ラマに安住の地― AOL、WinampとShoutcastを500-1000万ドルでベルギーの音楽サービス、Radionomyに売却

一度死の瀬戸際に追い詰められた老舗の音楽サービス、WinampShoutcastがとうとう新しいオーナーを見つけることに成功した。デジタル・オーディオ・ビジネスのRadionomyが両方のメディアをAOL(TechCrunchの親会社)から買収することが公式に発表された。信頼できる筋の情報によると、この買収の支払いはキャッシュと株式の双方で行われた。金額は500万ドルから1000万ドルの間で、AOLはRadionomyの株式の12%を受け取ったという。

1999年にAOLがNullsoftからWinampとShoutcastを買収したときの価格は8000万ドルだった。

AOLがRadionomyの株式を所有することになったのは「戦略的な目的ではなく、経済的なもの」だそうだ。

2013年の12月20日にAOLが両サービスの廃止を決めた後、さまざまな買収の噂が流れ、その間、廃止は延期されていた。

両サービスのドメインがRadionomyのサーバに移管されたことからしてWinampとShoutcastは今後も運営が続けられるものとみられる。

Shoutcastを得たことによってRadionomyは世界でも最大のラジオ・ストリーミング・サービスの一つとなった。Radionomyは6万のインターネット・ラジオ局を配信することになるが、これはすべてのオンライン・ラジオのほぼ半数に相当する。

ベルギーのブリュッセルとニューヨークにオフィスを置くRadionomyのファウンダー、CEOのAlexandre Saboundjianは「この買収は(AOLとの戦略的関係の構築ではなく)単にプロダクトとテクノロジーの取得が目的だ」と語った。AOLで両サービスを担当している人員は極めて少なく、それも契約社員だという。

Radionomyはこれまでに700万ドルを調達しているが、業務拡大のために今後数ヶ月以内にさらに資金調達を計画している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


AOLが手放したWinampとShoutcastはインターネットラジオ集積サイトRadionomyが買収へ

本誌TechCrunchのオーナーでもあるAOLは、同社の古い在庫であるWinampとShoutcastを、最初は閉鎖するつもりだったが、その後売ることに心変わりした。噂では、買い手はMicrosoftと言われていたが、しかしそれは虚報だった。この2社を買うことになったのは、ベルギーのブラッセルに本拠を置く国際的なインターネットラジオアグリゲータRadionomyだ。

Radionomyとのつながりに最初に気づいたのは、WinampのフォーラムのユーザBryon StoutCarsten Knoblochだった。彼らは、Winampのネームサーバ(DNS)がRadionomyに転送されていることを発見した。その時点ではShoutcastのDNSは変わっていなかった。本誌の信頼すべき情報筋によると、しかし買収案件は2社を含み、金曜日までには契約が完了するという。

Radionomyのカタログにはおよそ6000のインターネットラジオ局が載っているが、DIYのプラットホームであることを売りにしていて、誰でもチャネルを作れる。Shoutcastのカタログには50000あまりのラジオ局が載っているから、Radionomyの業容拡大を助けるだろう。Winampのメディアプレーヤーソフトは傘下ラジオ局の番組制作を助け、またそのほかのサービスも提供できるようになるだろう。

買収によってこの二つのプロダクト/プラットホームは、より商用的な場に置かれることになる。たとえばRadionomyに投資しているMusicMaticは、商店などのためのオーディオ/ビデオ番組を制作している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


ラマは生き延びるか―Microsoft、終了決定のWinampとShoutcastを AOLから買い取り交渉中?

懐かしのWinampはそう簡単に消えないかもしれない。昨日(米国時間11/20)、AOLはWinampを終了させると発表した。AOLがこのWindows向け音楽プレイヤーを開発元のNullsoftから買収したのは1999年で、 価格は8000万ドルだった。

しかし今日(米国時間11/21)、Techcrunchが入手した情報によると、AOLはWinampとこれもNullsoftから買収したストリーミング・サービスのShoutcastの売却をめぐってMicrosoftと交渉中だという。なおAOLはShoutcastについても来週に終了を発表する予定だという。

この件についてAOLはコメントを避けた。Microsoftにも問い合わせているがまだ回答はない。情報源によれば、価格をめぐって交渉は継続中だという。サービスが両方共生き残る可能性は低いようだ。

