの運営者に一定の信頼性・権威性があるもの

      ポイント3 アンカーテキストの内容を見る

      被リンクのアンカーテキストも重要なチェックポイントです。アンカーテキストとは、リンク内容を表すテキストを指します

      アンカーテキストに、自社の狙っている検索キーワードが自然な形で含まれていると、検索エンジンはリンク先ページをそのキーワードに関連するページとして判断してくれます。

      被リンク元のWebサイトとコミュニケーションが取れるのであれば「詳しくはこちら」のような抽象的なテキストではなく、ページタイトルなど検索キーワードを含めたアンカーテキストにしてもらうよう依頼しておきましょう。

      ただし、不自然なキーワードの詰め込みは厳禁です。自然な形でキーワードが含まれている被リンクを獲得することを心がけてください

      定期的に被リンクをチェックしてサイトの価値を向上させよう

      本記事では、被リンクチェックツールの紹介と併せ、被リンクの重要性や、具体的なチェック方法、ツールの効果的な活用法について解説しました。

      自サイトや競合サイトの被リンク状況を把握しておけば、SEO対策の成果向上に加え、コンテンツ制作の方向性改善にも役立ちます。サイト価値を向上させるためにも、ぜひ、この記事で紹介した内容を取り入れてみてください。

      ナイルでは被リンクチェック以外にも、あらゆるSEO対策のノウハウを提供しています。2,000件以上のWebマーケティング支援で培ったSEOノウハウを凝縮した3点セット資料を無料で配布中です。以下よりお気軽にダウンロードし、ご覧ください。

      「さらにSEOを学びたい!」という方へ

      ナイルの人気SEO資料3点セットです。 SEO初心者の方やSEOについて把握したい方は、まずはこの3点の資料をご覧ください!

      無料で資料を受け取る

      ナイルの無料相談に申し込む

      【厳選】被リンクチェックツールのおすすめ8選!確認手順やポイント、リンク獲得対策までわかりやすく解説ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      構造化データのマークアップとは?知っておくべき10種類や設定方法をプロが解説

      構造化データのマークアップとは?知っておくべき10種類や設定方法をプロが解説

      構造化データのマークアップとは、検索エンジンがページの内容を理解しやすくするよう"意味づけ"を記述することです。本記事では、初心者向けに構造化データのマークアップの概要や種類、ツールを使った設定方法などを徹底解説します。

      検索エンジンにコンテンツ内容を正しく認識してもらうだけではなく、ユーザーの利便性もアップするため、ぜひ最後までお読みください。

      なお、当サイトでは2,000社以上の支援実績をもとにまとめたSEOノウハウを無料で配布しています。「自サイトのSEOを強化したい」とお考えの方は、以下のバナーからお気軽にダウンロードください。

      SEO対策の悩みをプロに相談してみませんか?

      SEOやWebマーケティングの悩みがありましたら、お気軽にナイルの無料相談をご利用ください!資料では、ナイルのSEO支援実績(事例)、コンサルティングの方針や進め方、費用の目安といった情報をご紹介しています。あわせてご覧ください。

      サービス資料をダウンロードする

      無料でナイルに相談する

      構造化データのマークアップとは

      前述のとおり「構造化データ」とは、検索エンジンがページの内容を理解しやすくするために行う"意味づけ"のことです。また「マークアップ」とは、"記述"を意味します。

      検索エンジンは、Web上のデータを取得するためにクローラーを使用して、HTMLやJavaScriptなどから情報を読み取っています。

      ですが、クローラーは人間と同じようには理解できないため、手助けする目的で行うのが、構造化データのマークアップです。例えば以下のHTMLは、クローラーが文字列として社名やURLを認識します。

      ▼通常のHTMLの記述例

      <div>
      名前:ナイル株式会社
      サイトURL:https://nyle.co.jp/
      </div>

      そこで、クローラーに意味を理解できるよう構造化データをマークアップした記述が以下のHTMLです

      ▼構造化データをマークアップした記述例

      <script type="application/ld+json">
      {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Corporation",
      "name": "ナイル株式会社",
      "url": "https://nyle.co.jp/"
      }
      </script>

      この記述を読み取ったクローラーが、検索エンジンに「このページの会社は、ナイル株式会社という"名前"の会社で、https://nyle.co.jp/が"サイトURL"である」と伝えます。

      なお、Googleの検索エンジンがサポートする構造化データは、2024年3月時点で34種類あり、記事の内容や書籍・商品情報など多様です。これにより、検索結果の表示項目を増やせるケースがあるため、検索結果が見やすくなりユーザーの利便性をアップできます。

      SEOへの影響

      結論からいうと、構造化データのマークアップをしてもSEOに直接的な影響はありません。構造化データが、検索結果をランキングする要因に含まれていないからです。

      ただ、検索結果の表示項目を増やしてユーザーが求める情報があると示すことで、流入数の増加を狙えるケースはあるため、間接的なSEOとして実施する価値は十分にあります

      構造化データのマークアップを行うメリット

      構造化データのマークアップを行うメリットを、以下の2つ紹介します。

      構造化データのマークアップを行うメリット

      では、順に見ていきましょう。

      メリット1 検索エンジンが内容を認識しやすくなる

      構造化データのマークアップにより、検索エンジンがコンテンツの内容を適切に理解できます。

      その結果、クローラーによる巡回(クロール)がスムーズになり、検索エンジンから評価を得るまでの時間を短縮することが可能です

      メリット2 リッチリザルトが表示される場合がある

      検索結果に「リッチリザルト」を表示できることもメリットの1つです。例えば、「ナイル株式会社」を検索した場合、タイトルに加えて会社概要・採用情報や関連する質問など表示項目を増やせるため、ユーザーの目を引きます。

      「ナイル株式会社」とGoogle検索した際のリッチリザルトのキャプチャ画像

      構造化データをマークアップしても、リッチザルトが必ず表示されるわけではありませんが、表示されればクリック率がアップし、流入の増加が期待できる点がメリットです

      もし構造化データの実装についてのご相談やご質問がありましたら、以下のバナーよりお気軽に無料相談をお申し込みください。

      設定しておきたい構造化データの項目10選

      ここで、「Google 検索がサポートする構造化データ マークアップ」から以下の10項目を紹介します。それぞれの役割や特徴を見ていきましょう。

      設定しておきたい構造化データの項目10選

      項目1 記事(Article・NewsArticle・BlogPosting)

      1つ目に紹介するのは、ニュース・スポーツやブログ記事に適した「記事」です。記事タイトルや画像・日付情報などを表示し、ニュース記事の場合、以下のようにトップニュースとして表示されるケースがあります。

      野球と検索した時の表示

      項目2 よくある質問(FAQPage・Question・Answer)

      「よくある質問」は、Googleアシスタントの「アクション(▽のようなマーク)」をクリックすると、Q&Aや引用サイトのURLを出現させる構造化データです

       よくある質問(FAQPage・Question・Answer)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      上記のように「ウェブマーケティング」を検索するユーザーが関連して検索する質問を予測し表示するので、ユーザーのスムーズな問題解決を手助けするだけではなく、自サイトへ訪問するきっかけを作ることができます。

      項目3 パンくずリスト(BreadcrumbList)

      「パンくずリスト」とは、該当ページがサイト内のどの階層にあるかを示すものです。以下の記事タイトル上部の「https://www.seohacks.net>ブログ>SEO」の部分が該当します。

      パンくずリストの構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      これにより、ユーザーがサイト内の「どのカテゴリ」にある記事を読もうとしているのかを理解しやすくなります。

      項目4 商品(Product・Review・Offer)

      「商品」の構造化データをマークアップすると、価格・在庫状況やレビューの評価・配送情報などがリッチリザルトとして検索結果に表示される場合があります

      商品(Product・Review・Offer)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      ECサイトを訪問する前に検索結果で情報を把握できるので、クリック率を高めたり購入を促したりすることが可能です。

      項目5 レシピ(Recipe・HowTo・ItemList)

      「レシピ」では、調理方法・調理時間やレビュー投稿者の評価・栄養成分などをマークアップできます

      レシピ(Recipe・HowTo・ItemList)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      レシピ(Recipe・HowTo・ItemList)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      検索結果にユーザーの知りたい情報が表示されれば、より興味を持ってもらえます。

      項目6 求人検索用の求人情報(JobPosting)

      採用に役立つのが「求人検索用の求人情報」です。自社の求人を指名検索しなくても「場所 職種 求人」で検索した際に、以下のように求人情報を表示できます。

      求人検索用の求人情報(JobPosting)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      項目7 動画(VideoObject・Clip・BroadcastEvent)

      「動画」は、動画の説明やサムネイルのURL・アップロード日・再生時間などを表示できる構造化データです。YouTube動画でチャプター設定をしている場合、下記のようにチャプターごとにプレビューや説明が表示されるケースがあります。

      動画(VideoObject・Clip・BroadcastEvent)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      ユーザーが動画を再生内容を見なくても概要を把握できる上、検索一覧で目立たせられるので、クリック率アップを目指せる点がメリットです。

      項目8 ローカル ビジネス(LocalBusiness)

      実店舗やオフィスを持つ企業などの場合は「ローカルビジネス」をマークアップしましょう。以下のように、営業時間・電話番号などの店舗情報やクチコミなどを表示できます。

      ローカル ビジネス(LocalBusiness)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      なお、食事を提供するサービスの場合は「メニュー」もマークアップすることが可能です。

      店舗や企業のホームページを見なくても、ナレッジパネルから連絡先・地図など把握したり予約を行えたりするので、ユーザーからの問い合わせや予約・購入などをよりスムーズにできます。

      項目9 イベント(Event)

      「イベント」で記述できるのは、イベント画像や開催場所・日時の情報などです

      イベント(Event)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      なお、リアルイベント・オンラインイベントのどちらも対応しています。

      項目10 サイトリンク検索ボックス(WebSite)

      サイトリンク検索ボックスをマークアップすると、検索結果ページで直接検索できる「検索窓」が表示されます

       サイトリンク検索ボックス(WebSite)の構造化データが表示されたGoogle検索結果のキャプチャ画像

      ユーザーが、検索結果からダイレクトにサイト内を検索できるので、時間短縮につながります。

      構造化データのマークアップを設定する3つの方法

      構造化データをGoogleの検索エンジンに伝えるための設定方法を、以下の3つ紹介します。それぞれ、具体的な方法を見ていきましょう。

      構造化データのマークアップを設定する3つの方法

      方法1 HTML上で直接マークアップする

      最もオーソドックスなのが、「ボキャブラリ(値)」「シンタックス(記述ルール)」を用いて、手動で直接マークアップする方法です

      「ナイル株式会社」に"name"、「https://nyle.co.jp/」に"url"という値を付ける際、各値を定義している規格を「ボキャブラリ」、その記述ルールを「シンタックス」と呼びます。

      ▼構造化データをマークアップした記述例(再掲)

      <script type="application/ld+json">
      {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Corporation",
      "name": "ナイル株式会社",
      "url": "https://nyle.co.jp/"
      }
      </script>

      参考:Google 検索での構造化データのマークアップの仕組み概要│Google 検索セントラル

      ただ、Googleの検索エンジンに伝えるには、指定のフォーマットを用いてページソースごと記述しなければならないため、工数を要します。

      方法2 支援ツールを使う

      次に紹介するのは、Google公式の構造化データ マークアップ支援ツール を使う方法です

      構造化データ マークアップ支援ツールのキャプチャ画像

      出典:構造化データ マークアップ支援ツール

      マークアップしたい項目を選択すれば自動で適したHTMLを作成してくれるので、規格について詳細な知識がなくても設定できます。

      【使い方】

      1. 該当ページのURLを入力
      2. データ タイプを選択
      3. 「タグ付け開始」をクリック
      4. マークアップしたい部分を選んで設定
      5. 「HTMLを作成」をクリックし、構造化データを用いたHTMLを表示
      6. 作成されたHTMLをコピーし、サイトに反映

      なお、使用前にGoogleサーチコンソールと自身のサイトを連携させる必要があります。

      方法3 データハイライターを使う

      3つ目に、HTMLを触らずGoogleに構造化データを伝えられるデータハイライターを紹介します

      データハイライターのキャプチャ画像

      出典:Data Highlighter

      Googleが提供するツールで、自身のサイトとGoogleサーチコンソールを連携させた上で使用します。データハイライターでタグ付けできるものは以下9つです。

      1. 記事
      2. イベント
      3. 地域のお店やサービス
      4. レストラン
      5. 商品
      6. ソフトウェア アプリケーション
      7. 映画
      8. テレビ番組のエピソード
      9. 書籍

      ただし、クローラーが巡回したページのみ使用できるので、公開・更新したばかりの記事に使用する際は、構造化データ マークアップ支援ツールなどで対応しましょう

      以上、構造化データのマークアップを確認する方法をお伝えしましたが、「自社でどのように対応すればいいかがわからない」という方のために無料相談を用意していますので、以下のバナーからお気軽にお試しください。

      構造化データのマークアップを検証するツール3選

      ここで、構造化データを検証するツールを以下の3つ紹介します。

      構造化データのマークアップを検証するツール3選

      ツール1 スキーママークアップ検証ツール

      スキーママークアップ検証ツール(Schema Markup Validator)は、構造化データの基準の作成や管理を担う団体「schema.org」が提供する検証ツールです

      スキーママークアップ検証ツールのキャプチャ画像

      出典:Schema Markup Validator

      【使い方】

      1. 該当ページのURL or コードを入力し「テストを実行」をクリック
      2. エラーがない場合は「エラーなし」「警告なし」と表示

      Webページに埋め込まれているSchema.orgベースの構造化データの記述が合っているかを、ワンクリックでチェックできます。

      ツール2 リッチリザルトテスト

      Googleが提供する検証ツールとしてリッチリザルトテストがあります

      リッチリザルトテストのキャプチャ画像

      出典:リッチリザルトテスト

      ページに設定した構造化データが正しく設定されているか、どの項目が設定されているかなどを確認できます。

      【使い方】

      1. 該当ページのURLかHTMLを直接入力し「テスト」ボタンをクリック
      2. 問題がなければ「このページはリッチリザルトの対象です」と表示される
        ※構文に誤りがあればエラーが報告される

      リッチリザルトテスト使用画面のテスト結果の画像

      なお、Googleがサポートしていない構造化データは検証の対象外なので、注意しましょう

      ツール3 Googleサーチコンソール

      Googleサーチコンソール内の構造化データ項目でも、エラーの有無を確認することが可能です

      【使い方】

      1. Google サーチコンソールにアクセスする
      2. 「拡張」にパンくずリストやよくある質問などの項目が表示されていれば、以下のようなグラフが確認できる

      Googleサーチコンソール内の構造化データ項目のキャプチャ画像

      出典:Google検索セントラル

      Googleサーチコンソールでは、問題が新たに検出される度にアカウント所有者にメールが送信されます。ただし、すでにある問題が悪化した場合はメールが送信されないので、定期的に確認しましょう

      また、以下の「URL検査ツール」を使用すれば、ページごとにテストすることも可能です。

      Googleサーチコンソール内のURL検査ツールキャプチャ画像

      ▼結果の表示イメージ

      URL検査ツール調査結果のキャプチャ画像

      出典:Google検索セントラル

      上記の場合は、「Recipes(レシピ)」にエラーが発生しているので、赤いマークが表示されている項目をクリックすると、エラーに関する情報が表示されます。

      構造化データを正しくマークアップして認知度を高めよう

      構造化データのマークアップによって、リッチリザルトが表示されるとユーザーの利便性が高くなるため、重要なSEOの1つと言えます。本記事で紹介した手法やツールを使い、最適化していきましょう。

      ナイルでは、2,000社以上の支援実績をもとに無料相談を行っておりますので、構造化データやSEOに関してお悩みがある方は、以下のバナーからお気軽にお試しください。

      集客・コンバージョン数を増やしたい方へ

      ナイルのSEOコンサルティングは流入数の改善はもちろん、売上に貢献するコンバージョンも増やします。予算未定でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい!

      サービス紹介をダウンロードする

      ナイルに無料相談する

      構造化データのマークアップとは?知っておくべき10種類や設定方法をプロが解説ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      【具体的に解説】サイト内検索とは?やり方や導入方法、メリットをわかりやすく解説

      【具体的に解説】サイト内検索とは?やり方や導入方法、メリットをわかりやすく解説

      サイト内検索とは、特定のWebサイト内から目的のコンテンツを探し出す検索機能のことです

      サイト内検索を活用すると、ユーザビリティの向上やユーザーニーズの把握などのメリットがあります。

      本記事では、サイト内検索の基本的な仕組みや設置方法、運用時の注意点などを詳しく解説します。オウンドメディアの運営でサイト内検索の導入を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

      サイト内検索の導入や運用以外について専門家のアドバイスが必要な方は、お気軽にナイルまでご相談ください。2,000社以上のマーケティング支援実績を持つ当社があなたのメディアを支援します。

      オウンドメディア運営でお困りの方へ

      ナイルが提供するオウンドメディア支援サービス、記事制作・コンテンツ制作代行を詳しく紹介しています。「運営がうまくいかない」「成果に繋がっていない」といったお悩みがありましたら、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      資料をダウンロードする

      無料相談に申し込む

      サイト内検索とは

      サイト内検索とは、特定のWebサイトの中から目的のコンテンツを探し出す検索機能のことを指します

      ブログや企業サイトなどを閲覧する際、サイト内の検索ボックスを使って目的の情報を探すケースがあります。これがまさしくサイト内検索です。

      サイト内検索は、Googleなどのインターネット全体を対象とする検索エンジンとは異なり、特定のWebサイトやページ内のコンテンツだけを検索対象とするのが特徴です。

      サイト内検索を行う5つの方法

      サイト内検索の方法は、Webサイト側が提供するものと、ユーザーが独自に行うものと大きく2つに分かれます。以下、各パターンの代表的な方法5つを詳しく見ていきましょう。

      方法1 Webサイト側が提供するWebサイト内検索(Webサイト側)

      Webサイト側が提供するWebサイト内検索

      出典:NYLE ARROWS

      まず1つ目が、Webサイト側が提供する検索ボックスを利用してサイト内検索を行う方法です

      Webサイト側が用意するサイト内検索機能は、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の機能や、Googleのカスタム検索機能、専用のサイト内検索サービスなどを利用して実装されることが一般的です。

      比較的容易に導入できることから、多くのWebサイトで利用されています。(詳しい設置方法は「サイト内検索を導入する3つの方法」で解説します)

      方法2 Google検索オプションを使ったサイト内検索(ユーザー側)

      Google検索オプションを使ったサイト内検索

      2つ目はGoogle検索オプションを使ったサイト内検索です。こちらはユーザー側で取り組める内容です。

      Googleの検索コマンドを利用して、特定のサイト内に限定した検索を行います。

      Googleの検索コマンドを使ったサイト内検索方法
      基本の型 [検索キーワード] site:[サイトURL]
      サイト全体から検索する例 SEO site:https://www.seohacks.net/
      特定のカテゴリで検索する例 SEO site:https://www.seohacks.net/blog/

       

      方法は簡単で、上記のようにGoogleの検索ボックスで「[検索キーワード] site:[サイトURL] 」の型で検索を行うだけです。こうすることで指定したサイト内から、検索キーワードに関連するページを探し出してくれます

      主にはユーザー側が利用する機能であり、Webサイト運営者側がリンクを用意して誘導するといったことはあまりありません。また、検索結果は、Googleの検索アルゴリズムに依存します。Webサイト側で制御ができない点は把握しておきましょう。

      方法3 ブラウザの拡張機能でサイト内検索(ユーザー側)

      ブラウザの拡張機能でサイト内検索

      ここからはユーザー側が独自に利用するサイト内検索の手法です。

      まず紹介するのが、ブラウザの拡張機能を利用したサイト内検索です。

      Google Chromeなどのブラウザには、特定のサイトの検索に特化した拡張機能があります。例えばSearch the Current Siteをインストールすると、現在閲覧中のサイトだけを対象とした検索ボックスがブラウザ上に表示されます。

      インストールも簡単で、Chromeウェブストアから拡張機能を検索し「Chromeに追加」をクリックするだけです。

      ワンクリックでサイトの中から目的のコンテンツを素早く見つけ出せるので、サイト内検索を良く利用する方におすすめです

      方法4 ブラウザの検索エンジン管理を使ったサイト内検索(ユーザー側)

      ブラウザの検索エンジン管理を使ったサイト内検索

      ブラウザの「検索エンジン管理」を使ったサイト内検索も、ユーザー側でよく用いられる手法です。

      Google Chromeには、アドレスバーからサイト内検索を素早く実行できる検索エンジンの管理が搭載されています。頻繁にサイト内検索を行うサイトがあれば、この機能を利用することで効率的にコンテンツを探し出せるようになります。(上図は、アドレスバーからナイルのマーケティング相談室のサイト内検索をできるように設定した例です)

      具体的な設定手順は以下のとおりです。

      手順1 登録したいサイト内検索のURLを取得する

      まずは検索エンジン管理に登録したいWebサイトの「サイト内検索URL」を取得します。任意のキーワードでサイト内検索を実行し、URLをコピーしておきましょう

      ナイルのマーケティング相談室でサイト内検索した画像

      例えば、ナイルのマーケティング相談室のサイト内検索であれば、上図のURLをコピーします。

      手順2 検索エンジン管理の設定画面を開く

      次に検索エンジン管理の設定画面を開きます。

      Google Chromeブラウザの右上にある三点リーダーから「設定」を選択し「検索エンジン>検索エンジンとサイト内検索を管理する」の順に進み、検索エンジン管理の設定画面を開いてください

      よくわからない場合は、以下をGoogle Chromeのアドレスバーにコピー&ペーストしましょう。上述の設定画面に遷移が可能です。

      chrome://settings/searchEngines

      手順3 サイト内検索を登録する

      「サイト内検索」の項目で「追加」を選択すると、上図のような設定用のポップアップが表示されます。以下の情報を入力してください。

      項目 入力内容
      検索エンジン 管理用の名前を記入します。任意設定で構いません。
      ショートカット アドレスバーで呼び出す際のショートカットキーを入力します。
      URL 手順1でコピーしたサイト内検索ページのURLを記入します。
      キーワード部分のみ「%s」という表記に置き換えてください。
      例:当サイトの場合「https://www.seohacks.net/search/?q=%s」

       

      最後に保存をクリックするとサイト内検索が使えるようになります。

      方法5 ブラウザのページ内検索(ユーザー側)

      ブラウザのページ内検索

      最後に紹介するのが、Webブラウザに備わっているページ内検索機能の活用です。

      ページ内検索機能を使うと、現在表示しているページ内に指定するキーワードがいくつ含まれているか、どの位置にそのキーワードが登場するかを検索することができます

      これもWebサイト側で特に準備するものはありません。ユーザー側が必要に応じ、後述するショートカットキーを用いて検索するのが一般的です。

      OS ショートカットキー
      Windows Ctrl + F
      Mac Command + F

      サイト内検索を導入する3つのメリット

      ここからは、サイト運営者の方へ向けて、サイト内検索の導入の主要なメリットを詳しく解説します。以下の3点をそれぞれ見ていきましょう。

      メリット1 ユーザビリティを向上させられる

      サイト内検索を導入すると、ユーザーは目的のコンテンツに素早くたどり着けるようになります。ユーザーの利便性が高まれば、サイトに対する満足度や信頼が向上するため、サイトの滞在時間や離脱率セッション数といった重要指標の改善に繋げることが可能です。

      特にコンテンツの数が多いサイトの場合、ナビゲーションのカテゴリやタグで絞り込むだけでは、なかなか目当ての情報まではたどり着けないことも想定されます。ユーザーが求めるコンテンツにスムーズにアクセスできるよう、サイト内検索を導入しておくことをおすすめします

      ユーザビリティについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

      この記事もチェック

      ユーザビリティ(usability)とは、一般には製品やソフトウェア、Webサイトなどの「使いやすさ」や「使い勝手」を表す言葉です。ただし、実際には...
      ユーザビリティとは?ウェブサイトに与える影響を解説 - www.seohacks.net

      メリット2 ユーザーの興味や関心を可視化できる

      サイト内検索は、設定次第でユーザーの利用データを収集可能です

      例えば、人気の検索キーワードを参考に新しいコンテンツを制作したり、既存のコンテンツを充実させたりできます。また、検索需要が高いのに十分な情報提供ができていないことがわかれば、サイトの構造見直しやナビゲーション改善のヒントにもなります。

      このように、得られたデータを活用してサイトの価値を高められる点も、サイト内検索を導入するメリットです

      メリット3 サイトのコンテンツ管理を効率化できる

      サイト内検索は、Webサイトのコンテンツ管理を効率化するツールとしても活用できます

      サイト内のあらゆる情報を一括で検索できるため、以下のような業務を行う際に役立ちます。

      サイト内検索でコンテンツ管理を効率化する例

      • 古い情報や掲載期限切れのコンテンツの洗い出し
      • リライトや修正が必要なページの把握
      • 重複コンテンツの特定と整理
      • 内部リンク設置の参考情報収集

      例えば、古い情報や掲載期限切れのコンテンツの洗い出しです。サイト内検索で「最新」「予定」など時間に関わる言葉で検索すると、古い情報のまま更新されていない可能性のあるコンテンツが見つかります。これにより、リライトや修正が必要なページを容易に把握することが可能です

