AtlassianのStash Data Centerがベータを終え一般公開へ、エンタプライズ向けGitを志向

GitリポジトリツールStashを提供しているAtlassianが、エンタプライズ向けのGitラッパーとして作ったコード管理サービスStash Data Centerが、数か月の公開ベータを終えて今日(米国時間3/2)、正式にローンチした。このサービスを使うと企業はサーバのクラスタの上でGitを動かし、多数のデベロッパを支援できる。ベータ時には、最大で12000名のデベロッパをサポートしたそうだ。

Atlassianのデベロッパツール担当VP Eric Wittmanによると、Gitは4月に10歳を迎えるが、その企業利用は最近やっと始まったばかりだ。その理由は、彼によると、Gitが企業にとって難しいことだ。彼曰く、“分散バージョン管理はすばらしいが、Git自体はかなり荒削りだ。内部の細かい仕組みまで分かっていない人には、ちょっと近づきがたい”。

大企業にとって、Gitをもっと使いやすく管理しやすくするのが、StashとStash Data Centerだ。

たとえばGitをそのまま使っていると、容量の限界にぶつかり、大きなチームでは使えなくなる。デベロッパの数が多すぎると、アクセス制限やパーミッションの問題にぶつかることもある。Gitはハードウェアに対して厳しいから、チームが大きくなっても簡単にはスケールできない。Stashには当然ながら粒度の細かいパーミッションがあるし、Atlassian独自のクラスタリング技術はオーバヘッドの少ないスケーリングが可能だ。だから、Gitにこれらの特性を持たせるラッパーが必要になる。

Wittmanによると、Stashのチームの約1/3が約1年、このプロジェクトに携わった。ベータでStash Data Centerのユーザだった顧客には、AmadeusやCisco、Splunk、Blackboard、Cienaなどがいる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa


AtlassianのGit実装系StashにそのスケールアップバージョンStash Data Centerが誕生

Atlassianにはかなり前から、Gitを核とするコード管理ソフトウェアStashがある。これまでそれは、比較的小さなチーム向けのオンプレミス・ソフトウェアだったが、今日(米国時間9/10)ローンチしたStash Data Centerによって、そのGitによるソリューションを大企業にも提供していくことになった。

これまでのStashと違ってStash Data Centerは単一のサーバではなく、クラスタの上でも動く。そのためStash Data Centerは、1万名のデベロッパチーム/グループでも容易にサポートできる。しかしユーザから見てStash Data Centerの機能、操作、使い方などは今のStashと変わらない。反応が遅くなることが減り、コンパイルははやくなり、ダウンタイムが少なくなるだろうが、毎日のワークフローはStashがStash Data Centerに変わっても何も変わらない。

Atlassianのデベロッパツール担当ゼネラルマネージャEric Wittmanによると、同社は数年間Stashをやったことによって、Gitについて多くを学んだ。中でもとくに重要なのは、企業顧客をGitに移行させるやり方だった。しかし最近では、Gitをもっと大規模に採用しようとする大企業が増えている。

Wittmanは曰く、“Gitを使うようになると、デベロッパの仕事のやり方が変わる。彼らは前よりもずっと積極的にコラボレーションするようになるが、しかし問題は、そのコラボレーションのスケーラビリティだ”。Gitへの移行とともに企業ユーザは継続的インテグレーションが開発の日常的な実践になり、したがってデベロッパがソースコード管理サーバ(Stashサーバ等)にアクセスする頻度も増す。もちろんアドミンはサーバの負荷増大に気づき、スケーラビリティが不安のタネになるだろう。

当面Atlassianの想定としては、Stash Data Centerはファイヤウォールの背後のユーザ自身のクラスタにインストールされるだろう。しかし長期的には、AWSのような公開クラウドで動かすようになるかもしれない。

Stash Data Centerの料金はユーザ数をベースとする月額制になる(Stashはライセンスの売り切りだった)。Wittmanによると、Stash Data Centerは通常のStashに比べてR&Dの原価が高いので、そういう料金制にせざるをえなかった、という。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))


Visual Studio 2013の三度目のアップデートではGitベースの開発をより優遇、Azureの統合も充実

MicrosoftVisual Studioは、だいたい二年ごとにニューバージョン、あいだにサービスパック、というパターンを守ってきたが、しかしVisual Studio 2013以降は、アップデートのペースが早くなった。そして今日Microsoftは、Visual StudioとTeam Foundation Server 2013の三度目のアップデートリリースした。前回のアップデートはVisual Studioのクロスプラットホームな開発機能の強化が中心だったが、今日のローンチはIDE本体の機能に力が向けられたようだ。

このリリースでデベロッパに喜ばれそうな機能は、CodeLensがGitのリポジトリをサポートしたことだろう(Visual Studio Ultimateのユーザの場合)。MicrosoftはこのところGitとVisual Studioの統合に邁進してきたが、これもまたその一つだ。CodeLensはIDEの中で、目の前のコードに関する情報(この関数はほかにどこで使われたか?最後にそれをエディットしたのは誰か?などなど)を見せてくれる。これまでそれは、MicrosoftのTeam Foundation Serverと一緒でないと使えなかったが、今度からはGitベースのシステムを使っているときでも、そんな情報が得られる。


Visual Studioのこの三度目のアップデートでは、診断ツールの充実も図られた。たとえば、アプリケーションのCPUとメモリ利用を追跡するツールがアップデートされた。また、すでに展開されているアプリケーションをモニタリングするための新しいツールApplication InsightsがVisual Studio本体に組み込まれ、ユーザが今何をやっているかを見ながらコードの問題を診断できるようになった。

Azureの機能…Push Notifications(プッシュ通知)やAzure Mobile Serviceなどを使うためのツールも提供される。たとえばプッシュ通知のアップデートにより、Visual Studioの中からデバイスの登録を管理できるようになった。これはとくに、開発フェーズにおいて重宝するだろう。

プロジェクトでAzure Mobile Serviceを利用することも、容易になった。そのほかのAzure関連のアップデートとしては、32ビットの仮想マシンをリモートでデバッグする、ストレージのアクティビティログをチェックする、Azure上のストレージをリードオンリーに設定するなどを、アップデートされたAzure SDKによりVisual Studioからできるようになった。

例によって、今回のアップデートも機能山盛りで、新たなdevopsツール、ASP.NETのアップデート、ハイブリッドアプリケーションを書くデベロッパのための新機能、などなどもある。機能の完全なリストは、ここにある。

おっと、それから、Visual Studio 2013ではすべてのメニューが大文字なのが嫌だった人、あなたの苦悩もやっと終わりだ。この三度目のアップデートでは、メニューにタイトル書体を使えるようになった。人によっては、これだけでもアップデートする十分な動機になるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))