良質なAPIドキュメンテーションと共にAPI利用者のためのデベロッパハブも提供するReadMe

Y Combinatorで孵化したReadMeは、デベロッパ向けにAPIを提供している企業が、APIの良質なドキュメンテーションを容易に作れるようにしてくれる。

今はほとんどのサービスがAPIを公開しているから、それらを利用すれば自分が作るアプリケーションやサービスに高度な機能を簡単に実装できる。でも、APIをデベロッパにぜひ使っていただきたい、と願っている企業から見ると、そこにはデベロッパたちのマインドシェアを奪い合う激しい競争がある。

デベロッパには、自分のところのマップを使ってもらいたいし、自分のところのレストランレビューデータベースを使ってほしい、というとき、どうしたらいいか? APIの機能と特長を、デベロッパの心に強く焼き付けるしかない。誰もが、自分が最高の好印象を持ったAPIを、使おうとするだろう。

でもStripeの速い成長が示しているように、機能が比較的安定している場合でも、その技術の利用や展開が果たして容易か、ということは、また別の問題だ。Stripeのドキュメンテーションには、その決済・支払APIの使い方がとても分かりやすく書かれている(良質なAPIドキュメンテーションのお手本、と言われている)。これだけやさしく書かれていれば、有料会員制を試してみたいと思っている個人のブロガーでも、あるいはもっとスケールして売上を増加させたいと願っているスタートアップでも、容易にその望み…決済支払機能…を実装できるだろう。

ReadMeはProduct Huntでとても好評だった。ローンチがやや遅れたにもかかわらず、大きな関心が集まった。同社は早くから利益を上げるようになり、また、オープンソースの人たちも注目した。オープンソースのチームは、このサービスを無料で使える。

ローンチしたばかりのクローズドソースのプロジェクトはReadMeの上にデベロッパハブを作って、そこからドキュメンテーションを提供できる。サービスの基盤にあるAPIキーの生成機能も便利だが、デベロッパにいちばん人気があるのは月額60ドルのサービスだ。ユーザはそこでカスタムドメインとHTML/CSSによるレイアウトを利用でき、またAPIエクスプローラーがドキュメンテーションの中からAPIの機能を試行/試用させてくれる。まさに、デベロッパハブ的な機能だ。

ReadMeの協同ファウンダGabriel Dillonによると、今では50万人のデベロッパが、さまざまなオープンソースプロジェクトや、Yammer、Getaround、IndiegogoなどのAPIのドキュメンテーションに、ReadMe上でアクセスしている。

スタートアップのデザインやエンジニアリングを指導しているGregory Kobergerによると、デベロッパが自分の目的に応じて最適のAPIを検索〜発見できるようになれば、ReadMeの魅力はさらに向上する。その点に関しては、最終的には、ユーザの閲覧履歴やGitHubのプロフィールなどからReadMe自身が判断して、お役に立ちそうなAPIをリコメンデーションしてくれるようになるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa


複数(20あまり)のアクセス分析サービスのAPIを簡単に呼び出せるSegment.io

segmentio-logo

Segment.ioは、Y Combinatorが育てたアクセス分析系のスタートアップだ。その売りは、デベロッパが複数のアクセス分析サービスのAPIを自分のアプリケーションに統合できること。今サポートしているのは、20のアクセス分析プロバイダで、その中にはもちろんGoogle Analytics、KISSmetrics、Mixpanel、Chartbeatなどの有名どころもある。またHubSpotやSalesforceのような、アクセス分析専業というより、企業向けの経営〜マーケティングサービスも含まれる。

クライアントサイドとサーバサイド両方の分析をサポートするが、近くモバイルにも対応する予定だ。

ファウンダPeter Reinhardt、Ilya Volodarsky、Calvin French-Owenの三名はMITのルームメイト、四人目のIan Storm Taylorandはロードアイランドのデザイン学校出身だ。四人とも大学〜学校をドロップアウトしてY Combinatorの2011年夏の育成事業に参加した。最初はGoogle AnalyticsやKISSmetricsに対抗するプロダクトを作るつもりだったが、自分たちのプロダクトに乗り換えてくれる人はそう簡単にいない。しかし彼らが作っていた、分析サービスとAPI呼び出しを合わせたようなライブラリAnalytics.jsは好評だったので、それをオープンソース化してGitHubに載せた。

“そのオープンソースバージョンは、坂を転がり落ちる雪だるまのように勝手に成長していった”、とReinhardtは回顧する。“そこで、われわれも悟った。デベロッパたちが欲しているのは、ビューティフルでシンプルな分析APIなんだ、と”。方向転換は12月に行われた。そのときオープンソースバージョンのユーザは1800名いたが、それはそのまま引き継いだ。そして12月からは、有料バージョンの開発を開始した。今日(米国時間1/25)現在では数千の登録会員がおり、300あまりの現在進行中のプロジェクトが、このサービスを利用している。

難しいのは、アクセス分析に関してはAPIに標準性がなくて、各社ばらばらであることだ。リンク連鎖追跡が得意なのがあれば、カスタムイベントの追跡が得意なのや、メールのターゲティング専門みたいのもある。“デベロッパは、これらのAPIを全部ながめ渡して、自分の目的にどれとどれを使えるか判断しなければならない。それは彼らにとって未知の世界だから、悪夢のような作業になる”、とReinhardtは言う。

そこでSegment.ioでは、単一のシンプルなAPIがすべてのアクセス分析プロバイダをカバーするようにしている。APIの加除も簡単にできるので、デベロッパの時間を大いに節約する。Reinhardtによると、Segment.ioを使えば、自分のアプリケーションにアクセス分析の部分を盛り込む作業が2時間以内で終わる。SalesforceやMarketoのようなエンタプライズサービスのAPIによる統合は、もっと大きな時間の節約量になる。“連中のAPIを直接使おうとしたら、それは黴の生えたようなSOAP XMLだからね。今のデベロッパはRESTしか使わないのに”。Segment.ioのユーザの中には、以前は統合に数か月を要したが、今では数時間で済む、という人たちもいる。

Segmentio-example

火曜日(米国時間1/22)に同社は、これまでのブラウザ直接のJavaScriptライブラリに加えて、RubyやNode.js、Python、Java、それに.NETから呼び出せるライブラリをローンチした。今は、ユーザからのリクエストの多いPHP用を制作中だ。また、サポートするアクセス分析プロバイダも、週に2〜3ずつ増やしていく。来週は、Pardotが加わる。

同社からホストされるクライアントサイドのライブラリ(主にAnalytics.js)は無料だが、サーバサイドのライブラリは有料だ。最低料金の月額30ドルではサーバサイドのAPI呼び出し100万回まで、150ドルでは1000万回までだ。HubSpot、Marketo、Omniture、Salesforceなどエンタプライズ向けの統合は150ドルの方の有料サービスに含まれる。なお、メールのサポートは30ドルでも150ドルでもどちらにもある

integrations_small

Segment.ioが提供する価値は、開発時間の節約だ。しかしもっと広い意味では、アプリケーションがよりデータ駆動型になるというメリットがある。Reinhardtはそう主張するが、それは、シンプルなAPIをちょっと使っていろんなアクセス分析を呼び出すだけで実現するのだ。“これまでは、デベロッパが自分のアプリケーションの中で複数のアクセス分析の結果を利用しようとすると、たいへんな作業になった。たいへんすぎて、やらないデベロッパも多かった。でも、これからは違う”、とReinhardtは自負を述べる。

Analytics.jsのユーザ登録はここで。

Segment.ioは、NEA、General Catalyst、およびそのほかのエンジェル投資家たちから計60万ドルのシード資金を調達している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))