AOL側に立ってみれば、WinampとShoutcastを閉鎖する理由も、売却できるものなら売却したい理由も明白だ。

AOLは両サービスについて一度もはっきりした戦略を立てたことがない。その間に他のデジタル音楽サービスは着々と地歩を固めてしまった(もっとも先週われわれも報じたようにRdioはレイオフしている。デジタル音楽ビジネスも競争が激しい)。AOLは事業の主力をウェブ・パブリッシング(現在、TechCrunch、Engadget、HuffingtonPostなど多数のサイトを所有)に移行する過程の一環として他の音楽関連の事業を閉鎖したり売却したりしてきた。 大量のトラフィックを有するネットワークの運営者として、AOLはますますオンライン広告とその効果を改良するテクノロジーの開発に力を注ぐようになっている。

なるほどその戦略の中には音楽も含まれていいわけだが、音楽事業の立て直しには巨額の資金が必要になる。

一方、Microsoftは音楽であまり成功を収めていない(Zuneの霊よ安かれ)。最近はXbox Musicにすべてを賭けている感がある。これは有料および広告入り無料の音楽サービスで、Xbox 360、Windows 8、Windows RT、Windows Phone 8、iOS、Androidの各デバイスをサポートしている。

それではMicrosoftの戦略のどこにWinampやShoutcastが収まるのだろう? Winampについてはまだ不明だが、Shoutcastはプラットフォームとして5万以上のオンライン・ラジオ局をネットワークしている。現在こうしたパーソナル・ラジオ局機能を欠いているXbox Musicの強化のためにこの資産はMicrosoftにとって魅力的なのかもしれない。

Image: Flickr

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


AOLのテクノロジーについての短編ビデオが大ヒット、再生850万回を記録 (Keen On)

ウェビー賞のファウンダーで映画監督、プロデューサーのTiffany ShlainがAOLのために製作した短編ビデオ・シリーズが大ヒット中だ。The Future Starts Here(未来はここから始まる)と題されたテクノロジーについての啓蒙ビデオは短期間に850万回も再生されている。

このシリーズにはデジタル時代のテクノロジーと生活スタイルについての8本の短編が収められている。その中にはTechnology Shabbat(テクノロジー安息日)という1週間デジタル・テクノロジーの利用を止める生活やTech Etiquette(テック・エチケット)などというユニークなエピソードが含まれている。Shlaneによると、テック・エチケットの回を製作したのは、普通の常識ある人々が携帯電話を手にしたとたんにどうしようもない迷惑人間になってしまうことにうんざりしたからだという。このシリーズの製作の目的は、3分から6分の短いビデオで、テクノロジーと生活に関する重要なテーマを一般視聴者にわかりやすく伝えることだった。

製作にあたってAOLはShlainを全面的に支援した。Shlainによれば「ハリウッドなみの製作チーム」だったという。Shlainは大きなテーマを短く圧縮することに才能を発揮しており、未来のドキュメンタリー・ビデオのひとつのお手本になりそうだ。ウェビー賞(Webby Awards)のファウンダーとしてShlainは長年にわたってハリウッドをシリコンバレーに注入してきた。しかし今回のようなデジタル時代の紹介では、逆にシリコンバレーをハリウッドに輸出する役回りのようだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


Aolの最新CEOお気に入りのTechCrunchライターはマイケル・アリントン



このGIF動画のように、先週Aolはまた新しい経営陣を加えた。Aolブランド事業の専任CEO、Susan Lyneを得て、Aol NetworksのCEO Ned BrodyおよびAol MembershipのCEO Jimmy Maymannとの三頭体制が整った。そして、同社はすばらしい早業で経営陣を1つ減らし、COO Artie Minsonを退任させた。恐らくPatchの予想外の不水振が理由だ。

Aolの組織改訂は常に不可解であり、Aolの決算報告書によるとHuffPostおよびHuffPost Liveのトラフィックと売上は、ブランド事業の売上として計上されているにも関わらず、Huffington PostのボスはArianna HuffligtonでありLyneの配下にない。著名ブランドの一つとして、TechCrunchも実に手ぬるい扱いを受けており、Lyneはわれわれが編集権の独立を維持することを約束している。

「あなたがたは、Aolによる介入を殆どあるいは全く受けることなく驚くほどトラフィックを増やした。助けは必要ないでしょう」と彼女は、就任早々上のビデオにある私のインタビューに答えた。そしてAriannaが部屋にいたからなのか、「Huffington PostにはHuff Post Liveや今後の海外展開など、よく考えられた成長計画がある。一緒にできることはたくさんあるが、私の時間はそこまで成長の早くない分野に費やす方が良い」と語った。

他に、TechCrunchに「水着特集号」の予定がないこと以外で言うこととしては、彼女お気に入りのTechCrunchライターはMichael Arringtonだそうだ。でも彼女は[Ryan] Lawlerを見るまで待った方がいいかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)