モバイルフレンドリーアルゴリズムの重要性-Googleの新しいアルゴリズムにどう対応するべきか?

4月21日にリリースされるモバイルフレンドリーアルゴリズムですが、導入が発表されてからも追加情報がいくつか発表されています。今回の記事は、モバイルフレンドリーアルゴリズムの重要性と今まで公開された情報を振り返る内容になります。本記事の筆者であるseoClarity社のキース・グッド氏5月15日(金)にクロスフィニティ株式会社主催で行われる「Cross Forum2015」にてスマートフォンSEOについて、日本で初めて登壇する予定です。モバイルフレンドリーアルゴリズムが導入された後の開催となりますが、今後よりいっそう重要になる分野についてのセッションになります。各分野のエキスパートを招いたセミナーになりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。– SEO Japan

キース・グッド氏のプロフィールはこちら
クロスフィニティ株式会社開催セミナーの詳細はこちら

*記事内のリンクの一部は英語となっています。

素人目からすれば、4月21日に全地域で開始される、モバイルフレンドリーがランキング要素になるというGoogleの公式の発表に対するあらゆる騒動は、どうにも奇妙に見えてしまう。Googleの発表は、明らかに”分かりきったこと”であるように思えてしまうのだ。モバイルフレンドリーのサイトが、モバイルフレンドリーでないサイトより、検索結果で上位に表示されるということだが、非常に当たり前のことだと思えてしまう。

今回のGoogleによる発表が非常に珍しいものであるということを理解するためには、SEOについての歴史を簡単に振り返る必要がある。また、SEO業界とGoogleや他の検索エンジンとの関係性について、説明する必要もあるだろう。

Googleのアルゴリズムはブラックボックス

SEOの担当者はGoogleから発表されるごく僅かな情報のみを手がかりにしており、この状態は何年間も続いていた。GoogleのWebマスターガイドラインからの情報や、マット・カッツ氏やジョン・ミューラー氏が公の場で発言する情報などは手に入れることができてはいるが、我々が知りうる情報は、せいぜい、ランキングアルゴリズムの大まかな全体図や変更時の情報のみであった。プレゼンテーションやセミナーの時に私が常に発言していることだが、”Googleが発表している内容は、Googleが発表していない内容と比べると非常に少なく、我々が注意を払う必要がある情報は、発表されていない内容に多く含まれている”、のである。

そういった状況の中、我々はここ数カ月間でランキングに関わる内容をGoogleからの公式な情報として、2つも手にすることができたのだ。(一つ目の発表は、SSL認証を行っているサイトや、”https”で始まるURLのサイトにランキングにおける評価を与えるというものだった。)今回の発表は前例の無いものであったと言えるだろう。

そのため、もしもあなたが、冒頭で記載したように今回の発表を”無視してもよいもの”と考えているのであれば、その考えを改めることを私は薦める。

あなたが知るべき内容とは

まずは、今回の発表の内容を振り返ってみよう。その後、Googleからの追加情報を含めた詳細を探っていきたいと思う。

モバイルフレンドリーとは何か?

モバイルフレンドリーという言葉が何を意味するのか。より詳細な情報は、Googleのジョン・ミューラー氏の発言や、SMX Westでのゲイリー・イリーズ氏が参加したセッションから読み取ることができる。

写真左がseoClarity社のミト・ガンジー氏。順に、バリー・シュワルツ氏(Search Engine Roundtable)、ゲイリー・イリーズ氏(Google)、ブライソン・ミュニアー氏(Vivid Seats Ltd)。

端的に言えば、Googleのモバイルフレンドリーテストに合格していれば、あなたのサイトはモバイルフレンドリーであると言うことができる。ゲイリー・イリーズ氏はモバイルフレンドリーテストの結果と検索エンジンが使用する内容、言い換えると、検索結果上に”モバイルフレンドリー(スマホ対応)”と表示させるかどうかの判断、とは一貫性があるということを認めている。 (“モバイルフレンドリー”の判断をする項目は、GoogleのWebmasterブログの記事を参照して欲しい。)ここにはいくつかのヒントが含まれているため、下記に記載する。

①画像とページのレイアウトを変更し、ユーザーが左右のスクロールやズームをする必要がないようにする。テキストを読む際にも、ユーザーがズームなどをする必要がなく読めるようにする。

②モバイルフレンドリーにするにあたり、”レスポンシブデザイン”、”PCと別のURLの使用”、”動的なサイト”のうち、どれを利用してもかまわない。Googleはボットがクロールできることを求めているのであり、特定の種類の対応を求めているわけではない。スマートフォンであなたのサイトを読み込むことができればよいのだ。

③このアルゴリズムは個々のページを対象としている。つまり、サイト内のいくつかのページがモバイルフレンドリーでなくても、サイト全体がモバイルフレンドリーでないと判断されることはない。

技術的な側面

さらにこのアルゴリズムについての議論を進めていくと、いくつかの技術的な側面も覚えておく必要がある。

①ゲイリー・イリーズ氏によると、レスポンシブデザインは”Googleにやさしい”技術であるということだ。しかし、Googleの判断基準としては、レスポンシブデザインとモバイルサイトには何ら違いはない。言い換えれば、レスポンシブデザインのサイトがランキングにおいて、その他のサイトよりも高い評価を獲得するということはないのだ。レスポンシブデザインは、モバイルサイトを構築する際によく起こるエラーを回避することができるだけである。

②モバイルページ用にサブドメインやサブフォルダを使用している場合は、カノニカルタグを適切に配置する必要がある。

③Googleボットは全てブロックの対象外とする。特に、スマートフォンのボット(Smartphone Googlebot)や、モバイルのボット(Googlebot-Mobile)は特に注意しよう。

④Googleは通常のブラウザと同じようにページを読み込む。JavaScriptやCSSをブロックせず、特に、モバイルサイトで動的なサイトを構築している場合は注意しよう。ブロックを行うことで、モバイルフレンドリーではないと判断される恐れがある。

Googleは、4月21日にリリースされるアルゴリズムにおいては、ページスピードは要素に含めていないとしているが、ページスピードの重要性を無視するべきではない。今回のアルゴリズム変更には該当しない要素ではあるが、一般的なランキング要素には含まれている。競合サイトとその他の要因が対等である場合、よりページスピードが早いサイトが上位に表示されるようになるだろう。

