Officeのクラウド化に向けてMicrosoftの変身続く―カレンダー・アプリのSunriseを1億ドル以上で買収

Microsoftは自らを再発明する努力を続けている。その過程には自社のものより優れたサービスを提供するスタートアップの積極的な買収が含まれる。その最新の例がカレンダー・アプリのSunriseの買収だ。われわれの情報源によると、買収価格は1億ドル以上だという。

Sunriseはモバイルとデスクトップの双方で、異なるプラットフォームのカレンダーを統合、同期して運用できる一連の生産性ツールを提供しており、iPhone、iPad、 Android、Mac App Storeに加えてウェブ版がサポートされている。

ユーザーはGoogle、iCloud、Microsoft Exchangeのカレンダーを通じてSunriseにアクセスできる他、多数のサードパーティーのアプリと連携が可能だ。このクロス・プラットフォーム、クロス・デバイスのサポートがSunriseの重要なセールスポイントとなっている。

Microsoftは最近、Windows以外のライバルのプラットフォームのサポートを積極的に進めている。たとえばWindows 10版に先駆けて、Apple iOS向けにタッチ・フレンドリーなOfficeをリリースしている。

われわれの情報源によると、Microsoftは当面Sunriseを独立のプロダクトとして残しながら、そのテクノロジーを将来のアプリ開発のために役立てるということだ。これはMicrosoftが2億ドルで買収したメール・アプリのスタートアップ、Acompliの場合と同様の方針といえる。この買収の成果は、先週発表されたAndroid版、iOS版の新しいOutlookに現れている。

この2件の買収はMicrosoftが伝統的なOfficeパッケージの枠を超えてモバイル版の生産性ツールに力を入れていることを示している。Microsofttはコンシューマ向け、エンタープライズ向けの双方でソフトウェアのスタンドアローン販売からクラウド・サービスへとビジネスモデルを戦略的に転換中だ。そのためには現代のスマートフォン・ユーザーがOfficeを毎日利用さざるを得ないように誘導していく必要がある。2件で合計3億ドルに上る買収はそのための不可欠な投資なのだろう。

アップデート: われわれの取材に対してMicrosoftはコメントを控えた。

Sunriseは2012年の創立で、これまでに820万ドルの資金を調達している。投資家は以下のとおり。Balderton Capital、Resolute.vc、NextView Ventures、Lerer Ventures、SV Angel、BoxGroup、500 Startups、John Maloney、Slow Ventures、David King、Andrew Kortina、Adam Nash、Elliot Shmukler、Hunter Walk、Gustaf Alströme、Loic Le Meur、Bill Lee、Adam Mosseri

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+


ありそうでなかった(?)シフト勤務者のためのカレンダーアプリケーション「Shifts」登場

App Storeには、モバイル向けカレンダーアプリケーションが数多く登録されている。但し、その多くは一般的なオフィスワーカーが会議予定の管理などを行うのに便利なように作られている。そうしたものと一線を画すのがShiftsだ。iTunesに登録されたばかりのこのアプリケーションは、これまでとは異なる利用者層を想定している。すなわち、看護師やサーバー管理業務、ないしプラントで働く人など、シフト勤務を行なっている人のためのアプリケーションなのだ。

本アプリケーションでは、既存アプリケーションと比べてはるかに簡単にシフト管理を行うことができる。自分の予定を家族や知人と共有できることはもちろん、シフト構成により賃金が変動するような仕事の場合、予定に基づく収入予測を行うための機能もついている。

Shiftsを作ったのはSnowmanだ。2012年にRyan Cashおよび幼馴染のJordan Rosenbergが設立した会社だ。Snowmanは既にリマインダアプリケーションのや、記憶ゲームのCirclesなどだ。ちなみにこちらのゲームはスターバックスの「free app of the week」にも選ばれている。

今回紹介するShiftsは、従来のカレンダーアプリケーションではシフト管理がやりにくいという声を耳にして作り上げたものなのだそうだ。RyanおよびJordanの友人が、二人がアプリケーションを作っていることを知って、シフト勤務従事者のためのアプリケーションを作ってくれないかと声をかけたのだとのこと。

実のところRyanは当初、あまり興味を持っていなかったらしい。しかし調べてみると、確かにシフト勤務を行なっている人にとって、既存アプリケーションでは不便な点が多数あることに気づいたのだそうだ。

「調査を開始して、そしてユーザーの声をきいてみると、確かに可能性がありそうなことに気づいたのです。最近の調査によれば、アメリカ国内では5人に1人が夕方や夜間に勤務をするという、いわゆるシフト勤務についていることもわかりました」とRyanは言う。

「北アメリカでは30%以上の人がシフト制で働いているというデータもあります。この割合は、全世界で見てもさほど変わらないのではないかと思うのです。それであれば、シフト勤務に対応したアプリケーションを作ることには十分な意味があるのではないかと考えました」。

意外にものになるのではないかという考えから、開発中だったAlto’s Adventureというスノーボードゲームを棚上げし、そしてShiftsの開発に取り掛かったそうだ。

そうしてできあがったShiftsは、Snowmanの他プロダクト同様に、よく考えられたデザインを実装している。自分の必要とするシフト勤務形式を簡単に定義することができ、それぞれに独自の色、名前、アイコンなどを割り当てることができる。例えば早朝勤務シフトには太陽のアイコンを付け、病院にいく予定があるときには赤十字をアイコンにするというようなことが行える。

シフトの開始時間や終了時間を設定した後は、カレンダー上をタップして簡単に該当するシフトを設定することができる。シフトのローテーションや繰り返しにも対応している。

またウィジェット機能も実装していて、アプリケーションを起動しなくてもロックスクリーン上やプルダウンメニューに当日のスケジュールを表示することができる。スケジュールの共有はShifts登録者以外とも行うことができるようになっている。

