「タブレット時代」を予感させたFotopedia、8月10日でサービスを終了

6年ほど前、Appleのアプリケーション部門のCTOを務めていたJean-Marie HullotがFotopediaのサービスを開始した。大型のフォトブック(coffee table book)を眺める楽しみをiPad(のちにはiPhoneにも対応した)上で実現しようとするサービスだった。旅行関連ということで世界中の写真を掲載し、利用者は増え、広告との連携もなかなかうまくいっていた。2012年後半には写真閲覧回数が30億を超えた。しかしそこからの次なる発展を成し遂げることができなかったようだ。

Fotopediaはアプリケーションおよびウェブを含むサービス全体を8月10日に停止する旨をアナウンスしている。サービスで利用してきた写真やデータは一切が廃棄されることとなる。

簡にして要な公式アナウンスによれば、Fotopedia運営メンバーたちは展開しようとしてきたサービスに対する需要は間違いなくあるのだと感じているとのこと。しかしそれに関連したビジネスモデルの構築ができなかったとのことだ。

Skypeでインタビューを試みたところ、FotopediaのCEOであるJean-Marie Hullotは、プロダクトに対する興味関心はおおいにあり、また熱心な利用者も多く存在するのだと主張している。「ただ、利益をあげる方法がみつからなかったのです」と話してくれた。

当初、アプリケーションは有料でリリースされていた。そして広告モデルにシフトしたという歴史をもっている。アプリケーションは2000万ダウンロードを数えるなど、多くの人の注目を集めたが、しかし「InstagramやTwitterほどの広がりを見せるまでにはいたりませんでした」とのこと。また、利用者は世界各地に存在したものの、広告出稿社はさほどの広がりをもつには至らず、世界規模に広がった大勢の利用者を活用したマネタイズを行うことができなかったようだ。そうこうするうちに、広告収入も減っていき、そしてサービス拡大の望みも絶たれることとなってしまったわけだ。

ちなみに、Fotopediaは2011年のCrunchiesでベストタブレットアプリケーション賞を獲得している。10以上もの国でローカライズ版を(Fotopediaはそれぞれを「マガジン」と呼んでいた)出していた。またFotopedia Reporterという、Fotopediaの画像を使って特定地域のイベント関連コンテンツなどを作成するサービスの提供も行なっていた。

CrunchBaseを見ると、Fotopediaはこの7月に行われたシリーズAも含め、これまでに1270万ドルの資金を調達している。出資したのはRon ConwaySoftTechIgnition Partners およびCreative Commonsのファウンダー兼MIT Media LabのディレクターであるJoi Itoなどだ。

Hullot曰く、今後のことを考えながら、しばらくは休養する予定なのだとのことだった。

原文へ

(翻訳:Maeda, H


8億ドルを集めた電気自動車バッテリーのスタートアップBetter Placeが会社精算へ―グリーン企業に試練続く

2007年の創立以来、これまでに8億ドルのベンチャー資金を調達してきたイスラエルのテルアビブに本拠を置く電気自動車用バッテリーのスタートアップ、Better Placeは、今日(米国時間5/26)、裁判所に会社精算手続きを開始する申し立てを行ったことを確認した

これは先ごろ試みた新たな資金調達の試みが不調に終わった結果とみられる。同社の倒産が差し迫っていることは、先週、FortuneのDan Primackがスクープした。

Better Placeの株式の過半数を握るイスラエルのコングロマリット、Israel Corp.が新たな資金調達に応じないと決定した直後に会社精算の公式発表が行われた。Better Placeの存続に足りる規模の資金を供給する可能性のある投資家は他に存在しなかった。

一時はイスラエルのベンチャー企業の星であり、グリーン・テクノロジーの世界的なリーダーとなるともてはやされた企業としてはまことに不本意な結末となった。しかし要するにBetterPlaceのビジョンが現実を正しく捉えていなかったということだろう。lBetter Placeの不調は1年以上前から始まっていたが、2012年の10月にカリスマ的ファウンダーのShai AgassiCEOを解任された後、急速に状況が悪化した。当時、TechCrunchのJohn BiggsがBetter Placeの初期のブームとその後の苦境を的確に分析した記事を書いている。

Better Placeがイスラエルを代表するテクノロジー・スタートアップとして当初注目を浴びたのは、ユニークは「電気自動車用交換式バッテリー」のアイディアによるものだった。同社の構想による電気自動車システムは、ドライバーが電力を使い果たすと世界各地に設置される補給ステーションに立ち寄り、充電ずみのバッテリーと交換することによってすぐに走り出せるというものだった。しかしながら、このようなインフラが整備されるには長い年月がかかるはずであり、Agassiはイスラエルの奇跡の経済成長のち父の一人とみなされているものの、この構想の実現に向けての具体的努力をほとんどして来なかった。