より詳細な情報は・・・

本記事ではこちらにウェビナーの告知が記載されていましたが、既に終了しております。しかし、ウェビナーの内容をまとめたホワイトペーパーを後日SEO Japanで掲載する予定ですので、ご興味のある方はそちらを御覧ください。


この記事は、seoClarityに掲載された「To M or not to M: More Mobile from Mountain View」を翻訳した内容です。

記事内にある通り、Googleが短期間でランキング要素についての発表を行うことは今までになかったことだと思います。その重要性は以前から言われ続けてはいましたが、Googleが注力する分野であることは改めて確認できます。クロスフィニティ株式会社主催のセミナーでは、ゲイリー・イリーズ氏が登壇したSMX Westのモバイルセッションに共に登壇したミト・ガンジー氏のセッションもありますので、ご興味のある方はふるってご参加ください。

「Cross Forum2015
 〜コンテンツマーケティング・CRO・スマートフォン SEO が繋ぐオウンドメディアの未来〜」
URL: http://www.crossfinity.co.jp/news/20150325_01.html

【告知】初心者向けSEO入門書として「10年つかえるSEOの基本」という本を書きました

技術評論社さんより、ヴォラーレ土居によるSEO入門書が2015年4月23日に発売されます。技術解説はほとんどなく、「検索」や「検索する人の行動や心理」にフォーカスした不変的な内容を、專門知識がゼロでも読めるように136ページにまとめました。

[寄稿] 新米Webディレクターが最初におさえたいSEOのこと

セカイラボの岸と申します。この春で自社Webサービス「セカイラボ」のWebディレクターになってから1年になります。業務ではアクセス解析、サービス改善、SEO、開発マネジメント、コンテンツ作成、プロダクト戦略を担当しています。 今回は自社WebサービスやWebサイトを担当する新米Webディレクター向けに、私のSEO経験をもとにWebディレクターとして最初におさえたいSEOのことを紹介します。

モバイルフレンドリー・アルゴリズムについての新情報!~ロールアウトには1週間ほどかかる見込みも、対応/非対応のみを判断、その他~

先日行われたGoogle+ハングアウトにて発表された、モバイルフレンドリー・アルゴリズムについての話題です。4月21日のロールアウトに向けて、モバイルフレンドリー・アルゴリズムの概要に関する情報が継続的に発表されています。全地域に一斉導入ということもあり、影響度はパンダやペンギン以上になるようです。いよいよ、1ヶ月を切りましたが、今回発表された情報はどういったものなのでしょうか?– SEO Japan

*リンク先は全て英語のサイトになっています。

Googleのモバイルフレンドリー・アルゴリズムのリリース日である4月21日に向けて我々は着々と準備を進めているが、その概要について、また新たな情報が判明した。

4月21日にローンチされるGoogleのモバイルフレンドリー・アルゴリズムは、ページ単位、かつ、リアルタイムであることが明らかになっている。しかし、今回のアルゴリズムがロールアウトにかかる期間はどのくらいのものだろうか?また、自身のページが今回のアルゴリズムによる恩恵を受ける基準を満たしているという判断は、どのようにするべきだろうか?

今回のアルゴリズムがパンダやペンギン以上のインパクトがあることも明らかになっているため、多くのWebマスターが不安にも似た気持ちを抱いていることだろう。

昨日のGoogle+ハングアウトにて、この新たなモバイルフレンドリー・アルゴリズムについての質問に対し、Googleが返答をしている。主な内容は以下の3点である。

(1)今回のアルゴリズムは4月21日に開始されるが、全地域において完全に完了するまでには、数日から1週間ほどかかる。

(2)対象のサイトがモバイルフレンドリーであるか、そうでないか、のみが基準となる。どの程度対応しているか、という基準はない。

(3)モバイルフレンドリーであるかどうかを判断する最も簡単な方法は、モバイル検索結果にて、モバイルフレンドリーのラベルが表示されているかどうかを確認することだ。もしも表示されていない場合は、モバイルフレンドリーテストツールを用い、自身のサイトを確認しよう。また、モバイルフレンドリーテストツールは、実際のGoogleの検索結果と一致しているはずであるが、Webマスターツール内のモバイルユーザビリティレポートは、クロールのタイミングの問題で、対応が遅れる場合がある。

ロールアウトには数日から1週間ほどかかる

GoogleのMary氏の返答をこちらに書き起こしている。以下に、一部を抜粋する。

モバイルフレンドリー・アルゴリズムは4月21日に開始されることが予定されているが、完了期間については特に設定していない。なぜなら、数日かかる見込みであるし、もしかしたら1週間ほどかかるかもしれないからだ。

モバイルフレンドリーであるかどうか

モバイルフレンドリー・アルゴリズムは、対応か非対応かを、ページ基準で判断する。しかし、どの程度モバイルフレンドリーであるかを判断するものではない。単純に、モバイルフレンドリーであるか、そうでないかのみである。こちらに書き起こしているが、以下に抜粋する。

今回のアルゴリズムにおいては、モバイルフレンドリーであるか、そうでないかが基準となる。その判断となる指標は既にお伝えしているものである。小さいフォント、リンクやタップボタンがそれぞれ近すぎる配置になっていないか、コンテンツは実際に読むことができるか、そして、ビューポイントである。こうした指標を満たしていれば、あなたのサイトはモバイルフレンドリーであるということになり、ランキング変更における恩恵を受けることになるだろう。
しかし、以前から述べている通り、Googleは200を超えるランキング要素を使用しているため、モバイルフレンドリーのみがランキングを決定づけるものではない。ランキングはあなたのサイトのあらゆる要素に関わっており、素晴らしいユーザー体験をあなたのサイトが提供しているかどうかが重要だ。これについては、デスクトップ検索と同様のものであり、モバイル検索だけの特別な状況というわけではない。

モバイルフレンドリーであるかを判断する方法

自身のサイトがモバイルフレンドリーであるかどうかを判断するにはどうしたらよいか?幾つか方法はあるが、Googleはモバイル検索結果を確認し、モバイルフレンドリーのラベルが表示されているかどうかを見ることが、最も簡単な方法であると述べている。ラベルが表示されているのであれば、モバイルフレンドリーテストツールに合格しているはずだ。注意してほしいことは、Webマスターツール内のモバイルユーザビリティレポートの内容は反映に時間が掛かることがある、ということだ。これは、クロールのタイミングの問題であるため、その他のレポートに遅れが生じることと同一の理由である。

