Windows 10はIE11とSpartanの両方をサポート…前者はレガシーコードを抱える企業への対応

昨日(米国時間1/21)Microsoftは、Windows 10が、今“Spartan”というコードネームで呼ばれている新しいブラウザを搭載する、と発表した。でもそのとき詳しい情報はほとんどなくて、今朝、やや詳細な説明がポストされた。

そこから分かることは、たとえば、Active Xなどのレガシーの機能をまだ必要とする人たちのために、Internet Explorer 11も提供される。Windows 10のIEは新旧両方のレンダリングエンジンをサポートし、Spartanもやはり、レガシーなサイトではIEの古いエンジンを使う。

というややこしい話だが、でもデフォルトのブラウザはSpartanになり、新しいインタフェイスと、IEにはない数々の改良が盛り込まれる。Spartanはクロスデバイスなアプリケーションで、スマートフォンからデスクトップまで、すべてのWindows 10デバイスで使える。ふつうのユーザは、Windows 10の上で古いIEを見る機会が、全くないかもしれない。MicrosoftがIEをサポートするのはあくまでも、どうしてもその必要がある企業ユーザのためだ。

現時点では、IEが最初からWindows 10に含まれているのか、それとも必要な人が後からダウンロードするのかも、はっきりしない。両方のブラウザをサポートすることだけは、確かだけど。デフォルトで二つのブラウザがインストールされるのはちょっとわずらわしいが、Microsoftならやりかねないね。

では、Spartanはどこが違うのか? Microsoftによると、相互運用性とWebの今日的な規格をサポートすることがキモだ(上図)。次回のテクニカルプレビューではSpartanが登場しないが、そのレンダリングエンジンは使われる。Windows 10では、この前のプレビューに比べていろんなところを変更され、内蔵するデベロッパツールもアップデートされた。

Microsoftはまだ、ブラウザのパフォーマンスデータを発表していない。今回のリリースでも、やはり無視されているようだ。詳しく説明されているのは、ブラウザ閲覧のわき見運転防止モードやCortanaの統合、Webページに注釈文を書けるなど、便利機能ばかりだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


今Yahooのどのページにも”ブラウザをFirefoxに変えよう”がある

今日(米国時間12/12)Yahooのサイトのどれか訪れた人は気づいただろう。どのページも右上に”Upgrade to the new Firefox”(新しいFirefoxにアップグレードしよう)のリンクがある。Chromeだけでなく、Internet Explorerでも、最新のYandexブラウザでも。Safariには出ないが、Appleもデフォルトの検索エンジンをYahooにする、という噂があるので、そのせいか、と思ってしまう。

今のFirefoxはデフォルトの検索エンジンがYahooだから、Yahooのこの態度は意外ではない。Yahooとしてはできるだけ多くの人にFirefoxとその検索エンジンを使ってほしい(本体はMicrosoftのBingだけど)。

Firefoxもこのところシェアが下降気味だから、できるだけ多くのYahooユーザにFirefoxを勧めてもらいたい。Firefoxのデフォルトの検索エンジンを変えるのは簡単だし、最近もっと簡単になったが、ほとんどの人が変えないからYahooのままだ。またFirefoxユーザのためのYahoo検索エンジンは、デザインがGoogleに似てきたから、Yahooに変わったことに気づかない人が多いだろう。

YahooとMozillaの新しい関係が、両社のシェアなどにどう影響するか、それはまだわからないけど、1月になったらYahooはやや伸びていそうだ。

Yahooのページの変化を見つけたのは、本誌のすばらしいコピーエディタCatherine Pickavetのおかげだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


BitTorrentの分散WebブラウザMaelstromはピアツーピアでWebの諸問題を解決へ

ピアツーピアでファイルを共有するBitTorrentが、同社の‘BitTorrent的な’WebブラウザMaelstromアルファテストを開始した“私たちが次に作るインターネット”(The Internet We Build Next)をスローガンとして訴えるこのプロジェクトは、本体のBitTorrentと同様、中央集権的なサーバのない、分散ネットワーク上のP2P型コンテンツ共有を目指している。

BitTorrentは数年前に、不法なファイル共有を行うP2Pネットワークとして有名になった。サーバが介在せずユーザ同士が直接ファイルを共有しあうこのサービスは、それが著作権のある有料コンテンツの場合もあるので、問題になった。同社の分散アーキテクチャを利用した最近のプロダクトとしては、同期機能つきで大きなファイルを共有するSync、コンテンツの作者がコンテンツを配布し販売するためのBundle、メッセージングサービスBleepなどがある。

これらが人気プロダクトになったのには、理由がいくつかある。まず、サーバが介在しないユーザ間直接の通信だから効率が良い。とくに大きなファイルの場合は、クラウドからダウンロードするよりもP2Pで直接送受した方が相当速いし簡単、と言われる。ただし各通信者が専用のソフトウェアを持っている必要があるから、ブラウザさえあれば誰でも…、というクラウドの簡便性はない。

また、同じくサーバが介在しないからセキュリティが高い。ファイルはクラウドに蓄えられることなく、直接、ユーザのマシンツーマシンで送受される。

とくに、国の諜報機関NSAが、大手Webサイトのサーバ上にあるユーザの個人情報や個人的コンテンツを盗視していることをSnowdenが暴露して以来、このP2P方式(大型サーバ〜データセンタがどこにもない)が注目されるようになり、BitTorrentもこれを千載一遇の好機として自己の経営に生かそうとしている。クラウド上の情報は、政府が盗視するだけでなく、ハッキングにも遭いやすい。

CEOのEric Klinkerによると、MaelstromもP2Pの利点を生かした同社のプロダクトの一環であり、オンラインコンテンツの享受(Web用語では‘閲覧’)を、よりスムーズにすることがねらいだ。

Maelstromのプロジェクトを紹介するページでKlinkerは、“Web上の通信の多くがBitTorrent的になったらどうなるでしょう?”、と書いている。“Maelstromプロジェクトはこの問に答える初めての試みです。Webブラウザがこのようであれば、コンテンツの公開の方法も、そしてアクセスと消費の方法も、がらっと変わります。そうなるとインターネットは、完全に人びとが動かすインターネットになり、参入障壁はきわめて低く、今のように地獄の番人たち(政府諜報など)が私たちの未来を握っている状態はなくなります”、というのだ。インターネットの民主化、である。

しかし、これは言うは易しで、問題も多い。

今のところ、Maelstromに関してBitTorrentが提供している情報は上の図(このページ)だけだ。アルファテストは、単にユーザがそこに登録するだけでなく、ユーザ同士で共有し互いにアクセスしあうコンテンツも提供しなければならない。同社の広報は、“分散Webを構築することに前向きの関心を持つ未来のパートナーがすでにかなりおられる”、と言っている。

しかし、収益化の方法は構想しているのか?

