Runnableの上にGoogleがDart専用チャネルを作った…新言語の試用が容易に

Googleが将来的にJavaScriptを駆逐すべきものとして推しているDartは、昨年11月にバージョン1.0に達した。しかし、同じくGoogleのGo言語は急速に人気が盛り上がっているが、Dartはいまいちだ。Dartをなんとか普及させたいGoogleは今日(米国時間1/16)、“コードのYouTube”と呼ばれるサンプルコード発見サイトRunnableが最近設けたCode Channels*を利用する初のフレームワークとして、Dartチャネルを設けた。〔*: YouTubeの‘チャネル’にほぼ相当。〕

数か月前にローンチしたRunnableは、YouTubeと違ってビデオではなくコード片のライブラリをホストし、しかもそれらのコードやユーザによるその編集結果は、同サイト上で実行できる(だから‘Runnable’)。これまではRunnableのチームが投稿されるコードを一つ一つ調べて掲出していたが、今度新たに設けたCode Channelsは、個々のベンダやオープンソース組織などの専用のコード掲出場所となる。そのためユーザであるデベロッパは、特定のフレームワーク(たとえば新しい言語)を試用しやすくなり、そしてまさにその点に、Dartのチームは飛びついたのだ。

RunnableのCEO Yash Kumarは、今日の声明文の中でこう言っている: “Googleが新言語Dartをホストする場としてRunnableを選んでくれたことは、とても喜ばしい。Dartは弊社の、たえず成長しているコードライブラリのきわめて重要な一員となり、当サイトの、デベロッパにとっての利用価値を一層高めるだろう。またそれはCode Channelsの利用例としても非常に優れており、どんな企業でもデベロッパでも自分のフレームワークやコードを外部デベロッパに見つけてもらい、利用してもらう場所として利用できる、というチャネルの有用性を、Dartチャネルが実証するだろう。当サイトでユーザが、Dartではこんなこともできる、というコード例をたくさん投稿されることを、期待したい”。

ただしDartコードを実行する仮想マシンは今のところChromeの実験的なビルドであるDartiumでしか使えないから、Runnable上のDartのコードサンプルはDartをJavaScriptへコンパイルするdart2jsに頼ることになる。それにより、Dartで書いたコードは、ほかのブラウザでも動くようになる。

Googleが新言語普及活動の一環としてRunnableを選んだことは、Runnableにとっても大きな前進だ。それは同サイトのサービスモデルが広く認められたことを意味し、今後はさらに、いろんなベンダやフレームワークが同サイトを…自己チャネルの創設・利用者として…利用していくことにつながるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


コードの作例が見つかる”コードのYouTube”RunnableにC/C++とJavaが加わり企業別チャネルも提供開始

参考になるコード例が見つかるので“コードのYouTube”と呼ばれるRunnableは、3か月前にローンチしたばかりだが、今日(米国時間1/2)は、サポートする言語が増えたことと、同サイトの上で自分のSDKやAPIを目立たせたいと思っている企業やオープンソースプロジェクトをサポートする仕組み〔==“チャネル”の設営〕の開始を発表した。

Runnableという名前は、デベロッパがコード片を見つけるだけでなく、このサイトがオンラインで提供しているエディタでコードをエディットすると、そのコードをその場で動かして(==runして)試せることに由来している。今日から新たにサポートされる言語は、C/C++Javaだ。どちらも今だによく使われているし、学校で教わることが多い。Runnableの協同ファウンダでCEOのYash Kumarによると、今同サイトの人気トップスリーの言語/APIはNode.js、Python、PHPだ。

最近200万ドルのシード資金を獲得したRunnableは、約1000本のスクリプトからスタートしたが、今では4000近くある。毎月のユーザ数は約15万、そして同社の予想では、今年は順調ならおよそ1000万のコード片が同サイト上runされるだろう、という。