Googleの発言はこちらに書き起こしているが、以下に抜粋する。

スマートフォンを手に取り、あなたのWebサイトを調べてみよう。そして、灰色のモバイルフレンドリーのラベルが表示されているか確認しよう。検索結果に表示されているのであれば、Googleはあなたのサイトをモバイルフレンドリーであると認識していることになり、表示されていないのであれば、Googleはあなたのサイトをモバイルフレンドリーであると認識していないことになる。


この記事は、Search Engine Landに掲載された「Google Clarifies The Mobile-Friendly Algorithm Will Roll Out Over A Week, Be A Yes/No Response & More」を翻訳した内容です。

SMXでの発表に続き、また新たな情報が発表されました。今回は、モバイルフレンドリーであるかどうかの単純な判断のようですが、今後はその程度も考慮されることになるのでしょうか?完了するには1週間ほどかかる可能性もあることですが、全地域一斉導入ということなので、即日というわけにはいかないようです。まずは、自身のサイトをモバイルフレンドリーテストツールで確認することが大事ですね。

続きを読む モバイルフレンドリー・アルゴリズムについての新情報!~ロールアウトには1週間ほどかかる見込みも、対応/非対応のみを判断、その他~

[寄稿] SEO担当者が知らないと恥ずかしいGoogleアナリティクスの基礎指標

みなさん、こんにちは。カグア!というブログを運営しています、吉田といいます。 私は、ふだんGoogleアナリティクスとヒートマップをメインに使い、サイトの改善やグロースを一人で行っています。リソースが限られていますので、アクセス解析をつかい、効率的かつ無駄打ちの少ない施策を是として、日々運営にいそしんでいます。 今回SEO HACKSさんに寄稿の提案を受けまして、投稿させていただきます。

ハッキングされたサイトの復旧事例をご紹介します

今日では、ハッキングされるウェブサイトの数は、1 日あたり数千に及ぶと言われています。ハッキングされたサイトは、ユーザーに悪意のあるソフトウェアを配布する、ユーザーの個人情報を収集する、ユーザーをまったく別のサイトにリダイレクトするなどの方法で、ユーザーに危害を加えるおそれがあります。もしサイトがハッキングされたら速やかに復旧したいものですが、その方法は単純ではありません。

Google では、サイトがハッキングされた場合にできるだけ簡単に復旧できるよう、セキュリティの問題ハッキングされたサイトに関するヘルプハッキングされたサイト専用のフォーラムなどを提供しています。最近、ハッキングされた 2 つのサイトのウェブマスターの方に、どうやってサイトを復旧したかについてお話を伺う機会がありました。こうした事例をご紹介することで、ハッキングの被害にあったウェブマスターの皆様がサイトの復旧を行う際のヒントになれば幸いです。

事例 1: レストランのウェブサイトがハッキングされ、複数のスクリプトが挿入された

このレストランでは Wordpress でウェブサイトを作成していましたが、ある日サイトがハッカーによって改ざんされたことを警告する Google からのメッセージがウェブマスター ツール アカウントに届きました。Google では検索ユーザーを保護するため、このウェブサイトがハッキングされたことを示すラベルを Google 検索結果に表示しました。このサイトのウェブマスターであるサムさんがソース コードを確認したところ、「viagra(バイアグラ)」、「cialis(シアリス)」などの薬剤用語を使った不審なリンクが数多く見つかりました。また、「buy valtrex in florida(バルトレックス 購入 フロリダ)」のような meta description タグが HTML 上に追加されているページも数多く見つかりました。さらには、多くのページに(HTML 内にも)非表示の div タグが挿入され、さまざまなページにリンクしていました。もちろん、これらはサムさんが追加したものではありません。

サムさんは、ハッキングされたコンテンツを可能な限り削除して再審査リクエストを送信しました。リクエストは承認されませんでしたが、Google からメッセージがあり、PHP ファイル(もしくは、その他のサーバー ファイル)内に不審なスクリプトが追加されていないか、.htaccess に変更が加えられていないか確認するようアドバイスされました。これらは、ハッカーがサイトを改ざんする際、スクリプトを追加するのによく狙うファイルだからです。通常、ハッカーはこのようなスクリプトを使って、ハッキングしたコンテンツを検索エンジンに対してのみ表示し、一般のユーザーにはそのコンテンツが表示されないようにしてしまいます。サムさんはすべての .php ファイルを確認し、ハッキング前にバックアップしておいたファイルと比較しました。その結果、footer.php、index.php、functions.php に新しいコンテンツが追加されていることが判明しました。これらのファイルをバックアップ ファイルで置き換えた後にハッキングされたコンテンツがそれ以上見つからないことを確認し、もう一度再審査リクエストを送信したところ、サイト内のハッキングされたコンテンツがすべて削除されていることを知らせる Google からの通知が届きました。

ハッキングされたコンテンツはすべて削除しましたが、サムさんとしては今後のハッカーの攻撃からサイトを保護しなければなりません。そこで以下の方法によりサイトを保護することにしました。
  • コンテンツ管理システム(WordPress、Joomla、Drupal など)を常に最新のバージョンに更新する(プラグインも忘れずに更新する)。
  • コンテンツ管理システムの管理機能を使用できるアカウントに、強度の高いパスワードを使用する。
  • コンテンツ管理システムでサポートされている場合は、ログインの 2 段階認証(英語)を有効にする(2 要素認証と呼ばれることもあります)。この方法は、パスワードの再設定に使用するアカウントにもおすすめします。GoogleMicrosoftYahoo(英語)など、ほとんどのメール プロバイダでサポートされています。
  • インストールされているプラグインやテーマが信頼できる提供元からのものであることを確認する。既にサポートが終了しているようなプラグインやテーマを使用し続けることは大変危険です。また、海賊版のプラグインやテーマには、ハッカーの侵入を容易にするようなコードが挿入されていることが多いようです。