広告収入について聞くと、“今は開発の最中(さなか)なので、ビジネスモデルについてはもっとあとに考える。Syncがそうであったように。でも、分散Webページはほかのブラウザと同じく単純にWebページとして扱われるから、そこには、広告でも何でも載りうる”、ということだ。

でもそれは、今のWebと何も変わらないようだが?

“分散Webでも、従来のWebと同じHTMLを使う。だからWebサイトの制作過程はこれまでと同じだが、その発表〜公開の仕方が、中央集権的でなく分散型になる”、と広報氏は答えた。

どうやらMaelstromは、今のWebブラウザに代わるものというより、それを補完するもののようだ。“Web上でHTTPとtorrentの二つのプロトコルが混じり合う形になるだろう”、と。

Web全体がサーバレスのアーキテクチャになる、と考えるのはラジカルすぎるが、でも今の形のWebが行き詰まる日は遠からず訪れるだろう。たぶんそれは、今のユーザがP2Pをあえて選ぶ理由(セキュリティ、プライバシー)だけが、原因ではない。

BitTorrentは、今のネットワーク中立性(net neutrality)をめぐる議論も、ビデオストリーミングのようなデータ集約的なサービスが、今とは違うファイル配布方法を採用したら無用になるだろう、と言う。そう、まさにそこにMaelstromのメリットもあるのなら、やはりそれは、補完的な役割と言えるのだろう。

“分散WebブラウザであるMaelstromは、今のネットワークに科せられている重荷を取り去ることができる”、とBitTorrentは言っている。“またトラフィックの起源を地獄の番人たちが突き止められなくなるので*、より中立的なインターネットを維持できる”。〔*: P2P方式ではルートのリレーやキャッシングの形状が…最効率を求めて…随時変わるから、エンドポイントから起源(オリジン)を辿ることは困難。〕

このビデオで、やや詳しいことが分かる:

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Mozillaがデベロッパ専用の新しいブラウザを来週ローンチする

Mozillaが今日(米国時間11/3)、デベロッパ専用の新しいブラウザを来週リリースする、と発表した。具体的な詳細はなく、ただ匂わせただけだが、リリースは11月10日だそうだ。その日は、Firefoxの10歳の誕生日でもある。しかしMozillaによると、その新しいブラウザを使えばデベロッパは、ほかのツールをとっかえひっかえ使わなくても“Web全体を”デバッグできるのだそうだ。

発表文から引用すると: “Webのために何かを作るときは、お互いに相互運用性のない数多くのツールをデベロッパは使わなければならない。プラットホームやブラウザによっても使うツールは違うので、それが作業の足を引っ張り、生産性を損なう”。

この新しいブラウザでは、MozillaのWebIDEプロジェクトFirefox Tools Adaptorを使って、Firefoxの開発ツールをほかのメジャーなブラウザに対しても使えるようにする。ただし今回Mozillaが言っているのはそこまでで、詳細は来週にならないと分からない。

Mozillaはオープンソースの組織として、毎週のプロジェクト会議をストリーミングし、ユーザインタフェイスのアップデートの設計に関する研究も、もっとも実験的なリリースチャネルに出る前に共有することが多い。だから、今回の秘密めいた発表の仕方は、やや異様だ。

でも、おそらくFirefoxのフォークとしてデベロッパ専用のブラウザをMozillaが提供することは、理にかなっている。Mozillaはここ数年、デベロッパツールに重点投資をしてきたし、やや議論を招(よ)んだFirefox OSによるモバイルへの進出でも、さまざまなツールをローンチした。しかし外部ツールのこのような多産によって、ブラウザ内蔵のデベロッパツールが、おかしな立場になってきた。Firefoxの最新バージョンではブラウザのカスタマイズがずいぶん容易になったが、デベロッパツールにはますます陽が当たらなくなっていたのだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


今度のFirefox BetaではデスクトップでWebRTCビデオチャット、AndroidでChromecastやRokuへのビデオキャスト

MozillaがデスクトップとAndroid向けのFirefox betaチャネルに今日(米国時間9/4)、最新のアップデートをローンチした†。このところずっと、それほどエキサイティングな変化はなかったが、今回のアップデートにはエンドユーザ向けのおもしろいツールが二つある。[†: 原注: 可利用になるのは数日後。]

Android上では、ブラウザの新機能、ビデオを“デバイスへ送る”を試せる。サポートされているデバイスは、RokuとGoogleのChromecastなどだ。デスクトップでは、Firefoxに内蔵されたWebRTCによるビデオチャットを試せる。Mozillaはこれを今年の初めごろから、実験的なチャネルでテストしていた

ブラウザがプラグインなしでオーディオやビデオを呼び出せる標準機能WebRTCは、Firefoxの上で簡単に使えるが、デフォルトでは露出していない。”customize”ウィンドウへ行ってスピーチバブルを探し、それをメインのツールバーにドラッグする(右図)。そしてそのバブルをクリックすると、誰かと共有できるリンクができ、相手もクリックすればチャットがスタートする(つねに無料だ)。

そのバックエンドではMozillaがWebRTCのスペシャリストTokBoxとパートナーしている。ビデオチャットはChromeとFirefox間でもできるが、ぼくが試したときには、接続がときどき落ちた。Mozillaはこの機能が未完成であることを承知していて、今のところ“実験的”のラベルをつけている。もちろん、それでも試す価値は十分にある。

Android上のアップデートの主役は、ChromecastやRokuに対するビデオのキャスティングだ。Flashを使わずHTML5でビデオをサーブしているCNNなどのビデオは、Androidのあるモバイルからリビングの(RokuやChromecastが生きている)テレビへストリーミングできる。Chromecastの場合はなんらセットアップは要らないが、RokuではFirefoxチャネルをインストールする必要がある。

なお、HTML5のビデオプレーヤーを独自にカスタマイズしているサイトでは、“Send to”アイコンがないことがある。でもその場合でも、ビデオをスタートするとURLバーに”Send to Device”アイコンが出るから、それをクリックするとよい。

以上はしかし、あくまでもベータだから、バグもきっとある。まあ、ベータテスターとして参加するつもりで試用し、問題を見つけたらここに報告するとよい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Raspberry Piのブラウザーが良くなった!