サポート言語が増えたことも重要だが、今日の発表でもっと重要なのは、“コードチャネル(Code Channel)”のローンチだ。これまでは、一つ一つのコード片が8人のチームによって個々に管理されていたが、いうまでもなくそれでは、スケーラビリティが良好とは言えない。そこで、今度できたチャネルという仕組みは、企業やオープンソース組織などが自分のコード(SDKやAPIなど)を一か所でアップロード~管理~共有する仕組みだ。つまり企業や組織は、自分のコードをまとめて“陳列して”ユーザに見せられる。ただしKumarが強調するのは、これはけっしてGitHubなどと競合するディレクトリサービス形式ではないこと。むしろRunnableのチャネルは、デベロッパがRunnableのAWS EC2インフラストラクチャの上で新しいコード集合やフレームワークを容易にテストできる仕組みだ。

なお同社は、パートナー企業に対し、デベロッパたちによるこのサービスの利用状況を示す豊富で詳細な分析データを提供している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


「プログラムコードのYouTube」を目指すRunnable。サンプルはサイト内で編集・実行可

開発しようとしているプログラム(コード)に似たものがないかと、Googleを検索してみるのはよくあることだ。非常に多くのコードが公開されているが、あちこちに分散していて、比較したり内容を検証するのがどうにも面倒だ。Amazonや、ホスティングサービス企業で働きつつ、やはりこのように感じた人物がRunnableというサービスを立ち上げた。コードを探しだすのみでなく、その場で編集して、さらに動かしてみることもできる。

開発者向けのリポジトリとしてサービスを拡大していきたいというのが、サービスの狙いだ。そのためにはできるだけ多くのコードを集めておく必要がある。そこで、開発者向けのプロジェクトをホストするサービスも展開しようと考えているところなのだそうだ。

CEO兼共同ファウンダーのYash Kumarによれば、昨今の開発者はゼロからコードを書き起こすことはむしろ少なく、既にあるものをリサイクルすることが多くなっているのだそうだ。Kumar曰く、優秀な開発者といえども、あらゆる新技術やツール、ないしコンポーネントに精通するというのが困難になっているという状況がある。また、従来よりも多くの人がプログラミングに携わるようになってきているが、対応しなければならないAPIなども膨大になっていて混乱してしまうことも増えているらしい。

そのような現実に対処するため、いちからコーディングするのではなく、既存のコードを組み合わせて目的の機能を実現するというやり方が一般化してきているのだ。但し、そうしたムーブメントがある中で、効率的に、あるいは簡単に再利用可能なコードを探しだすためのサービスは、まだ構築されていない。

適当なものを探しだせず、APIの説明書や誰かの書いた使い方の記事、あるいはwikiなどの中を右往左往して、時間ばかりがかかってしまうという開発者も多い。

Runnableでは、さまざまな検証済みコードをPHP、Node.js、Python、JavaScript、ASP.NET、あるいはRuby on Railなどの言語ごとないしはフレームワークごとにまとめている。現在のところは1000件ほどのコードが登録されているそうだ。サイトの知名度があがるに連れて、すぐにも登録コード数は10倍以上に増えていくだろうというのがKumarの考えだ。現在のところは登録されるコードについて、すべて運営チーム側で検査を行っているが、将来的にはMediumに記事を投稿するような感じでコードを登録できるようにしていきたいとのこと。

また、コードのみならずAPIなどの「使い方」に関わる情報も収集していきたいと考えているそうだ。たとえばデータベースならばMySQLMongoDBredisなどを利用するためのコードを掲載しているし、またフロントエンドやバックエンドサービスについてのコードも集めていきたい考えだ。現在とくに注力しているのはPayPalのAPI関連のコードで、他にもメジャーなAPI関連コードを徐々に集めていきたいと考えている。

欲しいコードがきちんと分類して登録されているだけでも便利なのだが、サイト上で編集して、さらに実行テストまでできるのがRunnableの大きな魅力だろう。Kumar曰く、数年前まではとても実現できないことだったが、サンドボックスなどのおかげで、サービスの信頼性を保ちながら実行環境を実現することもできるようになったとのこと。

将来的にはコミュニティ機能ももたせていく考えらしい。たとえばコードエディタにコメント機能を搭載して、そのコードを使っている全ての画面に反映させることなどができれば便利かもしれない。もちろん対応言語やフレームワークの数も増やしていく予定だ。

ちなみにこれまでのところは少額のシード資金によって運営している。将来的には他サービスとの連携して、有料でコードを提供するようなエコシステムを作っていきたいと考えているそうだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H