事例 2: 事業用ウェブサイトに検出が難しいハッキングされたページが大量に見つかった

小規模事業主であるマリアさんは、管理しているウェブサイトがハッキングされていることを知らせるメッセージをウェブマスター ツールで受け取りました。メッセージには、ハッカーが追加したページの例として http://example.com/where-to-buy-cialis-over-the-counter/ が挙げられていました。ホスティング プロバイダに相談したところ、ホームページのソース コードを確認してくれましたが薬剤に関するキーワードは見つからず、http://example.com/where-to-buy-cialis-over-the-counter/ にアクセスするとエラー ページが返されるという状況でした。有料のマルウェア スキャン サービスも利用しましたが、サイト内に悪意のあるソフトウェアを見つけることはできませんでした。
その後、ウェブマスター ツールの Fetch as Google 機能を使用して、Google が例示した URL(http://example.com/where-to-buy-cialis-over-the-counter/)にアクセスしてみましたが何も返されませんでした。どうしようもないため再審査リクエストを送信したところ、不承認メッセージが届き、以下の 2 点を試すようアドバイスがありました。
  1. www のないサイト URL をウェブマスター ツールに追加する。これは、ウェブマスターが見落としがちなフォルダにハッカーのコンテンツが隠されている場合があるためです。

    http://example.com と http://www.example.com は同じサイトのように見えますが、Google ではこれらを別々のサイトとして処理しています。http://example.com は「ルート ドメイン」で、http://www.example.com は「サブ ドメイン」です。マリアさんは http://www.example.com は確認していましたが、http://example.com は確認していませんでした。しかし、ハッカーが追加していたページは http://example.com/where-to-buy-cialis-over-the-counter/ のような www のないページで、こちらを確認することが重要だったのです。マリアさんが http://example.com を確認したところ、ウェブマスター ツールの Fetch as Google 機能を使用してハッキングされたコンテンツを表示することができました。
  2. .htaccess ファイルに新たなルールが追加されていないか確認する。

    マリアさんが、ホスティング プロバイダにやり方を教わって .htaccess ファイルを確認したところ、次のような追加した覚えのない不審なコンテンツが追加されていました。

    <IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (google|yahoo|msn|aol|bing) [OR]
    RewriteCond %{HTTP_REFERER} (google|yahoo|msn|aol|bing)
    RewriteRule ^([^/]*)/$ /main.php?p=$1 [L]
    </IfModule>


    この mod_rewrite(英語)ルールはハッカーが挿入したもので、特定の検索エンジンから訪れたすべてのユーザーと検索エンジン クローラを、ハッキングされたコンテンツの生成元である main.php にリダイレクトしているものでした。このようなルールで、携帯端末でサイトにアクセスしてきたユーザーをリダイレクトすることも可能です。同じ日、最近のマルウェア スキャンによって、main.php ファイルに不審なコンテンツが見つかっていたことも判明しました。さらには、ウェブサイト開発ソフトウェアの FTP ユーザー領域に、不明なユーザーが登録されていることにも気付きました。
マリアさんは main.php ファイルと .htaccess ファイルを削除し、FTP ユーザー領域から不明なユーザーを削除しました。これにより、サイトのハッキングを止めることができたのです。

今後ハッキングされないための対策

  • サーバーへのファイル転送に FTP の使用を避ける。FTP では、パスワードをはじめすべてのトラフィックが暗号化されません。代わりに SFTP を使用することで、パスワードを含むすべてのトラフィックが暗号化され、盗聴者からデータを保護できます。
  • .htaccess のような重要なファイルへのアクセス権限を確認する。この点については、必要に応じてホスティング プロバイダに相談してください。.htaccess はサイトの改善や保護に使用する重要なファイルですが、このファイルへのアクセスを許してしまうとハッカーに悪用されるおそれがあります。
  • サイトを変更する権限のあるユーザーを確認できる場所(管理パネルなど)をこまめにチェックして、不明なユーザーが追加されていないかどうか確認する。
Google では、ウェブマスターの皆様のサイトがハッキングされないことを願っておりますが、万が一ハッキングされた場合はハッキングされたサイトに関するヘルプをご覧ください。ハッキングされたサイトを復旧するためのさまざまな資料が用意されています。それでもご不明な点がある場合や、他のウェブマスターと情報交換していただける場合は、ウェブマスター ヘルプ フォーラムをご利用ください(フォーラムに投稿する際やサイトの再審査リクエストを送信する際は、#NoHacked を含めるようにしてください)。

最後に、ハッキングによる被害はなかなか気づかないことも多いようです。サイトの不正なハッキングをいち早く見つけ、普段からサイトのセキュリティ強化を意識しましょう!

Web Components と JSON-LD でウェブサイト開発がより簡単に

JSON-LD は、Google などの検索エンジンに対してサイト上のコンテンツを記述する構造化データの実装に使用できる JSON ベースのデータ形式です。たとえば、イベント、店舗、人物などのリストがある場合に、schema.org ボキャブラリを JSON-LD スニペットとしてウェブページに埋め込むことで、構造化された方法でリストのデータをページに含めることができます。構造化データにすることで、Google がページの内容を把握しやすくなり、ナレッジグラフ イベントリッチ スニペットなどの検索機能でコンテンツがハイライトで表示されやすくなります。

Web Components は、カスタマイズした再利用可能なユーザー インターフェース ウィジェットとその動作を定義するための技術です。複数の技術で成り立ち、その仕様は現在も策定中です。ウェブ デベロッパーであれば誰でも Web Components をビルドできます。まず、ユーザー インターフェースの個々のパーツについてテンプレートを定義し、Web Components を使用したいページにテンプレートをインポートします。Web Components の動作を定義するには、Custom Elements を使用します。ユーザー インターフェースのパーツの表示とロジックが Web Components にバンドルされるため、このバンドルを他のページや他のデベロッパーと共有したり、再利用したりでき、ウェブ開発が簡単になります。

JSON-LD と Web Components は、併せて利用するととてもうまく機能します。Custom Elements がプレゼンテーション層として機能し、JSON-LD は Custom Elements や検索エンジンが読み込むデータ層として機能します。つまり、schema.org/Eventschema.org/LocalBusiness など、どのような種類の schema.org についても、Custom Elements をビルドできることになります。

アーキテクチャは次のようになります。構造化データはデータ ベースに格納されます(例: チェーンの店舗の所在地)。このデータは JSON-LD スニペットとしてウェブページに埋め込まれます。つまり、Custom Elements によって読み込まれ、人間の訪問者に対して表示されたり、Googlebot によって Google のインデックス登録のために取得されたりできるようになります。