殆どの英語圏世界にとって、Raspberry Piのウェブブラウザーが新たに改良されることは、ささいなニュースにすぎない。しかし、ごく一部のエリートハッカーや教育関係者にとっては、天の恵みだ。

何年もの間、RaspPiユーザーは、出来合いのRaspbian Linuxに組み込まれたどうにも出来の悪いブラウザーに悩まされ続けてきた。自分でブラウザーを移植することはできたが、誰にとっても優先度は低かった。今、しかし、それは突然やってきた。

この新ブラウザーは、Collaboraの人たちが、最新版Raspberry Piのために書き直したもので、オリジナル版より大幅に良くなっている。主な改善点は以下の通り

HTML5サポートの大幅改良
JavaScript JIT
ハードウェア利用のビデオデコード
ARMv6最適化済みblitting
ページ読み込み中の対話の改善
高速スクロール

RspPi OSの今後のバージョンには、この新ブラウザーが同梱されるが、今でも以下のコマンドをタイプすればインストールできる。

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade
sudo apt-get install epiphany-browser

是非入手されんことを!

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook


Googleのメール暗号化プラグインのコード中にNSAをおちょくるイースターエッグが

Googleは最近、Chromeブラウザのプラグインでメールの暗号化を推進すると発表して話題になった。本誌はGoogleが取り組むその課題の難しさを指摘し、また、価値ある仕事だ、とも述べた。

しかしGoogleは、そのコードの中に小さなイースターエッグを忍ばせた。そいつが、とってもおかしい。それは、こんなジョークだ(Zen Albatrossさん、ネタをどうもありがとう):

上の図中の”SSL added and removed here”(SSLがここで加えられ取り去られた)は、合衆国の外でGoogleとYahooとのあいだで渡されるデータを盗み見するNSAの計画への、当てこすりだ。下図は、この件に関するNSAのスライドだ。

完全に同じ文があることが、おわかりかな?

Googleがメールを暗号化するコードにこのテキストを入れたのは、NSAに対する一種の皮肉で、そのときNSAはSSLという広く使われている暗号化方式をかいくぐろうとしていたのだ。そこでGoogleは、メールのユーザのためにメッセージのセキュリティを強化するこの新しいツールの中で、わざとNSA自身の言葉を使ったのだ。

画像: FLICKR/KENNETH LU; CC BY-SA 2.0のライセンスによる(画像はトリミングした)

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


MozillaがWebRTCプロバイダのTokBoxと組んでブラウザ本体に汎用コミュニケーション機能を持たせる実験を開始

Mozillaが今日(米国時間5/29)、WebRTC APIのプロバイダTokBox提携してブラウザ本体にWebRTCによるコミュニケーション機能を持たせる実験を開始する、と発表した。当面その実験は、FirefoxのNightlyリリースに実装されるだけなので、一般ユーザの利用はまだ先の話だが、たいへん興味深い取り組みであることは確かだ。

WebRTCは、ブラウザ間でリアルタイムデータやオーディオ、ビデオなどをプラグイン不要で送受するための規格で、FirefoxとChromeはすでに通常バージョンでサポートしている。Microsoftのブラウザはこれをサポートせず、独自の規格をスタンダードとして提案している。

MozillaのFirefox担当プロダクト管理部長Chad Weinerによると、同社は現在のコミュニケーションおよびソーシャルネットワーキングの市場が分断化されていることを懸念している。

Weinerは次のように語る: “Mozillaなら、それらの壁を壊してあげることができるのではないか、と考えた。つまり、とてもたくさんの人が使っているブラウザの本体に、オープンで相互運用性に富むコミュニケーション機能が備わっていれば、よいのではないか”。

またWeinerによると、長期的な展望としてはMozillaがWebRTCのエコシステムを作って、それがすべてのデバイスとオペレーティングシステムを横断する、ないしカバーする形にしたい。そもそもWebRTCのねらいが、それだから。WebRTCを使ったサービスはすでにいろんなものが、完成製品に近い形で作られてはいるが、どれもまだ実験段階だ、と彼は言う。

Mozillaがこの機能の実験のためにパートナーとしてTokBoxを選んだことは、意外ではない。TokBoxは2012年にスペインのキャリアTelefonicaに買収されたが、長年、WebRTCの世話役のような役割を担ってきた。現状のWebRTCのプロトコルは帯域の変動に対する自己調整機能がない、マルチユーザチャットがサポートされていない、などの短所があるので、TokBoxのような有能な第三者が介入して、そういう高度な機能を構成し提供する必要があるのだ。TokBoxのビデオチャットがFirefoxのサポートをローンチしたのは、1年あまり前だ

ぼくが見たかぎりでは、その新しい実験的WebRTCアプリケーションはまだNightlyに登場していない(隠れ機能になっているのか…)。NightlyのURLはここなので、いずれ近いうちに、ダウンロードできるようになるだろう。安定版ではないことを十分承知のうえで、試してみられることを、おすすめしたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Mozillaもついに折れる: HTML5のDRMをFirefoxに実装と発表