      サイト内検索を導入する3つの方法

      実際にサイト内検索を導入する3つの方法を、以下の順に紹介します。

      方法1 WordPressのウィジェットやプラグインを利用する

      NYLE ARROWSの検索機能

      WordPressで構築しているサイトであれば、標準機能のウィジェットやプラグインを使うことで、手軽に検索機能を設置できます。手順は以下のとおりです。

      WordPressのウィジェットでサイト内検索ボックスを設置する手順

      1. WordPressの管理画面にログイン
      2. サイドナビの「外観」から「ウィジェット」を選択
      3. ウィジェット内の「検索」を任意の位置にドラッグ&ドロップ
      4. 任意でタイトルを設定し、保存

      ウィジェット設定画面

      ただし、WordPress標準のサイト内検索はカスタマイズ性が低く、絞り込み検索や特定のページの除外といった高度な検索は行えません。そのため、より充実したサイト内検索をユーザーに提供したい場合には、専用のプラグインを利用します

      以下のように、さまざまなプラグインがあるため、用途に応じて必要なプラグインを利用しましょう。

      プラグイン名 主な機能
      Search & Filter タグやカテゴリでの絞り込み検索ができる
      Search Exclude 不要なページを除外した検索ができる
      WP Extended Search 古い記事の除外、並び順の変更などができる

      方法2 Googleのカスタム検索をサイトに埋め込み利用する

      マーケティング相談室の検索画面

      Googleが提供する「プログラム可能な検索エンジン」をサイトに埋め込んで利用するのもひとつの方法です。当ナイルのマーケティング相談室も、この方法でサイト内検索を設置しています

      デザインや文言を自由度高くカスタマイズできるほか、検索ボリュームの統計情報の確認も可能なため、HTMLの知識があれば利用を検討する価値があると言えます。

      具体的な設置手順は以下のとおりです。

      Googleのプログラム可能な検索エンジンをサイトに埋め込む手順

      1. カスタム検索エンジンのページにアクセス(要Googleアカウント)
      2. 新しい検索エンジンの作成画面が開くので、サイトURLなど情報を入力する
      3. 各項目の設定が済んだら作成ボタンを押す
      4. 設置用のHTMLが表示されるのでコピーする
      5. 自分のサイトの任意の場所に貼り付け、設置する

      ただし、無料で利用する場合は検索結果に他サイトの広告が表示されてしまいます。サイト内検索から離脱される可能性もあるため、慎重に設置を検討しましょう。広告を非表示にしたい場合は、1,000クエリ(検索回数)につき5ドルの費用が必要です。

      方法3 サイト内検索サービスを導入する

      WordPressのプラグインやGoogleのプログラム可能な検索エンジンでは要件を満たせない場合には、サイト内検索サービスの導入を検討します。

      サイト内検索サービスには、例えばサジェスト表示やGA4との連携、複数ドメインを横断しての検索、多言語対応など、無料ツールよりも高機能なものが備わっています。代表的なサービスとしては「GENIEE SEARCH(probo)」や「SyncSearch」などが有名です。

      費用が発生しますので、導入目的や費用対効果を明確に整理した上で検討しましょう。なお、導入するべきか悩んだ際は、ナイルまでお気軽にご相談ください。

      サイト内検索を活用する際の3つの注意点

      最後に、サイト内検索機能の導入・活用における注意点を3つ紹介します。サイト内検索を検討している方は、これらの点を踏まえて慎重に判断することをおすすめします。

      注意点1 サーバー負荷でサイトの表示速度が落ちる場合がある

      サイト内検索を導入する際に、まず理解しておきたいのがサーバー負荷の可能性です。特にサイト規模が大きく、アクティブなユーザーが多い場合には、サイト全体のページ表示速度が低下するリスクが懸念されます

      表示速度の低下が引き起こす主なデメリットは以下のとおりです。

      サーバー負荷によるサイトの表示速度低下のデメリット

      • 離脱率の上昇:表示の遅さからユーザーはストレスを感じ、サイトから離脱する
      • 検索順位の下落:検索エンジンからも低く評価され、検索順位が下がりやすくなる
      • コンバージョン率の低下:ユーザーが購入や問い合わせなどの行動ができず、コンバージョン率が下がる

      このようなデメリットを避けるためにも、サイト内検索によるサーバー負荷には十分な注意が必要です。懸念が強い場合には、高スペックのサーバーを用意する、キャッシュを利用するなどの工夫を検討しましょう

      ページの表示速度とSEOの関係については、こちらの記事をお読みください。

      この記事もチェック

      ページ表示速度は、Googleが2012年時点で検索結果のランキングの要因の一つであると公表しています。影響としてはさほど大きくはないですが、ペー...
      ページ表示速度はSEOに影響する?計測方法と5つの改善方法を解説 - www.seohacks.net

      注意点2 WordPressプラグインを使う場合はメンテナンスコストを考慮する

      WordPressのプラグインでサイト内検索を実装する場合は、メンテナンスコストの増加を考慮する必要があります

      WordPressでは、本体のアップデートやプラグインの更新が定期的に行われます。このアップデートの際、プラグインのエラーが原因で以下のような不具合が生じる可能性があります。

      • 検索結果に表示されるべきページが引っかからない
      • 検索ボックスが正常に表示されない

      万一の際には、プラグインの入れ替えや設定変更が必要になるケースも起こり得るため、使用するプラグインの数を絞るほか、定期的に更新されているかどうかもチェックした上で導入を検討しましょう。

      注意点3 サイトマップや内部リンクで十分な場合もある

      サイト内検索は、すべてのサイトで必須というわけではありません。

      例えば、サイトの規模が小さかったり、検索が不要なほどシンプルな構造であったりする場合には、サイト内検索が不要な場合もあります

      サイト内検索はあくまでユーザビリティ向上の一手段です。自サイトの規模や用途、ユーザー層の特性などを考慮しつつ導入を検討しましょう。

      サイト内検索をWebマーケティングに活用しよう

      本記事では、サイト内検索の基本的な仕組みや導入方法、運用時の注意点などを詳しく解説しました。

      サイト内検索を活用することで、ユーザビリティの改善やユーザーニーズの把握など、Webマーケティングの成果を向上させられます。ぜひ、紹介した内容を参考に、サイト内検索の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

      なお、サイト内検索の導入や運用について、より詳しいアドバイスが必要な場合は、お気軽にナイルまでご相談ください。

      オウンドメディア運営でお困りの方へ

      ナイルが提供するオウンドメディア支援サービス、記事制作・コンテンツ制作代行を詳しく紹介しています。「運営がうまくいかない」「成果に繋がっていない」といったお悩みがありましたら、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      資料をダウンロードする

      無料相談に申し込む

      【具体的に解説】サイト内検索とは?やり方や導入方法、メリットをわかりやすく解説ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      【わかりやすく解説】Webマーケティングとは?種類や進め方、成功させるポイントを解説

      【わかりやすく解説】Webマーケティングとは?種類や進め方、成功させるポイントを解説

      インターネットが発展した現在において、Webマーケティングは企業が成功するために重要な手段です。

      しかし、Webマーケティングの意味をわかっていないという方や、選択肢が多く自社に合ったWebマーケティング手法がわからず悩んでいる方もいるかと思います。そこで本記事では、Webマーケティングの概要や種類をまとめた上で、7つの進め方や成功に導くための4つのポイントをわかりやすく解説します。

      ナイルの成功事例も2つ紹介するので、Webマーケティングの初心者やこれから導入する方は、ぜひ最後までお読みください。

      ナイルにはこれまでSEO対策やコンテンツ制作、Web広告に関して、2,000社以上の支援実績があります。無料相談を実施しているので、ご相談があればお気軽に問い合わせください。

      マーケティングでお悩みの方へ

      ナイルでは皆様からWebマーケティングに関する無料相談を受け付けております。日頃疑問に思っていたことや、貴社サイトの課題など相談してみませんか?

      まずは会社案内をダウンロード

      無料相談に申し込む

      Webマーケティングとは

      マーケティング手法の中にデジタルマーケティングがあり、その中にWebマーケティングが存在する

       

      Webマーケティングとは、インターネットを利用したマーケティング手法のことです。オフラインマーケティングの手法であるダイレクトメールや交通広告と比べると、異なる特徴があります。以下に、その具体的な特徴を見ていきましょう。

      Webマーケティングの特徴

      Webマーケティングの主な特徴は、以下の3点です。

      • ターゲットを細かく設定できる
      • 予算に合わせて実施できる
      • データを使って効果測定ができる

      上記のように、データを使って細かな設定ができるため、オフラインマーケティングよりも、柔軟性がありコスト効率が優れています。そのため、予算が限られている中小企業や零細企業でも取り組みやすい手法です。

      デジタルマーケティングとの違い

      Webマーケティングとデジタルマーケティングは、同じ意味で使われがちですが、それぞれに明確な違いがあります。

      デジタルマーケティングは、インターネットやSNS、モバイルアプリ、電子メールなど、デジタル技術を利用した広範囲なマーケティング活動全般です。

      一方Webマーケティングは、デジタルマーケティングの一環として、特にインターネット上でのWebサイトやSNSを利用したマーケティング手法を指します。

      つまり、Webマーケティングは広範囲なデジタルマーケティングのひとつに過ぎません。この両者の違いを理解し、目的に応じて適切な手法を選択することが、マーケティング戦略を成功に導く鍵となります。

      Webマーケティングはなぜ必要なのか

      販売側の行動と購入側の行動

       

      Webマーケティングの必要性は、現代社会のインターネット普及率の高さにあります。総務省の令和5年「通信利用動向調査」によると、2022年の個人におけるインターネット利用率は84.9%という結果でした。

      上記の画像の通り、顧客が購入を検討してから営業と接点を持つまでに、オウンドメディアメールマガジンなどを使った情報収集で意思決定の57%を終えています。

      つまり営業と話す前に大方の意思決定を済ませるため、営業以前のアプローチ手法であるWebマーケティングは企業にとって非常に重要な役割を果たします。

      かつては、顧客を獲得する手段として対面セールスや電話営業、チラシ配布などのオフラインメディアが主流でした。しかし、近年ではパソコンやスマートフォンで気になることや疑問点をインターネットで検索する方が増加しているため、従来の手法のみでは顧客が購入決定するまでの流れをカバーできなくなっていると考えられます。

      例えば、従来のチラシ配布では、地域を限定して配布できますが、実際にはターゲット以外の層にも配布されてしまう場合があります。一方で、Google広告のように検索キーワードと連動した広告配信を実施すれば、関心のある層にアプローチする確率を高めることが可能です。

      これからWebマーケティングに取り組まれたい方は本記事と併せてダウンロード資料もご覧ください。振り返りや社内共有にもおすすめです。

      Webマーケティングの種類

      Webマーケティングは、デジタル時代の進化とともに手法も多様化しています。主な種類は以下のとおりです。

      Webマーケティングの種類

       

      種類1 コンテンツマーケティング

      コンテンツマーケティングは、ターゲットに価値ある情報やコンテンツを提供し、最終的には行動を促す手法です。単に商品やサービスを宣伝するのではなく、動画やSNS、メルマガ、オウンドメディアなど、顧客に有益なコンテンツを提供し、長期的な関係を構築するための概念を指しています。

      Webサイト制作やオウンドメディアの運営は、コンテンツマーケティング戦略の中心となる活動です。企業はこれらの媒体を使って、自社の専門知識や業界に関する深い洞察を共有し、ターゲットに価値を提供できます。

      また、コンテンツマーケティングはSEO(検索エンジン最適化)と密接に関連しているため、集客をする上で無視できません。質の高いコンテンツを作成し、適切なキーワードを選定することで、検索エンジンの結果ページでのランキングを目指せます。結果として、Webサイトのアクセス増加やブランドの認知度が高まり、最終的にはリード獲得や売上の増加につなげることが可能です。

      種類2 SEO(検索エンジン最適化)

      SEO(検索エンジン最適化)とはユーザーが検索した際に自社サイトを一番上に表示させる取り組みを指し、Webマーケティングの中で特に重要な位置を占める手法です。SEOはGoogleだけに限らず、ECサイト内検索やYouTubeなど、さまざまなプラットフォームの検索エンジンでも取り組まれています。

      主に、Webサイトやコンテンツを検索エンジンからの訪問者を増やし、より多くのユーザーに自社のコンテンツを見てもらうための対策として、コンテンツの質と関連性の最適化が不可欠です。

      また、黒字の運営を目指すには、アクセスだけではなくコンバージョンの増加も重視しなければなりません。そのため、SEO対策を行う際には、訪問者がサイトに求めている情報を整理し、使いやすいWebサイト構造を整えることが必要です。

      SEOにはすぐに集客や新規顧客獲得につながる即効性はありません。時間はかかりますが、成果が出始めると継続的に効果を持続できるため、長期的な広告費用の削減につながります。

      この記事もチェック

      SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させる施策です。コンテンツマ...
      【図解】SEOマーケティングとは?他施策との違いややるべきことを解説 - www.seohacks.net

      種類3 Web広告

      Web広告は、インターネット上の媒体に表示される広告の総称で、以下のような種類と特長があります。

      種類 特長
      純広告 Webサイトの枠を購入して掲載する広告。
      リスティング広告 検索連動型の広告。特定のキーワードを検索するユーザーに対して主にテキストで表示する。
      ディスプレイ広告 Webサイトの特定の枠に表示される広告。画像や動画を利用できる。
      リターゲティング広告 一度表示したものを同じユーザーが訪問した別ページに表示する広告。
      アフィリエイト広告 申し込みや登録など、事前に指定したコンバージョンが発生した際に費用がかかる広告。
      アドネットワーク広告 異なる媒体に一斉に配信する広告。主にアドネットワークの業者に依頼する。
      SNS広告 X(旧Twitter)やFacebook、InstagramなどのSNSに表示する広告。

       

      Web広告の利点は、ターゲットを精密に設定し直接アプローチできる点です。細かく設定することで、ユーザーの関心やニーズに合わせた内容を提供できます。

      しかし、広告を出稿する際には費用がかかるため、成果が出なければコストが無駄になるリスクがある点には注意が必要です。

      現代においては、新聞や雑誌、テレビ、ラジオなどの伝統的な4大マスメディアを上回るほどの影響力をWeb広告が持つようになりました。そのメリットの多さから、多くの企業にとって魅力的なマーケティング手段となっています。

      種類4 SNSマーケティング

      SNSマーケティングは、X(旧Twitter)やFacebook、 Instagramなどを活用する手法です。最大のメリットは拡散力で、ユーザー同士のつながりを強化し、情報の共有と拡散を容易にします。この特性を活用すると、企業はブランドの認知度を高め、ポジティブなブランドイメージを構築することが可能です。

      具体的には、SNSプラットフォーム上での広告配信やインフルエンサーの起用、SNSでのプレゼントキャンペーンなどがあります。

      SNSには炎上のリスクもあるため注意が必要です。配信するコンテンツがコンプライアンスに違反していないか、炎上リスクがないかをチェックする体制を構築して実施しましょう。

      この記事もチェック

      「企業が集客するとき、SNSの活用は必須なのだろうか......」 「仮にSNSで集客するとき、どのSNSを利用すべきかわからない」と思うことはありませ...
      【成功事例も紹介】SNS集客とは?活用するべき6つの理由と8つのポイント - www.seohacks.net

      種類5 動画マーケティング

      動画マーケティングは、YouTubeなどの動画プラットフォームを活用して、自社の商品やサービスに関する情報を配信する手法です。

      最大の魅力は、動画が持つ強力な視覚的効果と情報伝達能力にあります。動画はテキストや静止画よりも、視聴者の注意を引きやすく、内容を理解してもらえるため、結果として視聴者の信頼を得ることにつながります。

      また、動画マーケティングは、テレビCMに比べて低予算で始められる点も大きな利点です。特にYouTubeでは、制作した動画を無料でアップロードし、世界中の視聴者にリーチできます。

      しかし、高品質な動画コンテンツを制作するには、専門的なスキルや機材、制作時間が欠かせません。動画の内容や品質のチェックを怠ると、視聴者に誤解を招くリスクや、意図せずネガティブな印象を与えてしまう可能性もあります。

      動画の撮影や編集には一定のコストがかかるため、取り組む前に必要な予算やリソースが確保できるかを確認することが重要です。

      種類6 ECマーケティング

      ECマーケティングは、ECサイトを活用して売上をアップさせる手法です。具体的には、Amazonや楽天市場、自社ECサイトなど、さまざまなオンライン販売チャネルを通じた商品販売が含まれます。

      大きなメリットは、実店舗を構える場合に比べて、人件費や家賃などの固定費を大幅に削減できる点です。インターネットに接続できる環境があれば、世界中どこからでもアクセスできるため、24時間365日、商品を販売し続けられます。

      また、コンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングなどの手法と組み合わせると、ECサイトへの流入を効果的に増やすことが可能です。

      種類7 メールマーケティング

      メールマーケティングは、見込み顧客のメールアドレスを取得して、メールを配信する手法です。メールマガジンの定期配信や、顧客の行動に応じて自動的に送信されるステップメールなどを利用して、顧客に有益なコンテンツやセール情報などを発信します。その結果、顧客と長期的かつ継続的な関係を築けるようになり、商品やサービスに関心を持ってもらうことが可能です。

      初期投資は抑えられますが、魅力的なコンテンツの作成や配信タイミングの最適化などには、綿密な準備と労力が不可欠です。メールマーケティングの具体的な導入方法や効果が上がる施策は、下記をご参照ください。

      この記事もチェック

      ウェブマーケティングの手法の一つに、メールマーケティングがあります。メールマーケティングとは、いったいどのようなマーケティング活動なのか...
      メールマーケティングとは?導入の流れや効果がアップする方法を解説 - www.seohacks.net

      Webマーケティングの進め方7ステップ

      Webマーケティングを効果的に進めるには、以下のステップがおすすめです。

      ここでは、証券会社が自社のオウンドメディアを立ち上げて、新規顧客の獲得を目指す流れを例にして説明します。

      ステップ1 目的を明確にする

      目的を明確にする方法の図解

       

      Webマーケティングを実施する最初のステップが、現状の課題や解決したい内容を洗い出し、目的を明確化することです。

      例えば、オフライン営業を主軸にしてきた証券会社が新規顧客獲得数の停滞という課題に直面しているとします。その主な原因が、オフラインや対面営業で拡大できる顧客層が枯渇していることで、Webマーケティングによるリード獲得が必要な状況であることが判明しました。

      更に分解すると、顧客が証券会社との契約前にインターネット検索を通じて入念に調べる傾向にあるため、SEO施策で顧客と接点を作ることが有効な手段であると道筋が見えてきます。

      このように、現在の課題や解決したい内容を明確にすることで、有効なWebマーケティング施策を見つけることが可能です。

      ステップ2 ターゲットを設定する

      ターゲット設定とペルソナ設定の違いの図解

       

      次に、どの顧客層に情報を届けたいのか「ターゲット」を明確に設定します。ターゲットとは、年齢、性別、居住地などの属性に基づいて定義した顧客層のことです。ターゲット像が明確になれば、対象に合わせたコンテンツやメッセージを作成し、効果的なマーケティング活動を展開できます。

      ターゲットが定まらないままマーケティング活動を進めてしまうと、集客する対象がブレてしまい、期待する結果を得られないため、準備段階で定めることが必要です。画像にある具体例では、ターゲットとして資産形成に興味のある20代を設定しています。

      ターゲットをさらに詳細な人物像として設定するペルソナの具体的な設定方法は次項で解説します。

      ステップ3 ペルソナとカスタマージャーニーを設定する

      「証券口座の契約数を増やす企業」のカスタマージャーニーマップ

       

      ターゲット層を大まかに特定した後は、具体的な顧客像、すなわちペルソナを設定するステップです。ペルソナを作成すると、マーケティング活動の対象顧客が具体的になり、その人物がどのようなニーズや問題を持っているのかが明確になります。

      さらに、ペルソナ像を基にカスタマージャーニーを設計します。カスタマージャーニーとは、顧客が製品やサービスの購入を決定するまでの行動や思考のプロセスをまとめた表です。

      上記の画像のように、具体的なカスタマージャーニーを作成することで、ペルソナが状態別にどのような行動やキーワード検索をしているのかを想定したコンテンツを用意できます。

      ステップ4 自社と競合を分析する

      自社と競合を分析するのイメージ図解

       

      次は競合調査です。自社と競合他社のそれぞれの課題や分析を確認すると、自社の強みを活かした施策や、やるべきではない手法を判断できます。画像のように、自社・競合・顧客の目線から分析することが重要です。

      出てきた施策を各マーケティング手法で最大限にアピールするようにしましょう。

      また手法ごとの競合分析も重要です。

      例えば、オウンドメディアを活用したSEO施策を検討中の場合は、競合メディアのユーザー流入数やユーザーを獲得している検索キーワードなどを分析すると良いでしょう。競合の成功事例を知ることで、どのように自社メディアを拡大するかのヒントにします。

      ステップ5 施策とKPIを設定する

      続いて、カスタマージャーニーと競合調査を基に、自社が取り組むべき具体的な施策を設定するステップです。設定する施策はひとつだけではなく、目標に合わせて何個か用意すると良いでしょう。

      例えば月20件の問い合わせを獲得することが目標であれば、SEO施策とリスティング広告を組み合わせて運用することなどが考えられます。

      施策が決まったら、KPI(重要業績評価指標)を設定して、施策の効果を正確に評価しましょう。KPIは具体的な数値で測定できるものまで細分化することが重要で、記事の更新本数やサイトの訪問者数、問い合わせ数や口座開設数などを設定します。

      ステップ6 施策を実行する

      オウンドメディアの構築体制と役割の図解

       

      これまでのステップで計画したWebマーケティング施策を、KPIの達成に向けて具体的に実行します。準備から実行までには、コンテンツ作成や広告クリエイティブの作成など多くの手順が必要です。

      施策の実施にあたっては、目標達成に必要なリソースの配分やチームメンバー間の役割分担、スケジュール管理など、プロジェクトを管理するスキルが求められます。

      例えば、上記画像はオウンドメディアにおけるSEO施策に必要な体制を表したものです。上記の例のように、関わるメンバーを決めた上で、リソースが足りなければ社外のコンサルティング会社やライターの外注を検討する場合もあります。SEOに関して外部対策や内部対策に自信がなければ、専門のSEOコンサルティング会社に相談することがおすすめです。

      ステップ7 データ分析して改善する

      データ分析と改善のプロセス図解

       

      最後は、実施したマーケティング施策の成果を検証しデータを分析するステップです。今後の改善点を見つけるために、効果や費用などを数字ベースで検証します。分析をすると、施策が目標とする成果にどの程度効果があったかを客観的に評価することが可能です。

      もし、目標達成に至らなかった場合は原因分析を行い、改善方法を明らかにします。オウンドメディアの記事の閲覧数が少ない場合、検索順位が低いか検索結果画面におけるクリック率が低いと考えられます。データ分析やユーザーの反応から原因を探りながら施策を見直していきましょう。

      Webマーケティング施策の始め方をさらに詳しく勉強したいという方は、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

      この記事もチェック

      Webマーケティングとは、ウェブ上で商品やサービスが売れる仕組みを作る施策全般のことです。しかし、Webマーケティングの施策は種類も多く、何か...
      Webマーケティングの始め方とは?目的や施策の種類、おすすめの本を詳しく解説 - www.seohacks.net

      「自社の事業や人員でWebマーケティングに取り組めるかわからない」と思われましたら、無料相談をご利用ください。

      ナイルのコンサルタントが耳を傾け、アドバイスいたします。ぜひ、壁打ちも兼ねて無料相談をご利用ください。

      Webマーケティングに使える4つのおすすめツール

      Webマーケティングを始める際に、以下のツールを利用することを推奨します。

      Webマーケティングに使える4つのおすすめツール

       

      ツール1 CMS

      CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)は、Webサイトの構築と管理を効率化するツールです。このシステムを活用すれば、HTMLやCSSといったコーディングの専門知識が少ない場合でもサイトを構築できます。

      最も有名なCMSはWordPressであり、下記のシェア率でわかるように世界中で幅広く使用されています。

      • Webサイト全体では43.2%
      • CMSの中では62.8%

      ※参考:W3Techs

      CMSを使用することで、Webサイト上の情報を簡単に素早く更新できます。CMSは使いやすいものの、機能を理解し効率的に利用するには、最低限の知識を習得しなければならない点は注意しましょう。

      ツール2 MA(マーケティングオートメーション)ツール

      MAツールは、マーケティング活動を自動化して効率化を目指すツールです。このシステムを使用すると、見込み顧客の興味やニーズに合わせて適切なタイミングでの情報提供やコミュニケーションが自動化できます。

      具体的には、顧客の購買プロセスに沿ったメール配信やリード管理、アクセス・行動解析などです。顧客が求めている可能性の高いタイミングで必要な情報を提供できるため、見込み客のエンゲージメントを高め、最終的にはコンバージョン率向上にも貢献します。

      その結果として、マーケティングの手間を大幅に削減しながら、顧客獲得に向けた取り組みをより精密に管理することが可能です。

      この記事もチェック

      マーケティングオートメーション(以下、MA)は、企業のマーケティング活動や見込み顧客育成の効率化に欠かせないツールです。ただ、自社に必要な...
      MAツールの導入を検討する5ステップと失敗しない5つのポイント - www.seohacks.net