先述の通り、シフト毎の給与を入力しておくことにより、当月の収入を見積もる機能も備えている。

さらに、Shiftsカレンダーの上に通常のカレンダーをオーバーレイ表示して、イベントや予定などをオーバーレイ表示することもできる。予定を表示することで、シフト予定を立てやすくなるというメリットもある。

Shiftsは正式リリース前にファウンダーの友人たちにプライベート公開されていた。それにより機能についての提案やフィードバックなどを受けてきている。正式リリースにあたっては、Apple Watch上で動作するウィジェットの開発などを考慮しているところであるようだ。

「医療関連の業務でも、Apple Watchはとても便利に利用される可能性があると考えています。もしApple Watchが広くひろがるようであれば、ぜひとも私たちのアプリケーションも使ってもらえるようにしたいと考えています」とCashは言っている。

Snowmanの他アプリケーション同様、このShiftsも有料アプリケーションとなっている。現在のところ、当アプリケーションは1ドル99セントで入手することができる。但しこれはプロモーション期間中の価格であり、それを終えれば4ドル99セントとなる予定であるそうだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H


Siriを生んだSRIから魔法のカレンダー・アプリ、 Tempo登場―ミーティングに関する情報を自動収集して通知してくれる

私のような日程管理が苦手きわまる人間でなくとも会議の直前になって大慌てした経験が必ずやあるだろう。ミーティングの席についてから自分はいったい誰と何の話をするためにここに来ているのだろうと必死に記憶を探ったり、車で走りだしたはいいが正確な住所を知らないことに気づいたり、といった失敗だ。今日((米国時間2/13)リリースされたスマート・カレンダー・アプリのTempoはまさにこうした問題の解消を狙っている。

Tempoは名門の調査研究企業SRI Internationalからスピンオフしたスタートアップだ。SRIといえば最近ではiOSの音声認識アシスタント、Siriのオリジナル開発元(後にApple が買収)としても有名だ。 最近の他のSRIプロジェクトと同様、Tempoもパーソナル・アシスタントの一種だが、Siriとはまったく異なるアプローチのプロダクトだ。

ファウンダーでCEOのRaj Singhは「パーソナル・アシスタント・アプリには大きく分けて2種類ある。質問すると答えてくれるSiriのようなタイプと、もうひとつはユーザーが必要とする情報を必要とする瞬間に届けてくれるタイプだ。Tempoは後者に属する」と説明する。Tempoのようなアプリで重要なのは不必要な情報でユーザーをうるさがらせることなく的確に必要な通知だけをする能力だ。

「ユーザーが日常必要とする情報をわかりやすくひとまとめにするのにどんな方法が一番適しているかを考えた末、われわれはカレンダー形式を選んだ。カレンダーには誰にも直感的に理解できる整然とした構造があり、これからユーザーがなすべきタスクが管理されている。ここがユーザーが必要とするすべての情報を保管するのにもっとも適した場所だとわれわれは結論した」とSinghは語った。

たとえば、会議の前にTempoを開くと、関連するメール、資料、出席者のLinkedInプロフィールなどを見ることができる。もし車を運転してミーティングの場所に向かうのであればカーナビが起動するし、道が混んでいるなどで遅れそうならその旨のメッセージを自動的に送信できる。飛行機に乗るなら、フライト情報が通知される。カンファレンス・コールに参加する場合はTempoがダイアルインとパスコードを保管する。

もちろんいずれも有用な機能だが、個々に取り上げてみれば画期的というほどではない。たとえばXobniやRapportiveのようなプロダクトは友人やビジネスの相手のプロフィールやソーシャル投稿を自動的に取得してくれる。ミーティングに遅れそうなときに通知してくれるアプリにはTwistがある。しかしTempoの独自性は、こうしたさまざまな機能がカレンダーというフォーマットで整理されていることだ。Tempoはそれぞれの会合の役割を理解しようと努め、もっとも適切なツールを選んで情報を提供してくれるところにある(Tempoにいちばん近いアプリは私の知る限りEasilydoというto-doリストだろうと思う。しかしTempoほどカレンダーが決定的な役割を果たしているわけではない)。(Update: 読者から「これに似たCueというカレンダーアプリがある」という指摘があった。

Singhは「ユーザーはTempoを利用するために何か特別な作業を要求されることはない。 単にTempoにiPhoneカレンダーとメールその他の受信ボックスへのアクセスを許可するだけでよい。あとはアプリが自動的に処理する」と説明する。学習するにしたがってこのアプリは一層賢くなっていくが、が積極的にカスタマイズする必要はないまたTempoに日程の詳細をいちいち入力しておく必要もない。ミーティングの参加者の名前を入力しておくだけで、Tempoが自動的に関連情報を取得してくる。

私は短期間だがこのアプリをテストしてみた。なるほど設定は簡単だ(使い始めにTempoが各種の情報を収集して分析する間少々待たされる)。Tempoがミーティングの関連情報を教えてくれるので、直前になって必死にメールを検索したりせずにすむ。ただTempoはiPhoneのカレンダーを利用するのでこのカレンダーに存在する問題も全部引き継いでいる。大部分のユーザーにとってはさして障害にならないはずだが、私は時差をうまく理解させる方法を発見できない。今週は私はサンフランシスコからニューヨークに出張したが、Tempoは3時間前に終わったミーティングのリマインダー通知を送りつけてきた。

Tempoは無料アプリだ。Singhは後で有料のプレミアム機能を加えていくフリーミアム・モデルを考えている。iPhoneアプリのダウンロードはここから(Androidとタブレット版についても開発が進められている)。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+