GoogleのクラウドプラットホームもついにBaaSを提供へ…Firebase買収でリアルタイム機能を充実

Googleが今日(米国時間10/22)、アプリ/アプリケーションのためのバックエンドサービスFirebaseを買収したことを発表した。データの保存とシンクをリアルタイムで行う、などのタスクをiOSやAndroid、それにWebのアプリケーション向けに提供するので、デベロッパの開発努力を相当楽にしてくれる。今現在の登録ユーザはおよそ11万名のデベロッパで、サービスはそのまま継続し、多様なプラットホームへの対応も維持される。〔*: デベロッパはますます、BaaSの利便性を求める。参考記事: モバイル-クラウドエンタプライズ。〕

ほぼ3年前にローンチしたFirebaseは、Googleに加わったことでサービスの大幅なスケールアップが可能になった、としている。同社曰く: “Googleの技術力とリソースと技術的インフラがあれば、もっともっと多くのことをもっともっと早くできる”。Firebaseのチームはまた、自分たちが今のGoogleにない部分を補う、と見ている。この買収によって、Googleの顧客はアプリケーションを早く書けるようになり、FirebaseのユーザはGoogleのインフラにアクセスできる。

Googleにとってこの買収は技術と人材の獲得が目的のようだが、しかしそれと同時に、Firebaseの10万あまりのデベロッパがGoogleのクラウドプラットホームのユーザになるメリットもある。

GoogleがFirebaseから得た機能の紹介は、11月4日に行われるイベントGoogle Cloud Platform Liveで行われる。買収が完了したのはごく最近と思われるが、買収結果をGoogle Cloud Platformに導入するのは、前から相当早いのだ。

Googleが同社のクラウドプラットホームを充実させるために行う重要な買収は、今回が三度目だ。最初はモニタリングサービスのStackdriveを買収して、それをすぐに統合、そして次は、映画のデジタルプロダクションのための特殊効果をCGIするZyncだった。

これまで、Andrew LeeとJames Tamplinが創業したFirebaseは、2012年のシードラウンドで約700万ドル、2013年のシリーズAで560万ドルを調達している。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


データベースバックエンドのFirebaseがアプリケーションのホスティングもメニューに加える

リアルタイムアプリケーションのためのバックエンドとなるデータベースサービス(DBaaS)を提供するFirebaseが、このプラットホームの提供機能を拡張してWebアプリケーションのホスティングサービスも行うことになった。このFirebase Hostingサービスは、テストやプロトタイプというよりも、アプリケーションの本格的な本番展開のためのホスティングサービスである。同社はこれで、単なるDBaaSから、れっきとしたPaaSに変貌したことになる。

同社の主張によると、モバイルアプリは基本的に各アプリストアでホストされ、そのバックエンドをFirebaseやParse、Microsoft、Googleなどがサービスしていた。しかし同様のサービスがWebアプリケーションにはない。アプリケーションのホスティングはデベロッパにとっても苦痛で、CDNとかSSLの証明、サーバの構成など、面倒な作業が多い。

同社によれば、今後同社はデベロッパに、彼らのアプリケーションのための完全なパッケージ、すなわちリアルタイムデータベース+ホスティングを与えていく。これからは、バックエンドのインフラストラクチャをよそに依存す必要がない。

Firebase Hostingは、SSLの証明を自動的に確保するなどのバックエンド雑務をすべて面倒見る。アプリケーションの展開もワンコマンドで行え、ロールバックについても同様だ。また、世界中にデータセンターのあるFastlyのCDNがデフォルトでサポートされているので、アプリケーションのスムーズな動きが多くの場合に期待できる。

プロトタイプなど、カスタムドメインが要らない使い方では無料のプランもある。そして本格展開に移行するときには、Firebaseの有料プランに乗り換える。

なお、Firebaseのホスティングサービスは、単独では提供されない(必ずデータベースサービスとセット)。そして、Firebaseのホスティングを使いながら、アプリケーションのほかの部分はそのほかのバックエンドサービスを利用してもよい。ただし、そのやり方は経済的に無理があるかもしれない。

Firebaseによると、現在のユーザ数(デベロッパ数)は7万で、ホスティングサービスはベータ時に展開したWebアプリケーションサイトが1300以上すでにある。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