Mozillaが今日(米国時間5/14)、同社のFirefoxブラウザにHTML5のDRM規格を実装する、とためらいがちに発表した

インターネット上でストリーミングされる著作権物コンテンツが、このところますます増えているので、権利者たちはFlashやSilverlightなどに依存することなくHTML5本体にDRMが標準的に実装されることを心待ちにしていた。しばらく前にMicrosoftとGoogleは、反対論者も少なくないW3CのEncrypted Media Extensions(EME, メディア暗号化拡張機能)の実装を決め、それにより彼らのブラウザのHTML5がDRMコンテンツを扱えるようにした。

しかしMozillaは一貫して態度を決めず、前CTO(そして短命のCEO) Brendan Eichはブログに強い口調で、HTML5の現在のDRM規格はユーザとデベロッパにとって不利である、と書いた。彼はMozillaがEMEを実装しないという決定はしなかったが、社内の大勢としては、Content Description Module(CDM, コンテンツ説明モジュール)という標準性のないプラグインの実装をHTML5内に必要とするW3Cの規格に反対だった。W3Cはブラウザが用いるCDMを特定していないので、Eichは、“各ブラウザがそれぞれ独自のシステム使うようになってしまう”、と主張した。

本日の発表でMozillaの会長Mitchell Bakerは、この新しいDRMソリューションには、“古いシステムと同じ深刻な欠陥がある”、と認めている。Mozillaから見るとそれは、“個人を保護することと、デジタルコンテンツを保護することとのあいだの、正しい均衡を欠いている。コンテンツプロバイダはシステムの重要部分をクローズドソースにしなければならないので、それはMozillaの長年の基本姿勢に反する”。

Mozillaがそれほどまでに言う規格を、では、なぜ実装するのか? それが、市場の大勢だからだ。MozillaがそのブラウザにEMEを実装しなかったら、いずれユーザはNetflixやHuluなどのコンテンツを見るためにほかのブラウザに乗り換えるだろう。“今の状況としては、MozillaがW3CのEMEを実装しなければFirefoxのユーザは、DRMに縛られているコンテンツを見るためにほかのブラウザに切り替えざるをえない、という段階に来ている”、とMozillaのAndreas Galは書いている。“DRMのない世界やWebが理想ではあるが、ユーザが、自分が望むコンテンツにアクセスするためにはそれが必要なのだ”、という典型的な必要悪説。

MozillaとAdobeのパートナーシップにより、後者がFirefoxにCDMを提供する。AdobeはDRM国のボス的存在だから、このパートナーシップは賢明だろう。Galによると、CDMはサンドボックスの中で実行されるから、ユーザのデバイスを特定する情報を得ることはできず、そのハードディスクやネットワークにアクセスすることもない。

CDMはAdobeが配布し、デフォルトではFirefoxに含まれない。そしてユーザがこれから見ようとするコンテンツによっては、ブラウザがそれを自動的にダウンロードして有効化する。ただしユーザはいつでも、CDMの有効化をoffに設定ができる。

実装の日程はまだ決まっていないようだが、当初はWindows、Mac、そしてLinuxのデスクトップブラウザだけが対象だ。

DRMのようなものをもともと思想的に毛嫌いしている人たちは、Mozillaの決定を敗北とみなすだろう。反対には、当然の理由がある。Eich自身も、昨年こう言っていた、“DRMは次の三つのものに激しく敵対している: ユーザ、オープンソースソフトウェア、そして、自らがDRMベンダではないブラウザベンダ”。

しかし結局のところ、Mozillaとしても、ユーザが減ってもいいとは言えない。見たいコンテンツを見られなければ、ユーザはほかのブラウザへ移るだろう。多くのユーザにとって、WebのオープンでDRMフリーという理想はどうでもよいこと。彼らは猫のビデオや過去の19 Kids And Countingを見たいだけだ。オープンソースを貫いてきたMozillaにとっては不快な状況だが、誰もFirefoxを使わなくなれば、その高邁なミッションも枯渇してしまう。

画像クレジット: Mozilla in EuropeCC 2.0のライセンスによる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


WebCLでWebデベロッパもGPUやCPUのマルチコアをブラウザ内で有効利用(==並列処理)できるようになる

Webブラウザは多くの場合、コンピュータやモバイルデバイスの能力をフルに利用できない。コードがハードウェアから抽象化されたサンドボックスで実行されることが多く、ブラウザが直接ハードウェアにアクセスすることはない。デスクトップ用のソフトウェアはたとえばCPUのすべてのコアを使い、また現代的なGPUに並列処理をさせて画像のフィルタリングなどを高速化できるが、ブラウザ内で動くJavaScriptのコードにはそれができない。でも、それがもうすぐ変わる。

WebGLやOpenGL、COLLADAなどの標準規格を作っている業界団体Khronos Groupが今日(米国時間3/19)、WebCL 1.0の規格の最終決定と一般公開リリースを発表した。WebCLはOpenCLのブラウザバージョンで、Webブラウザの中からGPUやマルチコアを利用する方法をWebデベロッパに与える。

WebCLのベースであるOpenCL(Open Computing Language)は、同様の能力をデスクトップで提供する。

WebCL作業部会の議長Neil Trevett(Khronosの理事長でNVIDIAのモバイルコンテンツ担当VP)によると、ブラウザのベンダがこの規格を採用すると、デベロッパはこれらの能力を利用してWebGLゲームのための物理演算エンジンや、リアルタイムのビデオ編集ツール、視野像全体(vision)の処理、高度なフィルタのある写真編集ツールなどを、ブラウザ上に実装できるようになる。

基本的に、複数のコードを並列に動かす必要のあるアプリケーションを、ブラウザ内で動かせるようになる。規格そのものはアプリケーションを特定しないが、あえて分かりやすく言えば、ゲームや画像処理がこれらの能力を利用するアプリケーションの筆頭だ。