Better Placeは、世界のグリーン・テク企業が受けている試練の最新の例に過ぎない。一時は熱狂的にもてはやされ、莫大な投資が行われたが、現在は倒産、精算が相次いでいる。Kleiner Perkinsのように数年前に大金をこの分野に投資したベンチャーキャピタルも今や大きく方針を変えた

しかしもちろん敗者ばかりではなく、勝者も生まれている。Fisker Automotive躓いたが、Tesla Motors前進中だ。エネルギー効率の改善、バッテリー・テクノロジーの改良の重要性は依然としてきわめて大きい。Better Placeの倒産は、この会社がなすべきことをなせなかったという結果に過ぎない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


「インターネット上のタイムマシーン」サービスを提供してきたMemolane、突然のサービス停止をアナウンス

Memolane LogoUpdate:ソーシャルネットワーク上での過去の行動をアーカイブして閲覧できるサービスを提供してきたMemolaneが、サービスを停止することとなった。同社ブログにて停止をアナウンスしている。

何の前触れもなく、急な話に感じられる。Memolaneに蓄積された情報はアメリカ時間の2月22日(つまりは明日)に削除されるのだそうだ(何時なのかという情報は明らかにされていない)。Memolaneにある情報というのは、それぞれ他のソーシャルネットワークからもってきたものではある。であるので、元情報が消えてしまうということにはならない。しかしそれにしても、あまりに突然の停止アナウンスに戸惑っている人も多いことだろう。

スタートアップが十分な成功を収めずに消えていってしまうのを見るのは寂しいことだ。しかし、Memolaneの場合は、詳細は不明ながら明るい未来があるものなのかもしれない。Memolaneによると、同社チームは「Memolaneの機能を拡張的なサービスを展開する企業に合流」することになるのだそうだ。Memolaneのファウンダー兼CEOであるEric Lagierに質問を送ってみている。合流することになる企業はどこなのか、合流というのが買収を意味するのかどうかなど詳細を尋ねてみているのだ。返事があり次第、更新情報を掲載することとしたい。

Update:Lagierから返事があった。但し「現在のところ、詳細は明らかにできない」というものだった。ちなみにサービスを停止することになった時点で、Memolaneは5名のスタッフで運営されていたのだそうだ。

Memolaneのサービス開始は2010年のことだった。ベンチャーキャピタルよりトータルで250万ドルの資金を調達している。サービスのコンセプトは、FacebookやTwitterでの過去の行動を振り返ることのできる「タイムマシン」サービスを提供するということで、なかなか面白いものだった。しかし、ややタイミングも悪かったのかもしれない。Facebookも、2011年9月に、自前でタイムライン機能を実装することとなった。これによりMemolaneの価値が減じてしまったという面はあるだろう。

また、Timehopというサービスも生まれ、過去のソーシャル活動を表示しつつ、いろいろと見て回ることのできる仕組みが面白いもので、大人気となった。そのような中、Memolaneとしても奮戦し、新機能のリリースも続けてきた。しかしついに、単独で戦っていくことは不可能と結論し、白旗を掲げることとなったわけだ。終わりを告げるブログ記事では、敵であったはずのTimehopやJolicloudの名前をあげて紹介してもいる。

「終わり」を宣言したブログ記事を以下に掲載しておこう(英文まま)。

“Here at Memolane, we’ve had an amazing two years helping people see, search and share all of their social media content from across the web. Our goal was to make it exciting to relive great adventures with friends. We are proud that we could bring joy to people’s lives by sending out daily emails with fun memories from the past. As well, it has been a thrill to share in the excitement when one of our fans rediscovers a precious moment that was once lost.

Today we want to share the exciting news that our team is joining another company that will utilize the Memolane features in an expanded way, adding more value to all the great memories captured on social media.

Unfortunately this also means that we will be shutting down the memolane.com service. Your account with Memolane and all its content will be deleted on Friday Feb. 22th 2013. Please note that Memolane only aggregates content so all of your social media memories will still be available on the existing social media services you use.

As well, if you love receiving your daily MemoMail, there are other services which you can use, such as Timehop. JoliCloud also offers a service for accessing all your social media. Check it out!

Since our launch almost three years ago at StartupWeekend CPH 2010, we have seen continued innovation around our vision of rediscovering great memories. With the launch of Facebook Timeline we saw the ultimate validation of our vision.