Custom Elements の詳細や独自の Custom Elements の使用方法については、以下をご覧ください。

オンライン フォームを入力しやすくするために

多くのウェブサイトでは、重要な目標を達成するための手段としてフォームを使用しています。たとえば、ショッピング サイトでは代金の決済、ニュース サイトでは会員の登録などです。ユーザーの多くは、ウェブ上の各サイトでオンライン フォームを入力するたびに、氏名、メール アドレス、電話番号、住所などの情報を繰り返し入力することになります。同じ情報を何度も入力するのは面倒なだけではありません。入力エラーが発生しやすく、ユーザーがフォームの途中で入力をやめる原因にもなってしまいます。パソコンよりも携帯端末で閲覧するユーザーが多くなり、フォームをすばやく簡単に入力できるようにすることが不可欠となっています。Google では 3 年前、フォームへの入力をすばやく、簡単に、スマートに行えるようにするため、Chrome で新たに「autocomplete」属性をサポートすることを発表しました。現在では、最新の WHATWG の HTML 標準(英語)に準拠する形で「autocomplete」属性が完全にサポートされています。これにより、ユーザー インターフェースやバックエンドに変更を加えることなく、入力要素項目に一般的なデータ タイプ(「name」、「street-address」など)をラベル付けできるようになっています。既にたくさんのウェブマスターがフォームをマークアップしてオートコンプリートを実装し、フォーム入力の完了率を上昇させています。

たとえば、フォームのメール アドレス項目をオートコンプリートできるようにするには、次のようにマークアップします(サンプル フォームもご覧ください)。

<input type="email" name="customerEmail" autocomplete="email"/>
携帯端末ユーザーが増加した今、操作やブラウジングが簡単なウェブサイトにすることが非常に重要です。「autocomplete」属性でマークアップされたフォームが、今後ますます増えていくことを願っております。詳細については、「Web Fundamentals」の Label and name inputs properly (英語)で仕様を確認してください。ご質問などありましたら、いつもどおりウェブマスター ヘルプ フォーラムに投稿してください。

Googleのモバイルフレンドリー・アルゴリズムはパンダやペンギン以上のインパクトを与える。

4月21日に導入される、Googleのモバイルフレンドリーについての話題です。今月初旬に行われたSMX Westでは、モバイルフレンドリー・アルゴリズムがリアルタイムでありページ単位に影響を与えることや、デスクトップ検索とのシグナルにおける区別はつけていない、という情報もだされましたが、今回は影響範囲の情報でした。多くの注目を集めているモバイルフレンドリー・アルゴリズムですが、その影響範囲は如何に。– SEO Japan

*記事内のリンク先は全て英語となっています。

もしあなたが、近々導入されるモバイルフレンドリー・アルゴリズムについて、どのくらい大きく、”重要”なのかと疑う気持ちがあるのであれば、今すぐその疑問は捨て去るべきだ。

GoogleのWebマスタートレンドアナリストである、Zineb Ait Bahajji氏がミュンヘンで行われたSMXで、この件についての発言をしている。ちょうど1時間ほど前になるが、今回のアルゴリズムはパンダペンギンよりも大きい影響があると伝えたのだ。

上記の発言は、Aleyda Solis氏によって、Twitterに投稿された。そして、GoogleのGary Illyes氏がその発言をリツイートしている。

パンダアルゴリズムは、最大で検索結果の約12%に影響を与えている。ペンギンは最大で約4%だ。

パンダ・ペンギンとの大きな違いは、モバイルフレンドリー・アルゴリズムはモバイル検索のみに影響を与え、デスクトップ(PC)の検索結果には影響を与えないという点である。しかし、今日においては、Googleの検索クエリの約50%がモバイルでの検索となっている。

もしもあなたのサイトがモバイルフレンドリーでないのであれば、モバイル検索で非常に苦戦を強いられることになるだろう。4月21日のローンチに向け、今すぐに準備をしよう。


この記事は、Search Engine Roundtableに掲載された「Google: The Mobile-Friendly Algorithm Will Be Larger Than Panda Or Penguin」を翻訳した内容です。

導入までおよそ1ヶ月となりましたが、また新たな情報がGoogleから提供されています。こうした情報を小出しに提供することで継続的な話題となるため、さらに多くの人の関心を集めることになっています。Googleが意図的にこうした情報提供を行っているのかはわかりませんが、Googleとしては1つでも多くのサイトをモバイルフレンドリーにしてほしいことは間違いないでしょう。– SEO Japan [G+]

誘導ページについて、品質に関するガイドラインを更新しました

Google のサーチ クオリティ チームは、ユーザーに対するウェブスパムの影響を最小限に抑える方法について継続的に取り組んでいます。誘導ページもその対象の 1 つです。

Google では従来より、検索エンジンのためだけに作成された誘導ページについて、ユーザーの検索体験の品質に悪影響を及ぼす可能性があるとの見解を持っています。

たとえば、検索結果に表示されるすべてのページが、検索ユーザーを同じサイトに誘導するものであった場合を考えてみてください。ユーザーがある検索結果をクリックして閲覧し、その内容が目的に沿うものではなかったため検索結果ページに戻って次の結果をクリックしても、結局は最初に閲覧した目的に沿わなかったページと同じページに誘導されてしまい、ユーザーの利便性が大きく妨げられてしまいます。

Google では長い間、明確な独自の価値を提供していないにもかかわらず検索結果の上位に表示されることのみを目的とするサイトを目にしてきました。このような誘導は、サイト内の複数のページを利用したり、多数のドメインを利用したり、またはそれらを組み合わせた形で行われています。Google ではユーザーに表示される検索結果の品質向上を目的として、より適切にこのような種類のページに対応するためのランキングの調整を近日中に開始します。大規模かつ入念な誘導キャンペーンを実施しているサイトは今回の変更によって大きな影響を受ける可能性があります。

ウェブマスターの皆様に Google のガイドラインを十分にご理解いただけるよう、品質に関するガイドラインに誘導ページの明確な例を追加するとともに、その定義を更新しました。
誘導ページかどうかは、たとえば、以下のような項目に基づいて判断されます。
  • 検索エンジン用に最適化することでサイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的としているか。そうである場合、そのページがサイトのユーザー エクスペリエンスに不可欠か。
  • ページのコンテンツが極めて具体的であるにもかかわらず、一般的なキーワードで検索結果の上位に表示されることを目的としていないか。
  • 検索トラフィックを増やすことを目的に、そのページにサイト上の既存の項目(場所や商品など)をまとめたコンテンツを繰り返して掲載していないか。
  • コンテンツや機能において独自の価値はなく、単にお金儲けのためにユーザーを別のページに誘導することのみを目的に作成されたページではないか。
  • ページが「孤立」して存在していないか。サイト内の他の場所からそのページへの移動が困難または不可能ではないか。検索エンジンのためだけに、サイト内の他のページやサイトのネットワークからそのページへのリンクを作成していないか。

