Angry Birdsの幹部2人がカジュアル・ゲームのスタートアップ、Seriouslyを立ち上げ―235万ドルを調達

RovioでAngry Birdsゲームのライセンスなどのビジネスの責任者を務めていた幹部たちがカジュアル・ゲームのスタートアップ、Seriouslyを立ち上げ、235万ドルのシード資金を調達した。ロサンゼルスのエンジェル・ファンド、Upfront Ventures(以前のGRP)とデンマークのSunstone Capitalがこの資金調達ラウンドをリードした。

投資家の顔ぶれもこのスタートアップの国際的な性格をよく表している。共同ファウンダーの一人、Petri Järvilehtoはフィンランドのヘルシンキに本拠を置いてゲーム開発を担当する。彼はRovioの元エグゼクティブ・バイスプレジデントで、ゲーム業界で20年の経験があり、RemedyではMax Payneシリーズのライセンス・ビジネスの責任者だった。

もう一人の共同ファウンダー、Andrew Stalbowはロサンゼルスを本拠にしており、当地のエンタテインメント業界でよく知られた人物だ。Fox Digital Entertainmentのモバイル担当バイスプレジデント、Rovioの戦略的提携担当のエグゼクティブ・バイスプレジデントを歴任している。

「われわれはヘルシンキはモバイル・ゲーム界の首都だと考えている。開発スタジオを置くには理想的な場所だ。一方ロサンゼルスはエンタテインメント産業の世界最大の中心だが、同時に伝統的なビジネスモデルが激しい挑戦にさらされている場所でもある」と”Stalbowは述べた。

カジュアルゲームで知名度を上げ、ビジネスの基盤を作った上で、さらに大規模なメディアブランドに成長させていくというのがSeriouslyの戦略のようだ。どこかで聞いたような筋書きだと思うなら、それはつまりRovioがAngryBirdsで取った戦略だからだ。

“「Marvelが1950年代、60年代にコミックで、Disneyが1930年代に漫画でやったことが参考になる。コンテンツのクリエーターにとって素晴らしい時代が来ていると思う」とStalbowは語った。

Seriouslyは近く人材の採用を開始し、来年にはゲームを発表していくという。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+


RovioのBad Piggies、新たなパワーアップアイテムなどを加えて最新版を公開中

RovioがBad Piggiesのアップデートをリリースしている。ご存知とは思うが、Bad Piggiesというのは、みんながインストールしているAngry Birdsに出てくるにっくきブタを主役に抜擢したゲームだ。

このゲームでは、ブースターなどさまざまなアイテムを組み立てて、Piggies移動用の乗り物を組み立てる。Piggiesはこの乗り物を使ってコースを辿ってゴールを目指す。

今回リリースされたアップデートでは、30ものステージが追加されている。またツールやパワーアップアイテムも追加された。

一番のアップデートはSuper Mechanicだろう。Super Mechanicは、最高得点を獲得できる乗り物を組み立ててくれる。

また新しいアイテムとしてフックも採用された。フックを発射して地面に打ち込み、スパイダーマンのようにスイングして進むことができるようになっている。

Rise & Swineステージではスーパーグルー、マグネット、そしてターボチャージャーなどが利用できるようになっている。

新たなアイテムは、スコアによって獲得することができるものと、ゲーム内購入で入手するものがある。

Bad Piggiesはこちらからダウンロードできる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)


Rovio、Angry Birds Star Warsの続編(前編?)を月曜日にリリース予定

Rovioがアナウンスしたところによると、新しいゲームが月曜日にアナウンスされるのだそうだ。現在リリースされているAngry Birds Star Warsの続編ということになるようだ。アナウンスと一緒に公開された画像には、レースギアを身につけた若いアナキン・スカイウォーカーのような「バード」(鳥)が描かれている。もちろんこれは1999年に公開された「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のイメージだ。Rovioは最近、玩具メーカーのHasbroと広範なライセンス契約を結んだ旨をアナウンスしており、Angry Birds Star Wars関連のゲームやグッズ、さらに年内にAngry Birds Goというレーシングゲームをリリースすると言っていた。このような情報から、またAngry Birds Star Wars系のゲームが登場することを予測していた人も多いことだろう。

