サーバ管理をプログラムにより自動化するChefが分析プラットホームTower3を買収してログを充実、Dockerサポートも改良

Chefは、グルメのためのこの夏の新作映画であるだけでなく、今最速で成長しているITオートメーションサービスだ。同社の今日の発表では前四半期の売上の前年同期比が182%の増だという。同社のようなサービスへの需要が、このところ大きい。それは今、企業のITを取り巻く環境が急速に変わりつつあることと、Chefがそういう彼らのために使いやすくて高速なサーバの構成と管理を提供しているからだ。

多くのスタートアップにとって、ChefとDockerの組み合わせ、そしてChefのオープンソースバージョンを無料で使えることが、AWSなどのクラウドサービス上で動かしているサーバの艦隊を管理するための、標準的なツールになっている。

Chefの売上の多くは言うまでもなく企業からなので、今日のアップデートも企業関連がほとんどだ。

まず、同社の分析サービスをレベルアップするために、ビッグデータと分析のプラットホームTower3を買収した。その分析サービスに今すでにChefのユーザはChefのアクションログとしてアクセスできる。そのログはサーバの変化をユーザに通知でき、サーバのアドミンは単一のダッシュボードからロールや環境やインフラの変化を追跡できる。

また今日からChefは、同社のテストドリブンインフラストラクチャ*の商用サポートを開始する。これは、同社の言葉を借りれば、“全スタックのテストをユーザプログラムにより自動化でき、ITの一貫性のある最大の安全性を確保する”ものだ。これは本も出ているほどのビッグなテーマだが、アプリケーションのコードに対するテストをプログラムを書いて自動化するという方式を、インフラに応用したものだ。本日のアップデートにより、Chefはテストドリブンインフラストラクチャの商用サポートを提供する初めての企業になる。〔*: test-driven infrastructure, (プログラムによる自動化手法で)テストを動かしながら運用していくインフラストラクチャ。〕

さらに今日のアップデートでは、Dockerのサポートが改良される。新たなChef Containerと呼ばれるビルドはChefのクライアントとそのほかのツール群から成り、DokerなどのLinuxコンテナを統合して、アドミンによるコンテナリソースの管理を助ける。またKnifeと名づけた新作のDockerプラグインがあるので、 Chef Containerのユーザがそれを使ってDockerコンテナをローンチし構成できる。

画像クレジット: Chef the film.

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


AWS、OpsWorksをリリース―Chefと連動してアプリ公開のライフサイクルをクラウド上で効率化する画期的サービス

amazon-web-services-copie

AWS(Amazon Web Services)はトラフィックの規模に応じて自由にスケールさせながらアプリの配信を管理するOpsWorksOpsWorksという新サービスをスタートさせた。

より興味が持たれるのは、新しく生まれつつ在るPasS(Platform as a Service)分野に破壊的革新をもたらす可能性があることだ。DevOps〔開発者が同時に運用者であるシステム〕の運用管理ツールの分野ではChefとPuppetが激しく競争しているが、そのインフラは次第に複雑さを増している。

プレスリリースによると、このサービスはリソース・プロビジョニング、コンフィグレーション管理、アプリケーション公開、ソフトウェアのアップデート、利用状況のモニタとアクセス管理などを含めたアプリの全ライフサイクルを管理するという。AmazonのCTO、Werner Vogelsによれば、AWS OpsWorksはベルリンのPeritor社(Scalariumの開発元で、AWSが2012年に買収)の開発によるものだという。

OpsWorksはデベロッパーに多層のレイヤーを提供する。レイヤーはデベロッパーが公開しようとする各種のAWSインスタンスの設計図の役割を果たす。レイヤーは特定のインスタンスのコンフィグレーションを設定したり、関連するAWSのリソース、たとえばElastic IPアドレスを取得したりするのに用いられる。デベロッパーはこれによってAWSのクラウド環境を容易に動的に管理できる。新サービスはRuby、PHP、HAProxy、Memcached、MySQLをサポートしている。さらにデベロッパーカスタム・レイヤーを開発して利用することができる。OpsWorksはChefと連動しており、必要に応じて特定のイベントに関連づけられたChefのレシピ〔運用自動化のスクリプト〕を呼び出すことが可能だという。

デベロッパーはOpsWorksは異なるレイヤーに自由にインスタンスを割り当てることができる。.

またOpsWorksではあらゆる面で処理の自動化が図られている。たとえばこのサービスはアプリの定義して公開する。デベロッパーはOpsWorksにソースコードの場所を教えておくだけで、後はこのサービスがデータベースのコンフィグレーションなどの作業を自動的に進めてくれる。

OpsWorksは非常に大きな影響を与える可能性がある。Hacker Newsのコメント欄にもあったが、Herokuを置き換える可能性もある。またOpsWorksがChefと連動する点については、Puppetに与える影響が注目される。

いずれにせよ、PaaS/DevOps市場は急速な拡大、進歩を続けており、OpsWorksの出現でアプリの公開管理の自動化とスピードアップはいっそう進むことになるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+