誘導ページにつきましては、こちらのブログ記事「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」もご覧ください。誘導ページについてのご質問やご意見がありましたら、ウェブマスター ヘルプ フォーラムまでお寄せください。

ヤフー、メディア接触調査結果をインフォグラフィックで公開

Yahoo! JAPANは、東京都・大阪府在住の20歳以上の男女が、いつどんなタイミングでメディアに接触しているか、調査した結果をインフォグラフィックで公開しました。– SEO Japan

調査結果をもとに設定された架空の4人家族。父(50代会社員)、母(50代主婦)、娘(20代会社員)、息子(20代大学生)が、それぞれ「スマートフォン」「テレビ」「パソコン」「新聞」「交通広告」などのメディアにどんなシーンで接触しているのか、タイムラインで表現しています。



※画像は一部をご紹介しています。

インフォグラフィックの全体像や詳細はある家族の1日 データで見るメディア接触状況をご覧ください。

「生活者を取り巻く環境は、メディア利用形態の多様化により、急激に変化しています。」とYahoo! JAPANがコメントしている通り、利用シーンによって接触するメディアが異なること、また全体を通して新聞や雑誌よりもスマートフォンの利用が多いことが読み取れます。– SEO Japan

古い Webmaster Tools API 廃止のお知らせ

昨年の秋、多くの重要な自動処理の実装に役立つ新しい Webmaster Tools API 提供の開始をアナウンスしました。そしてこのたび、保留となっていた ClientLogin の終了(英語)とともに、2015 年 4 月 20 日に古い Webmaster Tools API (英語)を廃止します。

古い API を利用している場合でも、新しい API への移行は簡単です。新しい API は、メッセージとキーワードの機能を除いて古い API の機能をすべてカバーしています。Python (英語)、Java (英語)、および(コマンドラインに慣れた方のため、およびテストを容易にするために)OACurl (英語)のサンプルを用意しています。加えて、サイトを自動的に追加するためのSite Verification API (英語)も提供しています。 Python を使った検索クエリのダウンロード機能(英語)は当分の間提供を続けますが、今後数か月の間に新しい API に置き換わる予定です。

この記事に関するコメントやご意見・ご感想は、ウェブマスター  ヘルプ フォーラム までお寄せください。

ウェブマスター ツールを利用してリソースのブロックを解除しましょう

ウェブページではデザイン性や機能性を高めるため、画像、CSS ファイル、JavaScript ファイルがよく使われます。このようなリソースがクロールからブロックされると、Googlebot では検索用にページをレンダリングする際にそのリソースを使用できません。そこで Google ウェブマスター ツールでは、ウェブマスターの皆様がこのような問題を特定して解決できるよう、ブロックされたリソースのレポートを導入しました。
このレポートには、サイト上のブロックされたリソース(JavaScript、CSS、画像など)の提供元ホスト名が表示されます。行をクリックすると、ブロックされたリソースの一覧と、そのリソースが埋め込まれているページが表示されます。そこから、ページ コンテンツのクロールとインデックス登録を可能にするために何が必要かを診断、解決する手順に進むことができます。

取得してレンダリングすると、これらのブロックされたリソースがどの程度問題であるかが表示されます。URL の取得とレンダリングをリクエストすると、Googlebot としてレンダリングされたスクリーンショットと一般ユーザーとしてレンダリングされたスクリーンショットの両方が表示されます。これにより、ページが Googlebot から異なって認識されることに大きく影響する問題を、より簡単に特定できるようになります。

ウェブマスター ツールでは、ウェブマスターが関与しうると思われるホストのみを表示するため、現時点では、さまざまなサイトで使用されているホスト(一般的な解析サービスなど)は表示されません。すべての robots.txt ファイルを更新するのは時間がかかるため、ブロックされたときに表示が大きく異なってしまうリソースから開始することをおすすめします。関連する手順について詳しくは、ウェブマスター ツールのヘルプセンター記事をご覧ください。

この新機能が、ウェブサイト上のブロックされたリソースを特定してブロック解除する際に、皆様のお役に立てば幸いです。ご不明な点がありましたら、お気軽にウェブマスター プロダクト フォーラムまでお寄せください。

Googleはモバイル検索で覇権を取れない?YouTubeはまだ赤字! – 米国発Web業界ニュース 2015年3月上旬号

3月前半の米国ウェブ関連ニュースをまとめて。妙にGoogleネガティブ情報がタイトルに出てしまいましたが、相変らず盛りだくさんの話題です。モバイル検索の件は最後に日本語で補足しましたので興味ある方は終わりまで是非。 — SEO Japan


The new Pebble watch - in full color
今週のウェブマーケニュースでは、・間近に迫るPebbleの発売 ・世界で一番人気の高いブランドとは ・モバイル検索の未来 ・AmazonとBuzzFeedが重要な人材を確保 ・ポルノとマーケティングの交差点 ・自殺を未然に防ぎたいFacebook ・荒らしを嫌うTwitter ・儲からないYouTube ・コラボレーティブエコノミー界に新顔が登場 ・ポッドキャストのオーディエンスが増加 ・Google アナリティクスの使い方 ・テクノロジーの街等の話題を伝える。

それでは、デジタルマーケティング業界に影響を与える重要なリンクをまとめて紹介していく。

毎週、リーダーの方々が、最新の変化、レポートする価値のあるアイテム、そして、仕事で役に立つ可能性があるコンテンツを把握することが出来るように、テクノロジー、ソーシャルメディア、モバイル、デジタルコミュニケーション、そして、マーケティング業界の現在のイベントとトレンドに関するリンクを集めて、ニュースレターを提供している。ニュースレターを購読することも可能だ。