      ツール3 アクセス解析ツール

      Webマーケティングでは、WebサイトやSNSなどデータを取得するためのアクセス解析ツールの利用が不可欠です。ツールを利用して、主に以下のようなデータを収集します。

      このようなデータから、サイトを何人のユーザーが閲覧しており、サイト内でどのような経路をたどり、どのコンテンツやセクションで購買行動を起こしたのかを分析することが可能です。

      また、どのマーケティング施策が効果的であったか、どの改善点が存在するかを客観的に評価するための根拠にもなります。具体的なアクセス解析ツールを知りたい方は、下記をご確認ください。

      この記事もチェック

      アクセス解析とは、サイトのアクセスを材料にユーザーの行動を分析し、より良いサイトにしていくための手段の一つです。ここでは、便利なアクセス...
      アクセス解析とは?アクセス解析ツールの種類と解析からわかること - www.seohacks.net

      ツール4 ABテストツール

      ABテストツールは、WebサイトやECサイト、LP(ランディングページ)のコンバージョン率の改善や効果測定に利用できるツールです。このツールを使用すると、セールスコピーやバナー、ボタンなどの異なるデザインやテキストをランダムに選ばれたユーザーに表示できます。そのデータを蓄積して確認することで、どちらがより良いパフォーマンスを示すかを検証することが可能です。

      ABテストを通じて、クリック率やコンバージョン率などのユーザー行動を直接観察し、効果的な要素を特定できます。感覚や主観に頼った判断ではなく、客観的なデータを基にWebサイトを改善できる点が大きなメリットです。

      Webマーケティングで成功する4つのポイント

      Webマーケティングを成功させるには、以下の点を押さえることが重要です。

      Webマーケティングで成功する4つのポイント

       

      ポイント1 目標と期間を明確に設定する

      Webマーケティングの成果を最大化するには、目標と達成期間を明確に設定することが重要です。この設定があると、施策の方向性が決まり、成功の基準を確立できます。例えば、Web広告を出稿する際には「6ヵ月間で月20万円の予算を設定し、フォームからの問い合わせを毎月20件以上獲得する」といった具体的な目標が適切です。

      明確な目標と期間を設定することで、期間終了時に設定した目標に対する達成度を測定し、その結果を次のアクションプランに活用できます。

      しかし、初めて施策を行う場合には、適切な予算設定や期間の見積もりが難しいため、経験のある専門家に相談しながら進めることがおすすめです。

      ポイント2 PDCAサイクルを回す

      成功するWebマーケティングには、PDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)の継続的な実行が不可欠です。このプロセスを通じて、施策の効果を定期的に検証し、必要に応じて調整します。

      例えば、SEO対策やコンテンツマーケティングの効果が目標を下回った場合、原因を分析し、戦略を見直す必要があります。施策の評価と改善によって軌道修正ができれば、マーケティング活動全体の効果を向上させることが可能です。

      PDCAサイクルのプロセスを計画的に実行して共有することで、チーム全員が目標達成に向けて一丸となる効果も得られます。

      ポイント3 同業種の成功事例をチェックする

      Webマーケティング戦略を立てる際に、自社と同じ業界で成功を収めている企業の事例を調べ、その戦略や施策を参考にすることも重要です。

      他社がどのようにWebマーケティングを利用して業績を向上させたのかを理解すると、自社のマーケティング戦略に活かすことが可能です。成功事例を分析できれば、何がうまくいったのか、どのようなアプローチが効果的だったのかを確認して自社のマーケティング戦略に活かせます。

      具体的な成功事例をチェックするためには、同業他社のWebサイトだけではなく、コンサルティング会社が発信している情報もチェックすると、多角的な目線から戦略を確認できるためおすすめです。

      ナイルでは、コンサルやコンテンツ制作で2,000社以上を支援してきました。ECや不動産、人材、金融など業界は多岐にわたります。詳細が気になる方は、以下をご確認ください。

      成功事例・導入事例の記事を見る

      ポイント4 外注を検討する

      Webマーケティングを成功させるには、ノウハウやリソースが必要です。社内で十分に確保できない場合、マーケティング活動を外部の会社に委託することを検討しましょう。

      外注を利用する最大のメリットは、その分野に精通したプロフェッショナルから的確な提案を受けられる点です。戦略立案から実施、分析までのプロセスをスムーズに進められるようになり、効率的に成果を出せます。

      選定する際には、複数の会社から提案を受けることを推奨します。なぜなら、提案内容の比較検討が可能となり、自社に適した提案をしてくれるパートナーを選びやすくなるからです。

      Webマーケティングによる2社の成功事例

      最後に、Webマーケティングによる成功事例を2社、紹介します。

      成功事例1 株式会社ライフワークス

      株式会社ライフワークスの担当者さまとナイルのコンサルタントと編集者が写った写真

       

      株式会社ライフワークスは、キャリア研修と開発支援を提供する会社です。サイト改善とSEOによって、プロジェクト開始から3ヵ月で目標のコンバージョン数を達成し、半年で約3.4倍の成果を挙げています。対策を実施する前は、自社メディアの訪問者は増加しているものの、実際のコンバージョン率が伸び悩んでいることが課題でした。

      まずはコンバージョン率最適化(CRO)の取り組みを始めたところ、サイトの使いやすさやフォームの到達率に問題があると判明しました。そこで、問い合わせや資料ダウンロードフォームの見直し、サービスページへのコンバージョンポイント追加、会社概要ページへの導入事例の追加などを提案します。

      併せて、SEO対策としてキーワード選定やコンテンツ制作も実施したところ、半年でコンバージョン数3.4倍という結果につながりました。SEOによる検索流入数だけではなく、サイトの構造やコンバージョンを意識した設計が必要なことがわかる成功事例です。

      この記事もチェック

      キャリア研修・開発支援事業を主軸に、人事課題の解決支援を行う株式会社ライフワークス。新規顧客獲得の改善に向け、2023年2月よりナイルとのSEO...
      【SEO・サイト改善事例】たった半年でCV数3.4倍へここまで早く成果を出せる理由とは|株式会社ライフワークス - www.seohacks.net

      この案件・類似案件を担当したメンバー

       橋本 直樹

      橋本 直樹(はしもと なおき)

      ソフトウェア開発会社にて、クライアントのWebサイト制作ディレクション・リスティング広告運用・アクセス解析などを経験。製造・卸・小売とさまざまなクライアントを担当。
      ナイルには2020年より入社し、Web分析・課題解決提案では、数字で語ることができない問題の本質を見抜いた提案に評判がある。

      成功事例2 株式会社スクロール360

      株式会社スクロール360の担当者さまとナイルのコンサルタントが写った写真

       

      株式会社スクロール360は、EC・通販ビジネス向けのサービスを展開している会社です。プロジェクト開始から約半年でWebサイトのセッション数が約9倍に増加するなど、顕著な成果を達成しました。

      以前からマーケティング活動を実施していましたが、数値が伸び悩んでいることが課題でした。そこで、競合との差異を明確にした上で、そのギャップを埋める施策を実施しました。具体的には、コンテンツ品質向上などのSEO対策やカスタマージャーニーの最適化、広告用のLP改善です。

      施策の実行は、ナイルだけではなく担当者様自らがチームの一員として関わっていただき、追加施策にも迅速に対応いただけました。目標達成に向けて共に取り組んでいただいたことが、PDCAサイクルを素早く回すことにつながり、短期間で成果を挙げる要因のひとつになったと考えられます。

      この記事もチェック

      EC・通販事業のトータルサポートを主力事業とする株式会社スクロール360。物流業界でのさらなるリード獲得を狙い、2022年12月よりナイルとのSEO・C...
      【インタビュー】SEO・CRO・広告運用でCV数2.6倍の成果を生んだ理由|株式会社スクロール360 - www.seohacks.net

      この案件・類似案件を担当したメンバー

       大脇 功暉

      大脇 功暉(おおわき こうき)

      ・物流業界のSEO支援事例では、半年でセッション数9倍を達成
      ・人材系や不動産系のSEOコンサルティング経験が豊富
      ・前職の経験を活かし金融業界でのマーケティングに定評あり

      基礎を理解して自社に合ったWebマーケティングを見つけよう

      Webマーケティングには多くの種類があり、自社の目的に合わせて複数の施策を組み合わせることが必要です。そのため、ひとつの成功法則がすべての企業に適用されるわけではありません。

      重要なのは、自社のビジネスモデルやターゲット顧客、市場環境を深く理解し、自社に合った戦略を見つけることです。目標設定から施策の実行、評価までのプロセスを丁寧に進め、PDCAサイクルを回しながら、常に改善を続けましょう。

      ナイルでは、Webマーケティングを通じて売上アップなどの目的を達成する支援をしています。「Webマーケティングを始めたいけど、何から手をつけて良いかわからない」といった場合には、下記からお気軽にご相談ください。

      マーケティングでお悩みの方へ

      ナイルでは皆様からWebマーケティングに関する無料相談を受け付けております。日頃疑問に思っていたことや、貴社サイトの課題など相談してみませんか?

      まずは会社案内をダウンロード

      無料相談に申し込む

      【わかりやすく解説】Webマーケティングとは?種類や進め方、成功させるポイントを解説ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      スキーマ マークアップの重要性: エンティティとの関係

      この記事は、Backlinkoの「Schema Markup Guide: Help Search Engines Help You」の翻訳記事になります。ウェブページに追加するスキーママークアップ(構造化データ)の重要性とその方法について解説しています。

      スキーママークアップは、検索エンジンにコンテンツの内容を明確に伝え、適切な検索結果に表示させるためのコードです。スキーママークアップがSEOにどのように役立つか、エンティティ(実体)との関連性などについて紹介しています。

      また、スキーママークアップの種類や、それをウェブサイトに適用する方法についても詳しく説明しています。

      スキーマ マークアップは、コンテンツの内容を検索エンジンに伝えるために Web ページに追加するコードです。

      コンテンツの背後にある意味を Google に伝えることができれば、適切な人にコンテンツを表示できます。これにより、オーガニック トラフィックが増加し、コンバージョンが向上する可能性があります。

      スキーマのマークアップは次のようになります。

      Google SERPのスキーマ
      スキーマ マークアップが正しく行われると、検索エンジンがクリックスルー率 (CTR) とコンバージョンを向上させるのに役立つコンテキストの Web が作成されます。

      このガイドでは、次のことを学習します。

      • スキーママークアップとは
      • エンティティとの関係
      • SEO の成功にとってエンティティが重要な理由
      • Google が適切な視聴者にコンテンツを提供できるように、以下に示すようなページレベルのナレッジ グラフを作成する方法

      上品なスキーマ – Nike – 視覚化

      始めましょう。

      スキーママークアップはSEOです

      オンページ、オフページ、テクニカル SEOなどのスキーマ マークアップは、Google がコンテンツを理解するのに不可欠です。

      スキーマ マークアップの核心は効率性です。

      これは、検索エンジンが解釈や自然言語処理 (NLP) を必要とせずに明示的に理解できるキーと値のペアのセットを提供することです。

      たとえば、次のスクリプトは、地元の企業(具体的には歯科医院) のスキーマ マークアップです。

      スキーマのマークアップの例
      今のところ、これは膨大なコードのように思えるかもしれませんが、数回スクロールすると、それぞれの意味が見えてくるでしょう。

      スキーマ マークアップは、コンテンツが何に関するものなのか、誰を対象としているのか、そのコンテンツを公開することで誰が利益を得ているのかを宣言する方法です。

      このように表現されると、EEAT の概念に非常に馴染みがあるように聞こえますよね。

      それは、スキーマ マークアップは、ある意味で、検索エンジンがエンティティ間の点と点を結び付けるのに役立つからです。

      スキーマの視覚化の例
      上記のスキーマ マークアップを視覚化すると、これが Google が理解できる関係です。

      各円はエンティティを表します。

      エンティティ間の線は、それらのコンテキストと関係を表します。

      実際、Google がスキーマ マークアップをどのように理解するかを ChatGPT に尋ねると、次のように説明されます。

      構造化データ スクリプトは、「Boutique Dental Bondi」という名前の歯科医院を記述し、Web サイトと Web ページの両方として表示します。ビジネスのさまざまな側面とその相互関係について詳しく説明します。

      アイデンティティとオンライン プレゼンス

      ブティックデンタルボンディが主体です。これは、Web ページのコンテンツとしてと、Web サイトが表すエンティティとしての 2 つの役割を果たします。

      「 Dentist」と「LocalBusiness 」を組み合わせて指定されています。

      スキーマ – mainEntity
      この診療所のオンラインでの存在感は、ソーシャルメディアプロフィールとオーストラリアビジネス登録へのリンクを通じて強化されています。これにより、その信頼性が確立され、デジタル フットプリントが拡大します。

      スキーマ – 同じ

      所在地と連絡先情報

      オーストラリアのニューサウスウェールズ州ボンダイジャンクションにある診療所の物理的な場所が詳細に記載されており、完全な住所が記載されています。これにより、診療所のデジタル アイデンティティが具体的な現実世界の場所に接続されます。

      スキーマ - アドレス
      電話番号や Google マップのリンクなどの連絡先詳細により、直接のコミュニケーションや物理的な訪問が容易になり、潜在的な顧客とのオンラインおよびオフラインのやり取りの橋渡しが可能になります。

      運用詳細

      営業時間は毎日指定されており、いつサービスにアクセスできるかを潜在顧客に知らせます。これは訪問を計画する上で非常に重要です。

      スキーマ – 営業時間

      提供するサービス

      このスクリプトでは、Boutique Dental Bondi が提供するさまざまな歯科サービスの概要を説明します。これらには、一般歯科および修復歯科、審美歯科、救急サービス、親知らずの抜歯が含まれます。各サービスは、それぞれの Web ページ上の詳細情報にリンクされており、ユーザーが特定のサービスを探索するための構造化された経路を作成します。

      スキーマ – 知っていること
      これらのサービスはより広範な概念にリンクされており、Wikipedia および Wikidata で利用できます。これにより、サービスに関する一般的なコンテキストがユーザーに提供されます。これは、各サービスの内容を理解するのに役立ちます。

      では、スキーママークアップ SEO とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

      NLP は完璧とは程遠く、テキストを解析して意味を理解するプロセスにはコストがかかります。

      スキーマ マークアップを使用してエンティティとエンティティ間の関係を識別すると、検索エンジンがすべての非構造化データを計算するために必要な作業量が削減されます。

      したがって、文字通りコンテンツの配信を最適化することになり、したがってスキーマ マークアップを効果的に使用することが SEO となるのです。

      しかし、これらすべてを理解するには、まずいくつかの重要な定義を説明する必要があります。

      エンティティとは何ですか? SEO にどのように役立ちますか?

      あらゆるものは一つの物です。

      あなたは物であり、あなたのビジネスは物であり、あなたが提供するサービスや製品は物です。

      そして、これらのそれぞれは個別の実体です。

      したがって、あらゆるものをエンティティによって表すことができます。

      あれは:

      • あなたは Person スキーマで表されるエンティティです
      • あなたのビジネスも組織スキーマで表されるものです
      • あなたのサービスや製品は個別の実体です

      では、エンティティには何の意味があるのでしょうか?

      とにかくGoogleはこれらのことを理解できないのでしょうか?

      Google に十分な時間を与えてブランドを構築すれば、ほとんどのことは解決してくれるでしょう。しかし、SEO の重要な点は遅延時間を短縮することです。スキーマ マークアップを使用してコンテンツの内容を Google に伝えると、Google が点と点を結びやすくなります。

      Backlinko を例に挙げると、ナレッジ パネル (左) に示されているように、Google はそれをビジネス エンティティとして認識し、これを Semrush のナレッジ パネル (右) と比較します。

      Backlinko 対 Semrush – ナレッジパネル
      2 つを並べてみると、Semrush のナレッジ パネルの方がより詳細な情報を備えていることがわかります。

      ほとんどの人はナレッジ パネルを手に入れることに満足するでしょうが、Backlinko と Semrush はどちらも、それぞれのビジネス エンティティに対する Google の理解を向上させることができます。

      どうやって?

      スキーマ マークアップがその答えです。

      スキーママークアップとは何ですか?

      最も基本的な形式では、スキーマ マークアップは、解釈を必要とせずにマシンが理解できる言語です。

      何年も前、大手の検索エンジン。Yahoo、Bing、Yandex、Google は、成長するインターネットの解析に役立つ一連の標準を作成するために協力しました。

      彼らはこの標準に同意しただけでなく、この新しいタイプの言語を維持することにも同意し、こうしてSchema.org が誕生しました。

      スキーマ.org
      しかし、スキーマ マークアップは 1 つの言語だけではありません。実際、スキーマ マークアップには 3 つの言語があり、それぞれに独自のルールがあります。

      スキーマは、個々の分類法で構成されるオントロジーから派生します。分類法とは何か、どのようなオントロジーが存在するかを決定するのは学者であり、彼らは平均的なマーケティング担当者ではありません。

      これが、スキーマ マークアップ、構造化データ、ナレッジ グラフ、エンティティが非常にわかりにくいトピックとなる理由です。

      つまりね。

      分類法が何であるかを知る必要はありません。

      オントロジーが何であるかを知る必要はありません。

      効果的なスキーマ マークアップを実装するために知っておく必要があるのは、タクソノミーとオントロジーが存在するという事実だけです。

      そしてすぐに (準備ができたら) ナレッジ グラフについて説明します。

      ただし、今のところは次の点に焦点を当ててください。

      • エンティティは物です
      • スキーママークアップは物事を定義し区別する方法です
      • スキーマ マークアップは次の方法で表現できます。
        •  JSON-LD
        • マイクロデータ
        • RDFa
      • JSON-LD、microdata、RDFa にはすべて、エンティティの記述方法に関する独自のルールがあります。
      • これらのルールを作成および維持する主体は Schema.org です。
        スキーマ マークアップの作成部分に到達したら、言語と構文を再検討します。

      構造化データが非構造化データよりも優れているのはなぜですか?

      検索エンジンは、Web ページを解析して解釈して、インデックスを作成するかどうかを決定する必要があります。

      テクニカル SEO の場合、このプロセスはクロール フェーズとレンダリング フェーズの間のどこかで発生します。

      これが「文字列ではなく物」の意味です。

      • モノ=構造化データ
      • 文字列 = 非構造化データ (単語、画像、ビデオ、オーディオなど)

      構造化データはスキーマ マークアップの別の派手な言い方であり、スキーマ マークアップが何であるかはすでにご存知です。

      では、非構造化データとは何ですか?また、なぜ非効率なのでしょうか?

      非構造化データは通常、Web ページ上の単語を指しますが、画像、ビデオ、音声も含まれます。

      これは、単語、文章、段落、ページが文字と数字の羅列であるためです。

      機械は文字や数字の文字列をうまく解読できますが、人間ほどうまくコンテキストを導き出すことはできません。

      そして、それを考えると、文脈によって意味が明確になります。

      したがって、スキーマ マークアップは、文字と数字の文字列の機械による解釈に依存せず、物事を定義する行為です。

      構造化データが SEO にどのように役立つか

      スキーマ マークアップの目的は、検索エンジンが Web ページ、ビデオ、またはポッドキャストの内容を理解できるようにすることです。

      スキーマ マークアップがなければ、検索エンジンは文字、単語、文章を理解するために NLP に依存する必要があります。

      Google と Bing は NLP でかなりうまくやっていますが、これはリソースを大量に消費するプロセスであり、利益率が損なわれます。

      GenAI によってインターネットが成長するにつれて、クロール、レンダリング、インデックス作成のコストはますます高くなるでしょう。

      そして、Bing と Google が営利企業であることを忘れないでください。

      スキーマ マークアップを使用することにより、Google と Bing は JSON-LD、RDFa、microdata を明示的に理解するため、コンテンツを理解するために NLP に依存する必要がなくなります。

      ウェブページにスキーマ マークアップがあると、コンテンツの内容を Google が理解しやすくすることができます。

      しかし、これは実際にどのようなメリットがあるのでしょうか?

      Google がコンテンツとそのコンテキストをより深く理解できれば、コンテンツを適切な検索に適切に提供できるようになります。ただし、これにはオーガニックトラフィック量が犠牲になる可能性があります。

      Google は、すべての検索をコンテンツに誘導するのではなく、コンテンツの性質を認識して、より具体的なクエリに対してランク付けする場合があります。これにより、一般的なキーワードで見つかった訪問者よりも、コンテンツに関与する可能性が高い訪問者を引き付けることができます。オーガニックトラフィックの減少につながる可能性があります。

      スキーマ マークアップをコンテンツ ワークフローに組み込むことのもう 1 つの利点は、対象ユーザーにとっての利点です。それは検索エンジンだけではありません。

      上位にランクされるインターネット コンテンツのほとんどは最適化されています。

      私たちが言いたいことを検索エンジンに理解してもらうための書き方が、非常にテンプレート化された書き方になってしまったのは、私たち全員が悪いのです。

      「SEO コンテンツ」は優れたユーザー エクスペリエンスを提供せず、流れや個性が欠けています。

      スキーマ マークアップを使用すると、会話形式で記述し、スキーマ マークアップを介して事実の記述を予約できます。

      ただし、すべてのスキーマ マークアップが役立つわけではありません。

      それについては後ほど説明します。

      ページまたは Web サイトにスキーマ マークアップがあるかどうかを確認する方法

      既存の Web ページまたは Web サイトにスキーマ マークアップがあるかどうかを確認する方法をいくつか紹介します。

      SEO Pro Extension を使用する (Kristina Azarenko 著)

      所要時間は数秒もかからないため、この方法をお勧めします。簡単な眼球テストのようなものだと考えてください。

      その方法は次のとおりです。

      まず、無料の Chrome 拡張機能をインストールします。

      Chrome ウェブストア – SEO Pro 拡張機能
      Chrome ブラウザで、分析したい Web サイト上の任意のページを読み込みます。次に、拡張機能アイコンをクリックします。

      SEO プロ – 分析
      「スキーマ」タブをクリックします。スキーマ タイプがリストされている場合、これはページにスキーマ マークアップが実装されていることを意味します。

      SEO プロ – スキーマ

      Schema.org バリデータを使用する

      スキーマ マークアップをもう少し詳しく知りたい場合は、SEO Pro Extension の後にこれを使用してください。

      https://validator.schema.orgに移動し、URL を貼り付けます。

      Schema.org – バリデーター
      「テストを実行」をクリックします。結果ページに検出されたスキーマ タイプが表示されている場合は、そのページにスキーマ マークアップが実装されています。

      スキーマ – バリデーターの結果

      Semrushによるサイト監査機能を利用する

      すでに Semrush で 1 つ以上の Web サイトを監視している場合、スキーマ マークアップの問題 (特に、カノニカル タグ、シン コンテンツ ページ、メタ タグなど) をチェックするためにサイト監査機能を使用しないのは愚かです。

      サイト監査が完了していることを確認してください。完了していない場合は、今すぐ実行してください。

      Semrush – サイト監査
      監査が完了したら、「マークアップ」ウィジェットをクリックします。

      サイト監査 – マークアップ ウィジェット
      わかるでしょ:

      • スキーマ マークアップのあるページとないページの割合
      • 有効なスキーマ マークアップと無効なスキーマ マークアップを持つページの割合
      • スキーマ マークアップ タイプごとの Web ページの内訳

      サイト監査 – マークアップ レポートレポートを下にスクロールすると、Web サイトで見つかった構造化データ項目のリストが表示されます。このパネルには、有効な数と無効な数が表示されます。無効なスキーマは検索エンジンによって無視されるため、おそらく修正する必要があるでしょう。

      マークアップ – 構造化データ項目

      Google SERPに表示されるスキーママークアップの例

      スキーマ マークアップを実装する利点の 1 つは、検索結果の外観がより豊かになること (一般にリッチリザルトと呼ばれます) です。

      リッチな結果が必要になるのは、結果が競合他社より目立つようになり、CTRとコンバージョンの向上につながるためです。

      Google は 22 種類のリッチリザルトをサポートしています。完全なリストはここでご覧いただけます。

      ただし、リッチリザルトを表示するかどうかは Google の裁量にあります。スキーマ マークアップ ≠ リッチリザルト であることを強調する価値があります。

      スキーマ マークアップにより可能となる一般的なリッチリザルトをいくつか示します。

      ローカルビジネス

      ローカル ビジネス スキーマをページに追加すると、次のようなビジネスに関する重要な情報を含むリッチ スニペットが有効になります。

      • 商号
      • 住所
      • Webサイト
      • 電話番号
      • 営業時間
      • カスタマーレビュー
      • 地図上のあなたのビジネスの場所

      ローカル ビジネス スキーマにより、あなたのビジネスがマップ パックに表示される可能性も高くなります。

      以下に示すのは、ユーザーが「シカゴのパン屋」などを検索したときに SERP で目立つように表示される、トップ評価の地元企業 3 社のコレクションです。

      Google SERP – ベーカリー シカゴ

      製品のスニペット

      製品スキーマ マークアップにより、Google は次のようなさまざまな製品仕様を SERP に表示できるようになります。

      • 商品名
      • モデル
      • ブランド
      • 価格
      • 評価
      • 可用性

      これは、製品の検索結果がユーザーにとってより多くの情報を提供し、製品の機能と利点についての洞察を提供することを意味します。

      製品スキーマ マークアップで強化された検索結果の例を次に示します。

      Google SERP – 製品スキーマ

      レビューのスニペット

      レビュー スキーマを使用すると、Google はレビュー スニペットや星評価を使用して検索結果を強化できます。レビューと評価は実際の顧客から得られたものであるため、ページの信頼性を高め、ユーザーの信頼を高めるのに役立ちます。これらは、e コマース サイトや、レストランや店舗などの実店舗にとって非常に価値があります。

      次の例では、レビュー スキーマ マークアップが、トリップアドバイザーなどのユーザー作成のレビュー サイトで使用されています。

      Google SERP – レビュースキーマ

      ブレッドクラム

      ブレッドクラム スキーマ マークアップは、Google がサイトの階層を理解するのに役立ちます。サイトのページとその全体的な構造の間の関係を識別します。Google はこの情報を使用して、検索結果にパンくずリストを表示します。

      ブレッドクラムは、水平方向に配置され、「>」記号で区切られたテキスト リンクです。

      リッチリザルトに表示されると次のようになります。

      Google SERP – パンくずリスト

      スキーマにはどのような種類がありますか?