そういうアプリケーションにとっての障害がブラウザに存在しなくなるので、これまで往々にしてブラウザのせいにされていたパフォーマンスのペナルティも、なくなる。

ChromeのNative Clientやプラグインのようなものを使わずに、ブラウザ内でWebアプリケーションをネイティブかつ高速に動かしたいと思うと、今のところFirefox上のJavaScriptスーパーセットasm.jsぐらいしか方法がない。しかし、ネイティブに近い速度を誇るasm.jsも並列処理はサポートしていないから、高速化にも限界がある。Trevettによると、asm.jsとWebCLの関係は排他的というよりむしろ相補的であり、WebCLのJavaScript結合(バインディング)も提供されるので、デベロッパはいつでも、asm.jsベースのアプリケーションからWebCLを呼び出すことができる。

下の(やや古い)Samsungのビデオを見ると、WebCLにできることがよく分かる:

WebCLはOpenCLとほとんど同じなので、お互いのあいだのコードのポートも容易だ。

ハードウェアを直接操作するコードが増えると、新しいセキュリティの問題も現れる。そこでWebCLのチームは、OpenCLにある機能の一部をあえて不採用にしている。Web上では、それらのセキュリティが保証できないからだ。このプロセスの一環としてチームは、オープンソースのカーネルバリデータ(カーネル検査ツール)を開発し、それが逆に、OpenCLチームのセキュリティ強化につながった、という。

WebCLはデベロッパに対して新しい可能性の世界を開き、これまでは実装困難だった種類のアプリケーションをWebに持ち込めるようになる。しかしそれと同時に、これまでWeb専門でやってきたデベロッパにとっては、未知の世界が開けることになる。Trevettによると、今WebGLのエコシステムが、グラフィクスエンジンの高度な専門家たちが作った比較的使いやすいフレームワーク主導型になっているように、今度は並列処理のエキスパートたちがWebCLのために同様のことをしてくれるだろう。どちらも、低レベルの複雑な細部から、デベロッパを解放してくれるのだ。

WebCLを完全にサポートしたブラウザがいつ登場するか、それはまだ未知数だが、2011年から始まったWebCL作業部会には業界の主だった企業のほとんど…Adobe、AMD、Nvidia、ARM、Intel、Opera Software、Mozilla、Google、Samsung、Qualcomm…が参加している。そしてNokiaはすでにFirefox用のWebCLエクステンションを提供しているから、実際に試してみたい人はそれを利用するとよいだろう。

画像クレジット: Nvidia

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Firefox 27が公開。ソーシャルAPIを改善、SPDY 3.1を新たにサポート

本日(米国時間2/4)Mozillaは、Firefox 27を公開した。新バージョンのブラウザーは、FirefoxソーシャルAPIに主要な改訂があり、旧世代のWeb 2.0ソーシャルブックマークツール、Deliciousや、インドの音楽サービス、Saavnをサポートした。しかし、もっと重要なのは、ソーシャルAPIで1ユーザーが複数のサービスを同時に使えるようになることだ。

FirefoxのソーシャルAPIは、ソーシャルネットワーク、チャットサービス、ニュースサイト等が、ブラウザー内の固定位置にポップアップ通知を表示できるようにするために作られた。2012年に公開され、昨年Mozillaがデベロッパーに開放したが、各社が挙ってソーシャルAPIを統合をするという動きは感じられなかった。

しかしこのサービスの大きな問題は、同時に1つしか統合アプリを動かすことができず、複数使いたい場合は少々面倒な切り替えを強いられることだった。このたびその制限が外されたことから、今後いくつか新しい統合が見られるかもしれない。

他の大きな新機能としては、GoogleのSPDY 3.1プロトコルのサポートと、Transport Layer Security (TLS) バージョン 1.1および1.2がFirefoxのネットワーキングの選択肢に加わったことだ。これらは、良く知られているSSL暗号化プロトコルの事実上の後継にあたる。

Androidに関して、今回Firefoxチームはわずかな変更を加えただけだった。モバイル版もTLS 1.1および1.2をサポートし、 標準フォントが読みやすいものに変わった他、ユーザーインターフェースにいくつか小さな改善が施された。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook


MicrosoftはみんなにInternet Explorerを見直してほしいのでデモ集積サイトRethink IEをローンチ

Internet Explorerは長年、自業自得の悪評に悩まされてきたが、Microsoft自身もそのことを十分自覚していた。しかしIE9以降は、かなり良いブラウザになり、最新バージョンはWebのオープンな規格に準拠し、きわめて高速なJavaScriptエンジンを実装、タッチのサポートなど新しい機能も加えた。しかしそれでもIEは、Microsoftにとってすら、いまだに”嫌うことが好まれる“ブラウザだ。

昨年あたり、とくにIE11のローンチ直後から、MicrosoftはRed BullAtariGlacierWorksなどいくつかの企業やデベロッパと提携して、IEが今や現代的なブラウザであることを見せつける、一連のデモを行ってきた。そして今日ローンチしたRethink IEは、それらのコンテンツを一堂に集めて、IEをめぐる話題がここから新たに盛り上がることを期待している。

MicrosoftでInternet Explorerのマーケティングを担当しているシニアディレクターRoger Capriottiによると、Rethink IEサイトの目的は、IEが今やWebの最前衛に位置していることを世の中に見ていただくために、IEがこれまでに作ってきたユーザ体験を強調的にデモすることだ。Rethink IEは、Microsoftがデベロッパと消費者両方のためにパートナーたちと一緒にやってきたことを一か所に集めている(Cut the Ropeだけはないが)。デベロッパはここを見て、作品制作の楽屋裏が分かるが、でも中心的なねらいは、Interenet Explorerの名誉回復というマーケティングの基調を、これからも継続していくことにある。

Capriottiによれば、昨年はIEにとってかなり良い年だった。11月には2012年以降最大のマーケットシェアを達成し、ChromeやFirefoxからIEに移行した、あるいは戻った、ユーザも少なくない。“今のIEの姿をぜひ見て、考えを変えてほしい”、とCapriottiは強調するが、Microsoftにとってそれはとくに、Surfaceなどタブレット上のIEのことを意味している。Capriottiから見ると、ChromeやSafariはデスクトップ向けに開発されてモバイルに移植されたから、モバイルというプラットホームのアドバンテージをフルに生かしていない。それとは対照的にMetroバージョンのIEはまったく新たに設計されたから、デスクトップの尻尾を引きずっていないぶん、競合製品よりも一歩進んでいる。“タブレットの上でChromeを見ると、デスクトップかと錯覚するからね”、と彼は言った。

