ソニーへのサイバーアタックにつき、FBIの名指しをうけた北朝鮮は一切の関与を否定

TechCrunchでも「ザ・インタビュー」絡みの話題をいろいろと取り上げている。FBIは犯行の背後には北朝鮮がいると主張しているが、北朝鮮側は一切の関与を否定しているようだ。BBCの記事によれば北朝鮮外務省は、FBIの決めつけは「重大な結末」を招く可能性があるとし、共同調査を提案してもいるようだ。

当初は、実際のところは他国からの攻撃であり、北朝鮮からのものに見せかけたものなのではないかという疑いももたれていた。しかし現在ではセキュリティ専門家の多くが、ソニーに対するサイバーアタックやその後の情報流出の背後には北朝鮮がいたものだと考えている。セキュリティの専門家であるBrian Krebsは、「Guardians of Peace」を名乗る集団からの攻撃の多くは北朝鮮からのものであり、また在日施設からのものも見られると述べている。

ソニーに対するサイバーアタック(最新技術を用いたというわけでもないらしい)は当初、いち映画会社の問題であったわけだが、それがいまや国家間の騒動へと発展したわけだ。北朝鮮は自らの関与を全く否定している。現時点ではわからないことも多く、事実が明らかになるのは(明らかにされない場合もあり得るだろう)しばらく後のこととなるだろう。アメリカと北朝鮮の関係を考えれば、北朝鮮の提案している共同調査などというのはあり得ない話だろう。もちろんデニス・ロッドマンが動き始めれば、話はまた別なのかもしれない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H


Google Mapsがコミュニティの協力で北朝鮮の地図を詳細化

2458338721_8b4835b9fd_z

Google Mapsは、強力なプロダクトであるのみならず、強力なプラットホームでもある。つまり、世界中の人たちがMap Makerツールを使って、Googleの地図をより詳細に、正確に、そしてより今日的にすることに貢献できる。北朝鮮の地図に関してもまさにそれが起きた、とGoogleは今日(米国時間1/28)発表した

Googleの、Map Maker担当のシニアプロダクトマネージャJayanth Mysoreが、北朝鮮地図の詳細化について、こう述べている:

この地図を作るために、市民地図作者たちのコミュニティがGoogle Map Makerに集い、道路名や重要箇所を加えるなどの貢献を行った。この取り組みはMap Makerにおいてすでに数年を経過し、そして本日ついに、北朝鮮の新しい地図をGoogle Mapsで提供できることになった。これにより、北朝鮮の地図は従来よりもずっと豊富な情報と細部を見られる。

しかしこの地図は、まだ完全ではない。地図のおもしろいところは、世界が絶えず変化している場所であるところにある。私たちは世界中の人たちが、Google Map Makerを使って地図の改良を継続されることを、大歓迎いたします。今後も北朝鮮の地図に関しては正しい更新を続け、その結果をGoogle Mapsに反映して参ります。

以下が、北朝鮮の地図の昔と今だ。Map Makerのコミュニティのおかげで、相当詳しくなっている:

Screenshot_1_28_13_4_16_PM

Map Makerのコミュニティの活動について、本誌は最近報じた。彼らはごほうびとして、Googleからお金ではなくバッジをもらえる。作業のベースはGoogle Mapsだけではないが、それが重要な部分であることは言うまでもない。

us_streetview_annotated1

たしかにGoogle Mapsは独自の方式で世界最良の地図サービスになっているが、最近ではAppleも、そのGoogle的な方法を採用して追いつくつもりでいる。今Google Mapsの編集に参加しているのは、世界中の200あまりの国/地域の人びとだ。

かなり残念なのは、この方法のほうが、Googleのストリートビューの撮影車が北朝鮮国内を走り回るよりも、現時点では安全なことだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))