      スキーマがエンティティを記述する方法であることを覚えていますか?

      Schema.org では 800 種類を超えるスキーマが定義されています。これらの範囲は、最も一般的なアイテム ( Thing ) からIndividualProductなどの特定のサブタイプまで多岐にわたります。彼らは、何を説明できるか (エンティティ)、どのように説明できるか (言語)、どのような属性 (語彙) を使用するかを決定できる人々です。
      SEO の専門家として、エンティティに対する Google の認知度を向上させるために使用したいスキーマは次の 5 種類です。

      ウェブページ

      概要: Web ページに遭遇したことを検索エンジンに伝えるスキーマの一種。

      これを使用する場合:すべてのページは Web ページですが、すべてのページにスキーマ マークアップが必要なわけではありません。この Schema.org タイプをホームページ用に予約し、Web サイト、ホームページ、Web サイトの背後にある組織 (または個人) の間の関係を宣言するために使用します。

      使用方法:これらは、スキーマの形成に使用できる属性です。

      url:これを使用してページの場所を確立します
      isPartOf:これを使用して、Web ページをより広範な Web サイトに接続します。
      mainEntity:これを使用して、対応するエンティティにリンクすることで、プライマリ トピックが何であるかを宣言します。
      例えば:

      スキーマ – ウェブページ

      組織

      概要:組織に遭遇したことを検索エンジンに伝えるスキーマの一種。これは、企業、非営利団体、慈善団体、法人、またはクラブの場合があります。

      使用する場合: Web サイトの「概要」ページで組織スキーマをエンティティ ホームとして設定して使用します。コンテンツと組織の間の関係を確立するために、他のページ (ホームページ、ブログ記事、カテゴリ ページなど) で組織を参照することもできます。

      使用方法:これらは、スキーマの形成に使用できる属性です。

      • 創設者:新しいビジネスまたはスタートアップにこれを使用します
      • SameAs:これを使用してソーシャル メディア プロファイルをポイントし、Crunchbase や LinkedIn などの外部ソースでエンティティを検証します。
      • TaxID/vatID:これを使用して、信頼できる (政府関連の) ソースからのエンティティを検証します。
      • legalName:これを使用して、エンティティの登録された会社名を宣言することでエンティティを検証します。
      • 部門:エンティティのさまざまな場所を説明するためにこれを使用します
      • makesOffer:サービスベースのビジネスで、どのような製品やサービスが提供されるかを説明するためにこれを使用します。
      • hasOfferCatalog: e コマース Web サイトで販売する製品を説明するためにこれを使用します。
        例えば:

      スキーマ – 組織

      製品

      概要:エンティティが商品またはサービスのいずれかを購入できることを検索エンジンに伝えるスキーマの一種。

      使用する場合:このスキーマ タイプを製品またはサービス ページでプライマリ スキーマ タイプとして使用します。e コマース小売業者の場合は、個々の製品の詳細ページで製品タイプを使用します。サービスベースのビジネスの場合は、プライマリ サービス ページで製品タイプを使用します。他のページ (製品カテゴリ ページ、ホームページ、ブログ投稿など) で 1 つ以上の製品タイプを参照することもできます。

      使用方法:これらは、スキーマの形成に使用できる属性です。

      • aggregateRating: PDP でこれを使用してレビューのリッチリザルトを有効にします
      • オファー:これを使用してオファー タイプにリンクし、製品またはサービスの価格や在庫状況などの重要な詳細を指定できるようにします。

      概要:エンティティが人であることを検索エンジンに伝えるスキーマの一種。その人は、生きている場合もあれば、死んでいる場合も、アンデッドである場合も、架空の人物である場合もあります。

      いつ使用する必要があるか:情報の作成者または査読者を開示したい場合は常に、パーソン スキーマを使用する必要があります。すべてのプロファイル ページでもこのスキーマ タイプを使用する必要があります。

      使用方法:これらは、スキーマの形成に使用できる属性です。

      • name:これを使用して人の名前を宣言します
      • alumniOf:個人の学歴を確立するためにこれを使用します
      • 敬称プレフィックス:相手が博士の場合に使用します。
      • has職業:これを使用して個人の職業を説明し、接続されたコンテンツに対する信頼性を確立します。
      • jobTitle:これを使用して、名前は同じだが役職が異なる複数の人物を区別します。
      • KnowAbout:その人がよく知っているトピック、主題、概念を説明するためにこれを使用します。
      • worksFor:同じ名前、職業、役職を持つ人々を区別するためにこれを使用します。
      • SameAs:これを使用してソーシャル メディア プロファイルをポイントし、LinkedIn などの外部ソースでエンティティを検証します。

      例えば:

      人物スキーマ

      ローカルビジネス

      概要: エンティティがローカル エリアにサービスを提供し、物理的な場所を持つ組織であることを検索エンジンに伝えるスキーマの一種。

      使用すべき場合: LocalBusiness スキーマは、ビジネスに物理的な場所があり、営業時間があり、リンクできる Google ビジネス プロフィール (旧称 Google マイ ビジネス) がある場合に使用します。

      使用方法:組織スキーマと同じ属性を使用できますが、スキーマの形成に使用できる追加の属性がいくつかあります。

      • opensHours:これを使用して、ローカル ビジネスの Google ビジネス プロフィールにあるのと同じ営業時間を反映します。
      • 住所:ビジネスの Google ビジネス プロフィールと同じ住所を検証するために使用します。
      • hasMap:これを使用して、Google マップに従って Google ビジネス プロフィールの URL にリンクします。

      次のいくつかのセクションでは、スキーマ マークアップを Web サイトに取得する方法について説明します。これには 2 つの手順が必要です。それでは、これを次のように分けてみましょう。

      スキーママークアップの作成方法

      Web サイトまたは Web ページにスキーマ マークアップを取得する方法
      スキーママークアップを作成する方法
      スキーマ マークアップを作成するには、スキーマ マークアップを手動で生成することも、スキーマ マークアップを自動的に生成するサードパーティのプラグインを利用することもできます。各方法には長所と短所があります。

      WordPress 用のサードパーティプラグインから始めましょう。

      WordPress プラグインを使用する

      WordPress Web サイトの場合、Yoast と Rank Math の両方の無料バージョンでスキーマ マークアップを自動的に生成できます。

      WordPress プラグインは、「設定すれば後は忘れる」ため、Web サイトにスキーマ マークアップを取得する最も簡単な方法です。

      ただし、Yoast SEO や Rank Math などの自動化ソリューションの主な欠点は、スキーマ マークアップをカスタマイズしてよりリッチにする能力が限られていることです。

      ヨーストSEO

      Yoast SEOをインストールすると、スキーマ マークアップ設定が自動的に適用されます。つまり、WebPage スキーマはすべてのページに設定され、Article スキーマは投稿に適用されます。

      Yoast SEO – スキーマ

      ランク計算

      Rank Math でスキーマ マークアップを有効にするには、 Rank Math SEO メニュー>ダッシュボード>スキーマ (構造化データ)に移動し、スイッチを切り替えて有効にします。

      ランク計算 – スキーマ
      有効にすると、Yoast SEO と Rank Math の両方が、ページ タイトルや公開日などのメタデータに基づいてスキーマ マークアップを自動的に生成します。ただし、これらのサードパーティのプラグインは、ページ上のコンテンツを意味のある接続された構造化データに変換するのに役立つことはほとんどありません。

      場合によっては、WordPress ブロックがスキーマ マークアップを生成することもできます (FAQPage など)。下の写真は Kadence Blocks のアコーディオンブロック部分です。

      Kadence Block – FAQ スキーマ
      [FAQ スキーマを有効にする] オプションを有効にすると、すべての質問と回答が FAQPage スキーマとしてマークアップされます。

      スキーマ マークアップ ジェネレーターを使用する

      WordPress 以外の他の Web サイトプラットフォームについてはどうですか?

      Wix サイトの場合、プラットフォームにはデフォルトのスキーマ マークアップ セットが同梱されています (詳細はこちら) が、独自にカスタマイズしたスキーマ マークアップを追加することもできます。

      Webflow、Squarespace、Duda、およびその他のプラットフォームの場合は、独自のスキーマ マークアップを生成して個々のページに追加する必要があります。これを行うには、スキーマ マークアップ ジェネレーターを使用するか、JSON-LD を自分で作成します。

      考慮すべき 3 つのスキーマ マークアップ ジェネレーターを次に示します。

      1. Merkle によるスキーマ マークアップ ジェネレーター
      2. スキーマントラ
      3. Rank Ranger によるスキーマ マークアップ ジェネレーターおよびバリデーター

      Merkle によるスキーマ マークアップ ジェネレーター (JSON-LD)

      Merkle のSchema Markup Generator (JSON-LD) は、記事、ブレッドクラム、イベント、FAQ ページ、またはハウツー スキーマを迅速かつ簡単に作成する方法です。ドロップダウン メニューから目的のスキーマ タイプを選択するだけで、ツールによって入力するフィールドが多数表示されます。

      これは、スキーマ マークアップを初めて使用する人にとっては最適です。

      スキーママークアップジェネレーター
      それが良い理由:

      • 各フィールドに入力すると、JSON-LD が作成されることがわかります。
      • JSON-LD を Google リッチリザルト テストで検証するための直接統合があります。
      • ワンクリックでコードをコピーするオプションがあります

      記事 – スキーマの生成
      このツールの欠点は、スキーマのタイプと属性が制限されていることです。そのため、次の 2 つのオプションを確認する必要があります。

      Schemantra によるスキーマ ナビゲーター

      意味のあるスキーマ マークアップの生成に本格的に取り組みたい場合は、Schemantra の Schema Navigator も良い出発点となります。

      Merkle のツールとは異なり、このツールではほぼすべてのタイプのスキーマ タイプを選択できます。しかし、この自由さゆえに、最初は圧倒されるかもしれません。

      まず、説明しているエンティティの種類を知る必要があります。

      Schemantra – スキーマの作成
      検索バーにスキーマ タイプ (「人」など) を入力し、結果をクリックして、「送信」をクリックします。

      スキーマントラ – 人物
      これにより、次の画面がロードされ、スキーマの属性を入力できるようになります。

      最初に行う必要があるのは、スキーマ タイプに「@id」プロパティを割り当てることです。

      スキーマントラ – バックリンコ
      これが、Schemantra をより優れたスキーマ マークアップ ジェネレーターの 1 つとしている理由です。これは、単一のエンティティごとに「@id」プロパティを強制的に割り当てるためです。ただし、「@id」フィールドが何のためにあるのかわからないため、これも障害となる可能性があります。

      続行するには次のことを知っておく必要があります。

      • これは、Web ページに記述されている項目の一意の識別子として機能します。これは、複数の書籍や製品など、ページに複数の同様の項目が含まれており、それぞれを他の項目と区別する必要がある場合に便利です。
      • 「@id」を使用すると、同じページ上のスキーマの異なる部分が相互に参照できるようになります。たとえば、ページ上に書籍とその著者に関する情報が個別に存在する場合、@id を使用すると、スキーマ マークアップで書籍とその著者がリンクされ、それらが関連していることを示すことができます。これは、検索エンジンにコンテキストを伝える方法です。
      • 「@id」フィールドを設定するには、次のテンプレートを使用します: #{schemaType} 例: #person、#organization、#event、#localbusiness、#article など。

      「@id」フィールドを設定したら、下にスクロールして、誰について話しているのかを検索エンジンが認識できるようにするための属性を入力します。

      Merkle のツールと同様に、Schemantra では、各フィールドに入力すると JSON-LD 出力が表示されます。

      Schemantra は、オタクになることを恐れず、より深いスキーマを構築するために物事をテストする場合に最適です。

      Rank Ranger によるスキーマ マークアップ ジェネレーターおよびバリデーター

      Merkle のツールと同様に、 Rank Ranger のSchema Markup Generator & Validator は、以下に示すように、事前に構築された多数のスキーマ タイプを提供します。

      Rank Ranger – スキーマ マークアップ ジェネレーター
      これは、エンティティを記述するために最も適切なタイプを使用できるようにスキーマ サブタイプが含まれているため、優れています。

      選択したスキーマのタイプに応じて、Rank Ranger では入力できる属性の数が制限されています。

      ランクレンジャー - スキーマ - 組織
      たとえば、上のスクリーンショットでは、Corporation Schema.org Type を選択すると、ツールには親スキーマ タイプ (Organization) から属性を追加するオプションが表示されません。

      この欠点にもかかわらず、Merkle のものではなく、Rank Ranger の Schema Markup Generator & Validator を使用して始めることを検討してください。

      JSON-LD を手動で (または支援を受けて) 作成する

      間違いなく、JSON-LD を手動で記述すると、最適なスキーマ マークアップが提供されます。これは、任意の種類のスキーマに必要な属性を含めることができるためです。

      さらに重要なのは、JSON-LD を手動で作成すると、柔軟性が得られ、あるスキーマ タイプを別のスキーマ タイプに接続できるようになります。これが検索エンジンがコンテキストを理解する方法です。

      まず、JSON-LD は中括弧で囲まれたキーと値のペアで構成されます。

      キーと値のペア
      キーと値のペアは、Schema.org で定義されている語彙を使用して指定する属性と値を指します。

      例えば:

      属性 – キーと値のペア
      スキーマを記述する属性を追加すると、より多くのキーと値のペアが作成されます。

      複数のキーと値のペア
      また、エンティティ間の関係はマシンがコンテキストを理解する方法であるため、スキーマ マークアップの最適な用途はスキーマを接続することです。

      上のビジュアルでは、中括弧内に中括弧があることがわかります。これが、スキーマ タイプをネストする方法です。

      ChatGPT を使用したスキーマ マークアップの生成

      ChatGPT 関連のすべてのことと同様、プロンプトは出力内容にとって重要です。

      最初のステップは、記述したいスキーマ タイプ (例: 人、法律サービス、歯科医、オンラインビジネス) を選択することです。

      次に、Schema.org のドキュメントを参照して、使用するすべての属性を特定します。

      人物のスキーマ マークアップを作成したいとします。ブラウザに Schema.org から人物スキーマをロードします。

      Schema.org – 人
      次に、次のように Person スキーマの JSON-LD を生成し、属性とその値を含めることを ChatGPT に伝えます。

      「パーソンスキーマのJSON-LDを生成してください。スキーマ マークアップに必要な情報を提供します。名前:ジョン・ドゥ。役職: SEO エキスパート。対象作品: セムラッシュ。KnowsAbout: SEO。」

      ChatGPT – スキーマの生成
      ChatGPT が何もないところからこのコードをすべて書き出すのに文字通り数秒を要したので、おそらくこの瞬間は歓声を上げているでしょう。

      しかし、ChatGPT の重要な点は、プロンプトに直接応答することです。また、JSON-LD は適切に見えますが、正しくありません。

      なぜ?

      ChatGPT に十分な情報を提供しなかったため、ChatGPT はタスクを完了するために最善を尽くしました。

      より適切なプロンプトを使用してもう一度試してみましょう。

      「パーソンスキーマのJSON-LDを生成してください。スキーマ マークアップに必要な情報を提供します。名前:ジョン・ドゥ。役職: SEO エキスパート。WorksFor: Semrush (https://en.wikipedia.org/wiki/Semrush、https://twitter.com/semrush と同じ)。KnowsAbout: 検索エンジンの最適化 (https://en.wikipedia.org/wiki/Search_engine_optimization と同じ、代替名: SEO)。

      ChatGPT – より良いスキーマ
      ずっといい!そして、JSON-LD をSchema.org の validatorにスローすると、エラーは存在しません。

      スキーマ – 検証
      しかし、それだけではありません。

      コードをClassy Schema の視覚化ツールに投入すると、スキーマ マークアップを通じて作成した関係を確認できます。

      上品なスキーマ – 視覚化
      それぞれの円は個別の実体であり、それらを結ぶ線はそれらの間の関係を表します。これが基礎的な知識のグラフです。

      スキーマ マークアップの生成に ChatGPT を使用する最も良い点は、イライラする構文エラーを回避できることです。ただし、JSON-LD を最初から作成することを学びたい場合は、「JSON-LD と schema.org の語彙だけを使用してセマンティック SEO を行う方法」というガイドをブックマークしてください。

      スキーマ マークアップを Web サイトに取得する方法

      スキーマ マークアップを生成したので、次にそれをどうしますか?

      • どこへ行くのですか?
      • JSON-LD が <footer> に入ったらどうなるでしょうか? まだ機能しますか?
      • <head> にも <footer> にもコードを挿入できない場合はどうすればよいでしょうか?
      • スキーマ マークアップは本体に配置しても機能しますか?
      これらはすべて有効な質問です。
      JSON-LD を に挿入する必要があります。これにより、JSON-LD がクロールボットが見つけるコードの最初の行の 1 つとなることが保証されます。
      ただし、本文または <フッター> 内の JSON-LD は両方とも検証され、機能します。では、それを <head>に取り込むにはどうすればよいでしょうか?これは、使用している CMS またはバックエンドによって異なります。WordPress Web サイトの場合、サイト全体のスクリプトをに配置できるテーマがあります。ページごとにスクリプトを挿入できるプラグインもあります。たとえば、SOGO Add Script Header Footer は、この機能を実行する無料のプラグインです。

      WordPress プラグイン – スクリプトの追加
      特注の方法を使用する場合は、重複を避けるために自動スキーマ マークアップ生成を無効にする必要があります。

      他のプラットフォームについては、ドキュメントを参照する必要があります。ただし、Wix、Squarespace、Webflow、および Duda ではすべて、すべてのページまたは個々のページにスクリプトを追加できるようにする必要があります。

      Google タグ マネージャー (GTM) を通じてスキーマ マークアップを追加することもできます。クライアントに対してこれを行う場合は、クライアントのライブ サイトでコードを変更することがないため、これが推奨される方法かもしれません。

      既存の GTM タグがインストールされている限り、Web サイトのバックエンドにログインすることなくデプロイできます。

      スキーママークアップが正しいかどうかを確認する方法

      スキーマのマークアップに関しては、常に次の 3 つの点を確認する必要があります。

      1. 構文エラーはありますか?
      2. Google の要件を満たしていますか?
      3. エンティティは正しく接続されていますか?

      それぞれ少しずつ異なるので、これまでの努力が確実に報われるように詳しく見ていきましょう。

      Schema.org を使用して構文エラーを検証する

      構文エラーがあると、スキーマ マークアップが無効になります。つまり、Googlebot は、JSON-LD で構文エラーが発生した場合、それを無視します。

      構文エラーの大部分は、コンマまたは中括弧の欠落に関連しており、JSON-LD を手動で作成した場合、コンマまたは中括弧の位置を間違えるのは避けられません。

      幸いなことに、Schema.org バリデーターはマークアップにコーディングミスがあることを教えてくれます。ただし、それを修正する方法は教えてくれないので、非常に腹立たしいことになるかもしれません。

      その前に、 Schema.org 検証ツールについて詳しく見てみましょう。

      Schema.org – バリデーター
      サイトをロードすると、FETCH URLとCODE SNIPPETの 2 つのオプションが表示されます。

      • スキーマ マークアップを使用してすでに公開されているページには「FETCH URL」を使用します。完全な URL をコピーしてフィールドに貼り付け、「RUN TEST」をクリックするだけです。
      • マークアップがライブにプッシュされていない場合は、「コード スニペット」を使用します。JSON-LD スクリプトをコピーしてフィールドに貼り付け、「テストの実行」をクリックするだけです。

      数秒後、結果画面が表示されます。

      次の例では、ツールは hentry、Article、FAQPage の 3 つの別個のスキーマ タイプを選択しています。

      検出されたスキーマ
      エラーや警告は表示されません。なるほど。

      しかし、ここにエラーの例があります。

      スキーマ - エラー
      残念ながら、Schema.org バリデータには、エラーを解決する方法に関するガイド手順が提供されていません。意図的に 4 つの間違いを追加したにもかかわらず、最初の構文エラーのみを検出したようです。

      では、このシナリオに到達したら何をすべきでしょうか?

      エラーのデバッグに何時間も費やして髪の毛を抜くこともできますし、ChatGPT を使用することもできます。

      ChatGPT で、JSON-LD をクリップボードにコピーし、次のプロンプトを入力します。

      「JSON-LD で 1 つ以上の構文エラーを解決しようとしています。何を見つけて何をしたか説明せずに、コードを修正して正しいバージョンを出力してもらえますか? これが私の JSON-LD です。」

      また、プロンプトの最後に必ず JSON-LD を貼り付けてください。

      案の定、ChatGPT は汗をかかずにタスクを実行します。また、プロンプトが表示されるため、その内容についてのエッセイを読む必要はありません。

      ChatGPT – コード修正
      必ず新しい JSON-LD を取得し、Schema.org バリデーターに再度貼り付けて、テストを実行してください。

      ChatGPT – スキーマの検証
      Schema.org バリデータと ChatGPT を組み合わせると、Google がスキーマ マークアップを確実に解析できる確実な方法になります。

      Google でリッチリザルトの資格を確認する

      Schema.org は JSON-LD、microdata、RDFa のスキーマ マークアップ語彙を維持および更新しますが、Google は構造化データを Schema.org とは異なる方法で扱います。

      これは、スキーマ マークアップが Schema.org の観点からは完璧であっても、Google の要件を満たしていない可能性があることを意味します。

      なんて迷惑なんでしょう!

      このため、Schema.org で構造化データのマークアップを検証した後は、必ず Google リッチリザルト ツールで構造化データのマークアップを確認する必要があります。

      準備ができて?

      Schema.org バリデータと同様に、Google リッチリザルト テストはライブ URL または JSON-LD スクリプトを分析できます。

      Google – リッチリザルトをテストする

      • スキーマ マークアップがすでに公開されている場合は、URL オプションを使用して完全な URL を貼り付けます。
      • スキーマ マークアップがまだ公開されていない場合は、スクリプト内で code オプションと過去を使用します。

      マークアップしたスキーマに応じて、1 つ以上の有効な項目が検出された画面が表示されるか、まったく検出されない画面が表示されます。

      次のスクリーンショットでは、リッチリザルト ツールがローカルのビジネスと組織のエンティティを取得しており、一部の詳細がリッチリザルトとして SERP に表示されている可能性があります。

      リッチリザルトテスト – 有効な項目
      しかし、有効なアイテムが検出されなかった場合はどうなるでしょうか?

      リッチリザルトテスト – 有効な項目がありません
      これは、スキーマのマークアップに問題があることを意味しますか?

      いいえ。

      これでわかるのは、スキーマ マークアップで記述したエンティティのリッチリザルトは Google では表示されないということだけです。

      Google がリッチリザルトを表示できるスキーマ タイプを知りたい場合は、開発者ドキュメントを参照してください。

      エンティティは適切に接続されていますか?

      ここまでできたら、よくやった。しかし、スキーマ マークアップから最大の価値を引き出すには、スキーマ間の関係を構築する必要があるため、これで終わりではありません。これは、あるエンティティと別のエンティティ間の関係によって Google がコンテンツのコンテキストを理解するためです。

      接続されたスキーマ マークアップへようこそ。

      ちょっと待って、接続されたスキーマとは何ですか?

      接続スキーマは、Web サイト上の重要な Web ページのナレッジ グラフを作成する方法です。

      あるスキーマ タイプが別のスキーマ タイプにどのように接続できるかを調べるのに最適なツールは、SchemaApp の無料のスキーマ パス ツールです。

      スキーマ アプリ – スキーマ パス
      これを行うには、最初のドロップダウンからスキーマ タイプ (個人、組織など) を 1 つ選択します。次に、2 番目のドロップダウンで関係を作成する他のスキーマ タイプ (サービス、製品など) を選択します。

      「クリックしてパスを検索」を押すと、パスが存在する場合、SchemaApp が 2 つのエンティティを接続する方法をリストし、ChatGPT を使用して関係をネストされた JSON-LD に変換します。

      わかりました。それで、私たちはどこにいたのですか?