また、Flipboardを利用しているなら、This Week in Digital Magazineを購読すると、同じリンクを手に入れることが出来る。

インダストリー

  • 最新作の発売が間近に迫っている。Kickstarterで控え目にスタートしたスマートウォッチのPebbleは、次回作の発売に向け準備を進めている – 最長で1週間電池が続くPebble Time(199米ドル)が5月に発売される(Fast Company)
  • 今年の「世界で人気の高いブランド トップ 50」が発表された。このランクは、無数のネット上の会話に基づいて決められている。上位には、Google、Twitter、Facebook、そして、Appleが名を連ねている(Infegy)
  • デジタルに飽きた消費者を顧客に変えることが出来るか否かは、数多の強力なデジタルユーザー体験を提供する取り組みにかかっている。鍵を握るのは、究極のデジタルダーウィニズムだ(McKinsey)
  • モバイル検索は意外な方向に進むかもしれない – Googleは主役にはなれないようだ(Alex Iskold)
  • 主席情報責任者(CIO)は、企業戦略に影響を与えるために必要なものを持っているのだろうか?最新の調査では、サービス組織としてIT部門を運営する役割から、企業の成長をもたらす役割にステップアップするCIOの力に疑いの目が向けられていることが判明した(The CIO Report – WSJ)
  • 小売におけるオフラインの領域とオンラインの領域を統合する手段を探しているなら、良質なマルチチャンネルの顧客体験を作り出す8つの手段を確認しておこう(CIO)
  • Amazonは、パブリックリレーションズ & パブリックポリシーの責任者として、元ホワイトハウス報道官のジェイ・カーニーを雇用した。カーニー元報道官の採用は同社の戦略に深い影響与えそうだ(re/code)
  • 将来マーケティング部門で働きたい方への金言 – 「真のデジタルマーケティングの領域でキャリアを始めたいなら、特定のオーディエンスに特定の製品を提供する会社に勤めるべきだ」 このアドバイスを提供する人物は、ポルノ業界でキャリアをスタートさせていた(Moz)
  • プラットフォーム

    • Facebook
    • Twitter
  • Google
    • 人気の高いYouTuber、ケイシー・ネイスタットが、YouTubeとSnapchatを比較している(GigaOm)
    • 先日、Mediumの共同創設者のエバン・ウィリアムズは、利用を増やし、ユーザー体験を改善するため、変更を加えると発表していた。そして、短く、より結びつきの強いMediumが誕生した。新しいMediumでは、長文形式のコンテンツおよび短文形式のコンテンツが共に受け入れられ、コンテンツを楽に発見することが目標に掲げられている。埋め込み式の編集、タグ、および、ストリーム内のプレビュー機能等の改善が行われている(Medium)

    コラボレーティブエコノミー

    コンテンツ

    • 記事ベースのコンテンツを作成するプロセスに常に興味を引かれるなら、Contentlyの設立者に教えを乞うべきかもしれない(Copyblogger)

    オーディオ

    • 待望のEdison Researchによる「Infinite Dial 2015」レポートがいよいよ来週公表される。このレポートでは、先月、12歳以上の約4600万人がポッドキャストを聞いた等のデータが提供される見込みだ。アメリカの人口に換算すると、ポッドキャストのオーディエンスが占める%は、15%から17%に増えたことになる(Edison Research)

    指標/計測/ビッグデータ

    プライバシー/セキュリティ/法律

    その他の重要な記事、動画 & オーディオ


    この記事は、Scott Montyに掲載された「This Week in Digital February 27th 2015」を翻訳した内容です。

    モバイル検索の件ですが、リンク先はあくまで1意見ではありますが、モバイル検索で10結果を出されても大半の人はみない、せいぜい3つで十分。それも検索という形よりテキストメッセージ(SMSやLINEなど)で質問して最適な結果をもらえる方が現実的で使いやすいのでは?という話でした。幾つかの新興サービス(これこれや、これ)も紹介されていましたが、確かにモバイルでの情報収集の形はまだまだ変わっていく気がしなくもありません。とはいえ、Googleの技術力と資金を持ってすれば、どんな形でも対応できそうな気はしますけどね。。Google Nowなども新しいモバイルでの情報提供の形なわけですし。

    後、YouTubeは2014年の売上は約4000億円だったそうですが、黒字まではとはいえずほぼトントンの状況だそうです(ちなみに2013年は3000億円の売上)。お金ないとできない世界ですね。。。。 — SEO Japan

    SEO効果を最大化するための404エラーページのカスタマイズ方法

    404エラーページはSEO内部対策の中でも重要なものの一つだ。 そして、サイトの利便性を高めユーザーに満足してもらうためにも、サイト内のクローラーの回遊性を大きく改善して、サイト全体のSEO効果を高めるためにも重要な役割 […]

    Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムは、現在のところ、デスクトップのランキングシグナルとの区別はつけていない。

    モバイルフレンドリーのアルゴリズムはリアルタイムで動き、ページ単位を対象にする、という内容の記事を前回紹介しましたが、今回の記事もSMX Westでの発言を扱った記事になります。John Mueller氏が発言していた内容と同一ではありますが、今一度確認してもよい内容になっています。– SEO Japan

    デスクトップのサイトスピードが早ければ、モバイルサイトのスピードが速かろうが遅かろうが、モバイルでのランキングには影響しない。Googleはモバイルランキングにもデスクトップのシグナルの多くを使用しており、それは、4月21日も続くことだろう。

    Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムが間もなくローンチされるが、リアルタイムであることと、ページ単位であるという情報は既に報告されている。しかし、SMX Westにて、GoogleのGary Illyes氏は別の情報も公開していた。ページスピードのようなランキングファクターは、デスクトップのバージョンをベースとしており、モバイルバージョンを基準としていない。

    昨年の11月にGoogleのJohn Mueller氏が、モバイルでのランキングには多くのデスクトップのシグナル(ページスピードなど)が使用されていると発言していた。しかし、これについて考えてみると、もしモバイルとデスクトップのサイトがあり、それぞれのサイトスピードが異なる、という場合はどうなるのだろうか?例えば、デスクトップのバージョンよりも10倍速い(または遅い)サイトの場合もあるかもしれない。なぜ、Googleはモバイルでのランキングにデスクトップのシグナルを用いるのだろうか?

    上記は今日においても事実であるが、Illyes氏は、Googleがいくつかの要素をモバイル用にデスクトップから切り離そうと試みていると発言した。ページスピードアルゴリズムトップヘビーアルゴリズムの場合は意味をなすだろう。しかし、ペンギンパンダアップデートの場合は、モバイルとデスクトップとで、要素を区別する必要性は薄いと言える。

    繰り返しになるが、Gary氏は、Googleがこうしたシグナルをモバイルとデスクトップとで区別はしていないと、発言している。しかし、調査と実験は行われているようである。


    この記事は、Search Engine Landに掲載された「Google: The Mobile-Friendly Ranking Factor Runs In Real-Time & Is On A Page-By-Page Basis」を翻訳した内容です。

    SMX Westについての記事はこれから読み進めていこうと思っていますが、モバイルフレンドリーについては大きな話題となっていたようです。4月21日のローンチまで、また新たな情報が発表される可能性も大いにあるため、しばらくは重要なトピックとして考えておこうと思います。SEO Japan

