アシュトン・カッチャー、「ティーンのお気に入り大賞」受賞式で「自分の人生を創れ」とジョブズの哲学を情熱的に説く


世界でいちばんセクシーなのは、ものすごく頭が切れる人間だ。そして思慮深い人間だ。そして寛大な人間だ。それ以外のことはどうだっていい!

昨夜(米国時間8/13)、アシュトン・カッチャー(*はニッケロデオンの「ティーンのお気に入り大賞」の授賞式で、ライフハックのアドバイスをこう叫んだ。こういった場合のスピーチは決まり文句で感謝の言葉を並べるだけで終わるのが普通だ。しかしアシュトンは「与えられるままの人生を生きるな。自分の人生を創れ」という自ら演じたスティーブ・ジョブズの哲学を子どもたちの頭に少しでも浸透させるべく断固として時間を使った。

アシュトン・クッチャーは、人に望まれようと望まれまいと、若い世代を代表する声となろうと決意しているようだ。ありきたりのハリウッド・セレブではない。

なるほど、クッチャーは金持ちで有名でハンサムだ。しかし昨夜のスピーチで示されたように、世界を少しでも良い方に変えようと真剣に努力している。

一流専門家のアドバイスを受けながら大きな問題を解決しようとしているファウンダーを探し、その会社に投資するという賢明な戦略のもとに、ベンチャー投資家としても大きな成果を挙げている。個人のエンジェル・投資家として、また自ら設立したA-Grade Investmentsファンドを通じて、Airbnb、Spotify、Fab、Uberなどのスタートアップに投資してきた。俳優と投資家の活動によってクッチャーのTwitterフォロワーは1400万人以上という前例のないレベルに達している。

「ティーンのお気に入り大賞」でのスピーチもいかにもクッチャーらしい。スティーブ・ジョブズの言葉を引用するのにホールを埋め尽くした女の子たちの絶叫がしばし止むのを待たねばならないというのは普通お目にかかれない状況だ。傍目からはいささか場違いに見えようとクッチャーは若い世代にアドバイスする絶好の機会を逃すわけにいかないと考えたのだろう。

十分に準備したスピーチで、最後に子どもたちの記憶に残るよう要点を繰り返している。

スマートであれ。思慮深くあれ。寛大であれ。世の中が与えるものをただ受け入れるな。辛い仕事はチャンスだ。どんな仕事もバカにするな。すべては成功への一歩だ。現状に甘んじるな。自分のため、人のためになるよう人生を創りなおせ。

子供たちはこうした言葉をもっともっと聞かせられる必要がある。メディアで大きく取り上げられ、子供たちが憧れるスーパースターの口から出るならなおさらよい。実際、われわれが優れたエンジニア、優れたイノベーターをもっと必要としているなら、ケーブルテレビの授賞式の中継番組で流される前に、学校の教科でこの哲学が教えられていなければいけないところだ。

ともあれビデオを見ればアシュトンが重要な役割を果たしていることが分かるだろう。12歳の頃にこういうことを言ってくれる大人がいたらよかったと私自身思った。

1分50秒あたりから本題に入る。

〔日本版*「アシュトン・クッチャー」という表記が多いが、ビデオの冒頭で紹介されているとおり、「アシュトン・クッチャー」が実際の発音に近い。〕

[画像: AP, Paris Fashion]

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


アシュトン・カッチャーは、スティーブ・ジョブズの果実食を真似た結果入院していた

メソッド俳優は、自分が演じるキャラクターを理解するのに夥しい時間をかけることで知られている。ナタリー・ポートマンはブラック・スワンでバレリーナを演じるために20ポンドも体重を落とした。

アシュトン・クッチャーは、評伝jOBSでスティーブ・ジョブズを演じるための準備が極限に達し、病院に搬送される結果となった。USA Todayによると、彼はスティーブ・ジョブズの果実ダイエットを実践しようと試みた結果、2日間の入院生活を強いられた。果物とナッツ、種子類だけを食べていた。

「撮影が始まる2日前くらいに入院しました。痛みで身をよじらんばかりでした。私の膵臓は完全に機能不全に陥っていました。本当に恐ろしくて・・・あらゆることを考えました」

「あらゆることを考えた」というのは、2011年にジョブズを死に致らしめた膵臓ガンのことかもしれない。ジョブズは果実食を続けてきたことで知られており、クッチャーはそれを役作りに取り入れたほか、ジョブズの猫背の歩き方や身ぶりを真似するために何時間も彼の映像を見て研究した。

しかしクッチャーは、テクノロジーへの愛以外にも、故Apple共同ファウンダーとの共通点が多いと感じている。

「彼は失敗の後立ち直った男です。私は、何かを目指して進んでは失敗する人生のどこかで、誰もが共感できることだと思います。立ち直ってもう一度進むためには勇気が必要です。私はそれも共有していると思っています」、クッチャーは語った。

もう一人のApple共同ファウンダー、スティーブ・ウォズニアックは、同映画の初めて公開されたクリップを見て、期待していたほど現実に即していないと言った。彼は、ジョシュ・ギャッドによるウォズの描写の方が、クッチャーのジョブズよりもリアルだったとも指摘した。しかし、アシュトンの不断の努力は、映画の他の未公開部分で役立っているだろう。

jOBSは、金曜夜のサンダンス映画祭で主要作品として上映された。劇場では4月公開の予定。


[Image credit: AP]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)