FirebaseがZapierを統合: リアルタイムインフラに複数のアプリケーション間通信が加わる

アプリケーションを管理するためのリアルタイムのバックエンドサービスを提供しているFirebase企業プロファイル)に、既存のそのほかのサービス、SendMail、Twitter、Twilioなどなどと接続するためのサービスZapierとの統合が加わった 。これからは、Firebaseのライブラリを使って共有的/コラボレーション的なアプリケーションを開発するデベロッパが、そのアプリケーションから既存のさまざまなアプリケーション/サービスに接続でき、しかもそのためのバックエンドサーバの管理はいっさい不要だ。

Firebaseを利用するユーザは、これまで相当量の作業を要した他のアプリケーションとの統合を、比較的容易に行えるようになる。FirebaseのCEOで協同ファウンダのJames Tamplinは曰く、“この統合により、自分でサーバサイドのコードを書く必要がなくなる”。すなわち、Firebaseのサービスを介してほかのアプリケーションと接続するためには、わずか5行のコードを書くだけだ。それにより、メンテナンスなどの面倒な管理業務もFirebase側でやってくれる。というか、Firebaseに統合されたZapierがやってくれるのだ。

たとえばFirebase~Zapier経由でSendGridというサービスに接続すると、メールとその通知を送れるようになる:

以下は、GTalk(IM)、Twilio(SMS)、MailChimp(メルマガなど)の例だ:

これからのデベロッパはますます、JavaScriptのコードだけを書き、その際Angularのようなフレームワークを使用し、そしてFirebaseのようなプラットホームを統合してバックエンドの管理を任せるようになる。バックエンドの面倒から解放されてアプリケーションの本体だけに集中できる次世代型フロントエンドデベロッパの増加に伴い、Firebaseはますます利用価値を増す。数あるバックエンドサービスの中でもFirebaseの特長は、データストレージに関してもFirebaseのAPIを利用できることだ。しかもそのリアルタイム機能は、ほかのバックエンドサービスプロバイダにはないものだ、とTamplinは主張する。

彼によると、Firebaseのサービスはストレージを(リアルタイムの)syncのパラダイムへ抽象化している。つまりアプリケーションに新たなデータが加わると、エンドユーザはブラウザをリフレッシュしなくてもそれを見る。しかもFirebaseではデベロッパが、シンクのためのバックエンドのタスク…データベース、サーバコードなど…を実装/管理する必要がなく、アプリケーションのロジックのみに集中できる。

APIエヴァンジェリストのKin Laneによると、Firebaseにはこの自動sync機能があるために、ユーザ1名から100万名へのスケールアップが、1行もコードを書き換えずに可能になる:

FirebaseのAPIは最初から、パフォーマンスとスケールを視野に入れて作られている。デベロッパがクライアントレベルでシンクしたいデータを指定すると、Firebaseはアップデートすべき最小のデータ集合を計算して、全ユーザに対するシンクを行う。さらにFirebaseのAPIはすべて、シンクされるデータのサイズに合わせて線形にスケールし、分散クラウド環境でも良好に共有されるよう設計されている。しかもすべてのスケーリングと関連オペレーションを、ユーザの介入なくFirebase自身が行う。したがってあなたのFirebaseアプリケーションは最初のユーザから最初の100万のユーザまで自動的にスケールし、そのためにコードを書き換える必要はない。

ユーザがZapierのサービスを介して接続するアプリケーションの認証も、シンクの機能を利用しながらFirebaseがすべて処理する。そのため、複数のアプリケーション間の通信を実装するという面倒なプログラミングの課題から、アプリケーションデベロッパは解放されるのだ。

(画像提供: Flickr上のColin Dunn, クリエイティブコモンズのライセンスによる。)

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


リアルタイムアプリのバックエンドを提供するFirebaseがシリーズAで$5.6Mを調達–ますますマジックに磨きをかける

Y Combinator出身で、リアルタイムアプリケーションのためのインフラを提供するFirebaseが、今日(米国時間6/20)のGigaOm主催Structureカンファレンスのステージに立ち、シリーズAで560万ドルを調達したことを発表した。投資家は、Union Square VenturesFlybridge Capital Partnersである。

CEOで協同ファウンダのJames Tamplinが1年前に説明してくれたところによると、Firebaseのねらいは、デベロッパたちが“サーバのことやサーバのコードを書くことをいっさい気にせずに”、Webやモバイルのアプリケーションを“ほんとにほんとにはやく”書けることだ。フロントエンドのコードだけを書き、Firebaseがバックエンドを担当する。過去数か月、同社はそのプラットホームを全デベロッパに公開し、iOS用のSDKをリリースし、そしてリアルタイムのコード/テキストエディタFirepadをローンチした。

