米国、2つの政府機関が連携して、学校内WiFiの設置コスト低減に取り組む

FCC(連邦通信委員会)は、米国の生徒1000万人が学校内WiFiを利用できるため、2015年に10億ドルの予算を計上する意志を表明した。今日(米国時間6/26)同委員会は、米一般調達局と連携して、対象校がWiFi機器を低価格で入手できるよう手配すると発表した。

この提携によって、「学校および図書館は調達局の逆オークションプラットフォームを使って、通常の調達価格よりさらに有利な条件で機器を探すことができる」とFCCは言っている。少々わかりにくい説明だが、要するに学校は設置コストを低く抑えられ、その結果米国の学校にWiFiが広く、おそらくより早く普及するという意味だ。

FCCによると、米国の生徒の60%がWiFiを満足に使用できる環境にない。もちろん、全くWiFiのない教育機関もある。昨年、FCCは学校内WiFi拡充のための予算は全く計上していない。

インターネットアクセスが速く便利になることは、生徒にとって良いことだ。デジタル化の進む世界では、あらゆる形やサイズのコンピュータ製品に熟達することが競争を有利にする。そしてそれは、われわれ自身の求人だけではない ― 多くの人々の競争力が高まれば、世界におけるこの国の競争力も高まる。

わが国の生徒全員が、最新テクノロジー製品や高速インターネットを使う機会を得るべきであり、そのためのソフトウェアを自主的に学ぶも必要だ。われわれは今以上に速く動かなくてはならないが、FCCの今回の決定が正しい方向であることは間違いない。

IMAGE BY FLICKR USER SEAN MACENTEE GARCÍA UNDER CC BY 2.0 LICENSE (IMAGE HAS BEEN MODIFIED)

 

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook


Google、マウンテンビュー本社地域で新しい高速無線ネットワークの実験を申請

google-wireless

Googleの実験は往々にして世界を変えるような影響を及ぼす。今回の最新の実験もそうかもしれない。

Wall Street Journalが伝えるところによると、Googleはマウンテンビューの本社キャンパスに新しい無線ネットワークを構築する実験の許可を申請中だという。実験の規模は小さいが、利用される周波数はこれまでiOSやほとんどのAndroidデバイスで使われていなかった帯域だという(2524MHzから2625MHz) 。接続は非常に高速で、密集した大都市圏ではきわめて有効なシステムらしい。

実は中国、ブラジル、 日本ではすでにこの周波数帯域を利用した高速無線ネットワークの構築が進んでいる。つまり主要なモバイル・デバイスはいずれこの帯域をサポートすることになるはずだ。Googleが今回小規模な実験を開始するということは、この帯域で作動するカスタム・ハードウェアも製作するのだろう。Googleはこのネットワークの実験の目的などについて詳しい情報をWSJに明かすことを避けたが、FCC〔連邦通信委員会〕に提出された申請書によれば、この実験ネットワークがカバーする地域にはGoogle Fiber担当チームのビルが含まれているという。

Googleが狙っているのはGoogle Fiberのユーザーに対して屋外でも高速接続が利用できるようにすることだろうと思われる。最終的にはGoogle Fiberがカバーする大都市圏全体に無線接続を提供するのだろうという。これはモバイル専門家のWalter PiecykがWSJの取材に対して語ったものだが、十分説得力がある推測だ。

Googleが独自の無線ネットワークを構築したがっていることはかなり前から話題になっていた。最近もGoogleと衛星放送のDishが共同で無線ネットワークを提供するという噂が流れたことがある。またGoogleは東海岸本部ビルが所在するニューヨークのチェルシー地区に無料のWi-Fiアクセスポイントの設置を計画している。今回マウンテンビューの本社地区に単なるWi-Fiではなく別個に免許を取得して本格的無線ネットワークを構築しようというのはGoogleの努力が新たなレベルにステップアップしたことを示すものだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+