LogitechのiPadケース、AnyAngleはSurface風キックスタンド付き


Logitechはゆっくりとしかし確実にiPadをMicrosoft Surfaceに近づけている ― これはWindows端末の一部の生産性機能は羨しいが、ソフトウェアや全体的フォームファクターはそうでもないと思っている人たちにとっては良いニュースだろう。新製品のLogitech Keys-To-Goは、Microsoft Type Coverのキーボードに良く似ているが、今度のスタンド兼ケース、AnyAngleは、事実上Surfaceの傾斜自在キックスタンドの真似だ。

AnyAngleは、前面カバーフラップ、周囲の完全カバー、ゴールド、シルバー、スペースグレイを楽しむための透明窓付き背面カバーで、あなたのiPadを守ってくれる。iPad Air 2が心地よくフィットし、必要に応じて簡単に出し入れできる。パススルーボタンによって、全スイッチを操作することができ、充電、写真、スピーカー用に開口部が設けられている。

AnyAngleの複数素材フロントカバーは、ビジュアルにちょっとしたオシャレさを付加し、見開きスタイルのルックスはオフィスでの使用にもマッチする。そして最大の呼び物は、生産性愛好者を狙ったに違いない折り畳み式キックスタンドだ。フラップを動かすことによって、あなたのiPadを無段階の角度で立てることができる。

この支持力によってAnyAngleは、出張の多いビジネスマンや、Keys-To-GoやApple純正ワイヤレスキーボード、その他ケースの付いてこないBluetoothキーボードでタイプしたい人たちにとって、最高の相棒となるだろう。キーボードを使う使わないを選べるのは良いことだ。

しかしAnyAngleは、やはりiPad Air 2にかなりの体積を付加すると共に、これだけで59.99ドルする。欲しいのがケースだけでキーボードはいらないのなら、キーボードケースより安いし、キーボードだけ欲しければKeys-To-Goの方がキーボードケースより安い ― しかし、いつも両方を持っていたいなら、キーボードケースが最適な選択肢だ。あえて選びたい人、どちらか一方がいい人には、Logitechの新製品ラインの中に答があるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook


iPhone 5c純正ケースを自慢する時がやってきた! ケースの丸い穴を使うゲーム、Flipcase登場

確かにiPhone 5cのケースは「ホームラン」ではなかったかもしれない。丸い穴など必要ないと思うのだ。しかしこの穴に魅力を感じる人もいるようなのだ。ストリーミングやソーシャル機能も備えた音楽発見アプリケーションを世に送り出しているDave McKinneyとStuart Hallのオーストラリア人デュオが、Flipcaseというゲームをリリースしたのだ。このゲームはiPhone 5cのケースがなければ楽しめない。

このFlipcaseはMcKinneyとHallが趣味で作り上げたものだ。そのせいもあってか、決して「奥の深い」ゲームというわけではない。上のビデオでもおわかりのように、タッチ対応の「四目並べ」(Connect Four)に過ぎない。しかし、iPhone 5c用ケースをひっくり返して、画面側につけて遊ぶのが面白い。ケースの穴をドットの置き場所として、4目並べを遊ぶわけだ。ひとりないし2人で遊ぶことができる。

画面をロックさせずにケースを画面側に付けるのにちょっとしたコツが必要かもしれない(実は何度かロックさせてしまった)。しかしなんとか成功すると、5cの穴あきケースを完璧に活かしたUIを持つ、これまでにないゲームを経験することができる。「革新的」ということはできないかもしれないが、シンプルで面白い。どのように感じるのが正しいのかよくわからなかったiPhone 5c用公式ケースだった。しかしCaseCollageやFlipcaseの登場で、ついに公式ケースを「自慢」できる時がやってきたのかもしれない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H