      そうです、エンティティがスキーマ マークアップに正しく接続されているかどうかを確認する方法を知りたいのですね。

      「上品なスキーマ」を入力します。

      Classy Schema のStructured Data Viewer は、優れたエンティティ視覚化ツールです。

      スキーマ マークアップが既に含まれている URL を貼り付けるか、JSON-LD スクリプトをコード フィールドに貼り付けてから、[ VISUALIZATION ] タブをクリックして、どのスキーマが接続されているかを確認します (存在する場合)。


      カスタム JSON-LD を貼り付けると、構造化データ ビューアに、Web サイト、組織、Web ページのスキーマがどのように相互に接続されているかが表示されます。

      上品なスキーマ – Nike – 視覚化
      これが探しているものです。あるノードと別のノードの間に線が表示される場合、これは 2 つのエンティティ間に関係が形成されていることを示します。

      上記の視覚化は、検索エンジンに次のことを伝えます。

      • Web ページにはスキーマ マークアップがあります。
      • このウェブページはオーストラリアの人々にサービスを提供しています。
      • 同じ Web ページは、オーストラリアの視聴者向けに作成された広範な Web サイトの一部です。
      • この Web サイトは、米国を中心とした Web サイトの一部であり、組織がその背後にある主要な主体となっています。
      • Nike, Inc. と呼ばれるこの組織は、スペイン、日本、フランス、オーストラリア、米国、カナダを含む世界の複数の国にサービスを提供しています。

      PS – 上記の視覚化は、ナレッジ グラフがどのように見えるかを示しています。

      あるノードを別のノードに接続する線が表示されない場合、エンティティはまったく接続されていません。

      以下に、切断されたスキーマの例を示します。

      切断されたスキーマの例
      5 つのエンティティが JSON-LD でマークアップされていますが、それらのどれも相互に関係がありません。

      独自のスキーマ マークアップを作成する時期が来ました

      上記と同じツールと手順を使用して、次のステップでは、JSON-LD を使用して独自のエンティティを記述します。

      これも:

      • スキーマ ジェネレーターの助けを借りて組織スキーマを使用してビジネス Web サイトを記述する
      • ChatGPT の助けを借りて Person スキーマを使用して自分自身をマークアップする
      • スキーマ アプリ パス ツールを使用して、組織と個人のスキーマ間のコンテキストを作成する方法を確認する
      • Schema.org バリデーターで JSON-LD を実行する
      • Google リッチリザルト テストでのスキーマ マークアップの検証
      • スキーマ マークアップをホームページと概要ページに追加する

      ご存知のとおり、スキーマ マークアップにより Google 検索の CTR が向上します。

      したがって、これらの手順を実行した後、CTR を向上させ、より質の高いトラフィックをページに誘導するためのさらに 3 つのアイデアについてガイドを読んでください。

      ※この記事は、Backlinkoの「Schema Markup Guide: Help Search Engines Help You」の翻訳記事になります

      動画で学ぶWebマーケティング【SEO対策編】

      動画で学ぶWebマーケティング

      本記事では、動画で学ぶWebマーケティングとして、ナイル公式YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」でこれまで発信してきた“SEO対策”に役立つコンテンツをご紹介します。

      【2024年最新】SEO対策の教科書

      SEO対策の教科書,青木創平

      この動画がおすすめな方

      • 上司がSEO対策を理解してくれず、予算がもらえない
      • 早期に成果を求められて困る
      • SEO担当になったばかりで基礎から学びたい
      • 2024年のSEO対策動向を知りたい

      チャプター

      • 検索エンジンの仕組みとアルゴリズム
      • SEOとは
      • SEOとリスティング広告の違い
      • GoogleがWebサイトを評価する仕組み
      • 2024年SEO対策で超重要な「YMYL」「E-E-A-T」
      • テクニカルSEO内部対策編
      • テクニカルSEO外部対策編
      • コンテンツSEOのポイント
      • SEO対策の進め方
      • SEO戦略とキーワード戦略の立て方

      SEO対策の理解がないと、早期な成果を求められたり、間違った戦略を立ててしまうかもしれません。長尺の約1時間動画なので、必要な場面からぜひご覧ください!

      ◇【2024年最新版】SEO対策の教科書のご視聴はこちら

      SEOに効果的なリライト施策3選

      リライトのコツ

      この動画がおすすめな方

      • リライトしているのに成果が出ない
      • どのコンテンツからリライトすべきかわからない

      チャプター

      • リライトの手順(コンテンツ選定~不足情報の調査方法)
      • SEO対策に効果的なリライト方法3選

      リライトで成果が出ない時は、コンテンツ選びを間違えている可能性があります。具体的なツールを使った方法から、具体的な施策まで解説しています。ぜひリライトのやり方の見直しにご活用ください!

      ◇SEOに効果的なリライト施策3選のご視聴はこちら

      SEOの効果検証に必要な6つの指標

      SEO効果検証

      この動画がおすすめな方

      • いま自社サイトでどの指標を見るべきかわからない
      • SEOの効果検証の仕方がわからない

      チャプター

      • なぜSEOで効果検証が必要なのか
      • 効果検証をするタイミング
      • SEOの効果検証で必要な6つの数値
      • 自社のフェーズにあった目的別の指標
      • サイトへの流入を増やしたい時に見るポイント
      • 問い合わせ(CV)数を増やしたい時に見るポイント

      SEOの効果検証の仕方を理解することで、今目指すべき目的をクリアにし、結果としてコンバージョン増加、売上向上に繋げることができます。今自分のサイトがどのフェーズで見るべき指標は間違っていないか不安な方は、動画を見ながらチェックしましょう。

      ◇SEOの効果検証に必要な6つの重要な指標などを徹底解説!のご視聴はこちら

      SEO成果事例【美容クリニック編】

      美容クリニックSEO事例

      この動画がおすすめな方

      • 他社のSEO成果事例を知りたい
      • YMYL領域のSEO対策をしている
      • ナイルがどのようなコンサルティングで成果を出しているか知りたい

      チャプター

      • 美容クリニック成果事例
      • 美容クリニックのSEO対策が難しい理由
      • 効果的な美容クリニックSEO、Webマーケティングの戦略

      競合の多い業界、またYMYL領域のSEO対策は、多角的な視点でマーケティング戦略を考え施策をうっていくことでしか成果を出すことは難しいでしょう。実際に成果事例から学びたい方はぜひご覧ください!

      ◇【高橋社長×SEOコンサル対談】美容クリニック業界で成果を出すWebマーケ施策とは!?のご視聴はこちら

      超重要な概念「E-E-A-T」の高め方

      EEATの高め方

      この動画がおすすめな方

      • E-E-A-Tが重要なことはわかるけど具体的にどうしたらいいかわからない
      • E-E-A-Tの理解ができていない

      チャプター

      • E-E-A-Tが重要な理由
      • 経験を高める方法
      • 専門性を高める方法
      • 権威性を高める方法
      • 信頼性を高める方法

      E-E-A-Tは、Googleの定めた品質評価ガイドラインで定義されたWebページを評価する基準の一つです。直接ランキングシステムに影響はなくとも、コンテンツの品質向上を目指す上で、Web担当者はしっかり理解をしておきましょう。

      ◇最新SEO対策に必須の「E-E-A-T」と超重要なガイドラインについてのご視聴はこちら

      SEO内製化のメリットと成功させる具体的な手順

      SEO内製化

      この動画がおすすめな方

      • SEO対策は最終的に自社だけで運用していきたい
      • 今は外注しているが内製化を検討している
      • 社内にSEO対策の知見をためていき担当者を育成したい

      チャプター

      • SEO対策は自社だけで運用していくべきか
      • 内製化するメリット
      • 具体的な内製化の進め方

      すでにSEO対策に取り組んでいる方の中には、最終的に自社のインハウスマーケターだけでSEO対策をしていきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。この動画では、SEO内製化を実現するための具体的なプロセスを紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください!

      ◇SEO内製化のメリットと成功させる具体的な手順を徹底解説!のご視聴はこちら

      まとめ

      YouTube「ナイルTV/WEBマーケティング相談室」では、毎週2本18時に動画を公開しています。SEO対策・コンテンツマーケティング・サイト改善・生成AI活用の情報を発信していますので、まだの方はぜひチャンネル登録お願いいたします!

      なお、ナイルでは、SEOを通じて売上をアップさせるお手伝いをしています。「自社だけでは、何から手をつけて良いかわからない」という場合には、下記からお気軽にご相談ください。

      事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

      SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      無料で資料を受け取る

      無料相談に申し込む

      動画で学ぶWebマーケティング【SEO対策編】ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      採用サイト成功の秘訣とSNS活用術|ベイジ枌谷氏×ナイルTV

      採用サイト成功の秘訣とSNS活用術

      本記事では、採用サイト制作に強みを持つ株式会社ベイジ代表の枌谷氏をゲストに迎え、採用サイト成功の秘訣とSNS活用方法をお伺いしました。前編は、採用サイトのメリット、成功する採用サイトに必要な視点と置くべきコンテンツについて解説。

      最後は、KPI設定など、採用担当者が気になるよくある質問にもご回答いただきました。ぜひ最後までご覧いただき、採用サイトの見直しにお役立てください。

      ベイジ枌谷氏×ナイルTV対談動画

      ファシリテーター 岸 穂太佳氏
      ナイル株式会社 執行役員 マーケティングDX事業本部 デジタルマーケティング事業部 事業責任者

      ゲスト解説 枌谷 力氏
      株式会社ベイジ 代表取締役
      1997年にNTTデータ入社。2001年にウェブデザイナーに転職。2007年にフリーランスとして独立した後、2010年に株式会社ベイジ設立。2021年にクラスメソッド株式会社のCDO(Chief Design Officer)にも就任。20年以上東京在住だったが、2022年4月から福岡に移住。

      採用サイト/採用オウンドメディアを作るメリット

      ナイル株式会社 岸穂太佳(以下:岸)

      早速ですが、はじめに採用サイト・採用オウンドメディアを作るメリットについてお伺いできますか?

      株式会社ベイジ 代表取締役 枌谷力氏(以下:枌谷氏)

      採用サイトのメリット

      採用サイトは、「求職者に対して自分の会社の魅力を提供する」という行為ですよね。採用サイトやオウンドメディアを作らない場合、転職サイトやWantedlyなどのプラットフォーム、採用イベントへの参加といった方法がありますが、お金を出して自分たちを露出させる方法しかありません。

      そうなると、プラットフォームや転職サイトのフォーマットにある程度合わせないといけない、といった制限が生まれます。Wantedlyの場合は、もう少し自由度が高いですが、その中でもアルゴリズムやルールに従う必要はあります。

      一方で、自分たちで採用サイトを作れば、際限なく自由に発信できる。ここが最大のメリットじゃないかと思います。

      ベイジさんのサイトも採用に向けて工夫されて作られていますよね。実際、自社サイト経由の応募者はどれくらい来るんですか?

      枌谷氏

      広告媒体を一切使わない、採用サイトだけのオーガニックなエントリーでいうと、平均年間100名ほどでしょうか。もちろん採用枠を絞る年もあるので、去年は80名ほど、その前は140名ほどあったかと思います。

      やはりこれだけ多くの応募者が来るのは、採用サイトからの認知なんでしょうか?

      枌谷氏

      実は、採用サイトって2014年頃からほとんど変えていなくて、今年リニューアルしようと思っているんですよ。それでも多くの応募が来るのは、やはりSNS等による露出の多さじゃないかと思いますね。

      日報サイト

      もう一つの理由は、オウンドメディアとして運用している「日報サイト」です。日報サイトというのは、社員が日報を社外に向けて発信するサイトのことです。弊社の場合、この日報サイトが採用オウンドメディアに近い役割を果たしています。

      なので、SNSと日報サイトが応募者の認知に効いている実感がありますね。

      採用サイト成功の秘訣とポイント

      採用サイト立ち上げ時にやるべきこと

      では実際、採用サイト立ち上げ時に気をつける点はありますか?

      枌谷氏

      求職者に話を聞くことですね。正しくは「元求職者に話を聞くこと」です。

      採用サイト求職者視点

      これまで様々な企業の採用サイトを制作してきた中で、すごく大きな課題だと思うのが制作会社と人事採用担当者だけで話していて、そこに求職者の声がないんですよね。「自分たちの魅力をどう表現するか」だけ話し合っていて、求職者が求めている情報を検討せずに採用サイトを作っているケースがとても多いんです。

      そうすると、変にアニメーションにこだわった映像コンテンツですか...?(笑)みたいなサイトが出来上がってしまう。結局、一番重要な求職者が求めている情報がのっていない採用サイトになっている、ということが起こります。こうならないように、まず「求職者の意見を聞くこと」が大事です。

      顧客獲得のマーケティングの場合は、顧客の声を聞くことが大事ですが、採用も同じ。実は、1番良いサンプルは社内にいるんですよね。

      特に2〜3年以内に入社した社員は、元求職者です。自分が転職活動していたときの心理をまだ覚えているので「こんな気持ちでサイトを見ていた」「こうして欲しかった」というリアルな声を聞くことができます。

      たしかに、求職者視点がなくなると、どうしてもサイトデザインをかっこよく見せたいとか、自分たちをよく見せたいといった一方的な想いが全面的に出てしまいがちですよね。

      何名くらいにヒアリングすると良さそうですか?

      枌谷氏

      ヒアリングは、アンケートとインタビューの2パターンあります。アンケートは、全体の傾向を見るためにやりますから、会社全体で取れる数を取るのが良いでしょう。ミニマムだと10名、社員数が多ければ100〜120名ほど取ったケースもありますね。

      インタビューは一対一で話を聞くという形で、3〜5名くらいでしょうか。重要なのは、「こういう人を採用できたら嬉しい」という、ロールモデル社員をピックアップすることです。その人自身の心理や、実際に会社のことを知った上で「こう見せるのが良いよ」といったことが言える人ですよね。

      ロールモデル社員

      一対一で深掘りしていくことと、全体の傾向という2軸で行いましょう。インタビューだけだど、その人だけが思っている可能性があるので、アンケートも合わせて実施することで、集団と個と両方の話を聞いて間の意見を反映させることが重要です。

      中途採用と新卒採用はサイトを分けるべき?

      採用サイトを立ち上げる際に、中途採用と新卒採用で見せ方や設計は変えていますか?

      枌谷氏

      これは時と場合によりますね。運用コストの観点では、中途と新卒で分けると、会社や事業說明といった共通コンテンツは、二重運用になっていくわけです。

      またユーザー視点でも、中途向けの情報を新卒が読みたくないかと言うと、意外とそうではないですよね。どんな企業から転職した先輩がいるのか、どんな上司がいるのかといった情報は、魅力に映るかもしれません。なので、基本的には分けずに中途、新卒採用は統合した方が良いとは思っていますね。

      ただ、最終的には採用人事の方針に従いますので、新卒専用採用サイトを制作する場合もあります。

      採用サイトリニューアルのベストタイミング

      よく弊社もご相談いただくのが、サイトリニューアルのタイミングなんですが、採用サイトの場合、どのように判断するのがベストですか?

      枌谷氏

      やっぱり事業側の必然性が一番大きいのではないでしょうか。人材獲得に注力したいタイミング。例えば、事業成長を加速させたいとか、新規事業立ち上げといった事業が変化するタイミングが一つです。

      サイトリニューアルのタイミング

      もう一つが、競合との採用獲得競争で、劣勢を強いられている実感がある場合です。例えば、競合に人材を取られている、内定辞退が続いている時です。このような場合、採用サイトに限らず、自分たちの価値・魅力・便益をどう訴求していくかを考えていく中で、その内容をしっかり採用サイトにも反映させる必要がありますよね。

      こうしたタイミングで、リニューアルを検討するといいかなと思います。

      採用においても、競合のサイトを把握することは大事ですよね。

      枌谷氏

      そうですね。求職と商品を買うという行為は、ほぼ一緒だと思っています。商品を買う場合は、自分の便益を満たすためにお金を出して商品サービスを買います。就職転職は、自分の人生やキャリアにおける欲しい便益を手に入れるために、会社を買うのではなく入社するんです。

      商品にはお金を投じますが、就職は時間を投じる。でもロジックは、商品購入と全く一緒です。だからこそマーケティング視点で考え、競合という考えが必要になってくるわけです。

      採用サイトに必要なコンテンツとは

      では続いて、採用サイトのコンテンツについて聞いていきたいと思います。会社概要や社風がわかるものだと思うのですが、枌谷さんのコンテンツづくりのポイントはありますか?

      枌谷氏

      やはり定番は、お仕事紹介のインタビューコンテンツですよね。それ以外で置いた方がいいものは二つあります。一つ目は、「私たちの会社に入社するメリット」というコンテンツです。要するに、求職者の立場に立ったときに“自分が会社に入るメリットは何か”をはっきりと書いたコンテンツです。

      入社メリット

      よくあるのは、「当社で働けばやりがいがあります!」「生き生きと働くことができます!」と書いてるのですが、だから何なの?という話なんですよ(笑)。

      伝わない人が一定数いるコミュニケーションスタイルではなく、はっきりと求職者の人生やキャリアにとって与えられるメリットを言語化して載せることが重要です。例えば「私たちの会社に入る8つのメリット」みたいなコンテンツを置くことです。

      もう一つは、他社にないコンテンツです。本質的には、他社にない採用・人事制度を作っておき「この会社は他の会社と違うから入ろうかな」という気になりますよね。この要素が採用サイトにもあると、引っ掛かりになると思います。

      例えば、弊社の場合は下北沢に拠点があるんですが、下北沢のランチ情報を載せています。求職者と関係ないと思うかもしれませんが、実際入社するとなると、働くのではなく生活することになるんですよね。あとは、「私たちの失敗経験」という社員が失敗した話を載せています。こういった、他社があまり出していない情報を出すことで、コンテンツでしっかりと個性を出せるんです。

      「この会社ユニークだな」みたいな、“この会社ならでは感”を演出するコンテンツを、必須コンテンツのプラスアルファとしてまぶすことは、理想的じゃないかと思います。

      採用サイトよくある質問

      うまくいく採用サイトの運用パターン

      採用サイトも成果が出るまで時間が必要ですよね。運用を上手く進めるためのアドバイスって何かありますか?

      枌谷氏

      やっぱりトップが了承をコミットしているかどうかが一番重要ですね。トップがやらなきゃいけないと強く言っている場合、それ以上の説得コミュニケーションは要らないんですよ。

      採用サイト運用

      逆に、トップが「うまくいくの?」「成果どうなの?」とかちまちま言ってくると(笑)

      色々な制約が加わって、結局発信できないとなってしまいます。

      あとは、コンテンツ単位での成果は見ないですね。ある一定の失敗と成功が混在するメディアという前提で行うことが大事です。

      採用サイトのKPIは?立ち上げ期間はどれくらい?

      なるほど、採用サイトのKPIってどのようなものを置いた方がいいとアドバイスされてますか?

      枌谷氏

      KPIの候補は5つあります。エントリー・書類選考・面接・内定・入社この5つに絡む指標です。この5つのどこにボトルネックがあるか突き止めた上で、どこの数字を引き上げたら採用課題が解決するかに焦点をあてKPIを決めると良いのではないでしょうか。

      採用サイトを作るうえでの、理想の期間ってどれくらい設けますか?

      枌谷氏

      私は経営者なので、「そんなの1、2ヶ月でオープンしなよ」「6ヶ月もかけないでよ」というお客様の気持ちは、めちゃくちゃわかります(笑)。

      一方で制作側の気持ちとして、焦って作ってしまうとやはり軸がブレていたり、本来の会社の魅力が表現できていなかったり、コンテンツはあるのに他社との違いがわからないといった状況を生みかねないので、結局はバランスよく進めていかないといけないと思います。

      3〜6ヶ月くらいの間で行うのが妥当じゃないでしょうか。もし3ヶ月でやる場合は、最低限のコンテンツをまず出して、じっくり煮詰めたものを徐々に出していく方がいいです。

      採用サイトで作ったコンテンツは、採用ピッチ資料やSNSに転用できるんですよね。じっくり質の良いコンテンツを作れば、そのあと数年かけて転用できます。なのでこの1.2ヶ月急ぐよりも、もう少し先を見越して作った方が結果的に経済合理性が高いと思います。

      後編は、採用におけるSNS活用について解説してますので、こちらも合わせてご覧ください!

      SEO対策の悩みをプロに相談してみませんか?

      SEOやWebマーケティングの悩みがありましたら、お気軽にナイルの無料相談をご利用ください!資料では、ナイルのSEO支援実績(事例)、コンサルティングの方針や進め方、費用の目安といった情報をご紹介しています。あわせてご覧ください。

      サービス資料をダウンロードする

      無料でナイルに相談する

      採用サイト成功の秘訣とSNS活用術|ベイジ枌谷氏×ナイルTVナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      SEO代理店の選定方法~どんなベンダを選ぶべき?~

      社内SEOとSEO代理店(エージェンシー)の利点を比較し、SEO代理店が提供する様々なサービスについて説明しております。またエージェンシーの評価方法、危険信号としての警告サイン、そして適切なエージェンシーを選ぶための重要な質問リストも記載しています。
      このガイドは、SEOの効果的なサポートを探している企業にとって、倫理的かつ効果的なプロフェッショナルやエージェンシーを見つけるための記事です。SEOの専門知識、マーケティングのノウハウ、そして長期的なエンゲージメントの重要性を強調しています。

      このガイドでは、SEOエージェンシーを選択し、審査するためのAからZまでを詳しく説明し、注意すべき具体的な点を紹介します。

      社内SEOまたはSEOエージェンシー:あなたのビジネスに適しているのはどちらですか?

      SEOの取り組みを強化する際に多くのビジネスが直面する最初の質問の一つは、社内で雇うべきか、それともアウトソースするべきかということです。

      答えは、あなたの予算と目標にあります。それぞれの選択肢には利点があります。理想的な世界では、両方を持つことができます。

      しかし、一方を選ばなければならない場合は、それぞれの利点を理解し、あなたのニーズに最適なものを決定することが重要です。

      SEOエージェンシーの利点

      SEOエージェンシーは、経験豊富で洞察力のあるアナリストのシンクタンクであるべきです。

      彼らの経験と才能、そして才能ある仲間、ツール、データへのアクセスは、どんなビジネスにとっても貴重なリソースです。

      SEOエージェンシーを雇うことの5つの利点は次のとおりです。

      • 新たなSEO戦略へアクセスできる
      • 最先端のツールを使用できる
      • 包括的なSEO専門知識を得る
      • SEOのベストプラクティスの実装方法を学ぶことができる
      • 専門家を相談窓口として利用できる

      社内SEOの利点

      一方、社内SEOにもいくつかの利点があります。

      • 社内SEOはあなたのビジネスに100%専念し、あなたのブランドに焦点を当てています。
      • 業界に関する豊富な知識を持ち、あなたのビジネスの固有なニーズを理解しています。
      • 会社内の他のチームメンバーと密接に協力する利点があります。
      • ITやマーケティングにより強い影響を与えることができます。(一方で、チームが反応しない場合、代理店は経営幹部に問題をエスカレーションすることができます。社内の言葉が聞き入れられない場合、エージェンシーは会社が耳を傾ける外部の声になることができます。)
      • あなたのブランドを成長させることで、会社のメッセージをマーケティングでより適切に表現することができます。
        トレードオフは、10年から15年の経験を持つ社内の専門家は非常に需要が高く、したがって一般的に非常に高価であるということです。

      彼らは見つけるのが高価で、雇うのが難しく、しばしば、需要によって彼らが去ることになります。

      どちらがあなたに適していますか?

      SEOエージェンシーまたは社内SEOを選ぶかどうかにかかわらず、下調べを十分してください。あなたは経験豊富で倫理的で効果的な専門家またはエージェンシーを望んでいます。

      SEOエージェンシーが提供するサービスは?

      異なるエージェンシーには異なるサービスモデルがあります。これには、SEO監査からフルサービスの提供まで、さまざまなものが含まれる場合があります。

      あなたのウェブサイトとビジネスの状況に応じて、SEO戦略は異なる場合があります。

      たとえば、SEO監査から始めることがあります。これは、サイトが現在どこにあるかを評価し、次のステップのための戦略的な道筋を提案するための最良の方法です。

      SEOエージェンシーを雇うために利用できるサービスには以下のようなものがあります:

      • SEOウェブサイト評価と監査
      • 検索エンジンランキング評価
      • SEOコンサルティング
      • フルサービスSEOプログラム
      • ローカルSEO
      • ウェブサイトコンテンツ監査
      • コンテンツ開発
      • PPC管理

      SEOエージェンシーの評価方法

      社内で雇うか、アウトソースするか、またはその両方を選ぶかを検討した後、SEOエージェンシーやコンサルタントを評価する方法を知ることが重要です。

      SEOは、多くの非倫理的なビジネスが年々参入してきたため、不信感が広まっているビジネス分野の一つです。

      では、SEOベンダーを探している人は、どのようにして正しいエージェンシーを選ぶことができるのでしょうか?