Angry Birdsシリーズは、既に飽和状態にあるとも言えそうだが、その中に更に新たなシリーズを投入するということに、驚きを感じるという人はほとんどいないことだろう。飽きられているのではないかという不安の声の中、これまでもAngry Birds SpaceやBad Piggiesなどといった、同じシリーズのゲームをリリースし続けてきている。

「Angry Birds」は、社名と勘違いされてしまうほどのブランドとなっており、Rovioはそういうイメージから脱却しようという動きを見せることもある。しかし、少なくとも現状では「Rovio = Angry Birds」というイメージが、すっかり定着した感もある。

プロダクト拡大の一環として、2012年7月には、創業後3年ほどもしてから初の非Angry Birds系ゲームで物理法則をベースにしたAmazin Alexというゲームをリリースしてもいる。リリース後は、App Storeのチャートで首位に輝くこともあった。これにより「一発屋」イメージを卒業したとも言われた。しかしこのAlexは、Angry Birdsファミリーほどの、持続的人気を獲得することはできなかった。秋の段階では有料人気ゲームジャンルでは73位となり、人気アプリケーション分野でも42位となっていた(米国内App Storeでの状況)。AppDataによれば現在では有料ゲーム部門で250位となっており、Distimoのデータでは205位ということになっている。さらにAppDataは、米国内有料アプリケーション全体のランキングでは400位にも入っておらず、無料版もいずれのランキングにても名前を見つけることができないという状況になっていると記している。

今年の3月にも、RovioはDreamworksの映画とタイアップしたThe Croodsというゲームをリリースしている。しかしDistimoおよびAppDataの双方で、人気上昇中アプリケーションの369位に入ることはあったものの、アメリカ国内におけるiOSアプリケーションとして、有料版無料版のランキングで上位400位に入ることはなかった。

いろいろあった中、RovioはAngry Birds以外に手を広げる手段として、「Rovio Stars」という名前でサードパーティー製のタイトルを取り扱っていくことにしたとアナウンスしている。さまざまなタイトルを扱うことにより、Angry Birdsオンリーのイメージを払拭して、統合的ブランドとしての地位を獲得したいという狙いがあるのだろう。

ここ数年のうちに、Rovioの「ゲーム」以外からの収入も増え(昨年段階で30%だったのが、今年4月には45%となっている)てはいるが、しかしそれでもゲームからの収入が半分以上(55%)となっている。Rovioはおもちゃ、ゲーム、そして清涼飲料などの売り上げを増やすため、さらにAngry Birdsシリーズを出し続ける、ないしは現在の人気を維持しなければならないという状況に追い込まれているという見方もある。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)


Rovio、Brightcoveと組んで予定していたビデオ配信をいよいよ開始

Angry Birdsのファンの方ならご存知だろう。否、もちろんAngry Birdsに興味がないなどという人は見たこともない。すなわち読者の方々は皆、既にご存知のことかもしれない。すなわちAngry Birdsはもはや単なるゲームではなくなっているのだ。過去最高の人気となったAngry Birdsの製造元であるRovioは短編ビデオ映画をも提供することにした。そしてそのビデオを、これまでに数多くダウンロードされたアプリケーション内で配布することとしたのだ。

ただ、ビデオの配信にはいろいろと難しい面もある。ゲームは、この数年のうちにスマートフォンからインターネット対応テレビへと広がった。ダウンロード総数は17億にも達し、それぞれのデバイスに対応した驚異的な数のビデオを提供する必要があるのだ。しかもそうした作業を日曜日毎に繰り返すこととなる。これはなかなかの作業となるはずだ。そこでRovioは、すべてを自前で行うのではなく、Brightcoveと組むこととしたようだ。同社は長期間にわたってビデオ配信サービスを手がけてきている。またアプリケーション内でビデオ配信を実現するためのAPIも提供している。

