タイムマシンの楽しみを感じさせてくれるTimehop、待望のAndroid版がついに登場

過去にFacebook、Instagram、Foursquare、そしてTwitterなどに投稿した記事や写真を、Timehopで楽しんでいるという人も多いことだろう。このTimehopについにAndroid版が登場した。

ご存じない方のために説明しておくと、Timehopは1年前や2年前、あるいはさらにその前の今日(同じ日)に、自分がいったいどのような投稿をしたのかを見せてくれるサービスだ。自分自身の投稿で振り返る「今日は何の日」風のアプリケーションだと言えばわかりやすいだろうか。

Timehopは昨年夏に、従来に引き続いてSpark Capitalの主導により300万ドルを追加調達しており、Android版の開発にはその資金も役立てられている。

iOS版の方はこれまでに100万回以上ダウンロードされており、エンゲージメント率も非常に高いアプリケーションとなっているそうだ。TimehopのファウンダーだるJonathan Wegenerによれば、40%の人が、毎日アプリケーションを起動しているらしい。ユーザー数の増加率などについての詳細は教えてもらえなかったが、アメリカのアプリケーションストアでは、Top 200内に位置している。

写真共有を目的とするソーシャルアプリケーションは数多くあるが、Timehopはそうしたものを活用しつつ、自分自身の過去を振り返るためのユニークで頭の良い方法を生み出したといえるのだろう。

スマートフォンの普及とともに、写真は印刷してアルバムにおさめ、家族や友人と何度も振り返ってみるというものではなくなりつつある。体験をリアルタイムでシェアして、そしてそのまま忘れ去られるものとなってきているのだ。

忘れ去るのはプリントしないからという理由だけではなく、非常に多くの写真を撮るようになったということも関係している。おかげで撮った写真をすべて記憶に残しておいたり、または何度も繰り返してみるという行為が非現実的なものともなってきているのだ。

実のところ、Instagramなどもこうした動きの中でこそ、人気を集めることになったアプリケーションだということもできよう。撮りっぱなしの写真をそのままそこらに投稿しておしまいにするのではなく、写真に適したフィルタを適用するなどすることで、写真に対する思い入れを強めているわけだ。

Timehopも「思い出」を大事にするわけだが、こちらはInstagramとは違ったアプローチをとっている。数年前のこの日に、自分がどこにいて何をしていたのか、いわゆるタイムトラベルを体験させることで、利用者のノスタルジーを満たそうとしているのだ。懐かしい友だちを思い出し、思い出のバカンスをついこの間のことのように感じつつパーティーやイベントを再体験したり、あるいは子供の成長を振り返ったりすることができる。

「作ったコンテンツというのは、時の流れの中で輝きを強めるものだと思うのです。年月を経るにつれ、撮影した写真への思いが大きくなるということもあるはずです」とWegenerは言っている。「多くの人が、ソーシャルメディア上に数年分の思い出を蓄積するにいたっています。そうした人が過去を味わい楽しむためのツールとして、Timehopを利用してくれればと思っているのです」。

Timehopの利用者は、今のところ高校や大学に通う女性が多いのだそうだ。しかしより幅広い層に利用されるAndroid版をリリースしたことで、利用者の年齢構成なども変わってくることになるのだろう。

アプリケーションは無料で、Google Playよりダウンロードできる。
原文へ

(翻訳:Maeda, H


Timehop、非オンライン写真の取り込みを狙って、Mac及びPC用の同期ツールをリリース

あっという間に過ぎ去っていく時間の流れの中で、Timehopは過去を覚えておくためのよすがを提供してくれるサービスだ。このTimehopが、情報の取得元をソーシャルネットワーク以外にも拡大する大きなアップデートを行った。MacおよびWindows版のクライアントであるTimehop Syncをリリースし、これを使って手元の写真およびそれに伴う思い出をTimehopにアップロードできるようになっているのだ。

覚えておいでだろうか。Timehopは「1年前に行ったFoursquareでのチェックイン情報をメールで送信する」というハッカソンプロダクトだった。当時の名前は4SquareAnd7YearsAgoというものだった。以来、紆余曲折を経て、今日の形となっている。2012年初頭に、名称をTimehopに改変している。そしてFoursquareのチェックイン情報のみでなく、Foursquareへの投稿、タグ付けされた写真、Twitter、およびInstagramの投稿もサポートするようになった。そしてメールサービスとしての実態をウェブサービスに切り替えようとしたもののうまくいかなかった。その経験から、「モバイル」こそが進むべき道であろうと理解したのだと、共同ファウンダー兼CEOのJonathan Wegenerは述べている。利用者に届けられたメールも、半分以上はiPhone上で開かれているとのことだ。

正確な利用者数は教えてもらえなかったものの、iPhoneアプリケーションの投入で利用頻度は大いに上がり、利用者あたりの共有数は20倍に増加したのだそうだ。

「利用者の方々は、まさにモバイルを使っているときにこそ“共有したい”という気持ちになるようです。Timehopのコンテンツをデスクトップで閲覧しているようなときは、どちらかと言えば“情報消費モード”になるようなのです」とWegenerは述べている。

Timehop Syncを提供することにより、さらに「共有」したくなるデータを数多く投稿してもらおうと考えているわけだ。

Wegenerは言っている。「個人的な話をすると、デジタル写真を撮るようになって13年になります。30000枚程度撮った写真のうち、300枚ほどをFacebookやInstagram、その他のソーシャルネットワークに投稿しているとおもいます。しかしほとんどはどこにも登録せず、ただローカルなハードディスクにのみ保管されているのです」。

「写真を撮るという行為は、たいていの場合、その写真を後で見返すことを目的として行われるものです。しかし、実際のところはなかなか振り返ってみることが少ないというのが現状でしょう。多くの写真は整理されておらず、iPhotoを起動して30,000枚もの写真を振り返ってみるのはあまりにも時間のかかる作業になってしまいます。それで、未来永劫見ることのないものを記録するという矛盾した行動になってしまっているのです」。

こうした中で、Timehopは「去年の今日」や「一昨年の今日」などを振り返るサービスを提供していて、それにより、利用者に過去を振り返るきっかけを提供している。利用者に、ちょっとした驚きを提供するためにも、ぜひとも非公開の写真も提供できるようにしたいと考えているわけだ。

デスクトップクライアントの使い方は簡単だ。ダウンロードしてインストールすると、Timehopとの間で写真の同期作業が始まる。デフォルトではMacおよびWindowsの写真用フォルダ内と、MacのiPhoto写真を同期するようになっている。もちろん、他のフォルダを追加することもできる。

どの写真をアップロードするか、個別に設定することはできない。しかし同期された写真は明示的に他人と共有しない限りはプライベートとして保管されることとなる。さらにTimehopでは便利な機能を備えている。ひとつは重複写真は1枚だけアップロードするようにする機能と、スクリーンショットのように「思い出」と関連しなさそうな写真を除く機能だ。尚、近い時間帯に撮影された写真枚にまとめられるようにもなっている。

Timehopは、iPhoneアプリケーションで実現しているようなモバイル環境のエクスペリエンスに一層注力していく考えだ。但し、Android等の利用者に向けて、メールによる通知サービスも続けていくことにしている。Wegenerによれば、Timehopのサービスは現在まさに成長中で、なかなかiPhoneとAndroidに対して同じサービスを提供できるようにはならないのだとのこと。

Timehop Syncのクライアントアプリケーションはこちらからダウンロードできる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)