Dockerが早くもシリーズDで$95Mを調達…エンタプライズ需要への対応に備える

docker-google

2年前にコンテナ人気に火をつけた張本人であるDockerが今日、シリーズDで9500万ドルを調達したことを発表した。このラウンドをリードしたのはInsight Venture Partners、新たな投資家としてはCoatue、Goldman Sachs、Northern Trust、既存の投資家ではBenchmark、Greylock Partners、Sequoia Capital、Trinity Ventures、それにAME Cloud Venturesが参加した。

Dockerのエンタプライズマーケティング担当VP David Messinaによると、このラウンドには数社の金融企業が参加しているのが、おもしろい。スタートアップへの投資にはあまりない現象だが、今ではあらゆる種類の企業や団体のデベロッパチームがDockerをサポートするようになり、彼らがDockerを重要なプラットホームと見なしていることの表れだ、とMessinaは言う。

たとえばGoldman Sachsのグローバルなテクノロジ部門を率いるDon Duetは、今日の声明文の中でこう言っている: “弊社の技術者たちがDockerのオープンソースプラットホームを発見して使い始めたとき、彼らはたちまち、それがアプリケーションに提供するポータビリティに感銘した。それに開明されて弊社は、Dockerの技術をベースとするアプリケーションの、パッケージングとシッピングと実行のための標準化されたインフラストラクチャへと向かっていった”。

Messinaは、それほど緊急に資金が必要だったわけではない、と強調した。むしろ彼によると、同社はシリーズBの資金の多くがまだ手つかずだ。しかしDockerのチームは、必要に応じていつでもスケールアップできるために、今の勢いに乗って資金を確保しておこう、という決定をした。

現在Dockerは、市場開拓に大きな投資をしているが、それと同時に、プラットホームの能力をネットワーキングやセキュリティ、ストレージツールなどの方面にも拡充するための、技術面への投資も怠ってはいない。その一つの例としてMessinaは、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)のSocketPlaneの買収を挙げた。Dockerはまた、社員も急速に増やしている。今現在の約120名は、1年前の4倍近い。

Messinaがもうひとつ強調するのは、このラウンドが今後のエンタプライズ対応のためであることだ。彼が挙げた最近のEnterprise Technology Reportの調査は、685社のCIOを対象とし、彼らのDockerへの投資意思は、6年間続けてきたこの調査の全対象アイテム中でも、記録的に高かった。Messinaはまた、今Docker Hubのベータに参加している企業の約50%がFortune 100企業だ、と述べた。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

アジャイル的SaaSでコードデリバリを円滑化するWerckerがシード資金を獲得

werckerlogo

クラウド上の継続的デリバリ*サービスWerckerが、高名な投資家たちのグループからシード資金を獲得した。そのラウンドを仕切ったのはShamrock Ventures、これにGreylock Venture Partnersとアムステルダムの小規模VC Vitulum Venturesが参加した。Vitulumは、インターネットやモバイルのスタートアップにシード資金を提供している。額は公表されていないが、情報筋によると100万ドル弱という。〔*: continual delivery, 用語としてはcontinuous integration(継続的インテグレーション)が一般的(Wikipedia(jp))。〕

Werckerの上でデベロッパたちは、コードのテストとデプロイを頻繁に行うことができる。デベロッパはこのSaaSプラットホームに少量のコードを速いペースでプッシュしていく。その過程で彼らは互いに対話や調整ができ、コードをプッシュしていくことがソーシャルな営為となる。その目的は、開発過程の迅速化だ。

新進のスタートアップWerckerには、すでに著名な支援者が数多くいる。同社の顧問団は、Dan Harple(Shamrock Venturesの常務でMITのEIR)、Jan Pieter Scheerder(SunSoftの元社長)、Arthur van Hoff(Redpoint VenturesのEIRでFlipboardの元CTO)らを擁している。

WerckerはアムステルダムのインキュベータRockstart Acceleratorで2012年に孵化し、最近ではMozillaのWebFWDプログラムにも参加した。アムステルダムと、マサチュセッツ州ケンブリッジのMITに拠点を置く財団NexusLabsが、そのイノベーション振興事業の一環としてWerckerを支援し、彼らのピッチ(pitch,資金集めのための売り込み)を磨いて合衆国のベンチャーキャピタルたちの関心を喚起した。

Werckerは、デベロッパのビルド工程を助けるサービスとしては新しいタイプだ。GitHubは、デベロッパたちがコードをポストしてコラボレーションする方法を提供している。Herokuのようなサービスはアプリケーションを開発するためのPaaS(PaaS)を提供し、アプリケーションのデプロイ(展開)はAmazon Web Services(AWS)で行う。Werckerは、これらの中間的な線をねらっていて、APIによってGitHubやHerokuに接続するとともに、その前後の付加的なサービス〔==継続的インテグレーションの実現〕を提供する。

ファウンダでCEOのHernandez van Leuffenによると、今はVMwareのPaaSであるCloudFoundryの統合を検討している。それによって、企業のハイブリッドクラウドやプライベートクラウド市場にアクセスできるようになる。また同社のサービスをHerokuのAdd-On Marketplaceに加えることや、AWS向けにビルドサービスの導入も考えている。今現在、Werckerは非公開ベータだ。

Werckerのようなサービスは、まだ競合他社がいないように思える。新しいカテゴリーのデベロッパコラボレーションプラットホームだからだ。サービスの今後の拡張も可能だから、AWSのようなデプロイPaaSがサービスメニューの一環としてWerckerを取り入れることも、ありえるだろう。

〔参考資料(1)、(2)。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))