彼によれば、今ではロード時間の短縮と高速レンダリングが標準だから、タッチなどの新しい技術を活用してブラウザ上の新しいユーザ体験を作り出す能力が、これからの勝敗の決め手になるだろう、という。もちろん、Webのオープンな規格に完全に準拠しつつ、だが。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Chrome 33のベータはCustom Elementsを導入, 音声合成APIをサポート

昨日(きのう)最終安定版のChrome 32をリリースしたばかりのGoogleが、今日(米国時間1/16)はデスクトップとAndroid用のChrome 33の初のベータローンチした

このリリースには、デベロッパが関心を寄せそうなアップデートがいくつかあり、たとえばデベロッパが独自のHTML成分(要素)を定義できるCustom Elementsという機能がある。これはWeb Componentsの仕様の一部であり、Chromeのチームはかねてから強い関心を示していた。

Custom Elementsはデベロッパが勝手に定義できるHTML成分であり、その何が魅力かというと、複雑な機能でもタグ一個で表現できることだ。だからページのコードの外見はとてもすっきりする。Googleもこの点を強調しており、たとえば下の図に示すデモアプリケーションはCustom Elementsを多用している。なお、Mozillaも近くWeb Componentsをサポートするようだから、Custom Elementsを使えるようになるはずだ。

このベータのそのほかの新機能としては、Web Speech APIのサポートがある。これによりデベロッパは、自分が作るサイトに音声認識や音声合成機能を加えられる。音声認識の方はChromeに昨年加わったが、今日は音声合成機能が内蔵された。このAPIを使うためには、デベロッパがマシン上でサポートされている音声の中から指定して、音声合成エンジンがその音声で喋れるようにする(下図)。なおiOS 7のSafariも、部分的に音声合成をサポートしている。

そのほかの変化・変更は、以下のとおりだ(Googleの発表文の原文より):

Web上の支払い決済を容易にするrequestAutocomplete APIがMacでもサポートされた。

Page Visibility APIがプレフィクスなしになった。

WebFontのダウンロードが最適化され、フォントはBlinkがレイアウトを終える前に可利用になる。つまりWebFontを使う場合のレイテンシがゼロになる。

BlinkによるCSSのAnimationとTransitionの実装が、Web Animationsモデルにより駆動される。これはデベロッパやサイトには無影響のはずだが、何か影響が見られれば知らせてほしい。

最新バージョンのWeb Notification APIをサポート。レガシーのAPIは非推奨になるので、それらを使っているWebサイトはアップデートしていただきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Chrome 32ではマルウェアブロックを強化, Windows 8の上ではChrome OSを体験できる

Googleが今日(米国時間1/14, 日本時間1/15)、Chromeブラウザの最新安定バージョンをリリースした。そのバージョン32には、最近ベータチャネルにやってきた新しい機能の多くが含まれている。マルウェアブロックの改良が、その一例だ。またタブの表示は、そこで音を鳴らしている、Webカメラにアクセスしている、Chromecastにビデオを送っている、などのときにはそれらが分かるようになった。つまりタブに、スピーカーのアイコン、青い矩形、赤いドットなどが表示されるのだ。

たとえば突然音楽が鳴り出したりビデオの再生が始まったようなとき、あれっ?どのタブだっけ?ということが、これからはなくなる。このアイデアは2013年の初めからあるが、ベータに導入されたのがやっと11月だった。

マルウェアブロッカーも新しくなった。それは昨年10月の実験的先行ビルドにやってきた機能だ。これからは、Googleが怪しいと判断したダウンロードは、自動的にブロックされる(下図)。.

Windows 8を使っている人は、”Metro”モードを試すことができる。Microsoftが今それを何と呼んでいるのかよく分からないが、Googleは臆することなく今でもMetroと呼んでいる。そのMetroモードでは、ChromeのルックスがChrome OSになり、そのアプリケーションがWindows上で立ち上がる。前のバージョンでは、MetroモードはChromeの通常のインタフェイスを見せるだけだった。その、ChromeインタフェイスのMetro化は上出来とは言えなかったが、今度の新しいインタフェイスではMetroモードをうまく利用して、Chrome OSをWindowsに持ち込んでいる。

今回は新たに、”スーパバイズドユーザ(supervised users, 監視されるユーザ )”という機能が加わった。これはまだ公式にはベータだが、たとえば親が子どものWeb閲覧履歴をチェックできるのだ。そしてchrome.com/manageでサイトに制限をかけられる。

例によって、セキュリティフィックスも多い(21か所)し、安定性やパフォーマンスの面でのアップデートもある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Chrome 31ベータにデベロッパー向け新機能―ウェブ支払、モバイルアプリのフルスクリーン・モードなど

今日(米国時間10/3)、GoogleはChromeブラウザのデスクトップ、モバイルの最新ベータを公開した。ユーザーに直接見える部分には目立った変更はないが、デベロッパーにとっては重要な機能がいくつも追加されている。やがてChromeのユーザー体験が大きく拡張されることになるだろう。

たとえばAndroid版ではデベロッパーは簡単にフルスクリーン・モードでアプリを起動するショートカットが作れるようになった。このモードでは通常のChromeのUIはまったく表示されず、アプリが画面全体を利用することができる。

デベロッパー側の作業はごく簡単で、ウェブサイトのソースコードにメタタグを一つ追加するだけでよい(<meta name=”mobile-web-app-capable” content=”yes”>)。

Android版、Windows版、Chrome OS版ではユーザーに支払情報を簡単に求めることができるようになった。新しく提供された requestAutocomplete()機能を用いると、ブラウザ付属のインタフェースを通じて支払情報を得ることができる。ユーザーはブラウザに記録された既存の支払い情報を自動補完で入力することができる。モバイルでのクレジットカード情報の入力は特にエラーが起こりやすいので、これはデベロッパーにとってもオンラインストアにとってもありがたい機能だ。