      次に、評価する5つの領域について説明します

      • 評判
      • 専門知識
      • マーケティングのノウハウ
      • エンゲージメント
      • レビュー、ケーススタディ、お客様の声

      評判の評価

      評判を評価することは、SEOエージェンシーを選ぶ際の重要な部分です。多くの会社が「マーケティング」に長けています。

      言い換えれば、彼らは美しいウェブサイトを持ち、プロフェッショナルなフロントを提供することができますが、舞台裏では、SEOの結果をもたらすために必要な才能が欠けていることがあります。

      専門知識の評価

      マルコム・グラッドウェルは彼の著書「Outliers」で、何かの専門家になるためには1万時間の練習が必要だと言っています。

      彼は後に、その数字は業界によって異なると同意しましたが、SEOに関しては、それは2万時間に近いと私は信じています。

      SEOエージェンシーは歴史的に問題を抱えていました。彼らは一人以上の専門家によって設立され、成長するためにはチームを構築し、実際の作業から手を引かなければなりませんでした。

      しかし、彼らはまたビジネスを利益を出す必要があり、労働コストは最大のコストです。その結果、多くのエージェンシーは、初心者レベルのプロフェッショナルを使用して拡大しました。

      ただし、この戦略はクライアントがエージェンシーのSEOアナリストよりもSEOについて詳しい場合には持続不可能です。

      経験が、エージェンシーを雇う際に探すべきもので、エージェンシーを区別するものです。

      それにより、私たちは社内で存在しない解決策に対して、クライアントの最も困難なSEO問題を解決することができます。そして、それが今まで以上に必要です。

      結局のところ、あなたが雇うエージェンシーよりも多くを知りたくはありません。

      特に今日の環境では、世界中で多くのことが変化しているため、ビジネスはオンラインで生き残るために最高のSEO戦略が必要です。

      マーケティングのノウハウの評価

      優れた SEO 代理店は、検索エンジンの最適化が、ターゲット ユーザーに対するビジネスのマーケティングの全体像にどのように適合するかを理解すべきです。

      それは、断片的ではなく、販売しようとしている人々も理解する必要があります。

      これは、キーワード選択やサイトナビゲーションからコンテンツ作成に至るまで、SEOのすべてに影響を与えます。

      もう一つ考慮すべきことは、SEOが他のデジタルマーケティングの領域に影響を与え、その逆もまた然りであるということです。

      最も効果的であるためには、ビジネスはSEO、PPC、または他のものに依存することによってすべての卵を一つのバスケットに入れたくないでしょう。そして、SEOベンダーもこれに同意すべきです。

      これらすべてが、あなたのマーケティング、ブランディング、オンラインでの可視性を高めるために協力しています。

      エンゲージメントの評価

      優れた SEO ベンダーは、お客様が結果を達成できるよう、必要な限り協力したいと考えています。 

      それは、SEO が無意味なタスクを実行している間、あなたが苦労する必要があるという意味ではありません。

      SEO は、最初にベンダーと契約したときの Web サイトの位置に応じて、多くのフェーズで構成されます。 

      たとえば、何よりもまず対処する必要がある Google からのペナルティがあるとします。

      あるいは、サイトの再設計の真っ最中で、Web サイトが今後も成功するようにセットアップするために SEO を活用する必要があるかもしれません。

      結果が得られるまでには時間がかかる場合がありますが、結果は実証可能なものである必要があります。 

      私は、定量化可能な一連の測定を行わずに、成果物の長いリストを掲載しているサイトをたくさん見てきました。「月に8ページ編集する」はROIではなく、実行しやすいです。

      また、多くの Web サイトはしばらくすると SEO ベンダーによるメンテナンス モードに移行することにも注意してください。しかし、優れた SEO パートナーは、サイトを定期的に改善するための新しい方法を常に探しています。

      多くの代理店やコンサルタント会社では、少なくとも 4 ~ 6 か月要求されるケースがあります。

      契約に縛られないことはクライアントにとっては良いことですが、結果を達成するには期限があることを理解することが重要です。 

      検索エンジンは 1 か月間 Web サイトの変更を認識しない可能性があるため、SEO には忍耐が必要です。

      レビューとお客様の声の評価

      顧客のレビューも役立ちます。ノイズを通して切り抜ける一つの方法は、過去のクライアントからいくつかの参照を求めて、SEOベンダーが彼らにどのようにパフォーマンスを発揮したかをよりよく理解することです。

      また、SEOケーススタディをレビューすることもできます。彼らが成功したSEO戦略を作成していることを確認することが重要です。つまり、短期的な修正ではなく。

      SEOエージェンシーの審査:危険信号

      選択プロセスを進める際には、審査プロセスの大部分があなたにかかっていることを覚えておいてください。

      あなたは、ベンダーを選別し、最適なフィットを見つけるのに役立つ知識と質問を得たいと思っています。

      そして、プロセスを進める中で見かけるかもしれない危険信号に注意してください。

      Googleは、以下のようなことに注意するように指摘しています

      • 突然メールを送るSEO会社やコンサルタント、エージェンシー。
      • GoogleでのNo.1ランキングを保証する。
      • 秘密主義、または彼らが何をするつもりかを明確に説明しない。

      SEOを雇う際に注意すべきことのリストは次のとおりです

      • リンクをSEO戦略の主要な販売ポイントとして強調する会社。これは時代遅れの戦略です。品質の戦術を通じて有機的なリンクを獲得しようとする企業は通常問題ありません。
      • 多くのオフショア労働者を持つ会社。あなたは、会社のターゲットまたは第一言語/経験がない言語や異文化を持つSEO代理店。
      • SEOに安い料金を請求する会社。彼らは教育とサービスに対して献身的でないか、それ以上に悪いかもしれません。安いSEOはあなたのビジネスに損害を与える可能性があります。
      • 「トップランキング」を約束する会社。これは、どの会社にとっても非常に難しいことを保証しており、その約束自体がSEOの規律を安易なものにしています。
      • 多くの苦情が対象とされている会社。これを調べるためにあなたの勤勉さを行使してください。
        SEOコンサルタントが有能ではない9つの警告サインをさらに掘り下げる

      SEOエージェンシーを評価するための10の質問

      どのような領域を評価する必要があるかをよりよく理解した今、SEOエージェンシーを評価するために実行できる質問リストを以下に示します

      • SEOベンダーはどのくらいの期間ビジネスを行っていますか?
      • クライアント対応チームには十分なスキルと経験がありますか?
      • 会社は講演、専門家のコンテンツ、トレーニングを通じて思想的リーダーシップを示していますか?
      • 会社は業界の同僚の間で良い評判を持っていますか?
      • 会社は賞や賞賛を受けていますか?
      • 会社は業界の専門家コミュニティにどの程度関与していますか?
      • 会社のSEO方法はGoogleの品質ガイドライン内に収まっていますか?
      • SEO会社はどのような顧客層にサービスを提供していますか?
      • SEOベンダーはその方法論を通じてクライアントにどのような結果をもたらしましたか?
      • 彼らは新しいクライアントとどのように協力しますか?たとえば、正式な新人研修プロセスを持っていますか?専任のアカウントマネージャーがいて、コミュニケーションがオープンに保たれていますか?彼らは自分たちのサービスに関するトレーニングを提供していますか?

      SEOエージェンシーを選ぶ際には時間をかけてください

      SEOベンダーを見つけることは時間がかかるプロセスです。

      完璧なフィットを探す際の主な考慮事項には、以下が含まれます

      • 会社の倫理観と、検索エンジンのガイドラインに従っているかどうか。
      • 専門知識のレベル、実践年数、評判、スキルセット、知識を含む。
      • 提供されるサービスとあなたが必要とするもの。
      • 質の低いエージェンシーを示す危険信号に注意する。

      ここで概説した方法のいくつかを使用することで、SEOサービスを購入する際により情報に基づいた決定を下すことができるはずです。
      これは特に、お金がかかっている場合や、SEOの実践がビジネス全体だけでなく、そのウェブサイトにも助けになるか害になるかが重要な場合に重要です。

      ※この記事は、Search Engine Landに掲載された「How to hire an SEO agency: The definitive guide」を翻訳した内容です。

      コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

      【下書き_五十嵐】コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説

      コンテンツマーケティングにおいて、記事作成はとても重要です。検索経由の集客はもちろん、リードナーチャリングなど、さまざまなマーケティング施策にも役立ちます。

      しかし、コンテンツマーケティングで作る記事にはどのような種類があり、具体的にどのように進めたらいいのかなど悩まれる方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、コンテンツマーケティングと記事作成の関係性や、作成する記事の種類、ステップごとにまとめた記事作成の手順をわかりやすく解説します。記事後半では、コンテンツマーケティングの記事作成で失敗しないためのコツもまとめているので、ぜひ最後までお読みください。

      なお、コンテンツマーケティングの基本を押さえたい方は、【わかりやすい】コンテンツマーケティングとは?必要な理由・代表的な施策・実践方法も併せてご覧ください。

      記事制作やコンテンツ制作でお困りの方へ

      高品質なコンテンツを制作し、 集客やCV改善へ繋げることがナイルの強みです。「見積りが欲しい」、「専門性が高い記事の執筆」、「インタビュー記事の制作」など、お気軽にご相談ください!

      サービスの詳細を資料で確認する

      無料相談に申し込む

      コンテンツマーケティングにおける記事作成とは

      まずは、コンテンツマーケティングにおける記事作成の基礎を押さえていきましょう。以下の流れで解説します。

      • コンテンツマーケティングの概要
      • コンテンツマーケティングと記事作成の関係性

      コンテンツマーケティングとは

      コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益なコンテンツ(記事や動画など)を届けることで自社のサービスやブランド認知度を向上させ、購入への意欲を高めてもらう手法のことです。現代では、多くの企業が集客や販促にコンテンツマーケティングを活用し、売上アップにつなげています。

      コンテンツマーケティングはその効果も大きく、実際にナイルが支援を開始してからわずか半年でコンバージョン数が3.4倍まで急成長した事例もあります

      事例の詳細はSEO・サイト改善事例】たった半年でCV数3.4倍へここまで早く成果を出せる理由とは|株式会社ライフワークスをご確認ください。

      コンテンツマーケティングと記事作成の関係

      コンテンツマーケティングで取り扱うコンテンツは幅広く、以下のようにいくつかの種類があります。

      コンテンツマーケティング< コンテンツの種類 >(ソーシャルメディアのコンセプト。マーケティング時間。スマートフォンで笑顔の絵文字を友人に送る手元)

      このなかでもよく使われるのがWeb記事、つまり「記事コンテンツ」です。

      記事コンテンツとは、オウンドメディアなどWebサイト上で公開される解説や事例紹介などの記事全般のことです。顧客のニーズに応える記事コンテンツを公開し、Webサイトに集客することを目的としています。

      記事コンテンツは汎用性が高く、検索流入や広告の誘導先、SNSでのシェアなど、さまざまな集客に活用できます。そのため、コンテンツマーケティングの中心的な施策として見られることが多いです。

      しかし一方で、ユーザーのニーズは幅広い上にメディア間での記事の競合も激しいため、アクセスを集めるために数百単位の高品質な記事コンテンツが必要になることも珍しくありません。結果として、多くの企業が記事コンテンツの作成にリソースを投入し、さまざまな種類の記事を作成しているのが現状です。

      コンテンツマーケティングで作成する記事 5つの種類

      それでは、コンテンツマーケティングでは具体的にどのような記事コンテンツ(以下、記事)を作成するのでしょうか。以下、主な記事の種類を5つ紹介します

      記事によって役割や用途が異なるため、詳しく見ていきましょう。

      種類1 SEO記事

      1つ目に紹介するのが「SEO記事」です。

      SEO記事とは、検索エンジンの検索上位表示を目的に執筆される記事のことで、検索順位で優遇されやすくなるように執筆するのが特徴です。例えば、E-E-A-TなどGoogleの検索アルゴリズムで優遇される要素を取り入れたり、記事のタイトルや見出しに検索キーワードを組み込んだりといったテクニックをもとに作成されます。

      検索上位を獲得すれば検索流入が見込めるため、Webサイトに多くのユーザーを集めたい場合に作成されます。

      種類2 レポート記事

      2つ目は「ニュース・レポート記事」です。ニュース・レポート記事とは、企業の最新情報や、リサーチ・サーベイの結果報告、ウェビナーの報告などを提供する記事を指します。例えば、新しいサービスの販売開始情報を告知する記事や、業界の動向などのデータをまとめた記事などが代表的です。

      ニュース・レポート記事は、外部サイトから参照されやすいため、単純なアクセス数の増加や、SEOにおける被リンクの獲得の効果があります。また、PR TIMESなどのプレスリリースサイトに流すこともできるため、大手ニュースメディアに取り上げてもらえる可能性もあるのが特徴です。

      このようにニュース・レポート記事は注目を集めやすいため、企業の認知を広め、新たなユーザーや顧客を獲得する際に有効です。

      種類3 広告記事

      3つ目に紹介するのは「広告記事(記事広告)」です。広告記事とは、一般的な記事と同じ体裁で執筆される広告のことを指します。商品の販売や商談獲得を目的としており、SNSやプレスリリースでの拡散のほか、SEO記事と同じように検索結果の上位表示を目指して作成されることもあります。

      例えば、特定の商品に関する情報をGoogleで検索したとき、通販サイトとは異なるブログ風の記事で、インフルエンサーや著名人が商品の紹介をしたり、購入の提案をしたりしている記事を見たことはありませんか。その記事こそが広告記事です。

      広告記事は、あくまで記事の体裁であるため、いわゆるバナー広告のようなあからさまな売り込み感を緩和できるのが特徴です。ユーザーに読み飛ばされずに読んでもらえる可能性が高まるため、自社商品やサービスに対する理解や信頼感をユーザーに与えることができます。信頼してもらえれば商品そのものの購入や問い合わせなどコンバージョンにつながります。

      この記事もチェック

      ウェブマーケティングや広告で新しい打ち手を考えているという方におすすめの手法が記事広告(タイアップ広告)です。本記事では、記事広告の種類...
      記事広告とは?成功の秘訣や料金相場、ステマ規制の対策まで詳しく解説 - www.seohacks.net

      種類4 ナーチャリング用記事

      4つ目に紹介するのは「ナーチャリング用記事」です。

      ナーチャリングとは「育成」のこと、つまり「自社の商品やサービスを購入しようか悩んでいるユーザーの疑問を解決し、購入に向けて背中を押すために作成される記事」がナーチャリング用記事にあたります

      ナーチャリング記事の例を挙げると、利用シーンが細かく解説された「導入事例」や、実際に導入して成功したユーザーの口コミやインタビューを紹介する「成功事例」などがあります。商品の購入やサービスの利用を検討しているリード顧客に、実際に商品を利用しているユーザーの事例を紹介し、購入の後押しするわけです。

      ナーチャリング記事は、集客に貢献するSEO記事のような役割もできるほか、リードナーチャリング(商談獲得のアシスト)や、LTV(顧客生涯価値)の向上、さらには商談やCS(カスタマーサービス)の資料としても活用が可能です。集客から接客まで広く使えるのがメリットと言えます。

      なお、リードナーチャリングについては「リードナーチャリングに活かせるコンテンツ例4つ!作成手順も解説」で詳しく解説しています。併せてご一読ください。

      種類5 面白系・ネタ系記事

      5つ目は「面白系・ネタ系記事」です。面白系・ネタ系記事とは、ユニークな情報や話題を提供し、読者の興味を引くことを重視した記事のことです

      例えば、特定の業界やテーマに関するトリビアや裏話、話のネタになるような情報などが該当します。これらは読者が気軽に楽しむことができ、SNSなどでシェアされやすいのが特徴です。

      リードナーチャリングやLTV向上を目指す場合、面白系・ネタ系記事は非常に効果的です。読者が楽しみながら読むことでブランドへの関心や親近感を高めたり、定期的にサイトを訪問するきっかけを作ったりすることができます。

      なおナイルでも、ときどき面白系・ネタ系記事を作成しています。気軽に楽しく読めるなかでも、具体的な発見のある記事を提供していますので、ぜひ「転生・キメラ」ホワイトペーパーを量産したら、リード獲得が昨対比で2.5倍になった話」をご覧ください。

      コンテンツマーケティングにおけるSEO記事作成8つのステップ

      ここからは、コンテンツマーケティングにおける具体的な記事作成の方法として「SEO記事」を例に手順を解説します。以下の8ステップで説明します。

      ステップ1 自社と顧客のニーズを洗い出し整理する

      1つ目のステップは、自社と顧客のニーズの洗い出しと整理です。事前に双方のニーズを整理しておくことで、自社が情報を届けたい相手に届く記事を作ることができます。

      自社と顧客のニーズを整理する方法には、例えば「カスタマージャーニー」があります。カスタマージャーニーとは、以下の図のように、顧客が商品を認知してから購入・リピートに至るまでの行動別に、必要な施策やキーワードを整理していく分析手法のことです

      カスタマージャーニーの例

      カスタマージャーニーを利用すると、自社のニーズ(目的や達成したいこと)と、顧客のニーズとをわかりやすく突き合わせることが可能です。詳しくはカスタマージャーニーとは?作成の目的と注意点を解説でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

      より本格的に整理する場合は「コンセプトダイアグラム」と呼ばれる図解をもとに、根本的なオウンドメディアの建付けから設計をする場合もあります。ナイルでは「コンセプトダイアグラム」をもとにしたオウンドメディアの立ち上げや改善支援も提供しています。具体的な事例については、【インタビュー】オウンドメディアの戦略設計からコンテンツ制作までトータル支援|松尾産業株式会社をご一読ください。

      ステップ2 上位表示を狙うキーワードを決定する

      次に取り組むのは、検索上位表示を狙うキーワードを決めることです。カスタマージャーニーで整理して見えてきたキーワードのなかから、より多くのユーザーに記事を読んでもらえ、かつ成果につながるキーワードを選定します

      キーワード選定する際のポイントは、以下の4つです。

      • ユーザーに検索されるキーワードか
      • 集客後、コンバージョンにつながるか
      • 既存の記事コンテンツと重複はないか
      • 自社と顧客、双方のニーズが合致するか

      「ユーザー検索されているか」では、キーワードごとの検索ボリュームを確認します。検索ボリュームが高ければ上位表示された際の流入数も多くなるため、検索エンジンからの訪問者数を増やす上でとても有効です。検索ボリュームはGoogleキーワードプランナーなどのツールで簡単に確認できますので、こちらの記事を参考に調査をしましょう。

      この記事もチェック

      キーワードの検索ボリュームは、SEOの難易度を判断するひとつの基準となります。検索ボリュームの調べ方や、SEOにおける検索ボリュームの考え方、...
      検索ボリュームの調べ方とSEOにおける考え方 - www.seohacks.net

      また、そのキーワードで集客後にコンバージョンにつながるかも重要です。キーワード候補ごとに、記事を読んだ人が問い合わせなど具体的な行動をしてくれるかを見極め、より可能性の高い記事を優先して作成するようにしましょう。

      具体的なキーワード選定方法については、「【真の成功を目指して】SEO成功のための5つのキーワード選定法」をご覧ください。

      ステップ3 リサーチして記事の方向性を定める

      上位表示を狙うキーワードが決まったら、次はリサーチを行って記事の方向性を定めます。検索エンジンで上位に表示されている記事の内容や文字数、タイトルの付け方などをチェックし、どのような記事を執筆すれば良いかを検討しましょう。

      このステップで欠かせないのが、ユーザーがどのような気持ちで検索をするのか、つまり「検索意図」の言語化です。検索意図を把握しておくことで、どのようなアプローチで記事作成をすれば良いのかを判断しやすくなります。

      検索意図には「Know(知りたい)」「Do(したい)」「Buy(買いたい)」「Go(行きたい)」と大きく4つの種類があります。上位を狙うキーワードが、どういった意図で検索されているのかを整理しておきましょう。具体的な分析方法は以下のとおりです。

      検索意図 分析方法
      Know(知りたい) Googleの検索候補や関連語を調査し、ユーザーが何を知りたいと思っているかを把握する
      Do(したい) ユーザーが何を行いたいのか、どのような行動を取りたいのかを理解するために、Googleの検索結果やトレンドを調査する
      Buy(買いたい) googleのショッピング検索結果やレビューサイト、SNSの口コミを活用し、ユーザーが何を購入したいのか、どのような商品やサービスに興味があるのかを調査する
      Go(行きたい) Googleマップの検索結果やWebサイトのアクセス数を調査し、ユーザーがアクセスしたい場所やWebサイトに関する情報を整理する

       

      より詳しくは「SEOにおける検索意図とは?見抜き方やコンテンツの作り方」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

      検索意図を確認できたら、次に具体的なリサーチを行います。対象のキーワードで上位表示されている記事を読み、取り扱っているテーマや情報の幅広さや、内容の深さ、視点などを確認しましょう。リサーチが難しい場合には、「Ahrefs」「DS.INSIGHT」「ミエルカ」などSEO用の分析支援ツールを利用するのもおすすめです。

      分析ができたら、どのような記事にすべきか方向性を定めます。箇条書きなどで方向性を整理しつつ、書くべき内容を整理しましょう。

      ステップ4 記事の構成を作る

      ステップ4は、記事の構成を作ることです。記事の構成を作る際に考えたいのが「読者が求める情報を最も理解しやすい形で伝えるために、何を・どのように・どの順番で配置するか」という点です

      情報の意味やトピックの大きさ、具体性などに注意しつつ、階層構造で整理をしましょう。以下、作業のイメージがつかみやすいよう、マインドマップで構成検討する流れを紹介します。

      記事構成のためのマインドマップ1

      まずは、対象となる読者がどのような情報を求めているか、どのような情報が必要かを整理します。ステップ3で整理した検索意図やリサーチ情報を参考にしつつ、対象のキーワードで検索する読者のニーズに応える情報を列挙しましょう。この時点ではまだ情報のグループ分けや階層化は不要です。

      記事構成のためのマインドマップ2

      次に記事構成のたたき台を作成します。列挙した情報を「意味」や「言葉の大きさ」に応じてグループに分け、階層化しながら詳細な構成を組み立てていきます。見出しは読者が何を求めているか、つまり「知りたいこと」や「解決したい課題」に対応するよう抽象的に設定し、見出しに具体的な情報をひも付けて整理をしていきましょう。

      記事構成のためのマインドマップ3

      グループ整理が進んできたら「対象のキーワードで調べる読者は何を先に知りたいことは何か」「どのような表現なら理解しやすいか」を自問自答し、見出しの位置や表現を整理しましょう。ここまで進むと、記事の構成として形ができあがってきます。

      ただし、上記はあくまでわかりやすく流れを理解するためのイメージです。実際に構成を作る際の手順は「SEOに強くなる!記事構成の作り方を解説」で詳しく説明しています。ぜひお読みください。

      なお、記事構成を作る上ではタイトルも重要です。見出し構成が見えてきたタイミングで、以下を参考にタイトルも検討しましょう。

      ステップ5 記事を執筆する

      ステップ5で、いよいよ記事を執筆に取り掛かります。事前に組み上げた構成をもとに、以下の記事の要素に沿って執筆を行います

      トップコピー、ボディコピー、ボトムコピー

      記事作成にはまず「リード文」(トップコピー)が必要です。リード文は記事の先頭部分に書かれる短い文章で、読者に記事の概要を伝える役割を持ちます。リード文が興味を引く内容でなければ読者は記事を読み進めることはありません。そのため、細心の注意を払って執筆する必要があります。

      続く本文(ボディコピー)では、見出しに沿って読者の検索意図に回答する文章を作成します。h3やh4など小見出しを複数利用した階層の深い記事を執筆する際は、h2の大見出しの趣旨と、配下の小見出しの内容が食い違わないよう注意しつつ執筆しましょう。

      記事の終わりには、まとめ文(ボトムコピー)を設けます。ここでは記事全体の内容を要約し、読者に対して何を行動するべきかを示します。最後まで読んでくれた読者に向けて感謝の気持ちを伝えつつ、丁寧にまとめましょう。

      記事作成は一見単純な作業に見えますが、SEO効果を最大限に引き出すためには、キーワードの配置や見出しの設定など、細部に至るまで配慮が必要です。具体的な方法については、記事の作り方を5つのステップで解説!基礎からわかる完全ガイドをご一読ください。

      ステップ6 SEOで有利になるよう調整する

      次に行うのが、SEOで有利になるよう調整することです。この調整を行うことで、検索エンジンに記事の内容が伝わりやすくなり、より多くの人に記事を届けられる可能性が高まります。

      具体的には、記事内への画像や動画の埋め込み、タイトルやメタディスクリプションへのキーワード追加、内部リンクの追加などが行われることが多いです

      まず画像や動画の埋め込みは、ユーザーが記事を読む上で視覚的に理解しやすくするために行います。Googleの検索エンジンも画像や動画の埋め込みによってユーザー体験を高めることを評価しており、SEO上も有益です。ただし、画像や動画を埋め込むことで記事の読み込み速度が落ちるとSEO的に逆効果になる恐れがあります。画像を必要最低限のサイズに圧縮するなどし、サイトスピードに影響がないように配慮しつつ埋め込みましょう。

      タイトルやメタディスクリプションへのキーワード追加もSEO対策上、欠かせません。特にタイトルやメタディスクリプションは検索エンジンの結果ページで表示される情報です。キーワードを含めておくことで、ユーザーは検索画面で自分が知りたいことと合致する記事であることを理解し、クリックをしてくれるようになります。

      このほかにも内部リンクの最適化など、記事単体ではなくサイト全体で対策していくことも数多くあります。具体的な対策については、以下の無料資料で詳しく説明していますので、ぜひお気軽にダウンロードしてご覧ください。

      ステップ7 記事を編集・校正する

      7つ目のステップは記事の編集と校正です。

      記事の内容が誤っていたり、文章がわかりづらかったりすると、読者はすぐに見切りを付けてサイトから離脱をしてしまいます。そうなれば商品を知ってもらうことも、ブランド認知度を高めることもできず、記事コンテンツによる集客・接客の効果を最大限発揮するのが難しくなります。