資金調達を発表するブログ記事でTamplinは、新たな資金を主に三つのことに使う、と言っている。それらは、Firebaseのコミュニティサポートの充実、チームの増員、そしてFirebaseの有料版の開発だ。料金は、使用帯域、ストレージ、ユーザ数で決める予定だ。

Flybridge Capitalは、Firebaseの前回の110万ドルのシードラウンドを幹事した。今回のシリーズAの一環として、FlybridgeのゼネラルパートナーChip HazardとUnion SquareのAlbert WengerがFirebaseの取締役会に加わった。Tamplinによれば、“二人ともデベロッパ向けプロダクトを手がけるうちのようなところを育てた経験が豊富だ”、という。両人は、データベース企業10genの取締役でもある。Wengerは、Tamplinによれば、“うちが売り込んだ投資家の中でただ一人、ただちにFirebaseを使うアプリケーションを実際に作った”投資家だそうだ。

Hazardはこう言う: “いろんな数字から見ても、同社のプロダクトは明らかにデベロッパに愛されている。またそのチームとヴィジョンは、顧客企業に、リアルタイムのWebアプリケーションを作るための世界クラスのソリューションを提供している”。一方Wengerはブログ記事の中で、FirebaseはSF作家Arthur C. Clarkeの有名な宣言、“十分に先進的な技術はマジックと区別がつかない”を思い起こさせる、と言っている:

Twilioを初めて見たときのことを、よくおぼえている。コンピュータのプログラムを使って電話をかけることが、本当にこんなに簡単にできるんだろうか? コードは、たったの2行だぞ。ほんとか? そして最近では、Firebaseを見て同じ反応を感じた。ローカルなJavaScriptオブジェクトがネットワークにシンクするって? たった一回の呼び出しで値をセットし、値が変化したらコールバックが来るって? ほんとに、そんなのあり? 数週間前に個人的にやった試作では、一人プレーのゲームを二人プレーに変えるのに、1時間もかからなかった。Firebaseにユーザ登録してドキュメンテーションを読む時間も含めて、だ。TwillioもFirebaseも、技術者にとってはある種のマジックの例だ。その強力な魔術が技術者に、新しくてすばらしいことを、させてくれるのだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


対話的リアルタイムアプリケーションのためのバックエンドサービスFirebaseが公開ベータへ

Y Combinator出身のFirebaseが昨年4月に同社のアプリケーションインフラストラクチャサービスを発表したときは、最初の一週間で4000名のデベロッパがサインアップし、そのしばらくあとには110万ドルの資金を調達した。その後は、協同ファウンダのJames Tamplinによると、さらにデベロッパ数が増え、また技術も改良された。同社は今日(米国時間2/13)から公開ベータに入り、関心のあるデベロッパは誰でもそのサービスにアクセスできるようになった。

Firebaseは、Envolveというチャットサービスからスタートした。昨年Tamplinが語ったところによると、むしろEnvolveのようなアプリケーションが使っているリアルタイムのインフラストラクチャを、多くのデベロッパたちが利用できるようにした方が、ビジネス機会が大きい、と彼は判断した。そうすればデベロッパは、サーバのことを心配したり、サーバ部分のコードを書いたりせずに、ものすごく短期間でアプリケーションを構築できる。

今Firebaseを利用しているデベロッパは14000人おり、彼らのアプリケーションに同時にアクセスしているユーザの数は最大で25万に達する。まったく新しいアプリケーションを構築するデベロッパもいるが、でもTamplinによれば、Firebaseは、KloutやTwitch.tvなど既存の企業が機能やサービスを新たに拡充するために利用するケースも多い。

今日から公開ベータを開始するのは、アップタイム99.9%という一つの節目に達したからだ。SSLをサポートするなど、セキュリティも良くなり、ほかのプラットホームやサービスとの統合も増えてきた。

今のインフラストラクチャはWebアプリケーション向けだが、Trigger.ioとの提携でモバイルの開発もサポートしている。Tamplinによれば、モバイルのサポートは今後なお一層充実させていくという。

“でも、ヴィジョンは最初と同じだ”、と彼は言う。“デベロッパたちが、「リアルタイムのバックエンドならここだ!」と言えるような、すばらしい開発体験を提供していくことだね”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))