    続きを読む Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムは、現在のところ、デスクトップのランキングシグナルとの区別はつけていない。

    Googleのモバイルフレンドリーのランキングファクターはリアルタイム&ページ単位基準。

    先日モバイルフレンドリーであることをランキングファクターとして用いることをGoogleが発表しましたが、3月3日から5日にかけて行われたSMX Westにて、新情報が発表されたようです。モバイルSEOのセッションで発表されたようですが、このセッションでモデレーターを務めたBarry Schwartz氏が執筆した記事がSearch Engine Landに掲載されています。– SEO Japan

    およそ一か月後にローンチされるモバイルフレンドリー・アルゴリズムが、ページ単位基準でリアルタイムで反映されることが発表された。多くのWebマスターにとって朗報と言えよう。

    Googleは先週、2015年4月21日に、モバイルフレンドリーのランキングファクターを、新たにモバイル検索に追加することを発表した。先日行われたSMX Westにて、GoogleのGary Illyes氏がこの新しいランキングファクターについての質問に答えている。Gary Illyes氏によれば、このランキングファクターは、リアルタイムで動き、対象がページ単位になるということだ。

    リアルタイムの検索アルゴリズム

    私が司会を務めたモバイルSEOのパネルにて、4月21日のローンチによる影響を大きく受けないために、Webマスターはいつごろサイトをモバイルフレンドリーに対応させるべきか、という質問をGary氏に尋ねてみた。Gary氏の説明によると、このアルゴリズムはリアルタイムで動くため、技術的に言えば、モバイル対応への変更の時期は、いつでもかまわないということだ。Gogleが変更を確認した(クロールした)直後に、今回のアルゴリズムの変更による恩恵を、変更されたページに与えるらしい。

    私は、リアルタイムという言葉が意味するところは、Googleが該当のページをクロールした後、すぐにモバイルフレンドリーのサイトであるとラベル付けされ、アルゴリズムからの恩恵も受けるということだと解釈している。そのため、アップデートの頻度が低いことからインデックスされるスピードが遅いサイトの場合は、モバイルフレンドリーの対応を急いだ方がよいということになる。

    Googleは、リアルタイムという意味を、モバイルフレンドリーのページをクロールし、インデックスをした直後を意味するものであるか、クエリが検索ボックスに入力された直後を意味するものであるか、そのどちらかを明言はしていない。個人的には、Googleがページをクロールし、インデックスした時だと考えている。Googleがページをクロールする頻度によるが、4月21日までに全てのページをモバイルフレンドリーにする必要があるのであれば、時間の調整をするべきだろう。

    ページ単位で動く

    Gary Illyes氏は、このアルゴリズムはページ単位で動くということも認めている。そのため、10ページのサイトが、そのうちの5ページのみをモバイルフレンドリーにしていた場合、モバイルフレンドリーの5ページのみ、恩恵を受けるということだ。

    今回のアルゴリズムが、サイト全体によるものか、ページ単位によるものかを、Googleは公表していなかった。そのため、この知識を得ることは、多くのWebマスターにとって重要であると言える。サブセクションのページや特設ページなど、モバイルフレンドリーにするには難しいページのあるサイトもあるだろう。そうしたページのあるサイトの場合でも、4月21日までに全てのページをモバイルフレンドリーにしなければ、という心配は持たなくてよいのだ。

    もちろん、モバイル利用率の急激な増加を考えると、全てのページをモバイルフレンドリーにすることは非常に重要だ。しかし、モバイルフレンドリーの対応をすることが非常に複雑である場合は、ページごとに優先度をつけ、判断をしてもよいのだ。


    この記事は、Search Engine Landに掲載された「Google: The Mobile-Friendly Ranking Factor Runs In Real-Time & Is On A Page-By-Page Basis」を翻訳した内容です。

    SMXは非常に注目度の高いイベントですが、こうしたイベントの前にGoogleは比較的大きな変更を行ってきたケースが今までにもありました。今回のモバイルフレンドリーの変更が、SMXが開催された時期に合わせていたかは不明ですが、今回の変更をより多くの人が知る契機になったことは事実と言えそうです。モバイルフレンドリーについては、ここ最近では一番のトピックとも言えるため、引き続き、情報収集に努めたいと思います。SEO Japan

    (多分)最強エディトリアルカレンダーの無料ダウンロード開始!

    コンテンツマーケティングの大きな課題が継続的かつ計画的に、情報発信を行っていくこと。そこで便利なのが、エディトリアルカレンダーです。これまで余り使ったことがない方も多いと思いますが、コンテンツマーケティングを成功させるためには間違いなく有益なツール。そんなエディトリアルカレンダーの無償配布を開始しました! — SEO Japan

    エディトリアルカレンダー自体、初耳の方もいらっしゃるかもしれませんが、日本語に訳せば編集カレンダーとでもいいましょうか、その名の通り、コンテンツの運用管理を円滑に行うためのスケジュール表のようなものです。基本、コンテンツの運用に特化されたシンプルなスケジュール表と考えていただければ。EXCELベースで管理されることが多く、独自に作成することも可能ですが、0から作るとなると、意外と面倒なのもまた事実。特に英語圏では無料のテンプレートが多く配布されていますが、どれを見てもイマイチ、使い勝手が悪いというか「これは!」というものがありませんでした。そこで今回、私が関わるコンテンツマーケティング会社「エコンテ」にて、独自にエディトリアルカレンダーを作成し、無料配布することにしました。

    [エディトリアルカレンダーのダウンロードはこちらから]

    2015年4月~2016年3月まで月別にシートを作成しています。また記念日やイベント等の情報も盛り込みましたので、コンテンツのアイデア発想や配信スケジュール決定にもお役立ていただけると思います。私が知る限り、これ以上の完成度のエディトリアルカレンダーは現状、他にないのでは?!と少なからず自負しています(ま、そんな大したものでもないですが・・)。ブログからTwitter、Facebook等のSNSのコンテンツ運用から投稿管理まで、是非ご活用ください!

    記述項目はもちろん、デザインやレイアウトにもできるだけ気を使ってみたつもりです。EXCELベースですし、自分好みに自由に改変してお使いください。 — SEO Japan

    Google、スマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム変更を発表、4月21日から適用

    Googleは、スマートフォン利用に最適化されたサイトが「モバイルでの」検索結果で優遇されやすくなるように変更すると発表しました。この変更は2015年4月21日より実施されます。