      そのため、記事作成後は誤字脱字や情報の正誤、記事の論理性、規制遵守などを確認して記事の品質を担保するようにしましょう

      詳しくは「ミスを減らす!記事校正9つのチェックリスト」で詳しくまとめているので、こちらを参考にしてください。

      ステップ8 公開後、検証しリライトする

      SEO記事作成の最終ステップは、公開後、検証しリライトすることです。

      記事は公開して終わりではありません。安定して成果を生み出すためには、狙ったキーワードで何位に表示されているのか、作成した記事が想定していたとおりの効果を生み出したのかなどの分析・検証が不可欠です。

      GoogleサーチコンソールやGRCなどの検索順位チェックツールを使い、記事公開後、1ヵ月ごとなど期間を決めて検索順位を定点観測し、記事の成果がどのぐらい出ているのか、改善余地がある記事がないかを確認しましょう。数値で把握できるため、成果の有無によってリライトすべき記事の特定がしやすくなります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

      この記事もチェック

      SEO対策を行う場合、欠かせないのがSEOツールです。SEOの観点からウェブサイトの内容をチェックしたり、現在の検索順位をキーワードごとに確認した...
      おすすめSEO分析、キーワード調査ツール16選!コンサルタントが活用法を解説 - www.seohacks.net

      検索順位が低い場合や、検索順位が上がっていなくてもコンバージョンが発生している場合など、記事の修正によってさらなるマーケティング的な効果が期待できる場合にはリライトを行います。特に記事数が多いWebサイトの場合は、どの記事をリライトするべきかの優先順位を戦略的に検討するようにしましょう。闇雲にリライトを行っても、時間がかかってしまうばかりで成果につながらないケースもあるからです。

      実際にリライトでどれだけ成果が出るのかについては、ナイルが実施した「半年で検索流入7倍!記事リライトで成果を出すSEOライティング実践編」をぜひご覧ください。

      コンテンツマーケティングでSEO記事作成する際の3つのポイント

      コンテンツマーケティングでSEO記事を作成する際のポイントは、以下の3つです

      ポイント2やポイント3は、記事作成で特に成果を上げることにつながります。詳しく見ていきましょう。

      ポイント1 リライト前提で記事を書く

      1つ目のポイントは、リライト前提で記事を書くことです。

      SEO記事は、検索上位の記事よりも価値が高い内容で丁寧に作りこんだとしても、なかなかすぐに1位を獲得できるものではありません。なぜなら検索順位は単純に記事の質だけで決まっているわけではなく、サイトのドメインパワーや対象カテゴリでどの程度検索順位がついている記事があるかなど、ほかの要因も影響しているからです。

      そのため、最初は順位がつかない前提でスタートし、地道に改善して順位を高めていく心づもりが重要です。

      なお、リライトする記事を選ぶ際は、記事の流入キーワードを見て、上位表示を狙える可能性があるのかを確認しましょう。例えば「DX 事例」のキーワードで上位が取れていないが「DX メリット」では上位に表示できているケースです。この場合、記事に対するGoogleの評価はついていると考えられるため、リライトによってターゲットとするキーワードの順位改善が見込める可能性が高いです。

      よりリライトの観点について詳しく知りたい方は、下記の無料資料をぜひご覧ください。ナイルがどのように考えて記事のメンテナンスを行っているかをわかりやすく解説しています。

      ポイント2 トピッククラスターを意識する

      2つ目のポイントは、トピッククラスターを意識することです。

      上述したとおり、SEOにはコンテンツの質だけではなく、ドメインパワーといった要素も影響しているため、闇雲に記事を作成しても、なかなか成果が出ません。そこで戦略的に記事を作成する上で、押さえておきたいのが「トピッククラスターモデル」です。

      トピッククラスターモデルとは、1つの主題(ピラー)とそれに関連する複数のサブトピック(クラスター)からなるコンテンツ群を作り、それらを内部リンクでつなげることで、ユーザーにとってわかりやすく、かつSEO効果の高いコンテンツ構成を目指す考え方です

      下記の図は「SEO対策」を例にしたトピッククラスターのイメージ図です。

      キーワード「SEO対策」を例にしたトピッククラスターのイメージ図

      トピッククラスターモデルに沿って記事を作成することで、より戦略的かつ効率的に検索上位を目指すことが可能になります。詳しくはSEO記事とは?評価される記事の特徴や上位表示のコツを徹底解説をご覧ください。

      ポイント3 CTAを細部まで追求する

      3つ目のポイントは、CTA(コール・トゥ・アクション)を細部まで追求する点です。CTAとは、記事に訪れたユーザーの行動を喚起するためのテキストや画像、ボタンなどのことで、例えばサービスの詳細ページへのリンクを設ける、メールマガジンへの登録を促すボタンを配置するなどが該当します。

      CTAがあることで、読者はホワイトペーパーをダウンロードしたり、商品を購入してくれたりします。そのため、記事を使ったコンテンツマーケティングでは、このCTAを細部まで追求し、各記事が読者をどこへ導き、どのようなアクションを促すのかを具体的に設計することが重要です。

      しかし、ただ単にCTAを設置すれば良いわけではありません。CTAが自然と読者の目に留まり、かつクリックしたいと感じさせるような工夫が必要です。文章の流れやレイアウト、デザインなど、記事全体の配慮から生まれるため細部にこだわってCTAを配置するようにしましょう。

      詳しくは以下の記事を参考にしてください。

      この記事もチェック

      CTA(Call to Action)とは、ウェブサイトに訪れたユーザーの行動を喚起するためのテキストや画像、ボタンなどのことです。コンバージョンにつなが...
      【ボタン例あり】CTA(Call To Action)とは?改善で意識すべき7ポイント - www.seohacks.net

      コンテンツマーケティングでSEO記事作成する際のよくある質問

      最後に、コンテンツマーケティングでSEO記事を作成する際によくある質問と、その回答を解説します

      質問1 記事数を増やせば自然とSEO成果は出るもの?

      特定のジャンルのキーワードに対して多くの記事を提供すると、サイトの専門性が高まり、SEO的に有利になります。しかし、記事数だけがすべてではありません。むしろ、いくら記事数が多くても、質の低い記事が多ければ反対にサイト全体の評価を下げてしまう恐れもあります。

      例えば、キーワードを無理やり詰め込んだり、同じ内容を繰り返したりして作られるスパムコンテンツは、読み手にとっての価値が低いため、Googleにも評価されません。仮に上位表示ができたとしても、読者の期待に応えられないため、すぐに離脱されてしまいます。

      記事数を増やすことに固執するよりも、まずは質の高い記事を提供することに注力すべきです。長期を見据えて成果につながるような記事を作りましょう。

      質問2 高品質な記事を作るにはどうすればいいの?

      高品質な記事を作る条件は、以下の7つです。

      高品質な記事 7つの条件(ライターとパソコンでテキストを投稿するコンテンツマネージャーとジャーナリストのワークフロー。 ウェブメディアで働く人々のストーリーテリングの一連のシーン)

      文法的にミスがない、情報が充実しているなどだけではなく「読みやすさ」や「専門性」も重要となります。また高品質な記事の定義なども押さえておく必要があります。

      詳細については、高品質な記事作成に必要な5ステップ!外部パートナーとの付き合い方も紹介をご一読ください。

      質問3 記事のテーマは特化させていくべき?

      サイトの専門性を高めていく上では、ある程度記事のテーマは特化させていくことがおすすめです。例えば「フィットネスについて」のような広いテーマよりも「介護士直伝!高齢者向けのホームエクササイズ」や「総務のプロだけが知っている、オフィスワーカー向けのデスクワークストレッチ」のように、特定のニーズに焦点を当てた専門性や具体性の高いテーマの記事の方が、該当するキーワードで検索されたときに評価されやすくなります。

      この背景にあるのが、Googleの「検索品質評価ガイドライン」で定義されているWebサイト評価基準のひとつ「E-E-A-T」です。E-E-A-Tとは、以下の頭文字を取った言葉で、これらを満たしている記事ほど品質が高く、検索でも評価されます

      E-E-A-Tを満たすことで、特定の読者層からの信頼を獲得しやすくなり、Googleによる検索結果でも高い位置に表示される可能性が高まります。E-E-A-Tの詳細については、E-E-A-Tとは?品質評価ガイドラインから読み解く重要性の記事をご一読ください。

      質問4 社内で記事作成できない場合は外注すべき?

      社内で品質を担保した記事作成が難しい場合は、外注を検討することがおすすめです。専門家に依頼することで、確実に質の高い記事を作ることができるからです。

      しかし、外注先の選定は時間をかけて行わねばなりません。質の低い外注先を選ぶと、かえってコミュニケーションコストが高まり、期待したほどの労力削減が見込めない可能性もあります。複数社に見積もりを取り、具体的な内容を確認した上で依頼先を決めましょう

      なお、外注するメリットはコンテンツマーケティングを外注するメリットと外注先の選定ポイントで詳しくご説明します。動画でも解説していますので、併せてご覧ください。

       

      質問5 記事作成を外注化する際の注意点は?

      記事作成の外注に頼り続けると、社内で記事を作成できる人材や体制が育成できないという問題があります。そのため、外注を依頼する際は、中長期的な内製化(インハウス化)も視野に入れて依頼を進めるのがおすすめです。

      具体的には、外注に記事作成を丸投げせず、一緒に構成確認会を行ったり、記事の検収に参加したりして、良い記事を作るためのノウハウなどを社内でも学ばせてもらうことが有効です。こうすることでノウハウを社内に蓄積できるため、ゆくゆくの内製化に役立ちます。

      なお、業者によっては「内製化支援」などのサービスを提供している場合があります。その際は、依頼をして、ノウハウを共有してもらうことも検討するようにしましょう。

      内製化の進め方について興味がある方は、下記の無料資料をぜひご覧ください。インハウスでのSEOを実現できる組織の特徴や、セミインハウス・アウトソースが向いている組織の特徴などをわかりやすく解説しています。

      記事作成はコンテンツマーケティングの要

      コンテンツマーケティングにおいて、記事作成はとても重要です。特にオウンドメディアの記事作成は、成果が出ればただサイトに人を集めるだけではなく、資料のダウンロードや問い合わせなどコンバージョンにもつながります。最終的な商談につなげるためにも、質の高い記事を用意しましょう。

      しかし、質の高い記事を作っていく体制作りは難しく、時間もかかります。そのようなときは、まずはプロに記事作成を依頼しつつ、内製化に向けて準備を進めてはいかがでしょうか。ナイルでは高品質な記事を提供するため、以下の体制を整えています。

      • 紙媒体出身のプロの編集者が記事をチェック
      • 編集、編集長、校正会社でトリプルチェックをした上で記事を作成
      • PCやスマートフォンでの読みやすさを考慮したオリジナルの表記ルールに基いてコンテンツを編集

      コンテンツマーケティングの記事作成の外注を考えている方は、ぜひ以下からお気軽に問い合わせください。

      SEOコンテンツやオウンドメディアの記事をプロが制作します!

      経験豊富なナイルの編集者と専門ライターが高品質コンテンツを提供いたします。納品前にナイルが3度チェックするので、手直しや修正の手間を取らせません。資料では制作フローや事例・実績、料金を紹介しています!もし具体的な悩みをプロに相談したい、見積もりが欲しいといった方は、お気軽に無料相談をお申し込みください!

      サービス資料をダウンロードする

      無料でナイルに相談する

      コンテンツマーケティングの記事作成の基本!手順やコツ、種類をわかりやすく解説ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介

      「SEO対策しているのに、売上がアップしない」とお悩みではありませんか?実は、SEOに取り組んだものの、思ったように売上が伸びず施策に悩む企業は多いです。

      結論、漫然とSEOに取り組むだけではなく、売上につながるポイントを抑えることが非常に重要です。そこで本記事では、売上につながる正しいSEOの取り組み方をお伝えします。

      なお、ナイルでは2,000社以上の支援実績をもとにしたSEO知識を配布しています。資料は無料なので、興味があれば以下からお気軽にダウンロードしてください。

      よくわかる!SEO資料3点セットダウンロードする

      【重要】漠然とSEOに取り組むだけでは売上が増加しない

      冒頭でお伝えしたとおり、漠然とSEOに取り組んでいるだけでは、売上は上がりません。SEOは、あくまで検索エンジン上で自社のページを上位表示させるための施策だからです。

      前提として、SEOを通じた売上は下記の計算式で推測します。

      売上=SEOによる流入数×CVR×商品単価

      ※流入先のページに購入ボタンが設置してある場合を想定

      この計算式に沿って、SEOから売上につなげるために必要な流入数・CV数の役割を解説します。

      要素1 流入数

      SEOで売上をアップするためには、まず流入数を増やす必要があります。「流入数を増やすこと=自社に集客すること」と考えられるからです。

      ここで重要なのは、自社の扱う商品サービスが、検索エンジンを通じた集客にマッチしていることです。そもそも、売りたい商品が検索エンジンで検索されていなければ、ターゲットと接点を持てません。

      例えば化粧品の場合、検索エンジンではなく、SNSで写真や使用感を調べている可能性があります。このケースなら、SEOよりもSNSに力を入れたほうが集客効果は高いと想定できます。

      集客の設計を間違えると売上につながらない可能性もあるため、自社の扱う商品サービスが検索エンジンにマッチしているかどうかは重要です。

      要素2 CVR

      「CVR」を伸ばすことも、SEOを取り入れて売上を作るためには大切です。流入数を伸ばし集客に成功しても、購入してもらえなければ利益が生まれません。

      なおCVRとは、「流入したユーザーのうち、コンバージョンにいたった割合」のことです

      CVR(CV率)=CV数 ÷ 訪問数(セッション数)×100

      以上のように、SEOに取り組む際は「流入数」だけではなく、CVRも増やして、CV数を向上させる工夫が必要です。

      流入数アップ(SEO)のためにできる対策5選

      対策1 ターゲットに合わせてキーワードを選定する、対策2 ある程度のコンテンツ数を制作する、対策3 コンテンツの質を高める、対策4 被リンクを獲得する、対策5 内部対策(テクニカルSEO)を強化する

      流入数を増やすための施策としては、上記の5つがあります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

      対策1 ターゲットに合わせてキーワードを選定する

      前述のとおり、自社サイトへ集客できないと売上にはつながりません。そこで、SEOに取り組む際は、記事のテーマとなる「キーワード選定」が重要です
      もし、企業を対象にLINE公式アカウント運用のコンサルティングを行っている企業が、SEO記事を制作する場合、以下2つのどちらのキーワードが適切でしょうか?

      【キーワード例】

      • ①LINE 運用
      • ②LINE スタンプ 買い方

      結論、「①LINE 運用」がおすすめです。理由は、以下のように想定読者がターゲットに近いと考えられるからです。

      【各キーワードの想定読者】

      • ①LINE 運用:LINE運用をするマーケティング担当者
      • ②LINE スタンプ 買い方:LINEスタンプを購入したい人

      もちろん、LINEスタンプを購入する人のなかには企業の担当者も含まれます。ですが、割合でいうと、一般の消費者が多いと想定できます。以上から、キーワード選定の段階からターゲットを絞り込むことは重要です。

      なお、キーワード選定の詳細は下記の記事で紹介していますので、併せて参考にしてください。

      この記事もチェック

      SEOに取り組む上で、避けて通れない「キーワード調査」。「SEOに取り組もう!」と会社に言われ、なんとなくキーワードが重要と言われているものの...
      SEOで「勝てる」キーワードの選び方!カスタマージャーニーを活用しよう - www.seohacks.net

      対策2 ある程度のコンテンツ数を制作する

      SEOによって集客を強化するためには、サイト流入のきっかけとなるコンテンツを一定数制作することも大事です。サイト内の記事の数が少ないと、Googleから高い評価を得られず上位表示が難しくなります。

      また、サイト内の記事の数はサイトへの入り口の数とも言えるため、この点でも集客に影響します。オウンドメディアに必要な記事数の目安については、下記の記事で詳しくお伝えしていますので、ご覧ください。

      この記事もチェック

      ウェブ上で定期的に良質なコンテンツを配信し、見込み顧客との接点を持つ、企業のオウンドメディア。効果が出るまでには、どれくらいの数の記事が...
      オウンドメディアの必要な記事数は?算出方法を解説 - www.seohacks.net

      「社内にリソースが不足していて、記事を制作するのが難しい」というケースの場合は、ぜひナイルにお気軽にご相談下さい。SEOノウハウを知り尽くした編集チームが成果につながるコンテンツを制作代行しております。

      対策3 コンテンツの質を高める

      流入数を向上させるためには、記事の「タイトル」や「内容」の質を高めることも大事です。では、それぞれ解説します。

      ページの「タイトル」を見直す

      まず「タイトル」は、検索結果ページ内での「クリック率(CTR)」を大きく左右します。SEOに取り組んで、自社の記事が検索結果の1ページ目に表示されても、クリック率が低いと流入数はアップしません。

      検索順位別のクリック率の平均は以下のとおりです。

      【検索順位別のクリック率】

      • 1位:39.8%
      • 2位:18.7%
      • 3位:10.2%
      • 4位:7.2%
      • 5位:5.1%

      参考:Google Click-Through Rates (CTRs) by Ranking Position in 2024

      もし、自社のページの数値が平均とかけ離れているようであれば、以下の視点で改善を検討しましょう。

      【クリック率を改善する施策例】

      • クリックしたくなる魅力的なタイトルを付ける
      • メタディスクリプションでターゲットを明示する
      • リッチリザルトを実装する

      コンテンツの「内容」を見直す

      ユーザーが「このサイトには知りたい情報がない」と感じると、すぐに検索結果ページに戻ってしまい直帰率がアップします。直帰率」とは、サイトに流入したユーザーが、最初の1ページしか読まずに離脱している割合のことです

      なお、一般的な直帰率の平均は下記のとおりです。

      【直帰率の平均値】

      • 記事メディア:65〜90%
      • ECサイト:20〜45%
      • BtoBのサイト:25〜55%

      直帰率が高いということは、記事の内容に満足できていない(=必要な情報を提供できていない)可能性があります。そこで、改善のために以下の対策を行いましょう。

      直帰率

      【深掘りポイント】

      直帰率や離脱率が高ければコンテンツの質に問題ありと疑うべきですが、一概に悪いとは言えません。該当の記事で検索意図が十分満たされてページを離れるということもあるためです。このようなば場合は平均セッション時間やヒートマップの確認などをすると、よりユーザーの詳細心理がわかるでしょう。

      対策4 被リンクを獲得する

      SEOでは、被リンクの数も重要です。被リンクは、主に以下の3つの理由で設置されるため、Googleが が質の高いページであると判断するからです。

      被リンク

      SEOを地道に行い記事の質も問題がないのに検索順位が競合より下回る場合は、被リンクの数に差がある可能性があります。そのようなときは、以下ツールなどで、競合の被リンク数を確認しましょう。

      【競合サイトの被リンク数を確認できるツール例】

      ただし、被リンクの数は自社ではコントロールできない要素です。そのため「リンクを張りたい」と思ってもらえるような質の高い記事を作ることが改善につながります。

      被リンクや被リンクの獲得方法に関しては以下の記事で詳細に解説しているので、併せてご覧ください。

      この記事もチェック

      被リンクとは、外部のページやサイトに自社サイトのリンクを貼ってもらうことです。別名「バックリンク」とも呼ばれます。被リンクをもらうとSEOの...
      【徹底解説】被リンクとは?増やす方法やまだまだSEOにおいて重要な理由 - www.seohacks.net

      対策5 内部対策(テクニカルSEO)を強化する

      いくら質の高いコンテンツを作っても、内部対策(テクニカルSEO)ができていないと、検索順位は上がりません。検索順位を決めるGoogleの検索エンジンに、「良質なコンテンツを作っている」と正しく伝えられないからです。

      なお、内部対策とは、検索エンジンに自社サイトの情報を正しく認識してもらうために行う施策のことです。具体的にすべきこととして、以下の3点があります。

      【内部対策(テクニカルSEO)で実施する3つの施策】

      • 主要なHTMLタグの最適化
      • URLの正規化
      • 内部リンクの最適化

      ECサイトを運営している場合は、記事コンテンツの制作より内部対策を重視します。「商品ページ」を検索結果の上位に表示させることを狙うためです。

      ECサイトにおけるSEOのポイントは、以下の7つです。

      1. ピラミッド型カテゴリ構造にする
      2. タイトルを異なる訴求ワードで設定する
      3. 正規ページ以外のクロール制御は専門家に依頼する
      4. 3つのリンクを検索エンジンに見つかりやすくする
      5. 規則的な掛け合わせキーワードをページに対応する
      6. リッチリザルトの構造化データを「商品」に実装する
      7. 検索しやすい「ユーザーエクスペリエンス」を重視する

      それぞれの詳細は、下記の記事でお伝えしていますので、併せて参考にしてください。

      この記事もチェック

      ECサイトのSEO対策は、オウンドメディアのSEOとは考えるべき点が大きく異なります。特にサイト構造、リンク構造などを上手く設計しておかないと評...
      【完全版】ECサイトでのSEOの始め方ガイド!注意点も解説 - www.seohacks.net

      以上のように、SEOには実施すべき対策が多くあるので、1つずつ積み重ねていくことが重要です。一方で、項目が多すぎるため、「あと少し」というところで断念するケースが少なくありません。

      そこでナイルでは「将来的に自社でSEOができるようにしたい」とお考えの方のために、支援するサービスも行っていますので、まずは下記からサービスの概要をご覧ください。

      CV数アップのためにできる対策2選

      ここで、CVRを向上させるための対策を以下の2つ紹介します。

      対策1 CVポイントごとに改善する、対策2 KPIに合わせてCVポイントを選定する

       

      では、それぞれの施策について詳しくお伝えします。

      対策1 CVポイントごとに改善する

      CVポイントごとに効果測定をして改善を繰り返すことも重要です。CVポイントを細かく区切って数字を追うことで、CVRが低い原因にたどり着けるので、小さな改善を繰り返すことで成果につながります

      例えば、訪問者数が多いのに購入者が少なかった場合は、以下の原因と対策が考えられます。

      • 広告から商品ページへの流入が増えない
        →流入キーワードや広告文を見直す
      • 商品ページで購入ボタンがクリックされない
        →商品の魅力が伝わるよう、説明文・画像を変更する

      ただ、CVポイントは細かく設定しておくのがポイントです。購入だけでは、データが少なく原因を見極められないので、流入経路だけではなく遷移先や問い合わせなど、細かく設定しましょう。

      対策2 KPIに合わせてCVポイントを選定する

      達成したい目標を明確にしたら、KPIに合わせてCVポイントを設定することがおすすめです。KPIを基準に考えれば、SEOだけでなく読者の熱量に合った施策をCVポイントとして設置できるケースがあるためです。

      例えば、「記事経由の問い合わせ数を10件/月増やす」ことをKPIにした場合、以下のように考えます。

      【KPIに合わせてCVポイントを設置する例】

      1. 記事内でメールマガジンへの登録を促す:メールマガジンへの登録
      2. メールマガジンで、ウェビナーへの参加を促す:ウェビナーへの申し込み
      3. ウェビナーで、無料相談を提案する:無料相談への申し込み

      注意が必要なのは、読者の熱量に合わせてCVポイントを設定することです。読者が初めて知った企業にすぐ問い合わせてくれる確率は低いため、段階を踏む必要があります。

      そのため、記事だけではなく、「メールマガジン登録」のような行動ハードルの低いCVポイントから購買意欲の向上を図れるよう検討しましょう。

      なお、CVポイントについては、下記の記事でもお伝えしています。改善の方法なども紹介しているので、ご興味のある方は併せてご覧ください。

      この記事もチェック

      ウェブマーケティングにおいて、コンバージョン数を上げる施策はとても重要です。しかし最終的なゴールだけ見て改善施策を打っても、なかなか成果...
      コンバージョンポイントとは?CV数を上げる3つのステップも紹介 - www.seohacks.net

      SEOから売上につなげる3つのコツ

      SEOから売上につなげるコツは、下記の3つです。

      コツ1 成約に近いユーザーが集まるコンテンツを制作する、コツ2 定期的に検索順位を確認する、コツ3 CV数だけではなくCVRも確認する

       

      それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

      コツ1 成約に近いユーザーが集まるコンテンツを制作する

      まず1つ目のコツは、「成約に近いユーザーが集まるコンテンツを制作する」ことです。ユーザーが求めている情報は、その人が置かれている状況によって異なります。

      例えば、「転職したい」と考えている人が、転職サイトに登録するまでのプロセス例には下記があります。

      1. 「転職したい」と思い始める
      2. 検索エンジンで「転職の方法」を調べる
      3. どの転職サイトに登録すべきか比較検討する
      4. 転職サイトに登録して、転職活動を始める

      転職の方法を調べているときは、転職活動をどのように進めるべきか調査しているだけと考えられます。ですが、転職サイトの比較検討を始めた段階であれば、自分に合ったサービスを見つけた時点で登録しようとするため、よりコンバージョンしやすいという考え方です。

      このように、ユーザーが行動を起こす可能性がある記事を制作しなければ、読者だけが増えていきます。もちろん集客は必要ですが、自社の利益を生み出すコンテンツも制作しましょう。

      コツ2 定期的に検索順位を確認する

      記事を公開した後は、定期的に検索順位の確認を行いましょう。上位表示した記事を対象にリライトを行えば、効率的にCVRを向上できる可能性があるためです

      例えばリライトを行う場合、上位表示できていない記事は全体の構成や内容を見直さなければなりません。ですが、すでに上位表示できれていれば、CVへの導線を強化するだけでCV数が増えるケースがあります。

      【CVへの導線を強化する方法3選】

      1. CVへの誘導文を見直す
      2. テキストリンクのほかに、ボタンやバナーなどを設置する
      3. ボタン・バナーのデザインを変更する

      上記の「CVへの誘導文を見直す」は、文章を調整するだけなのですぐに取り入れやすい施策です。また、ボタンやバナーを用いる場合でも、ほかの記事に展開できるため長期的に活用できるメリットがあります。

      なお、検索順位はGoogleサーチコンソールなら無料で確認できます。Googleの検索アルゴリズムは日々更新されるので、どのキーワードで制作した記事が、何位に入っているか定期的に確認しましょう。

      Googleサーチコンソールの使い方は以下で解説していますので、ご参照ください。

      この記事もチェック

      Google サーチコンソール(以後サーチコンソールもしくはSearch Console)とは、Googleが提供するサイトの管理者、SEO・マーケティングの担当者、...
      【使い方解説】Googleサーチコンソールとは?9つの機能と活用方法 - www.seohacks.net

      コツ3 CV数だけではなくCVRも確認する

      CV数だけではなく、CVRを確認することも重要です。CVRが高い記事の上位表示を目指せば、セッション数のアップとともに売上の増加も見込めます

      厳しいようですが、渾身の記事を公開し1位に表示されたとしても、CVが発生していなければ「利益を生み出す記事」とは言い難いです。一方、6位に表示されていてもCVRが高いのであれば、より多くの人に見てもらえる検索1位を目指すことで、CV数の増加が期待できます。

      限られたリソースで売上を確保するには、注力する記事を厳選することが必要です。CVRはGoogleアナリティクス4で把握できるので、ぜひ確認しましょう。

      ただ、理想的なCVRの値の目安は、扱っている商材や競合の状況によって異なります。「自社の場合、どれほどの数値が目安になるのかわからない」という場合には、下記からお気軽にナイルまでご相談ください。

      正しい施策でSEOを売上につなげよう!