またデスクトップ版ChromeとChrome OS向けのPNaCl(ポータブル・ネーティブコード・クライアント)URLハンドラー、アプリのディレクトリ・アクセスなどがある。PNaClはC/C++のソースコードをコンパイルしてChrome内で実行可能モジュールを作成する。URLハンドラーはChromeアプリを自動的に起動するURLを生成する。デベロッパーはたとえば文書をChromeベースのドキュメント・エディタでを開くように設定することができる。ディレクトリ・アクセスはその名のとおり、ユーザーが承認した場合、Chromeアプリがローカル・ドライブの特定のディレクトリにアクセスすることを許す。これはChromeアプリとネーティブ・アプリの間でファイルをやりとりするのを容易にする。

その他、WebMビデオにアルファ・チャンネルが追加され、新しい2Dキャンバスが提供されている。

新機能の詳細はこちら

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


iPad向け新ブラウザ、Opera Coastが登場―すべてスワイプとタップで操作するタブレット最適化UI

半年前からOperaでは小チームでタブレット向けブラウザの開発を進めていた。 そしてついにOpera Coast for iPadが発表された。Chromeを無用のものにするかもしれない画期的な新ブラウザだ。

先週、Coastプロジェクトの責任者、Huib Kleinhoutは私の取材に対して「われわれがCoastを開発することに決めた動機は、現在のブラウザのUIがMosaicの時代から実質的に変わっていないことに我慢がならなくなったからだ。マルチタッチ・スクリーンがこれだけ普及したというのに、それがブラウザではほとんど生かされていない」と述べた。Coastはタブレットに最適化されたブラウザを世界で初めて作ろうとしたOperaの試みだという。

Kleinhoutは「タブレットのブラウザはそもそも生産性ツールとして使われるわけではない」と指摘する。Coastはこの基本的考えに基づいて、現在のブラウザに満載されている複雑でかつほとんどの場合に不必要な機能をすべて削除し、UI要素を大きくシンプルなものにしてタッチによる操作性の大幅な向上を図っている。

実際、Coastには画面下部のホームボタンと画面右下の最近訪問したサイトの履歴を表示するボタン以外に目に見える操作部分はない。ほとんどすべての操作はジェスチャーで行われる。たとえば 「進む」、「戻る」は左右のスワイプになる(もっともMicrosoftもGoogleもこのジェスチャーを採用している)。

Coastではブックマークに代わってよく訪問するサイトはiOSのホームスクリーン風の大きなアイコンで表示される。Coastはユーザーが最近訪問したサイトをすべて自動的に記録しており、ホームスクリーンの右下のボタンからリストとして呼び出せる。そこからブックマーク・アイコンを追加できる。ホームスクリーンには検索バーが用意されている。Operaのバックエンドがユーザーの入力をモニタして、インクリメンタルに3つの候補を表示する。

この極めて簡潔なデザインについてKleinhoutは「サイトに代わって勝手に共有ボタンを表示するのがブラウザの役目ではない」と語った(最近のMozillaのプロダクトへの遠回しな批判)。Kleinhoutは「ユーザーとどのように会話するかを決めるのは全面的にサイトの役割だ。われわれはユーザーのセキュリティの強化にも力を注いでいる。ユーザーがHTTPSや認証手続きについて知らなくても、ユーザーが危険なサイトにアクセスしようとした場合にはCoastが警告する」という。

Opera独自のサーバサイドのレンダリング・エンジンを利用していたOpera Miniや以前のiOSブラウザとは異なり、CoastはAppleの内蔵レンダリング・エンジンを利用する。

KleinhoutはAndroid版Coastについては開発しているかどうか明らかにしなかったが、iOS以外のプラットフォームへの拡張を計画していることは間違いないだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


Chrome 29ベータはAndroidにWebRTCとWeb Audio APIを実装, デスクトップではOmniboxを改良

Googleが今日(米国時間7/16)、Chrome 29のデスクトップAndroid用バージョンのベータをリリースした。とくにAndroid版に重要な変化があり、オーディオ合成処理のためのWeb Audio APIと、リアルタイム通信のための最新API WebRTCをサポートしている。

デスクトップ版(Windows、Mac、Linux)のアップデートには、omniboxの改善提案が取り入れられ、ユーザが最近訪れたWebサイトが尊重されるようになった。このほかデスクトップバージョンでは、WebMによるビデオ再生でGoogle自身のVP9コーデックがサポートされた。


ただしWeb Audio APIが当面使えるのは、NEONオプティマイゼーションをサポートするARMデバイスのみである。これは、ARM Cortex-A8プロセッサで導入された新しい命令を実行する方法のことだ。Web Audio APIをサポートしている実機の上では、ここでそのデモを楽しめる。デスクトップのChromeでは、かなり前からサポートされている。またiOSと、今回のAndroid用ベータもサポートしている。

なおFirefoxは、先週のNightlyがこのAPIをサポートしている。

WebRTCは、このAPIを使うとビデオとオーディオによるリアルタイム通信がプラグイン不要でできる。それが、今回はAndroid用ベータでサポートされた。デスクトップのChromeは、このAPIを早くからサポートしたブラウザの一つだ。実装が今後さらに普及すれば、多くのデベロッパの関心がそれに向かい、Webブラウザのほとんど標準的な機能になるだろう。ChromeとFirefoxはすでにサポートしているが、MicrosoftはInternet Explorer 11までお預けのようだ。

WebRTCに関しては、Googleのビデオチャットのデモがここにある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


クラウドから提供されるブラウザMaxthon, パワーユーザたちがご愛用

Maxthonは、ChromeやFirefoxやSafariほど名前を知られていないと思うが、しかしこのクラウドから提供されるブラウザはグローバルに人気があり、各月140か国から1億あまりのユニークビジターがある。同社のVP Karl Mattsonによると、Maxthonの成長を支えているのは主にWebデベロッパやゲーマーたちで、彼らはこのクラウドブラウザのメモリ管理機能や、Flash対応、GPUアクセラレーション、それにHTML5のサポートが気に入っている。