BrightcoveのファウンダーであるJeremy Allaireによると、Rovioはアニメの配信および配信状況の管理、ないしメタデータ管理にBrightcoveの機能を用いるのだとのこと。BrightcoveのVideo Cloudプラットフォームを用いることにより、iOSおよびAndroid版のネイティブアプリケーションを使って簡単にアニメーションの配信が行えることとなった。またインターネット対応TV等でAngry Birdsをプレイしている人もおり、そういう人に対してビデオの提供をするには、Brightcoveを利用するのが非常に便利になっている。

Brightcoveを利用する他の企業同様に、もちろんRovioも利用料を支払うこととなる。利用料は閲覧者数と利用する機能によって変動するのだそうだ。しかしいずれにせよ、自前でビデオ配信環境を整えるよりは相当に安価であることは間違いない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)


Rovio、Dreamworksのアニメ映画「ザ・クルッズ」とタイアップしたゲームを公開中

croods

Rovioからの新ゲームはもう試しただろうか。Dreamworksのアニメ映画である「The Croods」(ザ・クルッズ)を元にしたものだ。

RovioはDreamworksとタイアップし、キャラクターやシーンなど、映画と同じものが登場するゲームに仕上げた。遊び方自体はシンプルだ。石器時代後の原始時代に向けて成長(進化)しつつあるクルッズファミリーをサポートするのが目的となっている。

いろいろな場所を駆け巡りながら、クルッズは食べ物を採取し、そして狩りをする。その中で見たこともない生き物を見つけ、そして飼い慣らす。

「見たこともない生き物」というのは、言葉通りで「異形」の生物たちだ。Rovioも「見たこともないモノ」と表現している。名前はGirelephant、Molarbearなどというものだ。また、Rovioとしてはポケモン風を意識したのかブログ記事中では「ゲットだぜ!」(catch them all)などという言葉も使っている。

プレイ中には族長であるGrugからの助言も得ることができる。Bad Piggyの作る乗り物のような、新しい道具を作るヒントを与えてくれるのだ。そうした助言に基いても事態が打開できないようなときにはレベルアップアイテムなどを使うこともできる。

Rovioはいろいろと映画業界とのタイアップを活発化させているようだ。『ブルー 初めての空へ』(原題: Rio )が出たときは、これにあわせてAngry Birds Rioが登場した。またAngry Birds Star Warsの大人気も記憶に新しいところだ。

こうしたコラボレーションと同時に、Angry Birdsは自前の短編アニメを、ゲーム内配信という形で毎週リリースしていく予定ともなっている。

ザ・クルッズはiOS版およびAndroid版がリリースされている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)


アニメ版Angry Birds、いよいよ3月16日に公開開始。今後はアプリケーション内アニメ配信も?!

angry birdsかわいくて、ピヨピヨしていて、でも怒っている奴ら。そう、あのAngry Birdsのアニメ版がついにやってくる。

アニメ化についてはRovio自身もずいぶん前から語ってきていた。しかしなかなか詳細が明らかにならずにきていた。秘密のベールに包まれていたアニメ版Angry Birdsは、いよいよ3月16日に第一話が公開されることとなった。

ブログでのアナウンスによると、最初のシリーズはは「Piggy Islandの秘密を明かす全く新しいアニメシリーズ」になる予定なのだそうだ。

アニメ化というのはRovioにとって当然の動きと評価することができよう。人気のAngry Birdsにとことんまで活躍してもらおうという戦略なわけだ。多くのアニメがそうであるように、アニメは別のもの(おもちゃ等)を売るための媒介物として機能する。

ゲームアプリケーションが大ヒットとなってすぐ、Rovioはぬいぐるみの販売も行い始めた。そして昨年のクリスマスにはHasbroにライセンスしてボードゲームもリリースしている。RovioにとってAngry Birdsは稼ぎ頭であり、アニメシリーズにより、さらにAngry Birdsブランドを広げようと考えているわけだ。

「コンテンツそのものをチャンネルとして扱います」とCEOのMikeal Hedはインタビューで述べている。テレビ等の他社チャンネルを使うのではなく、大いに広まったゲームアプリケーションをのものをコンテンツ配布チャンネルとして活用することも考えているようだ。

Angry Birdsアプリケーションの、1月時点での利用者数は2億6000万となっている。ゲーム内に埋め込んでアニメを配布することにすれば、確かにかなりの規模で配信できることとなる。但し、3月16日に公開される「Angry Birds Toons」第一話は、専用のサイトでの公開となるようだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