      本記事では、SEOを売上につなげるための施策を紹介しました。「SEOに取り組んでいるのに、売上が伸びない」とお悩みの企業の方は、この記事の内容を参考にしながら、足りていない施策を実施してください。

      なお、ナイルでは、SEOを通じて売上をアップさせるお手伝いをしています。「自社だけでは、何から手をつけて良いかわからない」という場合には、下記からお気軽にご相談ください。

      事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

      SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      無料で資料を受け取る

      無料相談に申し込む

      SEOで売上をアップするコツとは?仕組みや7つの解決施策を紹介ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      【2024年バレンタインギフト購買調査】

      全国男女551名を対象に、バレンタインプレゼントの購買行動に関するアンケート調査を実施しました。

      調査結果の概要

      • 男性3割、女性6割がバレンタインギフトを購入すると回答
      • バレンタインギフト購入品「チョコレート以外」が54.6%(複数回答)
      • バレンタインギフトの選び方に男女差。男性「本人に聞く」「検索エンジン」、女性「百貨店/特設会場」が多い傾向
      • 検索エンジン・SNSバレンタインギフト検索キーワード抜粋15個
      • バレンタインギフト予算「1,000~5,000円(税別)」が半数以上
      • 購入場所は実店舗75.3%、オンライン36.9% (複数回答)

      調査概要

      • 調査期間:2024年2月7日~8日
      • 調査方法:自社調べ(インターネット調査「fastask」利用)
      • 調査対象:全国の20代~40代男女 551人
      • 年齢:20~29歳 46.8%、30~39歳 36.8%、40~49歳 16.3%

      男性3割、女性6割がバレンタインギフトを購入すると回答

      全国男女551人のうち、自分への購入品も含め「今年バレンタインプレゼントを購入する」と回答したのは全体の約半数(49.2%)でした。男女別に見ると、女性は59.5%、男性は32.9%が購入すると回答しました。

      男女別バレンタインギフト購入比率

      バレンタインギフト購入品「チョコレート以外」が54.6%(複数回答)

      バレンタインプレゼントを購入すると回答した271名のうち、購入品で最も多かったのは「チョコレート(87.1%)」、次いで「チョコレート以外の食品(36.9%)」「食品以外の物品(17.7%)」と回答しました。

      バレンタイン購入品

      バレンタインギフトの選び方に男女差。ウィンドウショッピングを除き、男性「本人に聞く」「検索エンジン」、女性「百貨店/特設会場」が多い傾向

      バレンタインギフトを購入すると回答した271名に選び方を聞いたところ、1位は「ウィンドウショッピング(46.1%)」、2位「本人に聞く(30.3%)」、3位は「百貨店/特設会場(28.0%)」でした。

      バレンタイン選び方

      一方で、男女別に見ると、ウィンドウショッピングは共通して多いですが、男性の1位は「本人へ聞く(47.1%)」、3位「検索エンジンで調べる(30.0%)」でした。女性の2位は「百貨店の特設会場(29.9%)」、3位「本人に聞く(24.4%)」でした。

      バレンタインギフト選びに利用するSNS別の順位は、男性1位「Instagram」「X(旧Twitter)」が17.1%で同率1位。女性は「Instagram(11.4%)」「YouTube(8.0%)」が最も多く利用されていることがわかりました。

      検索エンジン・SNSバレンタインギフト検索キーワード抜粋15個

      バレンタインギフト選びに「検索エンジン」を利用したと回答した57名に、実際に調べた検索キーワードを聞きました。

      ※一部抜粋

      • バレンタイン 嬉しい

      • バレンタイン クッキー缶 取り寄せ

      • バレンタイン チョコ 珍しい

      • チョコ ギフト

      • バレンタイン 同性

      • バレンタイン デパート

      • バレンタイン ランキング

      • バレンタイン 予算

      • バレンタイン 食材

      • バレンタイン 上司

      • バレンタイン 中洲

      • お酒入りチョコ

      • 女性 ドキドキするもの

      • サロンデュショコラ

      • 猫 焼き菓子 おすすめ

      続いて、「SNS」を利用したと回答した124名に、実際に調べた検索キーワードを聞きました。

      ※一部抜粋

      • バレンタイン 嬉しい

      • バレンタイン

      • バレンタイン プレゼント

      • バレンタイン 男性 プレゼント

      • 手作りチョコ

      • チョコ

      • バレンタイン 割れチョコ レンジ

      • バレンタイン 人気

      • バレンタイン おすすめ

      • バレンタイン 30代

      • おもしろバレンタイン

      • お菓子作り

      • バレンタイン 贈り物

      • バレンタイン 新作

      • バレンタイン かわいい

      • リンツ

      バレンタインギフト予算「1,000~5,000円(税別)」が半数以上

      今年のバレンタインギフトにかける予算1位は「1,000~5,000円(54.2%)」、2位「5,001~10,000円(24.4%)」3位「1,000円未満(16.2%)」でした。

      バレンタインギフト予算

      購入場所は実店舗75.3%、オンライン36.9% (複数回答)

      バレンタインギフトの購入場所について聞いたところ、「実店舗」75.3%、「オンライン」36.9%でした。

      バレンタインギフト購入場所

      まとめ

      2024年のバレンタインギフト購買行動に関するアンケートを実施した結果、ギフトの調べ方に、男女差がありました。一方で、SNSでの検索においては、男女ともにInstagramが最も多く使用されていることがわかりました。

      ナイルのマーケティング相談室では、今後もマーケティングに役立つ調査を実施して参ります。

       

      事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

      SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      無料で資料を受け取る

      無料相談に申し込む

      【2024年バレンタインギフト購買調査】ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。

      【2024年最新】キーワードプランナーとは?使い方を初心者向けに解説

      キーワードプランナーとは、Googleが公式に提供する無料のキーワード調査ツールです。基本的にはGoogle広告の運用に用いますが、SEOで重要なキーワード調査も可能です。

      本記事では、キーワードプランナーの導入方法から目的や機能ごとの使い方までを、画像付きで解説します。「これから導入したい」「最新の使い方を知りたい」という場合は、ぜひ参考にしてください。

      なお、ナイルでは、SEOを始めとするウェブマーケティング全般のお悩み相談を無料で受け付けております。「メディア運営で失敗したくない」とお考えの方は、お気軽にお試しください。

      SEO対策の悩みをプロに相談してみませんか?

      SEOやWebマーケティングの悩みがありましたら、お気軽にナイルの無料相談をご利用ください!資料では、ナイルのSEO支援実績(事例)、コンサルティングの方針や進め方、費用の目安といった情報をご紹介しています。あわせてご覧ください。

      サービス資料をダウンロードする

      無料でナイルに相談する

      ※本記事は、2024年1月現在の情報をもとに作成しています。

      キーワードプランナーとは

      キーワードプランナーウェブサイト

       

      引用:Google広告

      冒頭でもお伝えしたとおり、キーワードプランナーとは、広告キャンペーンの作成やキーワード調査を行うツールです。

      1ヵ月にどれだけそのキーワードが検索されているかを数字化した「月間検索ボリューム」や「対象キーワードと関連性の高いワード」など、広告運用やSEOで戦略を立てるために必要な情報を把握できます。

      なお、Google公式のツールには、キーワードプランナーのほかに以下2つがあります。

      どのツールもSEO分析に用いますが、別サービスですので混同しないようにしましょう。

      詳細なデータは有料版で確認できる

      キーワードプランナーは、無料でも使えるツールですが、詳細な情報は広告費を支払った場合のみ確認できます。

      例えば、無料アカウントの場合、「月間平均検索ボリューム」は以下のようなおおよその値が表示されます。

      「月間平均検索ボリューム」のページ画像

       

      広告費の支払をした場合は下記の様に具体的な数値の把握が可能です。

      広告費の支払をした場合の数値

       

      ただ、詳細なデータを閲覧するために必要な広告費がいくらであるかは明らかになっていません。広告費を1度支払った後に確認できるケースもあれば、数ヵ月のあいだ支払っても表示されないケースもあります。

      ですが、キーワード選定において、具体的な検索ボリュームの数値を知ることは重要です。可能であれば、広告配信を検討しましょう。

      キーワードプランナーを導入する3ステップ

      ここでは、導入方法を以下の3ステップで解説します。

      キーワードプランナー導入3ステップ、ステップ1 Google広告アカウントの登録、ステップ2 アカウント設定を行う、ステップ3 キーワードプランナーへ移動する

       

      では、1つずつ見ていきましょう。

      ステップ1 Google広告アカウントの登録

      Google広告アカウントの登録

       

      まず、Google広告アカウント登録にはアカウントが必要です。Google 広告」の右上「今すぐ開始」から、Google広告アカウントを取得しましょう。

      ステップ2 アカウント設定を行う

      Google広告アカウントを作成すると、最初のキャンペーン作成を促す以下のポップアップが表示されます。

      最初のキャンペーン作成を促す以下のポップアップが表示

       

      キーワードプランナーは、ここでキャンペーンを作成しなくても使用できるので、今すぐの広告出稿を考えていない場合はスキップしましょう。もし、キャンペーンの作成を行う場合は、こちらを参考に進めてください。

      指示に従って、住所や支払い情報などアカウント設定に必要な項目を情報を入力した後、以下の画面が表示されたら準備完了です。

      すべての設定完了画面

       

      「アカウントを確認」をクリックし、次のステップへと進みましょう。

      ステップ3 キーワードプランナーへ移動する

      ここで、キーワードプランナーへ移動します。左側のメニュー内にある「ツール」をクリックし、「キーワードプランナー」を選択すると以下のページが開きます。

      「キーワードプランナー」のページ画面

       

      では、次項で使い方を目的別に解説します。

      【目的別】キーワードプランナーの基本的な使い方2選

      キーワードプランナーの代表的な使い方は、大きく分けて以下の2つです。

      【目的別】キーワードプランナーの基本的な使い方2選、使い方1 SEOを目的とした場合、使い方2 リスティング広告(Google広告)を目的とした場合

       

      順に見ていきましょう。

      使い方1 SEOを目的とした場合

      目的がSEOの場合は、以下の「新しいキーワードを見つける」を選択します。

      「新しいキーワードを見つける」の選択画面

       

      本機能で利用できるのは、以下2パターンの使い方です。

      SEOを目的とした場合の2パターンの使い方

      • パターン1 「キーワードから開始する」を使う
      • パターン2 「ウェブサイトから開始する」を使う

      では、1つずつお伝えします。

      パターン1 「キーワードから開始する」を使う

      1つ目は「キーワードから開始する」の使い方を解説します。調査したいキーワードを入力しましょう。

      「キーワードから開始する」のページ画像

       

      【使い方のポイント】

      • キーワードは、最大10個の単語やフレーズが入力可能
      • サイトURLの入力により、不要なキーワードは除外できる

      「検索結果を表示」をクリックすると、以下の画面が表示されます。

      「検索結果を表示」画面

       

      ここでは、主に以下を確認します。

      • キーワード(関連性の高い順)
      • 月間平均検索ボリューム数

      関連性の高いキーワードを知ることで「ユーザーが何を求めて検索しているか」といった検索意図を把握できます。また、検索ボリュームを確認し、見込めるアクセス数やCV数などの推測が可能です。

      「ウェブサイトから開始する」を使う

      次に紹介するのは「ウェブサイトから開始する」の使い方です。URLを入力し「結果を表示」を選択してください。

      「ウェブサイトから開始する」のページ画像

       

      すると、以下の画面が表示され、サイトに関連性のあるキーワードや検索ボリュームが表示されます。

      サイトに関連性のあるキーワードや検索ボリュームの表示画面

       

      「キーワードから開始する」の場合と同様に、ここで以下の項目を確認します。

      • キーワード(関連性の高い順)
      • 月間平均検索ボリューム数

      競合サイトのURLを入力すれば、競合サイトに関連しているキーワードや検索ボリュームの調査が可能です。調査結果と自社のサイト情報を比較すると、自社で対策していないキーワードが見つけ出せます。

      ただ、SEO分析はキーワードプランナーの結果だけで判断するのではなく、コンバージョンのしやすさや自社サービスにマッチするかといった観点で選定することも重要です。

      なお、キーワード選定の具体的な方法については以下の記事をご確認ください。

      この記事もチェック

      SEO施策の効果を高めて上位表示を狙うには、適切なキーワードを選定する必要があります。しかし、どのようにキーワードを選べば良いのか悩む方も多...
      【真の成功を目指して】SEO成功のための5つのキーワード選定法 - www.seohacks.net

      使い方2 リスティング広告(Google広告)を目的とした場合

      リスティング広告の運用を目的とした調査には、下記の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を使います。

      「検索のボリュームと予測のデータを確認する」のページ画像

       

      ここで、CVや予算をシミュレーションする方法を見ていきましょう。まずは、Google広告に出稿したいワードや自社商品・サービスに関連するワードを、以下の項目に入力します。

      「検索のボリュームと予測のデータを確認する」のページ画像

       

      【使い方のポイント】

      • キーワードは、直接入力かCSVファイルのアップロードで入力
      • 直接入力する場合は、コピー&ペーストでOK
      • 記号などの特殊文字は不可

      「開始する」を入力し「予測」タブを選択すると、以下の画面に移ります。

      「予測」タブのページ画像

       

      【「予測」タブで確認できるデータ例】

      • コンバージョンや平均コンバージョン単価
      • クリック数・表示回数や費用など

      さらに、以下のように予測データをグラフで確認することも可能です。

      予測データをグラフ

       

      【補足】過去の実績を広告・SEOの両者に活かす方法もある

      タブ「保存したキーワード」では、過去の実績を確認できます。

      タブ「保存したキーワード」

       

      検索で得られたデータや過去の指標を参考にすれば、出稿した場合の予測が立てられます。

      なお、結果画面で「キャンペーン作成」を選択し、キャンペーン名や1日の平均予算を入力して「保存」するとそのままGoogle広告出稿を進めることが可能です。

      「キャンペーン作成」のページ画像

       

      【参考】広告キャンペーンの作成方法 

      参考までに、以下の「Google広告キャンペーン」の作成手順も解説します。

      「Google広告キャンペーン」のページ画像

       

      • ステップ1 キャンペーン目標を設定する
      • ステップ2 単価を設定する
      • ステップ3 キーワードと広告を決める
      • ステップ4 予算を決めて公開する

      広告キャンペーンを作成する4ステップ ステップ1 キャンペーン目標を設定する、ステップ2 単価を設定する、ステップ3 キーワードと広告を決める、ステップ4 予算を決めて公開する

       

      では、簡単に紹介します。

      ステップ1 キャンペーン目標を設定する

      まずは、キャンペーンの目標を以下から選びます。

      キャンペーン目標を設定のページ画像

       

      選択した目標に合わせて、設定する項目が順に表示されるので、以下を順に入力してください。

      【入力する項目例】

      • コンバージョンの目標:ウェブサイトへのアクセス・電話件数など
      • キャンペーンタイプ:検索やディスプレイ・動画など
      • 設定するサイトURLやキャンペーン名

      ここでは、参考として「販売促進」のためにウェブサイトへのアクセスを集めることを目標とし、キャンペーンタイプ(広告の種類)は「検索(リスティング広告)」を配信する前提で設定を進めていきます。

      ステップ2 単価を設定する

      重視している要素を確認されるので、参考として「コンバージョン」と選択します。

      単価を設定のページ画像

       

      以下の画面が表示されたら、当てはまる項目を選択して進んでください。

      キャンペーン設定のページ画像

       

      ステップ3 キーワードと広告を決める

      選定したキーワードと宣伝する商品・サイトを入力します。

      キーワードと広告のページ画像

       

      入力した内容をプレビュー画面で確認し、問題なければ次へ進みましょう。

      ステップ4 予算を決めて公開する

      1日の平均予算を設定します。

      1日の平均予算を設定のページ画像

       

      最後に、入力した内容を確認後、「キャンペーンを公開」を選択すると出稿が開始されます。

      【機能別】キーワードプランナーの使い方4選

      ここではキーワードプランナーの基本的な使い方を、以下4つの機能別に解説します。

      キーワードプランナー4つの機能

       

      No. 機能 概要
      1 キーワード 指定キーワードに関連性の高いキーワードが表示される
      2 月間平均検索ボリューム 指定したキーワードやサイトに関連したキーワードごとの月間平均検索ボリュームを確認できる
      3 競合性 対象キーワードの競合性が3段階(高・中・低)で表示される
      4 上部に掲載された広告の入札単価 特定のキーワードにおける広告の入札単価を確認できる

       

      では、詳しく見ていきましょう。

      機能1 キーワード

      キーワードは、自身で入力した検索キーワードと関連性が高いキーワードが表示されます。

      ただ、機能によって表示されるキーワードが少し異なります。

      機能 表示されるキーワード
      新しいキーワードを見つける 指定したキーワードに関連するキーワードだけ表示される
      検索のボリュームと予測のデータを確認する 入力したキーワードだけ表示される

       

      関連ワードが知りたい場合には「新しいキーワードを見つける」から調査しましょう。

      機能2 月間平均検索ボリューム

      前述のとおり、1ヵ月にどれだけ検索されているかを表したものが「月間平均検索ボリューム」です。前月の数値や、過去12ヵ月分の検索ボリューム推移などを確認できます。

      検索ボリュームが多いキーワードで記事を上位表示できれば、大きなアクセス数の増加が見込めますが、競合も多いため難しいです。特にメディアの立ち上げ段階などは、ロングテールキーワードと呼ばれる検索ボリュームは少ないが、深いニーズがあるキーワードを重点的に対応することで、効果的なメディア拡大が図れます。

      機能3 競合性

      競合性とは、対象キーワードで広告出稿した場合にライバルがどのくらいいるのかを示した値です。競合性は3段階(高・中・低)で表示され、データ量が十分でない場合は「– 」と表示されます。

      なお、競合性が高いキーワードはライバルが多いため、広告費が必然的にアップします。ただ、競合性が低いキーワードを狙えば良いというわけではないので、実際に出稿してCPAを確認し、自社にあったキーワードを探すことが重要です。

      機能4 上部に掲載された広告の入札単価

      「広告の入札単価」は、過去に対象キーワード広告を表示した広告主の単価実績です。この項目では、低い単価と高い単価がそれぞれ表示されます。

      入札単価が高いほど、他社業者が上位表示したいキーワードと言えるので、過去のデータは参考として活用します。

      キーワードプランナーの便利な機能5選

      ここでは、補足としてキーワードプランナーの便利な機能を、以下の5つピックアップしました。

      No. 機能 概要
      1 フィルタ機能
      • キーワード候補の絞り込み
      2 表示項目の変更
      • 該当する項目にチェックを入れた項目のみ表示結果の絞り込み
      3 カレンダー機能
      • 期間を指定したキーワード情報の表示
      • 季節や時期が限定されるキーワードの検索傾向を掴む際に役立つ
      4 地域・言語・検索ネットワークの変更
      • 言語や地域、検索ネットワークを絞り込んだ検索
      • 特定の広告配信先に絞り込んだ検索に役立つ
      5 キーワード情報のダウンロード
      • 取得したキーワード情報をExcelファイル(csvファイル)としてダウンロードできる
      • 右上ダウンロードボタンをクリック

       

      例えば、「バレンタイン」のような季節性のあるキーワードは、カレンダーで特定の時期に絞り込むと季節ごとの需要を調査できます。

      カレンダーで特定の時期に絞り込む

       

      取得したキーワード情報は、GoogleスプレッドシートやCSVファイルでダウンロードできるので、スムーズに分析へ進めます。

      GoogleスプレッドシートやCSVファイルでダウンロードできる

       

      なお、ナイルではウェブマーケティングやSEOに関する無料相談を受け付けております。もし、SEOやウェブマーケティングについて疑問があれば、以下のバナーからお気軽にお試しください。

       

      キーワードプランナーのほかにキーワード選定に役立つツール13選

      キーワードプランナーのほかにも、キーワード選定に役立つツールはあります。ここで、以下の16種類を紹介します。

      No. ツール名 概要
      1 Ahrefs
      • ウェブサイト全体を調査できるSEO分析ツール
      • 被リンクと流入キーワードの詳細なデータなどSEO対策の戦略構築に欠かせない調査が可能
      2 GRC
      • キーワードの検索順位を調査できるツール
      • PCとモバイルでの検索順位をそれぞれ確認できる
      3 Serposcope
      • キーワードの検索順位を調査できるツール
      • 日本語版や日本語サポートが用意されていないので注意
      4 検索順位チェッカー
      • 無料でキーワードの検索順位を調査できるツール
      • インストールや会員登録不要で使用できる
      • 一度に5つまでのキーワードしかチェックできない
      5 オホーツク
      • 無料でキーワードの検索順位を調査できるツール
      • 一度に3つまでのキーワードしかチェックできない
      6 Keywordmap for SEO
      • ユーザーの流入キーワードをマインドマップ形式で視覚的にわかりやすく分析できるツール
      7 Googleトレンド
      • 検索トレンドをチェックするためのGoogleの公式ツール
      • 無料、登録不要で使用できる
      8 パスカル
      • 検索結果の上位に表示されるウェブサイトの内部施策を可視化してくれる有料ツール
      9 ラッコキーワード
      ( 旧:関連キーワードツール)
      • 無料でサジェストキーワード(関連キーワード)を分析できるツール
      10 SEO難易度チェックツール
      • 無料でキーワードごとのSEO難易度をチェックできるツール
      11 Google Search Console
      • 自社サイトにおける検索パフォーマンスを確認することができるGoogleの公式ツール
      12 SEMrush
      • SEOに関するさまざまな情報を可視化できる高機能ツール
      • 自社サイトと競合サイトを比較したレポート作成が便利
      13 similarweb
      • 競合サイトの情報を入手する目的に特化したツール

       

      SEOでは、検索順位をキーワードごとに調査したり、対策すべきキーワードを洗い出したりなど多くの作業を要します。そこで、ツールを使うことで効率よくプロジェクトを進められます。

      なお、紹介したツールの詳細は下記の記事で解説していますので、併せてご一読ください。

      この記事もチェック

      SEO対策を行う場合、欠かせないのがSEOツールです。SEOの観点からウェブサイトの内容をチェックしたり、現在の検索順位をキーワードごとに確認した...
      おすすめSEO分析、キーワード調査ツール16選!コンサルタントが活用法を解説 - www.seohacks.net

      キーワードプランナーを使いこなしてSEOの効果を高めよう

      キーワードプランナーは、SEO対策やリスティング広告運用に欠かせないツールです。読み取れるデータから必要な施策を見つけられるため、効率的なマーケティングの進行に役立ちます。

      本記事での導入方法や使い方を参考にキーワードプランナーを使いこなし、SEOやリスティング広告の運用に活かしましょう。

      なお、ナイルでは、ウェブマーケティング全般のお悩み相談を無料で受け付けております。「SEO対策で失敗したくない」「ウェブ広告で成果を出したい」とお考えの方は、お気軽にお試しください。

      事業成長に貢献するコンサルティングを提供いたします!

      SEOコンサルティングをはじめとする、各サービスの詳細、スケジュール、費用の目安を資料でご紹介しています!また「自社のWebマーケティングで悩みがある」「見積もりが欲しい」といった方は、お気軽に無料相談へお申し込みください!

      無料で資料を受け取る

      無料相談に申し込む

      【2024年最新】キーワードプランナーとは?使い方を初心者向けに解説ナイルのSEO相談室で公開された投稿です。