If you feeling a bit nostalgic then you can read all about how it all started. Also, feel free to send us a message on Twitter or Facebook. Also check out our FAQs post for more information.

Finally, we would like to share a word of heartfelt thanks with our loyal users, partners and our incredible team. We cannot thank you enough for all of your support, feedback, and warm wishes over the years.

And as always…

Keep making great memories, thanks for being part of ours!
Eric, Nikolaj and the Memolane Team”

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

「インターネット上のタイムマシーン」サービスを提供してきたMemolane、突然のサービス停止をアナウンス

Memolane Logoソーシャルネットワーク上での過去の行動をアーカイブして閲覧できるサービスを提供してきたMemolaneが、サービスを停止することとなった。同社ブログにて停止をアナウンスしている。

何の前触れもなく、急な話に感じられる。Memolaneに蓄積された情報はアメリカ時間の2月22日(つまりは明日)に削除されるのだそうだ(何時なのかという情報は明らかにされていない)。Memolaneにある情報というのは、それぞれ他のソーシャルネットワークからもってきたものではある。であるので、元情報が消えてしまうということにはならない。しかしそれにしても、あまりに突然の停止アナウンスに戸惑っている人も多いことだろう。

スタートアップが十分な成功を収めずに消えていってしまうのを見るのは寂しいことだ。しかし、Memolaneの場合は、詳細は不明ながら明るい未来があるものなのかもしれない。Memolaneによると、同社チームは「Memolaneの機能を拡張的なサービスを展開する企業に合流」することになるのだそうだ。Memolaneのファウンダー兼CEOであるEric Lagierに質問を送ってみている。合流することになる企業はどこなのか、合流というのが買収を意味するのかどうかなど詳細を尋ねてみているのだ。返事があり次第、更新情報を掲載することとしたい。

Update:Lagierから返事があった。但し「現在のところ、詳細は明らかにできない」というものだった。ちなみにサービスを停止することになった時点で、Memolaneは5名のスタッフで運営されていたのだそうだ。

Memolaneのサービス開始は2010年のことだった。ベンチャーキャピタルよりトータルで250万ドルの資金を調達している。サービスのコンセプトは、FacebookやTwitterでの過去の行動を振り返ることのできる「タイムマシン」サービスを提供するということで、なかなか面白いものだった。しかし、ややタイミングも悪かったのかもしれない。Facebookも、2011年9月に、自前でタイムライン機能を実装することとなった。これによりMemolaneの価値が減じてしまったという面はあるだろう。

また、Timehopというサービスも生まれ、過去のソーシャル活動を表示しつつ、いろいろと見て回ることのできる仕組みが面白いもので、大人気となった。そのような中、Memolaneとしても奮戦し、新機能のリリースも続けてきた。しかしついに、単独で戦っていくことは不可能と結論し、白旗を掲げることとなったわけだ。終わりを告げるブログ記事では、敵であったはずのTimehopやJolicloudの名前をあげて紹介してもいる。

「終わり」を宣言したブログ記事を以下に掲載しておこう(英文まま)。

“Here at Memolane, we’ve had an amazing two years helping people see, search and share all of their social media content from across the web. Our goal was to make it exciting to relive great adventures with friends. We are proud that we could bring joy to people’s lives by sending out daily emails with fun memories from the past. As well, it has been a thrill to share in the excitement when one of our fans rediscovers a precious moment that was once lost.

Today we want to share the exciting news that our team is joining another company that will utilize the Memolane features in an expanded way, adding more value to all the great memories captured on social media.

Unfortunately this also means that we will be shutting down the memolane.com service. Your account with Memolane and all its content will be deleted on Friday Feb. 22th 2013. Please note that Memolane only aggregates content so all of your social media memories will still be available on the existing social media services you use.

As well, if you love receiving your daily MemoMail, there are other services which you can use, such as Timehop. JoliCloud also offers a service for accessing all your social media. Check it out!

Since our launch almost three years ago at StartupWeekend CPH 2010, we have seen continued innovation around our vision of rediscovering great memories. With the launch of Facebook Timeline we saw the ultimate validation of our vision.

If you feeling a bit nostalgic then you can read all about how it all started. Also, feel free to send us a message on Twitter or Facebook. Also check out our FAQs post for more information.

Finally, we would like to share a word of heartfelt thanks with our loyal users, partners and our incredible team. We cannot thank you enough for all of your support, feedback, and warm wishes over the years.

And as always…

Keep making great memories, thanks for being part of ours!
Eric, Nikolaj and the Memolane Team”

原文へ

(翻訳:Maeda, H)