年末年始のゲームプレイ時間調査:子供の世界でも人気を集めたのはやはりAngry Birdsシリーズ

angry-birds-star-wars-splash_wide-4_3_r560スマートフォンやタブレットを教育用に使おうという目的のゲームやアプリケーションが数多く登場してきている。しかし実際にプレイするゲームはどのようなものかといえば、やはり「教育的」なゲームよりも、純粋に面白いゲームが選ばれる傾向にあるようだ。少なくともKytephoneの調査によればそのような結果が出ている。

KytephoneはAndroidにペアレンタルコントロールを導入して、子供にも安全にAndroidフォンを使わせようとするアプリケーションを提供している。同社は、プレイ時間による人気ゲーム調査を展開し、それによるとリリース以来最もプレイされたゲームはRovioのAngry Birds Star Warsとなるらしい。他にもRovio発のゲームがいろいろとランクインしている。

Kytephoneが調査対象としたのは8歳から14歳までで、70ヵ国に住む13000名の子供たちだ。Kytephoneの共同ファウンダーであるAnooj Shah曰く、調査結果に地域差はあまり見られなかったとのこと。「どこに住んでいるかに関係なく、みんなRovioが大好きなようだ」とのこと。調査は年末のホリデーシーズンにまず行い、そこからの変化があるかどうかを確認するために年明けにも再度行われた。

ホリデーシーズンにおけるAngry Birdsシリーズ内での比較を見てみよう。Angry Birds Star Warsは、Angry Birdsの40%しかインストールされていないはずなのだが、プレイ時間はStar Wars版の方が51%長かった。またStar Wars版とSpace版の比較では、前者のインストール数は57%に過ぎないはずなのだが、プレイ時間は197%長かったのだそうだ。

同調査による人気ゲームは以下の通りだ。

  • Angry Birds Star Wars
  • Angry Birds
  • Bad Piggies
  • MineCraft (demo)
  • Angry Birds Seasons
  • MineCraft
  • Angry Bird Space
  • Temple Run
  • Logo Quiz

そして年初の調査では若干の変化があった。トップスリー自体はStar Wars、Bad Piggies、オリジナルのAngry Birdsということで変わらない。しかしBad Piggiesのプレイ時間が伸びて首位に踊りでたのだとのこと。

ちなみにAngry Birds Star Warsのインストール数はBad Piggiesに比べて60%多い。そしてホリデー期間にAngry Birds Star Warsのインストール数が60%伸びたのに対し、Bad Piggiesは50%の伸びだった。

しかしゲームプレイ時間でみるとBad Piggiesの方のプレイ時間は、インストール台数あたり1.12時間ということになった。Star Warsの方はインストール台数あたり0.8時間なのだそうだ。オリジナルのAngry Birdsの方は0.27時間ということになっている。

プレイ時間による比較データというのは、なるほどダウンロード数やアクティブ数とは違った側面を教えてくれる。Kytephoneは、ゲームが眼に触れた頻度っではなく、実際にプレイされた時間でランク付けしようと試みているわけだ。面白い調査ではあるが、少々注意も必要だ。というのもKytephoneは現在のところAndroidのみを対象に提供されているサービスなのだ。そしてiOSプラットフォームでは、ゲームも子供向けアプリケーションも、Android環境よりも多様なものが提供されている。またKytephoneの調査が、やや年齢層の高い子供を対象としていることも意識しておくべきだろう。すなわち、自分のスマートフォンを持っている子供が対象となっているのだ。パパやママからスマートフォンを借りて、ちょっと遊ぶというスタイルはかなり一般的なものだと思われる。しかしKytephoneの調査では、そういうシーンにおける人気アプリケーションの情報はわからないことになる。また、iOSベースのスマートフォンのみならず、iPadが調査対象外となっているのは大きい。iPadこそ子供向けゲーム環境だとして、注力しているゲームプロバイダーも多いのだ。

しかしそうはいっても、この調査は面白い。少なくとも子供たちの世界においてはRovioのゲームが人気で、習慣性を持つものであることが証明されたわけだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)