“われわれはHTML5の将来性を確信しており、ブラウザでできることは何でもやりたいと考えている。それが、ゲームのデベロッパをはじめHTML5に肩入れしようとしている人たちの仕事を、楽にすることにつながる”、とMattsonは言う。

北京の会社だが、オフィスはサンフランシスコとロサンゼルスと香港と上海にあり、創業は2006年、ファウンダは当時シンガポール国立大学の技術者だったJeff Chenだ。ChenはMyIEのコーディングをそのファウンダに代わって引き受け、それをユーザ数600万のコミュニティに育てた。Maxthonの最初のバージョンは、彼らからのフィードバックに基づいて作った。今のバージョンはベースがChromiumで、Chromeのエクステンションがそのまま使える。

Mattsonによると、Maxthonは三つのことをとくに重視している: パフォーマンス、ポータビリティ、そして独創性。

このブラウザはどんなプラットホームでも使えるので、MacとWindows、複数のモバイルオペレーティングシステムなど、いろんなプラットホームを使っているユーザにとって便利だ。複数のデバイスに亙るデータのシンクは、Maxthon Passportアカウントでできる。

また、Maxthonはローカライゼーションを熱心に行っているので、国際的なリーチが広い。たとえば同社はロシア最大の検索エンジンYandexと組んでMaxthonの完全なロシア語化を行った。またMac用の中国語バージョンには、中国最大の決済サービスAlipayがプレインストールされている。

ブラウザ本体の機能が豊富なのでプラグインなどのインストールを必要としないことが多いが、Maxthon自身のエクステンションでブラウザをカスタマイズするオプションはある。

Maxthonの強みはセキュリティとプライバシーにもある。NSAの覗き見行為がバレてからは、それがなお一層Maxthonの人気に貢献するだろう。Maxthonは、AES 256による暗号化を使っている。

“政府機関などからユーザの情報を求められても、それはどこにも見つからないだろう”、とMattsonは言う。“もっと端的に言えば、それをわれわれが政府などに提供することは、技術的に不可能だ。プライバシーに関わる情報は暗号化されて保護されているから、われわれがディスクを渡したとしても、その中身はゴミにしか見えない”。

MaxthonはWI Harper、Charles River VenturesなどのVCと、Skype の初期の投資者Morten Lundから資金を得ている。収益源は、有料サービスの売上だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


まだ生きてる代替ブラウザTorch, 立ち上げ1年でユーザ数1000万を突破

ブラウザの選択肢のずっと下の方は、Rockmeltのような落伍者の死屍累々だが、中にはMicrosoftやMozilla、Googleなどの影にひっそりと隠れて生き延びている者もいる。Maxthonもその一つの例だが、これまで話題にもならずに着実にユーザを増やし続けているのがTorchだ。同社によれば、立ち上げから1年後で、アクティブユーザ数はMacとWindows合わせて1000万を超えた、という。

TorchはChromiumをベースとするブラウザだが、このほど新バージョンをローンチし、ダウンロードアクセラレータが新たに加わり、Torch Music サービスの大型アップデートが行われた。これは主に、YouTubeとVevoから音楽を配信するサービスだ。ユーザの視聴履歴や位置やFacebookの友だちの好みに基づくリコメンデーション機能があり、データベースには約500万曲を集めている。

Torch Musicは元々別立てのサービスだったが、今ではブラウザの一機能へと落ち着き、ウィジェットをクリックして曲の検索、ポーズ、スキップなどができる。

Torchの新機能であるダウンロードアクセラレータは、初期の遅い接続の時代にはどのブラウザにもあったが、今ではおぼえている人すら少ない。しかし、今でもところによっては遅い、あるいは不安定な接続があるから、決して無意味ではない。

このほか、BitTorrentクライアントとメディアグラッバーがブラウザの機能としてあり、埋め込みビデオのファイルをダウンロードできる。便利な検索はドラッグ&ドロップで使用でき、また共有ツールは大きなボックスからFacebookやGoogle+やTwitter、Pinterestなどへリンクを共有できる。検索サイトも、GoogleやWikipediaなどから選べる。

Torch BrowserのMacバージョンは1か月前にローンチしたばかりだから、今のところユーザの大半はWindows上だ。TorchはChromeのブックマークを簡単にインポートするから、乗り換えも簡単だ。ChromiumベースだからChromeのエクステンションもそのまま使えるはずだが、ただしGoogleの最新リリースの一世代前をベースにしているようだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Internet Explorer 10の消費電力はChromeやFirefoxより18%低い, とMicrosoftは主張

Microsoftが行った委託研究によると、合衆国のChromeとFirefoxユーザの全員がブラウザをWindows 8上のInternet Explorer 10に換えたら、合衆国の1万世帯ぶんの電力を節約できる。Microsoftによるとその理由は、同社はIEの高速化に力を入れてきたしまた、IEはネイティブのグラフィクスカードなど現代的なPCのハードウェアの能力を有効活用して、レンダリングのパフォーマンスを向上させているからだ。

しかし率直に言って、ブラウザについて考えるときその電力消費を気にする人はあまりいない。研究のテーマとしてもかなり異例だと言えるが、でもたしかに、Webの閲覧に費やされる時間は最近とみに多いから、研究が言うようにIEの電力消費がCやFよりも18%少ないなら、それはIEの無視できないメリットには違いない。

Microsoftによると、IEに切り換えると1億2000万キロワットアワー(kWh)の電力が節約され、また220万本の木を苗木から10年育てた期間に相当する二酸化炭素の除去量が達成される。

Microsoftは2011年にも同種の委託研究を行い、IE9はFirefoxやChrome、Safari、Operaなどよりも優れている、とした。今回の研究では、人気上位のWebサイトを対象にベンチマークが行われた。また、FlashやHTML5によるビデオも、多数再生された。

しかし研究とその結果はまともなものだとは思うが、省エネを動機としてChromeやFirefoxからIEに切り換えるユーザは、あまりいないだろう。でも、今MicrosoftはIEのイメージアップとシェア奪還に躍起になっているから、そのためのマーケティングキャンペーンのネタとしては、とりあえず理解できるけどね。


[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))